カナダ・モントリオールのアクセサリーブランド『ANNE-MARIE CHAGNON』日本初の路面店が代官山にオープンします。 「身につけるアート」と言われるアンマリーの世界観をしっかり表現していくために、皆さまのご協力が必要です!ヘビーユースなファンの方にとってもお得な特典をご用意しました!

プロジェクト本文

2011年の日本展開スタート以来、セレクトショップや百貨店でのポップアップで着実にファンを増やしてきたアンマリー・シャニョン。ピアスで¥4,536から展開と、買いやすい価格でも人気です。

2018年3月1日、満を持して東京・代官山にフラッグシップストア『ANNE-MARIE CHAGNON 代官山』がオープンします。

代官山店だけで購入可能な限定アイテム。カナダでは個展も開かれるアンマリーの描いた絵。ファンの方が何度来ても、いつも新しい発見をしてくれるようなお店をつくりたいと思います。

パトロンになってくださった方には、とってもお得な特典が利用できるシルバーカード、ゴールドカード、最上位のプラチナカード!を進呈いたします。力を合わせて『ANNE-MARIE CHAGNON 代官山』を盛り上げていきましょう!

 

【ANNE-MARIE CHAGNON】

北米唯一のフランス語文化圏・ケベック州の中心地、モントリオール。

そのモントリオールで美術や彫刻を学んだアンマリー・シャニョンがつくり出すアクセサリー。

アトリエには鋳造所も持ち、パーツはすべてハンドメイド。

独特な世界観から生み出されるデザインは、まるでアート作品をまとっているよう。

パリの展示会「BIJORHCA PARIS」では初出展にもかかわらず、「Étoile de Mode /モードの星」賞を受賞しました。

ニューヨークでは、アイリス・アプフェルの目に留まり、彼女が責任編集した「ピーボディ・エセックス博物館」での企画展にも加えられました。

アイリス・アプフェル・コレクションはその後、アメリカ、カナダの40もの美術館でも取り入れられました。

モントリオール美術館の館長、ナタリー・ボンディルは2015年の記念展「Retrospective」において、その序文を飾ってくれました。

「ケベックの歌姫」と言われるIngrid St-Pierreイングリッド・サン・ピエールなど、多彩な著名人が「アンマリー・シャニョン」を愛用しています。

(動画のバックグラウンドで流れているのは、このIngrid St-Pierreの曲です)

【ARCHIVES】

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください