ご挨拶

こんにちは、開発メンバーの半分が仕事中ぬいぐるみを抱えながら働いているunCompany games、ディレクターの樋口です。ぬいぐるみがないと奇声をあげて泣いてしまいます。今年30歳になりました。


2022年5月5日こどもの日にドロボー幼稚園のSwitch版リリースが決定! 

実は昨年リリースしたPC版反響のおかげで、想定よりもスムーズにSwitch版開発環境を手に入れることができました。
とはいえゲーム開発未経験チームのため、正直なところまだまだ技術的課題も多いです。
依然として手探り試行錯誤での開発となっておりますが、なんとかSwitch版リリースの目途が立ちました。
今回はSwitch版リリース決定の発表も兼ねまして、
ドロボー幼稚園のSwitch版リリース記念クラウドファンディングを実施いたします。


ドロボー幼稚園とは?

“怒ったり泣いたりしても、きっと誰かがなぐさめてくれる 不思議でやさしい「ドロボー幼稚園」の世界をあなたものぞいてみませんか? ドロボー幼稚園は、魔法のねんどでできたドロボーたちを操作して、たくさんの「おたから」を集める協力型対戦ゲームです。”

ドロボー幼稚園は、社会人生活、ガチ対戦ゲーなどで疲れた心を癒すために開発された世界で一番(自称)やさしいゲームです。

大人のめんどくさい社交辞令ベースの人間関係とか、ゲーマーあるあるのガチシューティングの撃ち合いとか、キルレとか、そういうので疲れた心に必要なものって

「割とシンプルに積み木とかして仲良くするだけのゲーム」なんじゃないか?

そんな思いつきから開発されました。


そして最終的に出来上がったコンセプトが、

「怒ったり泣いたりしても、きっと誰かがなぐさめてくれる。いい年した大人が3才児みたいに遊べるやさしい世界」です。

そうしてできたドロボー幼稚園は、

×ガチな対戦アクションゲームではありません

×勝ち負けを競ってプレイヤーに優劣をつけることを目的としていません

〇やさしくして、やさしくされて、いい年した大人が3才児みたいに遊ぶための、かわいさと許され感を楽しむ、ゆるーいゲームです

大人でいることや、ガチでいることに疲れたひとたちにとっての処方箋のようなゲームを目指しています。


前回クラウドファンディングの御礼 

まずはじめに、前回のクラウドファンディングで無名の私たちを応援してくださった方々へ感謝の気持ちをお伝えしたいです。
私たちを見つけ、そして支援してくださり、本当にありがとうございました。
開発中はいつも、最初に支援してくださった第0期メンバー(※)のことを意識しながら作業しています。
※前回は支援者のことを第0期幼稚園メンバーとしてゲーム内クレジットしました。

ちなみに前回は目標金額100万円に設定したのですが、全然届きませんでした(笑)
開発実績もないくせに設定金額が調子に乗りすぎてました。
だからこそ、誰も知らない、実績も全くない私たちのことを支援してくださったみなさんは私たちにとって本当に特別な存在で、心の支えとなっています。

クラウドファンディングとしては盛大にスベってましたが、支援者の方たちとつながれたことは大きな財産です。

とはいえ目標金額達成ができなかったため自信をなくしてしまい、正直もうだめかと思ったのですが、 

発売日直前にでたオートマトン、ファミ通などのゲームメディアの記事がプチバズをいたしまして、そのおかげでたくさんの配信者に注目され、多くのYoutuber、Vtuberの方々に遊んでいただくことができました。 

有名な配信者の方も遊んでくれて、ばっちり幼児退行しているのでレアな映像となっているのではないかと思います。





今回のクラウドファンディングの目的

いい年した大人が3才児みたいになって遊べる幼児退行マルチ「ドロボー幼稚園」ですが、2022年5月5日こどもの日にSwitch版発売が決定しました。 

今回のSwitch版リリース記念クラウドファンディングの目的は以下2つです。

①ドロボー幼稚園をもっと多くの人に知ってもらいたい 

ゲームをたくさんの人に遊んでいただくためには「興味を持ってもらうこと」「覚えていてもらうこと」が必要です。

突然ですが、みなさんは先週バズったトレンドワードをいまパッと思い出せるでしょうか? 

ちなみに僕は記憶力がダンゴムシくらいしかないため昨日のトレンドワードもまったく思い出せません。 

情報の流動性が高い今の世の中では数百万円使って広告を打つ程度ではすぐに流され、忘れられてしまいます。

 

僕たちはまだまだ無名です。

無名の僕たちが認識してもらい、覚えていてもらうためにとれる行動は以下の二択です。

A:億単位の予算をかけて広告を打ちつづける

B:ユーザーと直接対話をしつづける


しかしもちろんのこと、僕たちのようなインディーゲーム制作者には億単位のお金がないので実際は「ユーザーと直接対話をしつづける」の一択のみです。 


クラウドファンディング支援者の方々は情報感度が高く、面白そうなことには積極的に興味を持ってくださいます。

さらに、開発者と支援していただいた方々との間には特別な絆も生まれるため、覚えていただくこともできると考えています。 

僕たちは直接ユーザーのみなさんと出会うための場としてクラウドファンディングを実施しています。 


②開発費の調達 

ゲーム制作には時間とお金がいくらあっても足りません……。 

Switch版リリースが決まったとはいえ、発売はゴールではなく、むしろスタートです。
これまでよりもさらに多くの大人たちに対して「大人の幼児退行」「バブみ」を提案していくためのチャレンジとなります。

なんならSwitch版リリース前よりリリース後のアプデ内容のほうが容量は大きくなる予定です。 


今後の開発方針 

僕たちは「いい年した大人が3才児みたいに遊べる幼児退行マルチ」というこれまでに無いコンセプトでゲーム作りをしています。

ドロボー幼稚園は常に緊張へのアンチテーゼであろうとします。

落語家の桂枝雀が提唱した「緊張と緩和理論」というものがあります。
ざっくりいうと「人間はピーンと緊張した状態からふっと緩和された瞬間に笑顔になる」みたいな理論です。
これを社会とストレスの関係性に当てはめると、逸脱行動を禁止する規則やルールが緊張の部分、そのストレスから解放されるための飲酒や娯楽が緩和の部分に相当します。
#でも会社の飲み会って緊張するよね

大人の定義、ストレスの形は社会情勢によって常に変化するため、ドロボー幼稚園はユーザーの皆さんと対話しながら必要なアップデートを行う方針をとります。

買い切りゲームなのに運用型という時点でマネタイズをミスっているような気がしますが構いません。
バブみで緊張社会を壊す(「バブる」、もしくは「ベビーブーム」を引き起こす)ためにリスクオンします。


①いただいたレビューへの対応 

前回支援いただいた方から、レビューで「対戦要素が空気を悪くしている」的な意見をいただきました。
私たちもこのゲームのコンセプトとして、勝ち負けの要素を強調したくないので、
今後のアプデ内容は、もっとかわいく、なかよく、いやされるようなコンテンツ制作とゲームバランスを目指す予定です。
レビューをうけたことで追加ステージの設計など、すでに変更したものもあります。
#本当の意味での面白さも大切にしたいため、複合的に判断していきます。


②ユーザーとのコミュニケーション 

開発にかまけてTwitter更新がしばらくなかったのですが(本当は呟いても反応がないと怖いっていう恐怖心が主原因)、今後はもっと発信していきたいと思います。 

というのも、先日勇気を出してエゴサしてみたところ、思っていたよりドロボー幼稚園について言及して下さっている方々が見られて、勇気をいただけました。 

「勇気が出たので今後頑張ります」という謎のモチベーションとなってしまいますがお許しください……。 

TwitterとDiscordとYouTubeを中心に新着情報発信やコラボ企画など行っていく予定です。 


リターンについて 

全てのコースで「Switch版開発サポーター」としてゲーム内クレジットさせていただきます。
Switch版のゲーム価格は1,730円を予定しているので、どのコースでも得するようになってます。


僕たちは基本的に堅苦しくてつまらない大人社会のアンチですので、
クレジット=支援者のみなさんが「やさしくて面白い人間」であることの証明です。
したがってドロボー幼稚園を支援いただいた場合、就活や婚活など、人柄が重視される場面でそのことをアピールしていただければ 有利に働くことでしょう!

みたいなことを信じながら支援をしていただけると損した気分にならないと思います!


①スーパー応援コース 500円


②数量限定コース 1500円
・ゲームコード1個
・コミケ99限定アクリルキーホルダー1個

コミケ99にて配布した限定キーホルダーをお送りします。
今後も同じデザインのものは制作しないので数量限定のレア物となっております。


③Switchゲームコードコース 1500円
・ゲームコード1個


※クレジットに関して、クレジット名が公序良俗に反すると判断された場合は記載できない場合がございます。また、その際の返金については対応しかねます。


支援金の使い道

すべてゲームの開発費に充てます。
※CAMPFIRE手数料等を除きます。

 
最後に

僕はドロボー幼稚園をさらにパワーアップさせ、社会に疲れた大人たちがよしよしなでなで慰めあう幼児退行世界を真剣に目指しています。疲れた大人の皆さんからの共感の声や、ご支援をお待ちしております!
 

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


※Nintendo Switch・Nintendo Switchのロゴは任天堂の商標です。

  • 2022/05/12 21:06

    ドロボー幼稚園を応援してくださっているすべての皆様、Switch版ドロボー幼稚園リリース日の確定についてご報告申し上げます。 Switch版ドロボー幼稚園は、下記日程にてリリース準備が完了いたしました。 ◆任天堂公式ストアでの発売日(製品版、体験版同時リリース) 2022年5月26日(木) ◆...

  • 2022/04/27 15:57

      CAMPFIRE で支援してくださった皆様、Twitterで拡散してくださった皆様、5月5日にドロボー幼稚園で遊ぶ予定を組んで、楽しみにしてくださった皆様、申し訳ございません。私たちunCompany gamesは5月5日こどもの日に、Switch版ドロボー幼稚園をリリースすることを目標に...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください