はじめまして
mizubenomachi です
  • 富山県 / 
初めてのプロジェクト

富山県射水市の日本海に面した港町でNOP法人として『内川周辺の情景を守る』活動をしています。
2005年9月16日に団体を設立し、今年で17年。
主な活動地域は内川とその周辺地域(新湊地域市街地)及び富山新港です。

 特定非営利活動法人(NPO法人)水辺のまち新湊は、射水市新湊地区の旧市街地を東西に流れる内川の環境と景観を守り残したいとして設立されました。事業としては、空き家を活用した移住交流宿泊施設の運営、空き家の調査・管理・紹介、「内川清掃」や「親子で魚釣り大会」といった事業開催ほか、夏のイベント「内川十楽の市・夏の夜の彩り」の運営事務局を担うなど、 内川周辺のまちづくりに市民の皆様と一緒に取り組んでいます

詳しくはホームページへ https://www.mizubenomachi.org/


当NPO法人は、射水市新湊地区の内川を中心にまちづくり活動を17年近くやっております。

この度、千本格子の外観が残り、2階の部屋からは富山湾が望める趣のある空き家古民家を取得し、移住を検討される方へのお試し宿泊施設としてオープンさせることを計画しました。富山県と射水市の指導と助成を受けながら、訪れる方と地域住民の交流の場所を提供出来ればと願っております。 

つきましては、より魅力ある施設に改修できるよう皆様方の資金面でのご支援を心からお願い申し上げます。

人口減で空き家が激増する近未来を考えると空き家問題は避けては通れません。一人ひとりが小さな一歩で前進しましょう。


内川にはいくつもの個性的な橋が架けられています。

日本では珍しい屋根付き橋、欄干にステンドグラスが装飾された橋、手の形の大理石彫刻像が設置された橋等・・・・。

それらの橋が醸し出すモダンな雰囲気の一方で、川に寄り添うように建つ黒瓦の家並みと、係留される幾槽もの漁船が織りなす情景には「日本の原風景」とも言えるような、どこか懐かしい雰囲気が漂っています。

近年、内川は映画やドラマのロケ地として注目を集め、その懐かしさ溢れる情景はここを訪れる多くの人々に感動を与えています。

その一方で、・・・今、新湊地区では空き家が増え続けています。


空き家を少しでも減らして、内川周辺を少しでも元気に♪ 若者が住みたくなる街にしたい!
最終目標は、『家並み街並みを残し、空き家を減らすこと』


このまま10年経てば…空き家だらけのゴーストタウンになるかもしれません。

なんとかしてこの現状を変えるため、一人でも多くの方にこの町の良さを魅力を知ってほしい!移住して欲しい!と思い、交流型宿泊施設をオープンします。

事業費用は、空き家の取得費、改修工事費、設備費など用に1500万円程を予定しています。
事業費用の一部は富山県と射水市からの補助金で補います。

この補助金は、富山県の「移住者受入モデル地域トータルサポート事業」の認定を受けてソフト事業(空き家調査、空き家相談会、空き家大会議と名付けたシンポジウム開催、空き家案内等) を過去4年間にわたり実施してきたことへの行政側からの評価があったうえで、5年目となる本年最終年度に集大成としてと県市から補助を受けることができるものです。

今回ご支援いただければ、新湊地区に移住を目指して体験宿泊する方と地元住民の交流拠点場所を新たに作ることができると考えています。

 

富山県射水市の内川周辺は、「日本のベニス」と称されるノスタルジックな雰囲気が漂う港町である。しかし、人口減少により曳山や獅子舞等の伝統文化の維持継承に苦心せざるをえない状況である。このような課題を地元関係者が自ら解決するため、「うちかわ移住者受入モデル地域支援事業実行委員会」を立ち上げ、空き家活用を図るための講演会開催や空き家のマッチング等、地域の活性化に精力的に取り組んでこられた。

今回、この活動の集大成として、地域の空き家を活用し、宿泊機能と地域との交流機能を兼ね備えた移住交流施設として整備される。映画やドラマの舞台として多くの方が訪れる内川周辺の交流人口の拡大に、この移住交流施設は、大いに寄与するものと期待している。


この空き家古民家には、通りに面して「さまむすこ(狭間虫籠) 」と呼ばれる格子がある昔の建築様式が残っています。
玄関を入れば居間は吹き抜けになっており、大きな梁や柱が見える様は実に圧巻です。居間の2階に渡り廊下がある構造は非常に珍しく現代ではほとんど見かけない様式です。
この個性的な古民家の良さを味わいながら、低価格で体験宿泊できる施設にします。


①宿泊施設として、2階に3部屋を予定しています。

 2階の部屋からは海が望め、家の後側は緑地帯になっていて湾岸道路とは距離が保たれていて意外と静か。海好きの方や自然に触れたい方、都会の喧騒から離れたい方にはお薦めです。


②1階はレコードや古本が並ぶサロンとして時々オープンします。

 自由に本を読んだり、地元の方の話を聞いたりと、ゆったりとお過ごしください。

③レンタルスペースとして借りることも可能です。

 マルシェなどの開催や、お誕生日会、ワークショップなど、個人的な使用も可能です。

④近隣の市と協力して、空き家巡りを行う拠点として使用します。

面白いことをどんどん企画して、若者がこの施設に集うようにしたい・・・です!


①「日本の原風景」とも言えるような、どこか懐かしさを覚える新湊・内川の情景。今、映画やドラマの撮影場所として注目を集めています。

新湊地区旧市街の街並みと内川は、日本で類を見ない風景として様々な撮影が行われています。

撮影された主な映画

・「あなたへ」
・「人生の約束」
・「ナラタージュ」
・「真白の恋」

最近では、レトロブームもあり観光や散歩に来ている若者も増えてます。

②やっぱり新湊は魚が美味しい!

日本海側有数の新湊漁港があり、毎日新鮮な魚が水揚げされます。全国的に有名な「白エビ」や「ズワイガニ」を中心に新鮮で美味しい魚が沢山あります。

海や内川で魚釣りをしている人も数多く見かけます。


このクラウドファンディングを機に、多くの方が新湊に興味を持ってもらい、気軽に宿泊できるようなリターンをご用意致しました。

ぜひご支援頂き、海と川がある新湊の生活を体験して頂けたらと思っています。

①3,000円コース

【DIYリノベーションの特別参加】完成前だからこそ参加できるリノベーション体験。DIYの思い出が残るようにフォトブックを制作します。ご参加の方にその日の写真を1枚ずつ撮っていただき、皆様の力で完成させたいと思います。フォトブックは宿泊施設に置いておきます。
開催は8月下旬~9月初旬の土日に行います。日程が合わない場合の返金などはありません。

②5,000円コース

 【内川観光ガイド】新湊の見どころを紹介します。看板の無いお好み焼き屋さんやお酒が飲める美容院などガイドには載っていないディープな新湊をお楽しみください。

③10,000円コース 

 【2名様1泊宿泊券】この新しい宿泊施設に優先して宿泊できます。一般の方より早めに予約を受け付けます。

④30,000円コース

 【1泊一棟貸切宿泊券】 この施設を丸々貸し切れます。泊まるだけでなくイベントやワークショップなども行えます。合宿などにもおすすめです。宿泊可能人数は7~8名になる予定。

⑤50,000円コース

【2名様5連泊宿泊券】

一般の方より早めに予約を受け付けますので、大型連休などの予約も取りやすくなります。人数を追加したい場合は、追加料金がかかります。5連泊を2回以上に分けることはできません。

⑥50,000円コース

 【2泊一棟貸切宿泊券 &内川観光ガイド 】 

この新しい宿泊施設に優先して宿泊できます。一般の方より早めに予約を受け付けます。 

※ご希望の方には、初心者向けの釣りから、富山湾を知り尽くした本格的な海釣りに対応したクルーズ船を、特別に手配いたします。(観光船1万円~、海釣り5万円~。人数は6名まで可。)

内川周辺の魅力をお伝えする内川観光ガイドを行います。

⑦500,000円コース

 【1泊一棟貸切宿泊券&海釣り船でクルーズ&内川観光ガイド 】

【1泊一棟貸切宿泊券&海釣り船でクルーズ&内川観光ガイド 】この新しい宿泊施設に優先して宿泊できます。一般の方より早めに予約を受け付けます。

「天然のいけす」と称される 富山湾の海で多種多様な魚を釣ってみませんか?今回特別に富山湾を知り尽くした船頭にご協力いただき、本格的な海釣りを体験できます。釣りのスポットや海上でしか聞けないレアな話が聞けるかも。1名~6名様までのクルーズ代が含まれます。

内川周辺の魅力をお伝えする内川観光ガイドを行います。

⑧2,000円応援コース

純粋に応援してくださる方向けのコースです。
メールにてお礼のメッセージをお送りします。

⑨3,000円コース(NEW!!)

【新湊とねこの写真】 内川周辺では野良猫をよく見かけます。新湊の懐かしい風景になじんだ可愛い野良猫の写真をお届けします。

⑩5,000円コース(NEW!!) 

【番屋カフェ商品券1,000円分】

 内川沿いの鮮問屋だった土蔵を改造しできた隠れ家カフェで1,000円の商品券としてご使用いただけます。 内川の風景を見ながら、ランチやカフェタイムをお楽しみください。


支援いただいた資金は、クラウドファンディング手数料を差し引いた金額から、改修費などに使わせていただきます。

設備費:約270万円
人件費:約15万円
広報費:約10万円
手数料:約5万円


2022年6月中旬  対象古民家売買契約完了 

2022年6月末  クラウドファンディング終了

2022年7月初旬 古民家の改修工事スタート

2022年8月中旬 民泊新法に基づく申請

2022年9月上旬 リターン予約開始

2022年9月中旬 交流宿泊施設オープン予定 

宿泊予約は、現在管理している宿泊体験施設の『ほうじょうづ』と同様に、電話予約とネット予約を計画しています。
宿泊予約電話番号 : 0766-75-3137【奈呉】


空き家の放置は家が朽ちる最大の原因です。 10年、20年先のことを考えると、今がチャンスです!
県外の方に訪問してもらうことも大事ですが、この活動を地元の方に知ってもらい、空き家を片付けるきっかけにしてもらうことが、地域の未来に繋がると考えます。

交流型宿泊施設が完成することで、たくさんの皆さんに遊びに来てもらい地元の方との交流して頂けるように、ぜひご支援をお願い致します!


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください