僕たちは、『アイデアを生み出す』のではなく『アイデアが生まれる環境を創る』ことにフォーカスし、"雑談"をテーマにしたコワーキングスペースを秋葉原に作ります。そして多くの新しいものが生まれる仕組みを作っていきます。

プロジェクト本文

初めまして、ページをご覧いただきありがとうございます!

株式会社MIKKE代表の井上拓美です。
僕は、2017年1月に現在の会社であるMIKKEを立ち上げました。

MIKKEはアプリやwebサイト、ロゴから企画提案など、クライアントワークを中心に色々な0→1をしている会社です。
デザイナーやエンジニア、写真家など沢山のクリエイターの方々と仕事をしています。

MIKKEは『誰もが自分の居場所を見つけられる世界を。』というビジョンを掲げています。
より多くの人が多様な価値観に触れ、自らの見える世界を広げることで、今まで気づけなかった目の前にある居場所に、気づくことのできる社会を実現します。

そして会社は2期目を迎え、まだまだ小さな会社ではありますが、さらに新しい変化を遂げるべく僕らなりに一つ大きな挑戦をします。

 

▼新しいアイデアは"生むもの"ではなく、"生まれるもの"。

僕らはこれまで沢山のクリエイターの方々と様々なプロジェクトを行い、重大な秘密に気がつきました。

それは、『アイデアは"生むもの"ではなく、"生まれるもの"なのではないか』ということです。

だから僕たちは、『アイデアを生み出すことを考える』ことではなく、『アイデアが生まれる環境を創る』ことにフォーカスしていきます。

▼アイデアが生まれる環境を創るには、ただの雑談ではなくクリエイティブな『ZATSUDAN』が必要!

MIKKEでは、アイデアが生まれるクリエイティブな雑談を『ZATSUDAN』と呼んでいます。

MIKKEでは、様々なアイデアを生み出し、形にしてきました。

この新しいアイデアが生まれる『ZATSUDAN』ができる人には大きく3つの条件があると考えています。

・何か一つでも強い"こだわり"も持っているものがある。
・相手や物事に"寛容"である。
・一つだけではなく、"多視点"から物事を見ることができる。

僕たちは、『ZATSUDAN』を科学するコワーキングスペース"Chat Base"を作ることで、上記3つの条件を満たすような人たちを集め、たくさんの新しいアイデアが『生まれる』環境を創出していきます。

 

▼会員になる前に、じっくりコミュニケーションをとることで、文化の浸透とコントロールを図っていきます。

▼会員の応募条件は『MIKKEが大切にしている10のこと』にひとつでも当てはまること!気になる方はぜひChat Base会員への応募をお願いします!

上記の文章を読み、既に同じ想いで仕事をしている方やこのコミュニティに興味を持った方々は、こちらのお問い合わせから直接ご連絡ください!

▼既に10人ほどのChat Baseを利用するクリエイターが決まっています!

MASAHIDE TSURUMOTO:写真家/映像監督

大学院時代に休学をし、単身イギリスに行き、アイスランドで出会った星、オーロラに心を動かされカメラを持ち始める。大学院を修了したのち、非常勤で高校の英語教師として教壇に立ちながら、写真を撮り続け、翌年Gallery Rooneeにて300人以上の動員、初の個展を成功させる。その後教師を辞め、フリーランスとして活動。東京を中心に毎年個展を開催し、多くのアーティストの写真やミュージックビデオを撮影している(Def Tech, Brian Shinsekai, and more)。2018年の秋には上海での個展開催も決定。
Facebook
Instagram

ライブキッズあるある中の人:DJ/映像作家

ライブキッズが「あるある」と共感してしまうことをツイッターで発信するアカウント「ライブキッズあるある」の管理人。
ライブキッズが楽しめるDJとして全国ツアーを主催。また「COUNTDOWN JAPAN」などの各地の有名フェスにも多数DJ出演している。
他に、自身のグッズのヴィレッジヴァンガードやタワーレコードでの販売、ラジオDJ、映像制作など、「ライブキッズとしてバンドを応援する」ことを軸に様々な活動を行なっている。
Twitter

KAYOKO HASHI:エンジニア/コミュニティマネージャー

アパレルのショップ店員を経験したのち、海外へ留学。留学を通して英語とプログラミングを身につけ、帰国後にエンジニアに転身。現在は、フロントエンド開発と並行して、国内外問わずカンファレンスに参加し、ライターやコミュニティディレクターとしての仕事などをマルチに活動を行う。またヨガにハマり、インドへヨガの修行に行くなど、仕事と趣味を両立し、海外を飛び回りながら生活をしている。
Twitter
Facebook

YMP FILM:映像作家/写真家

1994生まれ / 映像作家 / 森永乳業リプトンTVCM「夢を追いかける人 編」を当時(20歳)最年少CMディレクターとして手掛ける。監督を務めた株式会社VAZのWEB CM「JAPANESE BUZZ」は公開から3日で1000万総再生を突破。yonigeやあいみょんなどの若手アーティストのMV作品も手掛けている。
Twitter
Vimeo

 

▼会員の方々には、"場所利用"や"食事"など様々なサービスを『無償』で提供します。

このスペースをクリエイターにとってのセーフティネットのような場所にし、クリエイターが集まりやすく、より持続可能な環境を提供できるよう進めていきます。

▼現在施工中の外装の様子

▼今回の内装図面

 

①作業をしない時間『ZATSUDAN TIME』を設ける

一日に2回(14:00〜16:00、19:00〜21:00)基本的に作業しない時間を設けます。作業を基本的にできなくすることで、人が目的なく雑談できるようにしていきます。

②半クローズドな入り口を様々なイベントで作る

定期的に『朝会』や『深夜もくもく会』、『飲み会』など、定期的に会員でない人も利用できる時間を設けることで、コミュニティを流動的にしていきます。いつもとは違う人たちとコミュニケーションをとる機会を作り、新たな価値観や新たな視点に触れられる機会を作り出します。

③Chat BaseのクローズドSNSに入ってもらう

MIKKEでは、Slackというチャットツール上に"times"というTwitterのようなスペースを設けて、『つぶやきからの会話』を生み出してきました。これをChat Baseでも引き続き活用し、会員同士の"ZATSUDAN"を活発にして行きます。

 

▼クラウドファンディング限定で1日体験チケットをご用意します。

Chat Baseは基本完全会員制ですが、今回のクラウドファンディングのみ1日体験利用チケットをお配りします。このスペースを利用するクリエイターとして入りたいと考えている方はぜひこのチケットをご利用ください。

▼『朝活』や『深夜もくもく会』などを入り口にスペース利用もできる!

『朝活』は毎週月曜日の7:30〜9:00、『深夜もくもく会』は毎週土曜日の23:00〜8:00に行われます。これらそれぞれのコミュニティメンバーになると、この時間はいつでもChat Baseに来ることができるようになります。1期(半年間)会員に関しては基本的に今回のクラウドファンディングのリターンにて会員を募集します。

▼会員クリエイターとZATSUDANができる飲み会『ZATSUDAN NIGHT』。

Chat Baseでは第一木曜日と第三木曜日の19:00〜21:00にChat Base会員のクリエイターも参加する飲み会"ZATSUDAN NIGHT"を行う予定です。このZATSUDAN NIGHTは会員でない方も自由に出入りすることができます。

▼オンラインコミュニティ『ZATSUDAN LAB』で遠方の方も参加できる。

遠方の方もこのChat Baseに参加することができるようにオンラインコミュニティを作ります。このコミュニティに参加すると、Chat Baseでの雑談に関する情報や会員クリエイターの活動報告、最新イベントやイベント参加の優先招待など様々な情報をお送りします。またChat Base会員による出張ワークショップを1回受けることができます。(出張費は別途かかります。)

 

▼MIKKEが創るコストのかからない新しいビジネスモデルによって、無料のスペースを実現します。

MIKKEはアプリやwebサイトの制作、ロゴの制作から事業/PR企画の提案まで、クライアントワークを中心に色々な0→1を行う、クリエイターコミュニティです。

代理店ではありません
様々な企業から頂くご依頼に対して、コミュニティに所属するクリエイターを呼びかけプロジェクトのチームを作って取り組んでいます。

社員はいません。
クリエイターには、起業家やフリーランスとして働く人、会社に所属しながら関わっている人もいます。

案件ごとに得た利益は今回作るChat Baseに回していきます。

このエコシステムは、『Chat Baseのコンテンツを充実すればするほど、よりクリエイターは創造的になり、従ってプロジェクトの質も上がるので、受けられる案件の幅や質も上がっていく』とビジネス的にも合理性を持つ仕組みだと考えています。

 

▼コストを抑えられるもう一つの理由

今回の物件のお話は、BnAというアートホテルを運営する会社から頂きました。

日頃からお世話になっているBnA hotelが、末広町で新たなアートホテルを作ることになりました。

それが『BnA STUDIO AKIHABARA』です。

クリエイターのコミュニティを大事にしたいというBnAの協力もあり、このような他にない形での運営が実現しました。

▼ものづくりや芸術の文化が根付く地域の真ん中にある街『末広町』。

今回オープンするのが秋葉原と御茶ノ水、上野や浅草などの丁度真ん中に位置する『末広町』というまちです。
この地域では、ものづくりや芸術などの文化が再び盛り上がりを見せています。

3331 Arts Chiyoda 様

PARK GALLERY 様

 

今回支援していただいた資金は

▼運営可能な状態を作るために最低限必要な費用
・スペースの内装費用や家具購入費用の一部:893,130円
・Chat Baseやクリエイターを世界に発信する動画制作費用:435,000円(Chat Baseを利用する動画チームに直接渡ります)

お見積もり詳細

▼支援して頂いた額の分だけ、皆さんのChat Baseがよりクリエイターグッドで雑談の生まれる空間になっていきます!
・皆さんの座れる椅子の数を増やしたい!
・利用者の皆さんがシェアできる本棚を作りたい!
アイスストッカーにより、きんきんに冷えた飲み物を提供できるようにしたい!
・MIKKEのデザイナーが作るChat Baseの看板を入り口につけたい!
・何かと必要になるプリンターをクリエイターに向けて用意できるようにしたい!
・アーティストにお願いして、壁を作品にしたい!

など、利用者のためにやりたいことは沢山あります!!!
皆様のご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

高校卒業をしてから僕は、飲食店やITサービス、現在のMIKKEなど複数の起業を経験してきました。

札幌では色々な飲食店経営者やシェフの方々に出会い、経営や料理について学びました。
若くして様々な分野で活躍する同世代の友達や起業家、そしてSNS上での出会いからシェアハウスを作るプロジェクトを共に始めたこともありました。

今もずっとお世話になっている中野創次郎さんとの出会いも札幌でした。

東京に来てからは、僕のことを我が子のように可愛がってくれる経営者の先輩や沢山の起業家仲間にも出会いました。

そして、パートナーの小川と出会い、MIKKEを始めてからは、心から大好きな仲間たちにも恵まれ、すごく刺激的でクリエイティブな時間を過ごすことができています。

これまで出会ってきた彼らを、僕は"クリエイター"と呼んでいます。
起業家もフリーランスのデザイナーもエンジニアも。写真家や作曲家、ダンサーや俳優、料理人、、、とにかく社会に向けて自分の想いを形にしようとしている人たちです。

僕は、たくさんのクリエイターと出会い、
世界中にはたくさんの人がいて、人の数だけ世界がある』ということを肌で感じ取ることができました。
そして様々なプロジェクトを通して彼らクリエイターに刺激をもらい、僕の見える世界は広がっていきました。

僕の『起業』という挑戦は、いつもクリエイターと共にあります。

僕は、そんなクリエイターが沢山世の中に生まれるようになれば。

『多くの人が見える世界を広げ、よりクリエイティブで豊かになる』と信じています。

 

株式会社MIKKE 代表 井上拓美

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください