私たちのこと

私たちは千葉県を拠点に活動しているNPO法人 猫の森(千葉県県生分指令第1583号/代表理事:北村由紀子)です。地域の野良猫問題に取り組み、TNRのお手伝いや、様々な事情で助けが必要な猫の保護と里親探しを行っています。

お笑い芸人・サンシャイン池崎さんの愛猫、風神・雷神も当団体から譲渡した保護猫です。ありがたいことに池崎さんの出演番組をご覧になって当団体を知ってくださる方も増えてきました。

TNRとは、野良猫の繁殖を防ぐために、猫を捕獲し(Trap)、不妊手術を施し(Neuter)、元いた場所に戻し(Return)、地域で見守る「さくら猫」として一代限りの生を全うさせ、人と猫の共生や殺処分の減少に貢献する地域活動です。私たちは多くのTNRをお手伝いしながら、猫の不妊手術を行うことの大切さを痛感してきました。

桜の花のように耳がV字カットされた猫は不妊手術済みの証 

このプロジェクトで実現したいこと

猫の不妊手術ができる設備を備えた移動手術車を購入し、より多くの猫たちの手術が行えるようにすることで、飼い主のいない猫と人が共生できる地域社会を目指します。また、社会問題となっている多頭飼育崩壊に対しても、移動手術車で現場に出向き、猫の一斉手術ができるようにします(移動手術車は当団体と協力関係にある獣医師と当団体スタッフが乗車します)。現在、私たちは船橋市と協力しながら多くの多頭飼育崩壊レスキューやTNRに携わっていますが、今後さらにより良く、より広く連携し、行政からの依頼に応じて移動手術車の活動範囲を拡大するなど最大限有効に活用していきたいです。

プロジェクトを立ち上げた背景

地域のTNRをお手伝いしていると、「近所で野良猫が増えているのは気になっていたけど、手術しようにも、捕獲した猫を動物病院へ連れていくこともできない」という理由でTNRに踏み切れなかったという方が結構いらっしゃいます。それは高齢の方だったり、車の免許を持っていない方だったりするため、その時は当団体のボランティアスタッフが自家用車を出して、捕獲した猫を動物病院まで送迎しています。

また、多頭飼育崩壊の現場では数十頭におよぶ猫を保護しますが、その場合もボランティアスタッフが何回も現場を往復して猫を動物病院へ運んでおり、これが猫にとっても人にとっても大きな負担になっています。とくに多頭飼育崩壊の現場では、機動力も大事です。把握した時点で速やかに不妊手術を行うことで新たな妊娠を防ぐ必要があるからです。

移動手術車を使ってTNRの現場や多頭飼育崩壊の家庭に直接出向き、一度に多くの猫を手術することができたらどんなにいいだろうと、以前から考えておりました。そこで今回、移動手術車の購入費用を調達するために本プロジェクトを立ち上げました。どうか猫を愛する皆さまの温かいご支援をいただければ幸いです。

当団体が関わってきた多頭飼育崩壊レスキュー

【2019年】

・4月 猫90頭

・12月 猫75頭

【2020年】

・6月 猫15頭

・12月 猫70頭、犬40頭

【2021年】

・6月 猫14頭

・7月 猫41頭

【2022年】

・1月 猫20頭

・3月 猫14頭

・5月 猫27頭

猫の森ハウスについて

多頭飼育崩壊をはじめ、様々な事情により保護した猫たちは、船橋市内にある保護猫施設「猫の森ハウス」(第二種動物取扱業取得済)で生活しながら新しい家族が見つかるまでボランティアさんがお世話します。常に数十頭の猫たちがいますが、全頭に医療処置(血液検査、キャリア検査、糞便検査、ワクチン接種、ノミダニ駆除、その他必要な治療・服薬等)を施し、不妊手術やマイクロチップ装着も実施。1頭1頭の健康管理を重視し、適切に飼育するために飼育頭数を制限・管理しています。また、入室者の手洗い・アルコール消毒を徹底し、施設内の消毒には除菌消臭電解水を使用、備品類は定期的に加熱消毒も併用しながら、感染症対策にも十分気をつけています。

保護猫の譲渡会も定期的に開催 
資金の使い道と実施スケジュール

今回のプロジェクトで得た支援金はCAMPFIRE手数料を除いた全額を移動手術車の購入に充てます。

●内訳

車両購入費:約400万円

内装改装費:約100万円

CAMPFIRE手数料:約50万円

もし、皆様のご厚意により、目標額を上回る支援金が集まった場合、その全てを移動手術に係る運営費(獣医師・スタッフの人件費、手術に必要な医療品や消耗品代、ガソリン代、駐車場代、車検代、修理代など)に使い、他の用途には使用しないことをお約束します。

●実施スケジュール

7月~ クラウドファンディング開始 中古車の購入~改装作業開始

9月末 クラウドファンディング終了

10月1日 リターン品の制作開始~完成次第、順次発送(11月末までに発送)。支援者限定LINEグループ招待開始(発信期間:10/10より2年間)

10月~ 移動手術車の運用開始

●事業内容

まずは船橋市と協力し、市内のTNR現場や多頭飼育崩壊家庭に出向いて猫の一斉手術をすることから始めます。

次第に活動範囲を広げていき、千葉県全域の市町村及び現地の猫ボランティアさんと協力関係を結びながら、現地に出向いて野良猫の一斉手術を行うことを目指します。

リターンのご紹介

◯3,000円コース/感謝の気持ちをこめてお礼メールをお送りします。

◯5,000円コース/支援者様限定のLINEグループにご招待します。週1回、当団体の活動報告および保護猫たちの可愛い画像や動画を送信いたします。本プロジェクトの進捗状況もこちらで報告していきます(発信期間:10/10より2年間)。

◯10,000円コース/①支援者様限定LINEグループご招待&②オリジナルポストカード2枚(イラストレーター <みぃすけ>さんが描いた可愛い猫のオリジナルポストカードです。/絵柄はおまかせください)

◯15,000円コース/①支援者様限定LINEグループご招待&②オリジナルカレンダー(2023年版)

◯20,000円コース/①支援者様限定LINEグループご招待&②オリジナルミニクッキー缶(人気のお菓子作家 <お菓子、ともしび>さんが本企画のために作ってくださるオリジナルクッキーです)

◯50,000円コース/①支援者様限定LINEグループご招待&②オリジナルポーチ(東京・浅草にアトリエを構える革小物専門店 <Kanmi>さんとコラボ制作したオリジナルポーチ。6色から選べます)

◯100,000円コース/本プロジェクトの趣旨に賛同し、高額のご支援をしてくださる方へのリターン品全部入りコースです。どうか私たちにお力添えいただけたら幸いです。①支援者様限定LINEグループご招待&②オリジナルポストカード2枚(絵柄おまかせ)&③オリジナルカレンダー(2023年版)&④オリジナルポーチ(6色から選べる)&⑤オリジナルミニクッキー缶

◯200,000円コース/本プロジェクトの趣旨に賛同し、高額のご支援をしてくださる方がいらした場合のためご用意したコースです。当団体の北村代表が直筆で心をこめてお礼のお手紙を送らせていただきます。もし猫の森ハウスの見学をご希望でしたら個別にご案内させていただきます。

オリジナルポストカード(サンプル) 

 

 6色から選べる牛革ポーチ 

お礼クッキー3種はどれが届くかお楽しみ

 ●焼き菓子詳細

アイシングクッキー(小麦粉、バター、砂糖、はちみつ、ココア、シナモン、ナツメグ、ベーキングパウダー、卵白 /食用色素)

メレンゲ(卵白、砂糖、コーンスターチ、いちご、レモン /食用色素)

キャラメルナッツ(くるみ、カシューナッツ、アーモンド、砂糖、塩)

バニラクッキー(小麦粉、バター、砂糖、卵、バニラ、塩)

塩チョコクッキー(小麦粉、バター、砂糖、ココア、アーモンド、塩)

保存方法:保存料を使用しておりませんので直射日光および高温多湿を避けて保存してください。

賞味期限:2週間

サイズ:164×44×36(mm)

内容量:60g

※本製品の製造所では卵・乳・小麦・落花生・大豆・ゴマを含む製品を生産しています。

●食品取扱の表示事項

販売者:お菓子、ともしび

食品営業許可:第03-1007号

食品衛生責任者:綱島 智華

●ポストカード詳細

オリジナルポストカード2枚セット/絵柄はお選びいただけません/画像はサンプルです。

●カレンダー詳細

中綴じA3見開き/1ヶ月(表紙含む全28ページ)/オールカラー/見開き2ページで1ヶ月のカレンダーを表示するタイプです。

●ポーチ詳細

商品サイズ:縦13.5㎝/横16.5㎝/重さ約56g

素材:牛革(ポーチ本体)/真鍮(リング)

デザイン:2色使い/オリジナルロゴ刻印あり/開閉ファスナーリング付き

カラー展開:6色(ブラック/グリーン/ブラウン/すみれ/レッド/キャメル)

※リングの真鍮は経年劣化によって変色やくすみが生じます。気になる場合は金属磨き等で磨いてください。ただ、牛革も真鍮も時間と共に古びて独特の味が出てくるのも魅力のひとつ。ぜひその風合いを楽しんでいただければ幸いです。

最後に

私たちが前回クラウドファンディングに挑戦したのは2019年6月のこと。多頭飼育崩壊から90頭の猫を保護することになり、保護猫部屋(猫の森ハウス)と医療費のご支援をお願いしたのがきっかけでした。こうした方法で活動資金を集めることに不慣れな私たちでしたが、最終的に447人の皆さまのご支援をいただき、100%を超える達成率の支援金を集めて終了できたときは、スタッフ一同、手をとりあって喜び、感謝の気持ちでいっぱいでした。そして今回のプロジェクトは、前回から約3年ぶり2回目の挑戦となります。どうかまた、私たちの活動にお力を貸してください。

地域社会のなかで猫と人が良好な関係で共に生きていくために。

多頭飼育崩壊に陥っている家庭をいち早く見つけ、手を差し伸べるために。

私たちは本気で、保護猫活動を通してこの社会を変えたいと思っています。

移動手術車での活動はその大きな一歩であり、始まりなのです。

お一人おひとりの無理のない範囲でかまいません。どうかご支援をお願いいたします。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/09/23 06:40

    昨日は朝から2カ所の現場で計7匹の子猫を保護しました。TNRは開始していますが、申請してからTNRの実行まで1ヶ月半。すでに子猫達が産まれていました。母猫は手術が済んでいますが、小さな子達がウロウロ。成猫、中猫、子猫合わせて15匹まだ手術ができない子達は保護しましたこちらの現場でもまさかこんな...

  • 2022/09/19 20:17

    移動手術車があれば・・・今日の現場はまさにそんな現場でした野良猫が来てて、ご飯あげてたら子猫が生まれてまた増えて4月に4匹ぐらいだったのが、約半年で4倍に猫リストを作成してもらいましたがそれは大変な数でした来週からなんとか病院を手配しこの数の子達を病院へ何往復かしながら手術です現場は地元、近く...

  • 2022/09/17 06:51

    7月からTNRのお手伝い現場、再会しました。前回捕獲器の中で出産したシェリーちゃんは、まだまだ絶賛イカ耳中!市の助成を利用しているため、追加申請して2ヶ月待つ事になります。そして、再開にあたり子猫がいるとの情報が!いました子猫達捕獲器5台を現地お手伝いの方と、猫の森スタッフで設置手術頭数に限度...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください