はじめまして
谷賢一 です

作家・演出家・翻訳家。1982年、福島県生まれ、千葉県柏市育ち。DULL-COLORED POP主宰。Theatre des Annales代表。

明治大学演劇学専攻、ならびにイギリス・University of Kent at Canterbury, Theatre and Drama Study にて演劇学を学んだ後、劇団を旗揚げ。「斬新な手法と古典的な素養の幸せな合体」(永井愛)と評された、ポップでロックで文学的な創作スタイルで、脚本・演出ともに幅広く評価を受けている。

2013年には『最後の精神分析』の翻訳・演出を手掛け、第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、ならびに文化庁芸術祭優秀賞を受賞。また近年では海外演出家とのコラボレーション作品も多く手がけ、フィリップ・デュクフレ演出『わたしは真悟』(KAATホール/新国立劇場 中劇場)、シディ・ラルビ・シェルカウイ演出『PLUTO』(シアターコクーン)、アンドリュー・ゴールドバーグ演出『マクベス』(PARCO劇場)、デヴィッド・ルヴォー演出『ETERNAL CHIKAMATSU』(梅田芸術劇場/シアターコクーン)などに、それぞれ脚本や演出補などで参加している。

2016年、セゾン文化財団ジュニア・フェローに選出。また同年より新国立劇場・演劇研修所にて講師を務める。

近年の代表作に、新国立劇場『白蟻の巣』(演出)、ホリプロ『わたしは真悟』(脚本)、地人会新社『テレーズとローラン』(作・演出)、梅田芸術劇場/シアターコクーン『ETERNAL CHIKAMATSU』(脚本)、ワタナベエンターテインメント『オーファンズ』(翻訳)、あうるすぽっと『TUSK TUSK』(演出)、KAAT『ペール・ギュント』(翻訳・上演台本)、PARCO『マクベス』(演出補)、東宝『死と乙女』(演出)、シアターコクーン『PLUTO』(上演台本)、DULL-COLORED POP『演劇』(王子小劇場)・『河童』(吉祥寺シアター)、Theatre des Annales『トーキョー・スラム・エンジェルス』(青山円形劇場)、東京グローブ座『ストレンジ・フルーツ』(演出)、シアタートラム『モリー・スウィーニー』(翻訳・演出)などがある。

はじめに・ご挨拶

都内で活動している劇団DULL-COLORED POPです。このプロジェクトでは、日本を代表する劇作家・岸田國士の戦争にまつわる戯曲をすべて上演し、岸田國士の言葉を通じて「戦争」を考えることを目指します。岸田國士は劇作家ですが、1940年から大政翼賛会の文化部長を務めてもいました。当時の岸田と日本人がどのように「戦争」を見ていたのか? 演劇で描き出します。


このプロジェクトで実現したいこと

・今でも全く古びない岸田國士の戯曲を最高の形で上演し、演劇としてクオリティの高い公演にすること
・高品質の配信を行い、劇場に来れないお客様にも最高の会話劇をお届けすること
・若い俳優を多数起用し、新たな発見や成長に繋がる充実した稽古を行うこと
・徹底的なリサーチとディスカッションを通じて当時の社会や人々の考えや思いを分析し、現代の観客に提示すること


プロジェクトをやろうと思った理由

昨年末より「岸田國士と戦争」というテーマで取材を進めてきました。最終的には新しい創作戯曲を一本書き上げて当時の岸田と日本人が何を考えていたのか描き出す予定ですが、その前にまず戦争について岸田が語った言葉、書いた台詞と徹底的に向き合うことが必要だろうと考えました。

上演予定の『動員挿話』は1927年の作品で日露戦争を題材にしています。そこで岸田は「戦争に行くのが偉いのなら、戦争に行かないことだって偉いはずよ。人を殺さないですむんですもの」という台詞を書いていますが、その16年後に執筆された『かへらじと』では自分の命を捨てて敵を殺し、まさに火の玉のように散る若者の姿を英雄のように描いています。「自分のようなものは死ななければ満足な働きはできんと思っとります」。その背景で岸田は、登場人物たち、そして観客はどんなことを思っていたのか?

そうこうしているうちにロシアとウクライナで新しく戦争が始まってしまいました。なぜ人は戦争を賛美・賛成してしまうのか、演劇を通じて考えてみたいと思います。観客の皆様にも、目の前にいる人物がなぜ・どうして戦争へ行くのか、同じ空間で、一緒に息遣いを感じながら、考えてもらえればと思います。

小劇場演劇は、コロナ禍による客席減・公演中止リスク・感染症対策費用の増加などで今も手痛い打撃を受けています。チケット代を上げずに公演のクオリティを上げ、俳優に満足の行くギャランティーをお支払いするためにはお客様からのご支援が欠かせません。出演者たちからもアイディアを募り、多数のリターンを考えました。是非お気に入りのコースを探してみて下さい。

この公演に参加する若い俳優たちは、二十数倍の倍率のオーディションを勝ち抜いた俊英たちです。活躍にご期待下さい。劇中で戦争に行く若者たちも20代〜30代前半で、この集まった俳優たちとさして年齢的に変わらなかったことを思うと胸が痛みます。戦争に行く若者の視点と、今を生きる20代の若者の視点を合わせてみる。何が見えてくるか、劇場と配信で体感して頂ければ幸いです。

谷賢一(構成・演出)


これまでの活動

劇団DULL-COLORED POPは、イギリスの大学で演劇学を学んだ谷賢一が2005年に旗揚げしました(その後2017年に合同会社として法人格を取得)。2013年には文化庁芸術祭優秀賞、小田島雄志翻訳戯曲賞を受賞。2020年には『福島三部作』で岸田國士戯曲賞と鶴屋南北戯曲賞をダブル受賞するなど高い評価を受けています。観客からの支持も厚く、『福島三部作』では10000人を動員し大きな話題を呼びました。主宰の谷賢一は2016年より新国立劇場演劇研修所講師を務める他、劇団として演劇学校・教科書プロジェクトを始めるなど後進の指導にも精力的に当たっています。


資金の使い道

公演および配信の質の向上のため、以下の用途に用いられます。

・稽古環境の向上のため、稽古場代および備品代として(消毒・換気など感染防止対策を含む)
・上演クオリティ向上のため、衣裳費・小道具費・その他製作費として。特に音響・映像のクオリティアップ。

そして上演のクオリティに最も直結する「俳優」のために、出演料として使われます。本公演では様々なコストカットを行い、ミニマルに現場を回すことで、創作の主体である俳優に最も多くの予算を割く工夫をしています。

※集まった支援総額から17%(手数料12% + 決済手数料5%)(+税) が手数料としてCAMPFIREに支払われます。


リターンについて

すべてのコースに「特別先行予約のご案内」および「お礼メール」をお届けします。今回の公演ではこれ以外の先行予約(劇団先行・ファンクラブ先行など)は一切行いません。また特別先行予約には「ざっくり指定席」が指定できるため、ご希望の席や良席で確実に上演がご覧いただけます。

※「ざっくり指定席」とは席のご希望を「ざっくり」指定できるシステムです。「最前列で観たい」「出演者の◯◯さんが見やすい席」「舞台全体が見える後方席」「出入りしやすい通路席」などご希望を受け付けます。なおリターンにチケット代は含まないため、別途お支払いが必要になります。

またそれぞれの支援スタイルに合わせて以下のコースを用意しました。

出演者を応援・サイン入り記念グッズコース:希望する出演者のサイン入りグッズ(デザインチケット&パンフレット)が受け取れます
出演者を応援・デジタルデータコース:希望する出演者の動画や写真がデータで受け取れます
スタッフワークに興味があるコース:図面や音響・映像データ提供、仕込みバラシの見学も!
関係者コース:気分は関係者! ゲネプロを見たり大入り袋をもらったり。公演の記録映像も!
プレミアム関係者コース:稽古見学&自分で考えたリターンをリクエスト可能!

また、ちょっと特殊でニッチな以下のようなコースも用意しました。

その没データが是非欲しいコース:通常廃棄される編集前の映像や写真など、欲しい方へ!
ガヤで出演できますコース:一緒にガヤ収録!「ええっ!」「おおっ……」本番で使用します。
差し入れできないからせめていいお弁当食べてくれコース:コロナ対策で差し入れが受け取れないため、代わりにお預かりした支援金で俳優・スタッフにいいお弁当を買います!
谷賢一(構成・演出)に用があるコース:俳優ではなく構成・演出の谷賢一と濃厚に絡みたい方へ。

以上すべて複数応募可能です。受け取りたいリターンや参加の仕方に合わせてご選択下さい!


実施スケジュール

2022年

5月 出演者情報公開、クラウドファンディング開始
6月 稽古開始、先行予約受付スタート、その後チケット一般発売開始
7月 本番の上演&配信開始


公演情報:DULL-COLORED POP第25回本公演『岸田國士戦争劇集』

作:岸田國士 構成・演出:谷賢一
2022年7月5日(火)~7月19日(火・祝)全30ステージを予定

出演:阿久津京介、東谷英人、倉橋愛実(以上DULL-COLORED POP)、荒川大三朗、石川湖太朗(サルメカンパニー)、石田迪子、伊藤麗、越前屋由隆、函波窓(ヒノカサの虜)、國崎史人、齊藤由佳、原田理央(柿喰う客)、ふじおあつや、古河耕史、松戸デイモン、渡辺菜花

※全役ダブルキャスト・2チーム上演(チーム分け・タイムテーブルは後日発表)

声の出演:石井泉、小野耀大、小幡貴史、勝沼優、椎名一浩、田中リュウ、服部大成、間瀬英正、溝渕俊介、宮部大駿

詳細:https://www.dcpop.org/vol25/


支援者さまから応援メッセージ


最後に

今回、若手もベテランも非常にクリエイティブな人たちが多く集まりました。俳優としてだけでなく、演出家として、あるいは作家としての才能を持つ人も多くおり、充実した稽古になりそうです。この中から次代の演劇の最前線を担う者が必ず出てくることでしょう。

稽古に際しては徹底的なリサーチを行いたいと考えています。例えば劇中に出てくる「中尉」「馬丁」。どちらも単語の意味くらいは辞書を引かなくてもわかりますが、どれくらいの地位や収入があり、どんな背景や年齢の人がなるのか、答えられる人は少ないでしょう。また「女中」という単語も出てきますが、これも詳しく調べてみると当時の社会の状況や、女性の置かれていた立場が見えてきます。基本に立ち返り、徹底的にリサーチする。

そのためにはまず出演者にきちんとしたギャランティーを支払うことは欠かせません。稽古と本番の期間、集中して研究・演技に集中できるよう、俳優に還元することをお約束します。

また今回の公演では、劇の内容はストレートなリアリズム会話劇で立ち上げますが、いくつか特殊な趣向を凝らしたいと考えています。映像を用いて時代の流れや背景がわかるような演出を施し、劇を見るだけで明治〜昭和の日本、そして岸田國士の変化と歴史が一望できるよう趣向を凝らします。また岸田が書き下ろしたラジオドラマ『空の悪魔』を音響の専門家を招いて高品質で収録・編集し、配信で公開したいと考えています。これらには専門的な技術スタッフの参加が欠かせませんが、クラウドファンディングが成立すれば実現が可能になり、観客の皆様に還元することができます。

コロナ禍の中、演劇の収益化は非常に苦しく、チケット代を値上げする劇団・劇場もありますが、DULL-COLORED POPでは基本料金は上げたくないし、学割などは絶対になくしたくありません。お金が理由で演劇が見れないということを極力減らしたい。しかし、そうすると必然的に予算が全く立たなくなってしまいます。また俳優の労働環境を向上させるためには、精神論だけでなく実弾も必要になってきます。

お客様に各種リターンを楽しんでもらいつつ演劇を支えてもらうクラウドファンディングの仕組みを利用して、公演の品質を確保しつつ、演劇の楽しみ方を広げたい。劇団員&客演一同、誠心誠意頑張りますので、ぜひ応援よろしくお願い致します!

構成・演出 劇団主宰 谷賢一
DULL-COLORED POP劇団員一同


ご注意など

・<募集方式について>本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
・リターンを受け取るために必要な会場までの交通費・滞在費・送料などは支援者様の方でご負担頂けますようお願い致します。
・リターンでお渡しする文章や画像などはお客様の方で自由に楽しみ保管して頂けますが、著作権は劇団およびそれぞれの原作者が保持します。再配布や複製・改変などは著作権法により禁止されていますのでご注意下さい。

  • 2022/05/30 16:29

    クラウドファンディングのメインページに、支援者様たちからいただいたメッセージやコメントを掲載させていただきました。いよいよ今週末から稽古開始予定です! すでにチャットツールを使って座組内で議論や意見交換が行われています。今週には顔合わせや懇親会なども予定されています。応援、どうぞよろしくお願い...

  • 2022/05/23 18:00

    第二次情報公開を行いました!https://www.dcpop.org/vol25/・組分け・タイムテーブル・宣伝用ビジュアル・券種の追加や予約方法の補足、ほか

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください