はじめに・ご挨拶

初めまして! この旅プロジェクトの立案者であり張本人「旅行家」の藤原かんいちです。1961年生まれの60歳。見た目も体形も、典型的なおっさんです笑 今回が初めてのクラウドファンディング、よろしくお願いします。藤原かんいちのWEBサイト

さらに今回の旅プロジェクトには「さすライダー」こと平塚大地さんが、カメラマン&サポート役として全行程をオートバイで同行します。平塚大地さんのWEBサイト

ふたりの歳の差は21歳ですから、ほとんど親子ですね~笑

中年男のチャレンジをクラウドファンディングを通して共有、応援していただけたら嬉しく思います。

このプロジェクトで実現したいこと

E-Bike(電動アシスト付きスポーツ自転車)による佐多岬→宗谷岬、日本縦断チャレンジ。総走行距離は約3500キロ。目標は30日間以内で走り切ることです。

この日本縦断では日本を走り尽くした旅行家が選んだ、全国に点在する18の道を繋いで走ります。旅を通して、大自然を感じられる道、絶景が広がる道、特別な価値を持った道など日本を代表する「死ぬまでに走ってほしい道」を紹介したいと思っています。

01■『佐多岬ロードパーク』鹿児島県
02■『桜島溶岩ロード』鹿児島県
03■『阿蘇パノラマライン』熊本県
04■『やまなみハイウエイ』熊本県&大分県
05■『瀬戸内しまなみ海道』広島県&愛媛県
06■『四国カルスト公園線』愛媛県&高知県
07■『剣山スーパー林道』徳島県
08■『暗峠・国道308号』大阪府&奈良県
09■『奥琵琶湖パークウェイ』滋賀県
10■『千里浜なぎさドライブウェイ』・石川県
11■『志賀草津道路・渋峠』長野県&群馬県
12■『川上牧丘林道・大弛峠』長野県&山梨県
13■『磐梯吾妻スカイライン』福島県
14■『三陸海岸・国道45号』宮城県
15■『八幡平アスピーテライン』秋田県&岩手県
16■『美瑛ジェットコースターの路』北海道
17■『サロベツ原野・道道106号』北海道
18■『宗谷丘陵白い道』北海道

「E-Bikeチャレンジ日本縦断3500キロ」が見られるWEBサイト
ニッカンスポーツ・コム/旅コラム「藤原かんいちのE-Bikeペダル旅 」
E-Bike JAPAN/コラム「eバイク旅ノート」

藤原かんいちの旅を繋がるSNS
https://www.facebook.com/kanichi.fujiwara/
https://twitter.com/kanichifujiwara
https://www.instagram.com/fujiwarakanichi/

プロジェクトをやろうと思った理由

1:旅行家として旅を伝え、旅文化を継続させたい。
2:年齢に関係なくチャレンジができること伝えたい。
3:7年前に心筋梗塞をした人でも夢が実現できることを伝えたい。
4:E-Bikeという新時代の乗り物の魅力と可能性を見せたい。
5:旅の感動や喜びをみんなと共有したい。
6:旅動画の発信や写真集を通して、旅に出るきっかけを作りたい。
7:日本の絶景道など素晴らしい道をみんなに見せたい…
以上の理由から本プロジェクトを立ち上げました。

これまでの活動

子供のころから知らない土地へ行くのが好きで中学生から自転車旅行。23歳には夢だった日本一周をバイクで実現しました。その後は仕事と長期旅行を繰り返し、原付バイクで世界各地を旅行。そして39歳の時にデザインの職を離れ、「旅行家」となりました。その後、夫婦で電動バイク世界一周や国道全制覇など様々な旅を実現してきました。旅の模様はテレビ、ラジオ、新聞、雑誌、WEBなどを通じて発信し続けてきました。

私は冒険家ではなく旅行家。誰もマネができない冒険をするのではなく、誰でもできるけど誰もしない、そんな旅を実現したいと思っています。昔から50歳を過ぎたら人力の旅をと考えていて、1年半前からE-Bikeに乗り始めました。自転車でも良かったのですが、へそ曲がりな性格と未知の乗り物という好奇心からE-Bikeを選びました。

日本縦断に付加価値を付けるため「30日間以内!」というルールを加え、困難な旅にしました。このような旅の前例はなく、また自分の体力がどこまで持つのかわかりませんが、だからこそチャレンジする価値があると思っています。支援者さんから頂いた応援をエネルギーパワーに替えて、頑張りたいと思っています♪
夫婦で行った北南米縦断の旅。写真はボリビアのウユニ塩湖

小さな電動バイクで世界一周。テキサス州にて資金の使い道

●リターン用Tシャツ制作費(Tシャツ、プリント、デザイン、送料ほか。100着を想定)130,000円

●リターン用フォトブック制作費(印刷、編集、送料ほか。A5サイズ48ページを予定。100冊を想定)130,000円

●2人の移動費の一部として補充(サポート車のガソリン代、北海道や九州などの長距離フェリー運賃、E-Bike輸送費ほか)150,000円

●2人の宿泊費の一部として補充(ゲストハウス、ビジネスホテルなど)100,000円

●CAMPFIREの手数料

リターンについて

①リターン
「手描きポストカード」
応援への感謝とゴールをお知らせする手描きメッセージ入りポストカードが現地から届きます!
3000円

②リターン
「オリジナルフォトブック」
日本縦断の絶景や感動の写真を1冊にまとめたフォトブックです!
※A5サイズ、48ページ程度を予定しています。
4000円

③リターン
「オリジナルTシャツ」
藤原かんいちが描いた日本縦断イラストがプリントされたTシャツです。
※素材は綿100%&5.6オンス。カラーは2種類。サイズは5種類。
4000円

④リターン
「①+②+③の大応援コンプリートセット」
手描きポストカード&オリジナルフォトブック&オリジナルTシャツが揃った、応援コンプリートセットです。こちらは限定50名様までとさせていただきます。
10000円

全てリターンは感謝の気持ちを込めて送らせていただきます。

実施スケジュール

●2022年5月10日前後
自宅を出発。フェリーなどを使って鹿児島へ

●2022年5月13日
鹿児島県の佐多岬をスタート!

九州→中国→関西→中部→関東→東北→北海道
南から北へ日本を縦断。30日間で3500キロ移動を目指します

●2022年6月11日
北海道の宗谷岬へゴール!(予定)
※目標なので数日遅れる可能性があります

ゴール数日内にリターンのポストカードを現地からお送りします

●2022年7月
フォトブック用の画像選別、編集レイアウトした後、印刷会社へ発注
※Tシャツ100着分は準備済。不足分のTシャツを発注します

●2022年8月頃
印刷会社からフォトブックが納品される。
プリント会社からTシャツが納品される。
その後は順次、支援者さまへ発送いたします!

最後に

これまでたくさんの旅を経験してきました。
生き方、夢、仕事、使命、喜び、感謝、仲間…
いつも大切なこと教えてくれたのが旅でした。

このプロジェクトを通じて支援者さんと
旅の感動や喜びを共有したいと思っています。
人生は一度だけ、想い出の1ページを一緒に
刺激ある旅時間を共に過ごしましょう!
応援のほど、よろしくお願いいたします。

藤原かんいち

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/05/27 00:50

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2022/05/24 23:45

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2022/05/23 22:13

    日本縦断8日目今日は尾道から向島へ渡りしまなみ海道を走りました!ここは自転車専用の道があって走りやすく橋の上からの眺めも素晴らしい!最高の道でした!伯方島では塩ソフトを堪能。今日は走りに走って140キロ弱走行して愛媛県松山まで来ました!疲れた〜

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください