はじめまして
mamaen です

女性の時代と言われ始めてずいぶん経ちます。 働く女性ばかりではなく、日々のなにげない生活を大切に生きている 女性や子育て中のママの目線、 様々な体験がこの社会に役立つはずです。 ママを中心にすべての女性が家族、友人、地域の人とともに その生き方に自信と誇りを持ち活躍できるように支援できる団体をつくりました。 実際のママエンジェルスの活動は ボランティアで運営することが多く 交通費や会議費等運営に関わる費用が発生してまいります。 個人に負担がなく、活動を継続的にしていく為に寄付のお願いをしております。 どうぞよろしくお願いいたします。

皆様からのあたたかいご支援のおかげで、目標の100万円を達成することができました!
ご支援・応援してくださった皆様、本当にありがとうございます!

ママエンジェルスの活動を全国で展開していくために、まだまだ止まるわけにはいきません。
次の目標として、ご支援者様の人数150人を目指します!

今こそママの想いを世の中に伝えていくチャンスです。

このプロジェクトを大成功させて、社会にママの声の大切さをアピールし、声を発していくママを増やしていくために。
是非お力を貸してください。

引き続きご支援・応援のほどよろしくお願いいたします!

〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜

このプロジェクトをご覧いただきありがとうございます!
財団法人ママジェルス代表理事の清水美幸です。

私は2020年に一般財団法人ママエンジェルスを設立し、消費者団体ママエンジェルスを支援しています。

財団法人ママエンジェルスを設立する前は、私も消費者団体ママエンジェルスでチームを作り活動していました。
そして、市民の声を国や市町村へ届けているママたちの姿や熱い想いを知って、資金面でママエンジェルスを支えていくために財団設立を決意し、寄付を募るなど活動をサポートする財団法人ママエンジェルスを設立しました。

この情熱の火を絶やすわけにはいかない!

みんなで応援したら、もっと凄いことが実現出来るかも!

と思ったからです。

まだまだ微力ではありますが、財団法人ママエンジェルスは、みなさまからのご寄付やセミナー・イベントからの収益によって、消費者団体への支援が少しずつできるようになってきました。
本当にありがとうございます。

政治家、官僚、学校、メディアなど誰かに依存して不平不満を言うのではなく、市民自らが暮らしやすい環境へ変えていく新しい時代にシフトしていくために、さらに多くの方々の応援が必要です。
どうぞよろしくお願い致します。

私たち財団が支援している消費者団体「ママエンジェルスTEAM2600万」が今、最も力を入れているのが、ママの声を行政に届け、それをメディアに取り上げてもらう「記者会見」です。

今回のプロジェクトでは、この「記者会見」を支援するための費用を集めさせていただきたいのです!

支援先

任意団体「ママ♡エンジェルス TEAM2600万」 記者会見チーム

【登録者数・チーム数】
登録者数3309名
チーム数324組
(2022.05.15 現在)

ホームページ https://mama-angels.com/


ママ♡エンジェルス TEAM2600万は「ママファーストの未来を実現する」というミッションのもと、2019年3月に動き出した消費者団体です。
市民の目線から行政機関との協働・連携により、ママや子どもたちに優しい社会の実現を目指し、全国、海外で活動しています。

活動内容は、
①家庭や学校や職場で起きている問題や生活者のリアルな声、大学教授や医療関係者などの専門家の先生の意見をまとめます。
②国や自治体に届けます。
③問題解決のために話し合いをします。

批判やデモではない平和的アプローチです。

市民の声を行政に届ける活動として様々な成果を上げているママエンジェルスですが、実は、その活動には想像以上にお金がかかっています

会場費、設備費用、記者の方々にお配りする資料のコピー代もかなりの額になります。
車で全国走り回るメンバーもいれば、国会や省庁での会議のために、新幹線や飛行機などの往復交通費、宿泊費などもかかっています。

パートで得た収入を活動に充ててまで日本の未来のために有志で活動に打ち込んでいるママもいます。
自分の意志でやっているから、みんなお金のことについて不平・不満は言いません。

それも素晴らしいことだと思いますが、とても素晴らしい快挙を実現する中でも各自の資金がなくなったら、
このままでは、いつか活動が続けられなくなってしまう。
使えるお金がなくなったら終わってしまうかも…。
という想いが強まってきました。

行政の人たちとじっくり対話したり、資料を作って様々な段取りをして記者会見を開いたり。
未来の子どもたちのために大切なことをやってくれているママたち。

活動は、全てボランティア。

それぞれが家庭を持ち、子育てをして、仕事もこなすママが中心です。

子どもを寝かしつけた後にオンライン会議をしていたり、子どもやパパが出かけている休日に一人家に残って作業をしていたり、仕事の合間に調べ物をしたり、睡眠を削って準備をしたり。

記者会見の開催に向けては、短くても1ヶ月ほどミーティングを重ねて意見のすり合わせをしていきます。
日本の未来を想い、パッションを持って家庭・子育て・仕事と、なんとか両立させながら活動を続けるママたち。

経済的な負担を理由に、
このママたちの動きが止まることがあってはなりません。

社会が大きく変化している今、市民の自由が守られ続けるためにも、市民の立場から、私たちのニーズやリアルな声を関係省庁や地方行政へ届けていく必要があるからです。

これまで記者会見の開催にかかる費用は記者会見するチームが自腹で経費を負担していました。
財団法人ママエンジェルスでは今までにいただいたご寄付でその一部を補填しましたが、このままでは補填が追いつきません。

経済的な負担を理由にママたちが声を発信することを諦めることなく、これからも記者会見を継続してほしい。
そう願って、今回クラウドファンディングで皆様に応援をお願いさせていただくことを決めました。

現状、活動の際には1つのマイク、2つの背景バナーを都度郵送して使っているのですが、これではコストも手間もかかりますし、複数拠点で同時に開催することはできません。

また、当日配布する資料代、会場代、メディアを周るための交通費などの経費がかかります。

ママが記者会見を開くのが当たり前の世の中にしていくために、記者会見を全国で開けるよう体制を整えようとしています。

そして、将来的には47都道府県、日本各地で記者会見を実施したいと考えています。

同時に、関係省庁や地方行政へ答申(要望書のようなもの)を渡し、法律やまちのルールの中に、ママの意見を取り入れていただく、市民立法を行えるようにしていきたいです。

「ママ♡エンジェルス TEAM2600万」では、これまで答申をお渡ししながら、内閣官房、厚生労働省、総務省、文部科学省な ど各政府機関、全国の自治体、教育委員会、日本医師会、日本看護協会など約680ヵ所の関係機関にお渡し、話し合いを重ねてきました。

その中で、省庁が決めて実行している情報が生活者である市民に届いていない現実があることを痛感しました。

また、ママたちが生活の中で経験したことや、そこから感じたことも行政と話し合いをさせていただく中、本当に親身になって話し合いのテーブルについてくださった行政の方々がたくさんいらっしゃいました。

記者会見を支援し実施することで、市民に届いていない情報をもっと世の中の皆さんに伝えていきたい。

また、普通の市民と行政が話し合いをしていることを多くの方に知っていただき、大人である私たち一人ひとりが、自分たちが住む街のことや未来について、市民と行政が一緒に話し合い、決めていける、今まで力を持っていなかった人たちが力を合わせて未来を変えていく。
そんな文化が広がっていくことを切に願っています。

これまでママをはじめとした市民の声は、あまり国の政策に反映されてきませんでした。
それは、市民のために国の制度や法律を作ってもらう方法や仕組みを私たちが知らなかったからだと気付きました。

ママたちの声が行政に届く!
ママの声を行政に届ける方法は確実にあるのです!!

活動実績詳細

今でこそ記者会見を開けばいくつものメディアに取り上げていただけますが、最初は取材にも来てもらえない状態でした。

プレスを出しても反応はなく、メディアを一つひとつ調べて回っていくもののなかなか取り合ってくれず…。
準備も進んで明日開催、という段階で会場からキャンセルされたことさえありました。

それでも止まることなく3回、4回と続けていくと、ついに沖縄で新聞に掲載されたのです。

「今回は載ったかな?」と期待と不安が入り混じる中、朝刊を買ってメンバーみんなで「載ってました〜!」「ほんとに載るんだ!」と喜びを分かち合いました。

その後、北海道ではいくつものメディアに掲載され、大阪ではメディア掲載に加えてtwitterでシェアされ、日に日に再生回数が上がり130万回以上の再生回数を記録しました。

こうしてママエンジェルスの記者会見はNHKはじめ日本テレビ系、TBS系、フジテレビ系、テレビ朝日系、テレビ東京系など全国のメディアで取り上げられるようになったのです!

メディア掲載実績詳細

これからの時代は自分の主張を押し通すために敵対するのではなく、より良い未来を目指して協調していく平和的なアプローチが必要になります。 

今こそ「ママの力」が求められています!

ママ♡エンジェルスTEAM2600万の活動が広がることで、より良い未来に向けてママが声を上げていく文化を作ることができると確信しています。 

社会には個人ではどうにもならない様々な問題がたくさんありますが、無関心に過ごしてきたママたちも、今の時代何かがおかしいと感じています。
しかし、女性は結婚を機に家事、出産、育児、教育、両親の介護や親戚付き合いと毎日が忙しく、社会とは縁遠くなりがちです。

なかなか自らアクションできず、決まったことを聞くことしかできなかったママたちが、家庭を守るママの視点からの意見を届ける。
そして、その方法として批判する・争うのではなく対話を通じて行政機関と本音を話せる関係を構築していく。

そして、記者会見を全国で開催していく。

そんな新しいチャレンジをしているママたちの後押しをしてください!

一緒に応援よろしくお願いします!

資金の使い道

ご支援金の利用用途
・設備費用
 マイク、クロス
・記者会見開催費用
 会場費、コピー代
・記者会見事務局費
・CAMPFIRE手数料

実施スケジュール

7月上旬 徳島、兵庫、千葉にて、マスクについての記者会見(予定)
8月以降 北海道、愛知、徳島、青森、茨城、東京、兵庫にて、オーガニック給食についての記者会見(予定)

それ以降も順次記者会見を行っていきます。

リターン

お礼のメッセージ&活動報告 1000円

お礼の動画&活動報告 3000円

応援プラン
 菌ちゃんげんきっこコース 5000円
  エンジェルス応援会員半年分+ママエンジェルスオリジナルクリアファイル1組+菌ちゃんげんきっこ
 ルイボスティーコース 1万円
  エンジェルス応援会員1年分+ママエンジェルスオリジナルクリアファイル1組+ルイボスティー
 黒焼き玄米茶コース 1万円
  エンジェルス応援会員1年分+ママエンジェルスオリジナルクリアファイル1組+黒焼き玄米茶
 菌ちゃんげんきっこ3個セットコース 1万5千円
  エンジェルス応援会員1年分+ママエンジェルスオリジナルクリアファイル1組+菌ちゃんげんきっこ3個セット
 サンズセット栃木県塩谷町の無農薬米コース 2万円
  エンジェルス応援会員1年分+サンズセット栃木県塩谷町の無農薬米
 北海道 ご当地農産物コース 3万円
  エンジェルス応援会員1年分+北海道 ご当地農産物

スポンサー
 HP掲載(半年) 3万円
 HP掲載(一年) 5万円
 HP掲載(一年)&3000人の登録ママにPR 10万円

現在、多くのママたちが自ら動き始めています。
家族や地域社会のために仲間たちと活動をする中で、自分も家庭の中だけでなく社会の一員だったと認識を新たにします。

地域で暮らす人々との関わりで他人であってもお互いに大切な存在であることを知ったり、改めて自分自身の存在に価値を感じて自分を大好きになり、自分と関わる人々は大切な存在だったと気づくのです。

すべての人々が、安心で穏やかな毎日を過ごせることを切に願っています。 

一般財団法人ママエンジェルスは、ママたちが持つ能力を最大限に発揮して、気がかりな社会問題を改善できるように、活動しやすい環境を整える役割を担っていきます。

 

私は、ママエンジェルスのみんなが伝説を作っていると確信しています。

ボランティアの概念を超えた新しい取り組みを作り出して、活動を楽しむことを通じて豊かになっていく礎です。

挑戦をやめないママたちを、ぜひ一緒に応援してください。
皆様のあたたかいご支援よろしくお願いいたします!!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください