はじめまして
WPS_inc です
  • 大阪府 / 
初めてのプロジェクト

「食のビジネスをつくる。幸せをつくる。」という考えのもと、ソーシャルグッドなフードビジネスの創出に取り組んでいます。

こんなお悩みありませんか?

「子どもには健康でいてほしい。
だから、たくさんの野菜を食べさせたい。」

「3食バランス良く野菜を摂りたい」

でも毎日十分な量を準備するのは大変。。。



毎日十分な量の野菜を調理するのは大変

毎日十分な量の野菜を食事に入れるのは、
かなり大変ですよね。

忙しい中、ふと冷蔵庫の中を見ると、
「全然野菜が無い。。。」
なんてことありませんか?

でも、もう大丈夫です。



食分の野菜ドレッシング」では、
一食分に必要な野菜
(120 g、うち緑黄色野菜40 g以上)を、
簡単に摂ることができるドレッシングです。
原料の一部に、規格外野菜を使用しています。


ペースト状のドレッシングです。


細かい野菜の量を気にしなくても、
多様な野菜をバランス良く摂ることができ、
気軽に食事を楽しめます!




これらの野菜を合計120 g以上を含んだ、
野菜たっぷりのドレッシングです。



低温で製造することで、
野菜感をしっかり残しています。


なぜ、このプロジェクトを始めたのか。

歩留まり(ぶどまり)という言葉があります。
ある生産において、「良品」がどのくらい得られたかという割合を表します。

例えば100個の玉ねぎから製品を作るとして、
実際には80個分しか製品にならなかった場合、
その歩留まりは80%。

この時、残りの20%(20個)は
いったいどこに行くのか

この疑問がすべての始まりです。



代表の吉本は食品流通の業界に
長らく身を置いてきました。

そこで、賞味期限や色や形の問題、
作り過ぎた、流行が変わった、などを理由に、
本来の価値を無視して「いらないもの」とされ、
食品が廃棄されるのを見てきました。


先進国においてさえ、
未だ飢えは完全には克服されていません。

そして
食糧を巡る競争は世界的に激化しています。

そのような中、軽い気持ちで食品を廃棄する
という事があって良いわけがない。

そう、強く感じています。



「良品」とされなかった20%は
必ずしも悪い品なのではなく、
ある用途に合わなかっただけに過ぎません。

この20%に合った使い道があれば、
それらは捨てられることなく、
人の暮らしを豊かにすることができる。

その為に、新しい使い道をたくさん作りたい。

その想いから生まれたのが
一食分の野菜ドレッシング」です。


大きさが不揃いだったり、
見た目が良くない等の理由から
規格外」とされた野菜や、

加工する際に出てしまう切れ端などの端材などを
原料として使用しています。

本来捨てられていた食品を有効活用することで、
フードロス削減に貢献します。



価値ある成分を余すことなく活かし、
それでいて美味しく、楽しく食べられる。

そんな商品を目指し、
日夜開発に取り組んでいます。



応援メッセージ

日本料理人 杉浦孝王氏<プロフィール>

株式会社シャロンフードサポートビズ 代表取締役
辻調理師専門学校卒業
辻調理師専門学校 元日本料理専任教授

新・どっちの料理ショー、アイアンシェフ、世界一受けたい授業等に出演するなど、日本料理の発展に幅広く携わる。本格会席料理だけでなく、郷土料理や器の研究にも力を入れている。


デザイナー&クリエイター JUNBOw氏 <プロフィール>

兵庫県マスコット「はばタン」の作者としても知られている。
近年ではグリコキッチンキャラクター制作、2011年から始まった「神戸マラソン」のキャラクターおよびロゴデザインなども制作。
デジタル、アナログを問わずさまざまな作品を制作しコラボ作品制作、グループ展などにも積極的に参加。 


ミュージシャン 石川智久氏

<プロフィール>

大阪音楽大学作曲学科卒業、卒業作品が首席作品として選出。同大学院修了。
インスタレーションへの参加や現代舞踏、CM、アニメーションへのサウンドトラックや主題歌の提供など、 幅広い音楽制作で活躍。エレクトロユニット TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDとしても活動している。
主な作品、wowwow『イノセント•ヴィーナス』、大友克洋原作『SHORT PEACE』、ジョン・ウー制作『APPLE SEED EX MACHINA』(挿入歌)、『おそ松さん』(主題歌)、『機動戦士ガンダムAGE』、『賭ケグルイ』など。

今回、フードロス解決に向かって進む
本プロジェクト「再'de Dish Round」や弊社の世界観をもとに、
テーマ曲をご提供頂きました。

テーマ曲公開にあたってのメッセージ



リターン品
「一食分の野菜ドレッシング」

厚生労働省が公表している、
一食あたりの野菜摂取量は120 g
これを一袋で摂ることができる、便利アイテム。

原料の一部に、規格外野菜を使用しています。


美味しく、気軽に食事を楽しみながら、
フードロス削減に取り組むことができます。


私たちについて

日本ではまだまだ食べられるにも関わらず、
様々な理由から廃棄される食品
たくさんあります。



私たち株式会社WPSは、
根深く残るフードロス問題の解決に取り組んでいます。
という考えのもと、
これまで602トンの十分に活用されていない食品を取り扱ってきました。

本プロジェクト「再’de Dish Round」は、
そのような食品が、さらに美味しく生まれ変わるようにするプロジェクトです。


 




一食分の野菜が摂れるのは良いけど…



ご安心ください。


和える、かける、混ぜ合わせる
簡単で幅広いアレンジで、
野菜が苦手なお子様にも楽しんでいただけます。



多彩なアレンジが可能なドレッシングで
野菜不足を解消、生活に安心を。


さらに!!


クラウドファンディング限定特典!

6/30まで(クラウドファンディング実施期間)
限定で、
一品料理とのセットやスペシャル企画をご用意!

食卓の+1品を気軽に実現する
レトルト食品です。
こちらも原料に
食品製造時の端材などを使用しています。
食事を楽しみながら
フードロス削減へ貢献していただけます。


他にも

など、クラウドファンディング限定企画もご用意!

ぜひお試しください!



支援金の用途

今回ご支援いただいたお金は、
クラウドファンディング手数料や商品開発費、
プロモーションイベントの実施費用、
及び送料等の諸経費に活用させていただきます。


配送のスケジュール

 

最後に

出展:環境省ホームページ(https://www.env.go.jp/press/110247.html

 

深刻なフードロス問題


「一食分の野菜ドレッシング」を通して、
根深く残るフードロス問題の解消に、
取り組んでまいります。


大切に育てられた野菜を余すところなく、
もっと手軽に、もっと身近に。

「一食分の野菜ドレッシング」
をぜひご支援ください!

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください