はじめまして
KatayamazuOnsen です
  • 石川県 / 
初めてのプロジェクト

石川県加賀温泉郷・片山津温泉の納涼花火大会実行委員会です。
片山津温泉観光協会を中心に、地元事業に従事しているメンバーで結成しました。
委員長は岸グリーンサービスの岸、副委員長は湖畔の宿 森本の森本。shibayama slowの軒端、and wonderの水野、そして片山津温泉観光協会の道見、桑原がメンバーです。
大切な花火大会を守るために日々奮闘しています!

追加リターンのお知らせ|6月18日追記

委員会内で密かに温めていたリターンをとうとう追加しました!

「花火で推しごと'22」|一口 2,000円

メンバーカラー「赤」の推しがいらっしゃる方に広く楽しんでいただける
「推しごと」として、真っ赤な花火をたくさん打ち上げて楽しもうじゃないか!
そして、ペンラなんか振って、みんなで赤Tを着ちゃったりして
推しを讃えようじゃないか!!

そんな企画です。
※この推しごとは、特に公式の認定等はなく、わたしたちが勝手に推しを讃えたいがための企画です。ご理解の上リターンをご購入ください。

◉リターン詳細

① このリターンで100万円が集まったら・・・
 2022年8月27日(土)は真っ赤な花火をたくさん打ちあげます!

②150万円が集まったら・・・
 支援者限定公開で花火の様子をWeb配信します!(アーカイブもあり)

③200万円が集まったら・・・
片山津に集結しやすいように山中、山代、大聖寺から一台ずつ送迎バスを運行します!

 いただいたご支援は、1/2ほどがリターンのお届けに使われ、残りの金額は毎日の花火の運営資金となります。
 なお、このプロジェクトがAll or Nothing方式であるため、このリターン単体で目標の100万円が集まったとしても、プロジェクト全体で1,000万円が集まらない限りリターンの履行がされないことをご了承ください。その場合、支援額は全額返金されます。

 今回の「花火で推しごと」が好評であればシリーズ化し、毎年メンカラを変えながら片山津の花火のメインイベントの一つとして継続していきたいと考えています。
 さらに、今年は推しごとリターンに組み込んでいる加賀市の主要な場所からのバスの運行や、花火の配信など、来年以降につなげて片山津温泉の花火を盛り上げていきたいです!

 プロジェクトの終了は6月30日です。
 改めまして、クラウドファンディングを通じて片山津温泉、そして加賀温泉郷の未来のために、ご支援をいただけましたら幸いです。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー

委員会メンバー 柴山潟・浮御堂前にて

はじめまして!片山津温泉観光協会 花火実行委員会です。

私たちは、存続の危機におちいった「納涼花火まつり」を継続するために集まったメンバーです。
片山津温泉で生まれ育ち、地元の事業に従事しているメンバーを中心に結成しました。

約一ヶ月間、毎日花火をあげる大会はめずらしく、日本国内では数カ所しかありません。

住人はもちろん、旅行で訪れたひと、帰省で、金沢や福井など近隣の地域から・・・と多くの人々が毎年楽しみにしています。

昨年まではコロナ禍の資金調達に苦戦しつつも、なんとか “ 毎日・10分間 ” の花火を打ち上げることができました。

※2021年8月1日〜29日、計29日間。ただし最大のイベントである「湯のまつり」は中止
※2020年8月1日〜31日、計31日間。ただし最大のイベントである「湯のまつり」は中止

しかしながら長引くコロナ禍で資金調達の限界を迎えた2022年、とうとう開催の危機に直面しました。

湖畔から眺める花火

42年間、途切れることなく続いた花火大会。

私たちの夏の思い出は、背後に雄大な白山の山々をたたえた柴山潟
そして夜空に咲く大輪の花火とそれが湖面に映し出される景色です。

ある人は湖畔から…

ある人は田んぼの畦道から…

ある人は旅館の中から…

世界中が当たり前の日常が崩れることを経験したパンデミック、
そんな中でなんとしても守りぬきたい風景が、私たちにとってはこの花火でした。

片山津温泉の街中から見上げる花火

今年もたくさんの皆様と花火を楽しむために、熱いご支援をよろしくお願いいたします!

そして、このページを最後まで読んでいただいて、加賀温泉郷の片山津温泉に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

こんにちは!実行委員長の岸です。

わたしは片山津温泉で生まれ育ち、幼少期から納涼花火祭りを見てきた1人です。
1番思い出に残っているのは、家からすぐそばの田んぼの畦道から見た花火の風景です。

自宅付近から見る花火
柴山潟周辺の至る所から花火は見える

そこにはいつも祖父の姿がありました。夕食が終わって21時頃になると、キャンプ用の折りたたみ椅子を持って共にでかけ、同じ目的のご近所さんと一緒に眺める花火。

それは木々の上に上がる花火で湖面に映る様子は見えないものの、幼心に祖父と共に見る花火を毎日楽しみにしていたことを覚えています

私が今回花火実行委員会を立ち上げる決心をしたのは、旅館の経営が芳しくなく落ち込む幼馴染の姿を見たからです。長引くコロナ禍で旅館の経営は日々苦しくなるばかりで、幼馴染の森本康敬が経営する「湖畔の宿 森本」も例外ではありませんでした。

そこに片山津温泉の集客の要である納涼花火まつり中止の危機は、康敬の落ち込みに拍車をかけてしまいました。

地元住民にとっては当たり前にある花火大会ですが、なくなるかもしれないという状況になって初めてその重要性を認識しました

幼馴染の力になるために
片山津温泉の人々の生活を守るために
そして何よりも

大切な思い出として残る花火を失わないために

このプロジェクトへのご支援をお願いいたします。

40年以上、1ヶ月間毎日花火を中止することなく上げ続けているのは、委員会が確認できる限りでは北海道・洞爺湖のロングラン花火と
ここ、石川県・片山津温泉の納涼花火大会だけです!!(委員会調べ)

コロナ禍でも諦めることなく花火を上げ続けてきました。
途絶えさせることなく、この先も納涼花火大会を続けていくために、皆様のご支援をお願いします!

【プロジェクトが成功した場合の納涼花火大会スケジュール】
日程:2022年8月1日(月)〜28日(日) 毎日21:00から約10分間打ち上げ
場所:石川県加賀市片山津温泉・柴山潟の湖上

片山津温泉の花火の打ち上げにかかる費用は、1日約50万円
今年の予定している打ち上げ日数は28日間なので、単純計算で1,400万円が必要になります。

観光協会の予算や協会所属の旅館からの協力金を合わせても、どうしても1,000万円不足しています。
「毎日」「10分間」花火を打ち上げるために皆様のご支援をお願いいたします。

いただいた支援金は、花火の購入代金や打ち上げに係る作業費、お客様駐車場の管理など、花火大会運営のために活用します。

そのほか、CAMPFIREでしか購入できない特別な花火観覧席の運営資金やCAMPFIRE手数料に使用します。

※予想を上回るご支援が集まった場合は、昨年に引き続き今年も中止の予定だった「湯のまつり」における大花火大会(8月21日開催予定、40分間の花火大会)の資金に充てます。
※万が一天候の影響で止むを得ず花火が中止になった場合は、ご支援いただいたリターンに合わせた代用品をご用意いたします。

足湯がある公園から見る花火
池に映る花火も美しい

◉使用日の指定が必要なリターンに関して◉

ご支援を確認した後に使用日のご相談をいたします。確実に連絡の取れるご連絡先をご記入ください。
また、先着順にて使用日が確定するため、必ずしもご希望の日程に添えない場合がございます。あらかじめご了承ください。

対象)花火カヤック
   花火が真正面に見える部屋宿泊
   Premium花火ラウンジ貸切チケット
   一尺玉花火打ち上げ協賛
   1日花火協賛
   キッチンカー出店

2022年5月1日〜6月30日:CAMPFIREプロジェクト公開、活動報告

2022年7月1日〜7月30日:花火中に使用するリターンの送付

2022年8月1日〜8月28日:納涼花火大会の実施、花火の様子を報告

2022年9月1日〜9月30日:お礼メールの送付、プロジェクト終了の報告

片山津温泉は、石川県の加賀温泉郷の一つです。霊峰白山を望む柴山潟をぐるりと取り囲むように温泉宿があり、各旅館のお部屋からは柴山潟を一望することができます。(観光協会HP

明治の開拓により、柴山潟の湖底から湧き出る温泉水を利用できるようになったこの地は比較的新しい温泉地です。しかしながら、程よく塩気の効いた湯冷めしにくい泉質、白山と柴山潟を眺める絶好のロケーションと夏の花火が自慢の場所です。

明治頃の柴山潟と立ち並ぶ旅館の様子
風情を感じます

柴山潟を存分に楽しむアクティビティとして今年4月にスタートしたばかりのShibayama slowのカヤック体験がおすすめです!

目の前に広がる霊峰白山を
湖上で眺めるカヤック体験

朝昼夜と違う表情を見せてくれる片山津の景色をゆったりと湖上で楽しめます。
なんと、CAMPFIRE支援者優先ででカヤックに乗りながら花火を楽しめるリターンをご用意しました!

片山津温泉は食の楽しみも豊富です。橋立港が近いため、新鮮な魚介類がうまい
おすすめの食事処がたくさんありすぎてここではご紹介しきれません(笑)

お越しの際は、季節の味覚をぜひお楽しみください!

このプロジェクトをご覧いただいた多くの皆様にとって、片山津温泉の花火大会は「知らなかったこと」のひとつかもしれません。

田舎の温泉地のなんてことない花火大会。

だけど、ここに暮らす私たちにとって夏の風物詩であり、片山津温泉にとっては一年の中で最も集客の見込める一大イベントです。

絶やしたくない

その一心で実行委員会を中心に片山津温泉全体でこのプロジェクトに取り組みます。
ぜひ、支援という形で皆様からのエールをいただければ嬉しいです!!


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

  • 2022/07/01 10:52

    6月30日(木)23:59をもちまして、田舎の温泉地の、なんてことない毎日の花火。だけど、絶やしたくない!|加賀・片山津プロジェクトは終了いたしました。ご支援をくださった皆様、本当にありがとうございました。おかげさまで 825万4千円 のご支援をいただきましたが、残念ながらあと一歩のところで、...

  • 2022/06/24 09:59

    プロジェクト終了まで残り6日となりました。現時点で集まっているご支援は507万円目標の1,000万円まで残り493万円です。ご支援いただいた皆様、プロジェクトを気にかけてくださっている皆様、誠にありがとうございます。満を持して追加した「花火で推しごと'22」リターンは、第一目標の【100万円】...

  • 2022/05/28 19:45

    CAMPFIREで【51名】の方に支援をいただきました!プロジェクトの公開から本日で【20日】経過です。All or Nothingのプロジェクトであるため、支援額が一番重要なのですが、われわれ実行委員会メンバーにとって、51名の方から本プロジェクトに対して賛同をいただけたという事実を大変嬉し...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください