はじめに・ご挨拶

こんにちは!
わたしたちは、2022年7月30日(土)〜10月10日(月・祝)までの73日間、愛知県で国際芸術祭「あいち2022」を開催する、国際芸術祭「あいち」組織委員会です。

国際芸術祭「あいち2022」とは

国際芸術祭「あいち2022」は、「あいちトリエンナーレ」を継承する、国内最大規模の国際芸術祭の一つで、32の国と地域から全100組のアーティストが参加し、愛知県の愛知芸術文化センターのほか、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)のまちなかを会場として開催しています。現代美術、パフォーミングアーツ、ラーニング・プログラムなど、ジャンルを横断し、最先端の芸術を「あいち」から発信します!

国際芸術祭「あいち2022」開催概要
会期:2022年7月30日(土)〜10月10日(月・祝)[73日間]
テーマ:STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから
主な会場:愛知芸術文化センター、一宮市、常滑市、有松地区(名古屋市)
芸術監督:片岡真実(森美術館館長、国際美術館会議(CIMAM)会長)
公式Webサイト:https://aichitriennale.jp/


[国際芸術祭「あいち2022」参加アーティスト]
Åbäke & LPPL / 足立 智美 / ホダー・アフシャール / AHA![Archive for Human Activities/人類の営みのためのアーカイブ] / AKI INOMATA / ローリー・アンダーソン&黄心健(ホアン・シンチェン) / リリアナ・アングロ・コルテス / レオノール・アントゥネス / 荒川 修作+マドリン・ギンズ / カデール・アティア / バック・トゥ・バック・シアター / ローター・バウムガルテン / ディードリック・ブラッケンズ / ロバート・ブリア / マルセル・ブロータース / ジョン・ケージ / 曹斐(ツァオ・フェイ) / ヤコバス・カポーン / ケイト・クーパー / パブロ・ダヴィラ / クラウディア・デル・リオ / メアリー・ダパラニー / 遠藤 薫 / シアスター・ゲイツ / 潘逸舟(ハン・イシュ) / トラジャル・ハレル / 服部 文祥+石川 竜一 / ニーカウ・へンディン / 許家維(シュウ・ジャウェイ) / 今井 智景 / アンネ・イムホフ / 井上 唯 / 石黒 健一 / ミット・ジャイイン / ジャッキー・カルティ / 河原 温 / ユキ・キハラ / バイロン・キム / 岸本 清子 / 小寺 良和 / 鯉江 良二 / アンドレ・コマツ / アブドゥライ・コナテ / 近藤 亜樹 / 小杉 大介 / 黒田 大スケ / グレンダ・レオン / タニヤ・ルキン・リンクレイター / 眞島 竜男 / ニャカロ・マレケ / ミシェック・マサンヴ / 升山 和明 / バリー・マッギー / ミルク倉庫+ココナッツ / 三輪 美津子 / 宮田 明日鹿 / モハンマド・サーミ / 百瀬 文 / デルシー・モレロス / ラビア・ムルエ / 迎 英里子 / 中村 蓉 / 奈良 美智 / 縄(愛知県芸チーム initiated by 奈良美智) / トゥアン・アンドリュー・グエン / 尾花 賢一 / 大泉 和文 / 奥村 雄樹 / ローマン・オンダック / 小野澤 峻  / ガブリエル・オロスコ / カズ・オオシロ / ティエリー・ウッス / リタ・ポンセ・デ・レオン / プリンツ・ゴラーム / スティーヴ・ライヒ / ジミー・ロベール / フロレンシア・サディール / 眞田 岳彦 / ファニー・サニン / 笹本 晃 / イワニ・スケース / 塩見 允枝子 / 塩田 千春 / シュエ ウッ モン(チー チー ターとのコラボレーション) / ディムート・シュトレーベ / 田村 友一郎 / 徳重 道朗 / うら あやか+小山 友也 / 和合 亮一 / 渡辺 篤(アイムヒア プロジェクト) / 西瓜姉妹(ウォーターメロン・シスターズ) / アピチャッポン・ウィーラセタクン / ケイリーン・ウイスキー / 山本高之と猩々コレクティブ / イー・イラン / 横野 明日香

*アーティスト名は原則として姓のアルファベット順。ただし、出身国や地域の慣習またはアーティスト自身の希望により、姓名順ではない表記も一部あります。


百瀬⽂《Jokanaan》2019
EFAG EastFactoryArtGalleryでの展⽰⾵景
愛知県美術館蔵

ニャカロ・マレケ《Enclosed》2020
Photo: Andrew Wessels
Courtesy of the artist

シアスター・ゲイツ
展⽰⾵景:「A Clay Sermon」ホワイト・チャペルギャラリー(2021-2022、ロンドン、英国)
© Theaster Gates
Photo: Theo Christelis
Image courtesy of Whitechapel Gallery

ミット・ジャイイン《Peopleʼs Wall》2019
Photo: Jim Thompson Foundation
Courtesy of the artist and Jim Thompson Foundation


プロジェクトをやろうと思った理由

「あいち2022」は、多くの企業、団体、個人の皆さまから協賛いただき、開催運営費の一部にあてさせていただいています。

その一環として、クラウドファンディングを通じて「あいち2022」を応援いただける方を募り、より多くの皆さまと「あいち2022」を盛り上げていきたいと考え、このプロジェクトを立ち上げました。


資金の使い道

ご支援いただいた資金は、「あいち2022」の運営資金として活用いたします。

昨今、原材料費や輸送費などが上昇しており、作品制作や実施運営等にかかる費用にも影響が出ております。このような状況の中、皆さまからいただくご支援を大切に使わせていただきます。

[使途の内訳]
・作品制作費
・会場運営費
・広報費
 など、実施運営にかかる費用全般

・リターンにかかる費用(リターン品費、発送費など)
・CAMPFIRE手数料 総額の17%


リターンについて

ご支援のリターンとして、公式デザイナーグッズのコースや、片岡芸術監督によるスペシャルなガイドツアーのコースなど、多様なコースをご用意しました!

○「あいち2022」応援!コース
・サンクスメール及び報告書のデータ送付

○「あいち2022」公式デザイナーグッズコース
・「あいち2022」公式デザイナーグッズ
・サンクスメール及び報告書のデータ送付

○「あいち2022」ノベルティグッズコース
・「あいち2022」ノベルティグッズ
・サンクスメール及び報告書のデータ送付

○【片岡芸術監督がご案内!】「あいち2022」スペシャルガイドツアーコース
・片岡芸術監督による愛知芸術文化センター会場ガイドツアー(約2時間)参加権
・「あいち2022」現代美術展フリーパスチケット
・お土産(公式デザイナーグッズ)
・サンクスメール及び報告書のデータ送付


実施スケジュール

クラウドファンディング実施期間:〜2022年9月11日(日)
リターン発送・実施:
2022年9月13日(火)ごろ〜 片岡監督ガイドツアー参加者へのご連絡予定
2022年9月18日(日)12:00〜14:00 片岡監督ガイドツアー実施
2022年9月22日(木)ごろ〜 その他リターン発送予定
※報告書の発行、データのメール送付は、2023年3月を予定しています。 


最後に

このクラウドファンディングを通して、「あいち2022」を応援いただける方を募り、より多くの方と「あいち2022」の開催を盛り上げていきたいと思います!
ご支援のほど、どうぞよろしくお願いします。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください