はじめまして
Go Trading And Valuations LLC です
  • 北海道 / 
初めてのプロジェクト

Reasummit(運営会社Go Trading & Valuations)と申します。
当社は、日本でまだ認知されていない海外メーカー様のすばらしい製品を紹介する貿易事業をメインとして営んでおります。
今後は、貿易事業で培った経験を基に、今年中には自社ブランド製品も取り扱っていく予定です。
少数精鋭のチームですが、ご支援者様が、こんな製品が欲しかった!と思っていただけるような製品を、チームメンバー一同、力を合わせて、ご紹介していきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

 


グリーンだと安全です。


 

 

 

 ※日本の火災の約11.7%が、配線や漏電による火災の根拠

 総務省消防庁『火災統計』 令和2年(1~12月)における火災の状況(確定値)(令和3年10月29日)調査結果(https://www.fdma.go.jp/pressrelease/statistics/items/0286bc4ee2c952bcc6a88601e6b0b1c76be5c8ff.pdf)に基づき、配線や漏電による火災数を集計した。 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご購入者様1人目

賃貸で借りた家は、築30年。古い家ですが、外壁や室内がリフォームされており、生活は快適です。

先日新聞で「コンセントの経年劣化から火災発生」という記事を読み、ちょっと心配になりました。

友人が持っていたWIRECARE を借りて計測してみたら、コンセントの1 つが赤のランプに!

 

WIRECARE 赤ランプ画像私は慌てて、大家さんにコンセントを調べてもらうようお願いしました。

はじめは半信半疑だった大家さんも、電気会社の「修理の必要あり」との調査結果にびっくり。

WIRECAREのおかげで、古い家のコンセントの危険性を取り除くことができました。
定期的にチェックしたかったので、私も1 つ購入しました。
 

 

ご購入者様2人目

実家は、両親だけの二人暮らし。ともに70 歳台となり、お盆と正月に私たち子供家族が帰省する以外には、年に数回電話する程度でした。
先日、テレビのニュースで、「コンセントの劣化から火災になるケースがなくならない」と知りました。

実家は私が生まれる前からある、築40 年ほどの古民家。大きなリフォームもしていないので、

コンセントの劣化が急に気になりました。
なにかいい対策はないものかと思っていたところ、友人からWIRECARE を聞き、さっそく購入し、

両親にプレゼントしました。

高齢な両親でもコンセントに差すだけで測定でます。両親は、家中のコンセントで試してみたそうです。

結果はいずれも緑色のランプで問題なし!

 

でもやっぱり家は古いので、これから毎月電話をして、「WIRECARE 使ってみて」って声か
けてあげようと思います。
万一火災になったら、大切な両親の命や実家に残してきた思い出も、すべてなくなってしまう。
そうならないためにも、WIRECARE を贈ってよかった。
なんだか両親との心の距離が縮まりそうです。

 

 

 ※日本語の説明書同封、日本語サポートあり。

 

 

Q、WIRECAREはどうやって、劣化を検知するのですか?

A、WIRECAREは、負荷インピーダンスを使って測定しています。

※インピーダンスとは

【電流の流れにくさ】のことです。
インピーダンスが高い場合、電流が流れにくく、インピーダンスが低い場合は電流が
流れやすいということを意味します。つまり、WIRECARE は、コンセントの電流の流れ
やすさ・流れにくさを測定し、コンセントの劣化を判定する機器となります。

「電気エンジニアのツボ」というブログを運営されているシマタケさんが、WIRECAREについて、記事を掲載してくださっております。

専門的な見地から、とても分かりやすくWIRECAREの説明をしてくださっておりますので、是非、一度、ブログをお読みいただければ幸いです。

https://shimatake-web.com/wirecare/

 

Q、延長コードも確認できますか?

A、はいできます。延長コードを刺したコンセントも確認することを忘れないでくださいね。

 

Q、家にあるコンセントを全部確認するのがいいですか?

A、はい、1つずつ確認していって下さい。

 

Q、どのくらいの頻度で確認するのがいいですか?

A、月に1度確認することをおすすめします。

 

Q、商品は信頼できるものですか?

A、はい、台湾でのクラウドファンディング実績はもちろん、米国連邦通信委員会認証、EU環境安全認証、CEマーキングを取得しています。

また、NASAの科学者によるWIRECARE利用レポートや、国立高雄科技大学による調査結果も、高い信頼性の証でしょう。

 

Q、WIRECAREは防水ですか?

A、いいえ、防水加工はされていません。使わないときは、直射日光を避け、乾燥した場所に保管して下さい。

 

Q:保証期間はありますか?

A:はい。製品をご購入いただいてから2 年間となります。


Q:WIRECARE でコンセントの劣化を修理することができますか?

A:コンセントの劣化を修理することはできません。あくまで、劣化を測定するための機器です。

測定の結果、黄色や赤色のランプが表示された場合は、お近くの電気技術者へお問い合わせください。

 

Q:コンセントの劣化とは何を意味するのですか?

A:継続使用に伴う経年劣化のほか、ほこりや湿気が原因によるもの、地震などによりコンセント内の配線が切断されること、プラグの抜き差しが原因による損傷などを指します。

 

Q:定期的にコンセント周りについたほこりを取り除けば、火事にならないのでは?火事になったケースを聞いたことがありません。

A:コンセントの表面は掃除できますが、コンセントの蓋の内側には、細かいほこりがたまっており、掃除する場合は蓋を取って行う必要があります。

ただ、感電するおそれがありますので、実際は専門知識を持った電気技術者でないと危険です。

総務省消防庁による最新の火災統計では、配線設備が原因の火災が約11.7%となっており、 あまり高くない印象を受けるかもしれません。他の主要な要因は、コンロ、たばこ、放火です。 放火をのぞき、目視可能な原因であり、気を付ければ回避できるものです。一方、コンセントの内側は蓋をあけないと目視できず、定期的に電気技術者によるチェックが必要になり、費用もかさみます。また、火災は大切な人命・資産・思い出を一瞬にして奪うものであり、万が一でもあってはならないものです。 WIRACAREは、目に見えないコンセントの裏側の劣化を簡単にチェックするツールです。このツールを使用して、定期的にコンセントの劣化状態をチェックすることをおすすめいたします。


Q:測定結果を再確認したい場合は、どうすればよいですか?

A:本体中央部にあるリスタートボタンを押すと、再度、検査ができます。


Q:8 個の LED が同時に 3 回赤色に点滅し、測定動作が停止しました。

A:動作温度が摂氏 60 度以上になったことを検知すると、上に記載されたような表示になり、

動作が停止します。温度が下がると、自動的に再度測定動作を行います。


Q:8 個の LED が同時にオレンジ色で表示し、測定動作が停止しました。

A:コンセントの電源が「電圧が 90V 以下または 250V 以上」 または「周波数が 47Hz以下または 63Hz以上」になると、上に記載されたような表示となります。


Q:8 個の LED が同時に緑/赤色に交互に点滅し、測定動作が停止しました。

A:内部負荷抵抗や MOS(トランジスタの一種とお考えください) スイッチの異常を自動検出すると、

上に記載されたような表示となります。保証期間内であれば交換もしくは修理の対象となりますので、その場合は、当社までお問い合わせください。

 

 

 

2022年4月 プロジェクトスタート
2022年6月21日 プロジェクト終了
2022年8月 リターンお届け 予定

 

 

 

 

 

Blook Livin

Blook Livinは、20年以上にわたって、創造性の高い研究を続けてきました。

私たちは、人々の言葉に注意深く耳を傾け、どんな不便や困難があるのかを理解することを大切にしています。

そして、みなさんの不便や困難を、私たちのテクノロジーで解決し、快適な毎日に変えていくことが、私たちの喜びなのです。

これからもBlook Livinのテクノロジーが、あなたの人生に幸せをお届けしていくことでしょう。

 

 

 

本件プロジェクトページをご覧いただき、ありがとうございます。

WIRECAREの日本正規販売代理店である合同会社Go Trading & Valuationsと申します。弊社では、これまでも、まだ日本で知られていない海外のすばらしい商品を紹介させていただいてまいりました。

先日台湾の友人から、「台湾では、コンセントの老朽化による火災が多く、WIRECAREというコンセント老朽化チェッカーが人気だ」と聞きました。私は気になって、すぐ取り寄せてみました。

私自身がWIRECAREを使ってみて、そのシンプルな使い勝手に、まさに目から鱗が落ちたような気分でした。

通常、コンセント劣化の確認のためには、次のような工事が常識でした。フェイスプレートをはずし、ドライバーでベース部分を緩め、コンセント本体を取り出すなど、電気技術者が行うような作業です。しかし、WIRECAREはコンセントに差し込むだけで、コンセント内部の老朽化が確認できるのですから、驚きました。

台湾同様、木造建築の多い日本には、WIRECAREが必要だ!そう直感した私は、今回このクラウドファンディングを起案することといたしました。

電気系統の不備を原因とする火災は跡を絶ちません。一度火災になれば、大切ものをすべて失ってしまいます。そうなるまえに、ぜひWIRECAREを一家に一台備えていただければと考えております。

WIRECARE によって、日本の住宅火災における主要な原因のうち、1 つを取り除くことができるなら、消防隊員のみなさんの負担が軽くなりますね。消防隊員さんたちのチカラを、他の火災や救助に振り向けることができるのです。
その結果、いままで救えなかった命が救えるようになります!

こんなに喜ばしいことはありません!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
多くの皆様のご支援をお待ち申し上げております。

 

 

 

製造スケジュールについては、現在プロジェクト成功を想定した数で調整しておりますが、支援数が想定を上回った場合、製造工程上の都合や配送作業に伴う止むを得ない事情によりお届けが遅れる場合がございます。

※配送遅延によるキャンセルはできません。

※初期不良以外に関する返品・返金はお受けいたしかねます。

※モニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。

※想定を上回る皆様からご支援を頂き、量産体制を更に充実させることができた場合、販売価格が予定価格を下回る可能性がございます。

※並行輸入品が発生する可能性があります。正規以外での個人輸入等は、完全に防ぐことができない場合がございます旨、予めご了承のほどお願いいたします。

※並行輸入品は正規代理店による製品保証を受けることはできません。また、正規代理店を通じて購入することで、日本国内での流通に必要な各種認証の取得や、関税の適切な処理が担保されます。

※<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンをお届けします。

プロジェクトページに記載している内容に変更がある場合には活動レポートなどで共有を行っていく予定です。

手に取ったみなさまに喜んでもらえるよう、チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、応援よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください