【目標達成のご報告とネクストゴール挑戦について】

5月9日よりスタートした本プロジェクトですが、なんと"開始35時間"という速さで目標額である40万円を達成することができました!!


皆さまからの温かい応援による賜物だと実感しながら、心より感謝申し上げます。

本当にありがとうございました。


プロジェクトにかける想いが、一人でも多くの方に届くことを心より願っています。

引き続き、応援・ご支援のほど、よろしくお願い致します。



【ご挨拶】


この度は本プロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

私は福岡県北九州市でサラリーマンを続けながら、本業、子育て、作家活動を行っています桑木 良と申します。


私が作家活動をはじめたきっかけは我が子の誕生でした。


私たち夫婦は結婚して約9年間、子供を授かることが出来ませんでした。

その9年という長い月日では、不妊治療流産、そして一番辛かった事としては『死産』を経験してきました。




「我が子を授かりたい!」

その一心で、夫婦二人で力を合わせ、辛い不妊治療への挑戦を続けていましたが、死産を経験した時には生きる全ての希望を失ってしまい、心も体もボロボロで立ち上がることが出来ませんでした・・・。


「こんなに辛い思いばかりする世界なら、もう生きていたくない…」

と、夫婦二人で命を絶ってしまおうとさえ考えていた時期もありました・・・。


しかし、この死産で失ってしまった子がいたという証を残していけるのは私たち二人だけなのだと気持ちを改めました。



そこから私たちは子供を諦め、これからは夫婦二人で生きていこうと新しい人生を歩むことにしました。


すると、その矢先!?


新しい人生を歩みはじめた私たちに、まさかの「自然妊娠」という奇跡が訪れ、最愛の我が子を授かることが出来ました。


この奇跡の子を授かったことがきっかけとなり、私自身が子供たちへ伝えていきたいメッセージを込めた絵本制作活動をスタートさせることとなりました!


■『絵本作家くわきりょう誕生』

 2分ほどの紹介動画です。



今回のプロジェクト
絵本【くじらのプウパ】を出版したい!

〜世界に愛を降らせるクジラ〜

イメージ画(下書き)

世界中の子供たちに、この美しい世界を残していきたい!

大人も子供も一緒になって、環境問題の重要性を楽しく学べる絵本を制作中です。



〜あらすじ〜

この物語は青い海と空に囲まれた、美しいみどりの島からはじまります。

イメージ画(下書き)


この島ではたくさんの動物たちが仲良く暮らしています。


そこに、いつも遠くから島を見つめている、くじらがいました。


イメージ画(下書き)


くじらもみんなと一緒に楽しく暮らしたいけど、自分の体が大きいのでみんなを驚かせてしまうのではないかと島に近づくことが出来ずにいました。


そんなある日のこと・・・


海の向こうから、謎の大きな黒い影がどんどん島に近づいてきます!


島の動物たちはビックリしておびえています。


イメージ画(下書き)


するとそこへっ!?


いつも島のみんなを遠くから見守っているくじらがやってきました!


イメージ画(下書き)


「この黒い影がどこからやってきているのか、僕が見てきてあげるよ!」


「くじらさんは大丈夫なのかい…?」


「心配いらないよ!僕はみんなより体が大きくて丈夫なんだ!」


こうしてくじらは、黒い影をたどって行くことにしました。


「ここは、なんてひどい世界なんだ・・・」


イメージ画(下書き)



くじらがたどりついた場所は、人間たちが暮らしている世界でした。

えんとつからは黒い煙がモクモクと上がり、川や海を黒く染め、あちこちに沢山のゴミが浮かんでいました。


「このままじゃ、この世界が真っ黒になっちゃうよ!?ここで僕がなんとかしなくちゃ!」 


イメージ画(下書き)


さぁ〜! はたしてっ!?


くじらのプウパは島の動物たち、そしてこの世界を救うことが出来るのでしょうか!?


イメージ画(下書き)


ひらがな表記の分かりやすい絵本を制作する予定です。

小さなお子様から、おじいちゃんおばあちゃんまで老若男女問わず読んでいただける作品となっています。


※挿絵はイメージ画(下書き)となっています。

※書籍化となった際は、出版社と絵本デザインの見直し(校正)を行います。




【このプロジェクトで実現したいこと】

私たちが暮らしている美しい地球。

しかし近年ではこの地球の美しさも、少しずつ壊れはじめています。 

イラスト:ふうせんのフリック


地球の環境変化がメディアで取り上げられはじめて、もうどれくらいの時間が過ぎたでしょう。

世界中で環境問題への意識は高まっているものの、けっして改善されているとは言えない状況が続いています。

イラスト:ふうせんのフリック


地球温暖化の影響による猛暑をはじめ、今までに経験したことがない激しい豪雨や巨大な台風など、毎年のように世界中で大きな被害をもたらし続けています。

イラスト:ふうせんのフリック



このような状況が続く中、2015年には国連サミットにおいて地球環境改善への国際目標となる「SDGs」が採択されました。

SDGsの発表をきっかけに、地球のため「自分に出来ることからはじめよう!」という気持ちを持った人たちが少しずつ増えはじめています。

 

この課題は私たち大人だけで解決出来る問題ではなく、これからの未来を担っていく子供たちにとっても大きな課題となっています。


しかし、残念ながら…


この大きな課題を子供たちへうまく伝えきれていない…

と、私は子育てをしながら感じています。


今を生きる私たち大人が、次世代へ何を残していくことが出来るのか・・・?




そこで、私は考えましたっ!



子供たちが親しみやすく、大人たちと一緒にふれ合うことの出来る『絵本』を活用することで、大人も子供も一緒に環境問題を考えるきっかに出来るのではと!


絵本を通じて、幼い頃から環境問題を身近に感じていくことが出来れば、その子供たちが大人になった時、そしてそのまた子供たちへと受け継がれていくと考えています。




【プロジェクトをやろうと思った理由】

私たちは日本という恵まれた国に生まれてくることが出来ました。


しかし、世界を見渡して見ると


●貧困に悩む子供たち

●教育を受けられない子供たち

●戦争に巻き込まれる子供たち


私たちには想像もつかない環境で生きている子供たちがたくさんいることに、あらためて気づかされました。


そう、まさに世界では

「笑いたくても笑うことができない!」

子供たちがまだまだ沢山いるのです。



そして私は、次のように考えています。



絵本には「無限の可能性」が秘められている。


言葉や文字では伝えにくいメッセージを絵本という形で表現していくことで、子供たちが受け入れやすく、そして大人も子供も一緒に学びながら世界を変えていけると信じています。


そして今回、自分の目標である

『子供たちへ伝えたいメッセージを込めた絵本を出版する!』

という決意をしました!




【支援者からの応援メッセージ】

私を応援して下さる支援者様から応援メッセージをいただいています。(順不同)

みなさまからの温かい応援ひとつひとつが私の活力であり、そして世界をひとつへ繋いでいく『鍵』だと確信しています。


■北九州市で一番熱い男

 北九州市議会議員『大石仁人』様からの応援

動画です。



■北九州市を代表する子供向け体操教室

 『ONEキッズ』様からの応援動画です。



■各業界でご活躍されている支援者様




【環境問題について】

私が現在暮らしている福岡県北九州市は、1901年に国内初となる本格的近代溶鉱炉を持つ官営八幡製鉄所が誕生しました。

北九州工業地帯は、四大工業地帯の一つとして日本の高度経済成長を支えてきました。


しかしその一方では、1960年代に入ると深刻な産業公害をもたらしはじめていました。


その当時、北九州の洞海湾では「大腸菌すら住めない死の海」とまで言われており、空には「七色の煙」と呼ばれる煙が広がり、日本一の降下灰じんを記録するなどの、人体と自然に悪影響を及ぼす環境がしばらく続いていました。

北九州市HP引用



そしてこの公害問題を解決すべく、市民、行政、企業が一体となって取り組んだ結果、洞海湾には100種類以上の魚介類が戻り、そして煙に覆われていた空には青空が広がり、国から「星空の街」に選定されるまでに改善され、北九州市はかつての美しい海と空を取り戻すことが出来ました。

北九州市HP引用


そして現在の北九州市では、公害問題を解決してきた都市として、また長年培ってきた「ものづくり」のノウハウを活かしながら、資源循環型社会の構築を図るために「環境保全政策」と「産業振興政策」を統合した独自の地域政策として「北九州エコタウン事業」を推進し、エコ活動にも力を注いでいます。

北九州市HP引用



私はこういった公害問題を克服してきた歴史のある街、北九州市で生まれ育つことが出来ました。

そんな私だからこそ、環境問題の改善へ向けて自分に出来ることを続けていこうと考えています。




【これまでの活動】

現在の活動としてはオリジナル絵本制作をメインとして、個展の開催、幼稚園や子供向けイベントなどで絵本読み聞かせを実演。また様々なイベントへの出演、企画などを行なっています。


主な活動実績

■テレビ番組などで活動が特集される



■北九州市到津の森公園にて個展開催

北九州市民の憩いの場(動物園)


■北九州空港にて個展開催

北九州市空の玄関口


■北九州文学サロンにて個展開催



■北九州市内の幼稚園や児童施設へ絵本や絵画の寄贈、また絵本読み聞かせを実演



■北九州市の老舗百貨店「小倉井筒屋」

北九州フェスティバル参加


■北九州市小倉街中アトリエプロジェクト参加


■東アジア文化都市北九州

「生命と自然環境」をテーマとした合同個展を主催する


■北九州市音楽ボランティア団体とクラシック演奏&絵本作家の共演




【資金の使い道】

皆さまからご支援いただいた資金は、以下の費用の一部として大切に使わせていただきます。


【制作物】(予定)

●タイトル : くじらのプウパ(仮)

●判型 : A5(ハードカバー)持ち運びに便利サイズ

●頁数 : 32頁(予定)

●発行部数 : 1000部

●刊行予定 : 2023年1月〜2023年2月予定

●著者 : くわき りょう

初版は1000部となっており、絵本が完成すると全国の書店で販売されることになります。

 また、国立図書館にも永久保存されます。

(※)書籍の制作/販売に関しては、出版社からの許可・承諾有り

  


【目標設定金額】

●400,000円


【概算内訳】

●絵本制作、流通に関わる費用:1,150,000円

●絵本以外の返礼品費用:40,000円

●返礼品荷造り送料:50,000円

●CAMPFIRE手数料:68,000円


◆今回の目標額40万円を達成出来ましたら、ネクストゴールを目指したいと考えています!

 

※絵本制作に関わる費用以外は、トータル支援額によって変動します。




【リターン・返礼品について】

ご支援いただいた方には、心より感謝の気持ちを込めたリターン・返礼品をご用意いたしました。

ポストカード見本



絵本に直筆サインを入れた返礼品や、ご支援して下さった方のお名前をSpecial thanksとして、絵本のみかえしページに記載させていただく権利などもございます。


詳しくはリターン一覧をご覧ください。


リターンについて不明な点などがございましたら、お気軽に下記のメールアドレスへお問い合わせを願いいたします。


お問い合わせ先 : coolboder03@icloud.com




【実施スケジュール】

●2022年5月中旬〜6月下旬 : クラウドファンディング実施

2022年7月上旬:出版社と契約

●2022年7月~:絵本制作スタート

●2023年1月〜2023年2月:絵本刊行

●2023年2月~3月:返礼品発送

 

※コロナウイルスの影響によりプロジェクトもしくはリターンが遅延する可能性もございます。スケジュールが変更となる場合は本ページの情報更新欄にてご案内いたします。




【最後に】

私は『世界の宝=子供=地球の未来』をテーマとして、世界中の子供たちが1秒でも多く笑顔になれる環境作りを目指しながら活動を行っています。


そして、私の出版する絵本で得ることの出来た売上の一部を子供たちの支援活動へ繋げていくことを目標としています。



私の目標はけっして簡単なものではありません。

そして、私一人の力で達成出来るものでもありません。


これからの子供たちのため、そして地球の未来のため、ぜひ皆さまからのあたたかいサポートをいただきたいのです。


たとえ今は、私一人の小さな想いだったとしても、その小さな想いが一つずつ集まっていくことで、世界を変えることの出来る大きな力に変わっていくと信じています!


ぜひ、みなさまからの熱い応援とお力添えをよろしくお願いいたします。


最後までご一読いただき、ありがとうございました。




【お知らせ】

SNSでは絵本作家くわきりょう(ふうせんのフリック)という名前で活動を行なっています。 

●Twitter : 自分の想いを発信しています。

●Instagram : 絵や写真を発信しています。

●YouTube : 自分の活動内容や日常などを動画として発信しています。

※ぜひ下のURLから遊びに来て下さい!フォローしていただけると幸いです。


Twitter

Instagram

YouTube



【初めての方へ・ご支援の仕方と流れ】

①CAMPFIREのカテゴリー「書籍・雑誌出版」から「絵本作家くわきりょう」プロジェクトページへ

②ページの右側にある「プロジェクトを支援する」というボタンをクリック

③CAMPFIREへ新規会員登録をする(登録無料)
新規会員登録ページでメールアドレスを入力し、メール送信ボタンをクリックしてください。
その後に受信したメール内にあるリンクをクリックしていただくことで会員登録が完了します。
※もしメールが届かない場合は、迷惑メールをご確認いただき【@camp-fire.jp】からのメール受信を許可してください。

④【プロジェクトを探す】から再度「絵本作家くわきりょう」を検索し、もう一度プロジェクトページへ

⑤リターンを選択し、一覧ページでご希望のリターン内容にチェックが入っていることを確認して、コメントを入力(任意)します。※サインの宛名を希望される方は備考欄に記入してください。

⑥クレジットカード払い、コンビニ払い、銀行振込、Paidy払いの中からお支払方法をお選びください。
利用規約とガイドラインに同意して「お支払い画面へ」ボタンをクリックしてください。

⑦パトロンの申し込み完了
プロジェクト完了まで活動報告をメールで送ります。

【絵本くじらのプウパ】の完成をお待ちください!
※2023年2月〜2023年3月末までにはお届けする予定です。ご支援ありがとうございました!


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2022/06/25 01:02

    【心からのありがとう】45日間に渡り行わせていただきました本プロジェクトも、無事に完走することが出来ました!これもひとへに、皆様からの温かい応援があっからこそだと感じています。本当にありがとうございました。これからも自分の信念となる『子供たちのため!』というスタイルは崩さずに、私に出来る小さな...

  • 2022/06/23 14:56

    【あと1日】『絵本くじらのプウパ』出版プロジェクトも残すところ、あと1日となりました!ここまで走り続けてこられたのは、皆さまからの温かい応援があったからこそと実感しています。そんな中、私のことを応援して下さっていますYouTubeチャンネルにゲスト出演させていただきました。私の活動についての想...

  • 2022/06/22 21:35

    【原点】皆さまから支えられながら走り続けてきました、この絵本出版プロジェクトも残すところあと2日となりました。残り時間もあとわずかとなってまいりましたので、少し私の話にお付き合い下さい。私がこの活動をはじめたきっかけなどについてはプロジェクトの本文に記載していますとおり、『我が子』の誕生がきっ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください