■プロジェクト概要

誰もが自由に映像作品を創ることができるこの時代に若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合して切磋琢磨しながら自由に作品を作り上げる『MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)』。

この度池田エライザ監督作品につきましては、クラウドファンディングを通して自由で新しい映画製作の実現を目指します。「変化」をテーマに映画製作のあり方の変化を皆様と分かち合えるプロジェクトとなっております。


■池田エライザ監督コメント


映画をつくる工程で、様々な人との出会いがあります。そして関わり合いがあります。参加する、どの人も重要な役割を持っており、尊い存在です。ミラーライアーフィルムズという企画はきっと完成形ではありません。映画の可能性を信じ、模索し、改善や向上を試みる。そんな企画だと感じています。

完成しないからこそ面白い。
お手持ちのカメラで誰でも映画が作れる昨今。映画に参加する。という手段がとても増えてきている。

クラウドファンディングもきっとその一つ。
皆さまと共に一つのショートフィルムをつくれたらと思います。


■池田エライザ監督プロフィール


1996年4月16日生まれ、福岡県出身。2011年に『高校デビュー』で映画デビュー。近年の出演映画に『億男』(18)、『SUNNY〜強い気持ち・強い愛〜』(18)、『貞子』(19)、『騙し絵の牙』(21)、『真夜中乙女戦争』(22)など。2020年には映画『夏、至るころ』で原案、監督を務めた。


■ミラーライアーフィルムズとは


役者を目指すすべての人に学びとチャンスを提供するため、伊藤主税(and pictures)、阿部進之介、山田孝之、関根佑介(Fogg)、松田一輝(KOUEN)らが、2017年に発足した情報プラットフォーム「MIRRORLIAR」(ミラーライアー)。「だれでも映画を撮れる時代」をテーマに、自由で新しい映画製作の実現を目指して、年齢や性別、職業やジャンルに関係なく、若手とベテラン、メジャーとインディーズが融合して切磋琢磨しながら映画を作り上げる「MIRRORLIAR FILMS(ミラーライアーフィルムズ)」。一般公募を実施し、12名の一般クリエイター監督も決定。総勢36名の豪華な監督が揃う。


■クラウドファンディング達成後の流れ(予定)


2022年5月   クラウドファンディング終了
2022年6月   作品の最終仕上げ
2022年8月   各種リターンスタート
2022年9月   全国公開予定

※状況により各スケジュールの時期は前後する場合がございます。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください