はじめに・ご挨拶

1960年、大阪生まれ。

1972年、12歳の時から白馬に暮らし、今年の12月で白馬暮らし50年。

1980年、19歳で描いた私小説的漫画作品が、月間漫画ガロで入選し、20歳で漫画家としてデビューして以来、白馬の自然とともに暮らしている大塚浩司(おおつかひろし)と申します。

当時、漫画家として食っていくには東京に出なければならず、田舎暮らしが性に合っていた自分には無理だと断念。白馬暮らしの絵描き、デザイン、本の執筆、クラフト作家として、ローカルを舞台に細々と仕事をしてきました。




このプロジェクトで実現したいこと

鉛筆一本で精細に描いた前作「白馬マウンテンアートブック」は、人生初のクラウドファンディングで、皆様に支えていただき、2021年9月に無事出版されました。本当にありがとうございます。売れ行きも好評で、初版も残り少なくなってきているようです。

2022スノーシーズン始まりとともに、さらにフィールドを広げ精力的に取材、原画制作に取り組み始めましたが・・・・・

2022年の1月1日深夜に強烈な腹痛に襲われ、人生初の救急車で病院に搬送、絞扼性イレウスと診断されました。緊急手術の予定でしたが、ねじれが戻り5日に退院という経験をしました。その後半月は静養し、再び取材、作画に取り組むことができました。「場合によっては死を覚悟」という経験をし、改めて絵が描けるうちに、しっかり作品を描いていこうと思った次第です。

そんなこともあり、かなり精力的に作品制作に打ち込み、春には作品集に収まる以上の作品が完成。その中から30点を厳選し、すべて新作で構成した「白馬マウンテンアートブック2」を出版いたします。



プロジェクトをやろうと思った理由

いつもお世話になっている出版社さんに相談し、前作同様、誰もが2冊は欲しくなる本 として出版準備を進めております。

信州、白馬暮らしの、ただのローカルアーチストが、鉛筆一本で精細に描いた山々の絵の作品集に、どれほど興味を示していただけるのか、とても興味があります。

また、なかなか本が売れない昨今、この場と皆様のお力をお借りして、スカッと出版、販売促進につなげていきたいと思います。

この「白馬マウンテンアートブック2」の写真は、表紙カバーデザイン途中のカラーコピーを、前作の本に被せて撮影しました。色味、デザインは若干変更されます。前作と同じサイズで制作しますので、本棚での見栄えも良いと思います。



これまでの活動

若いころは、大きなキャンバスにアクリル絵具で白馬の山々を描いていましたが、あまり絵が売れず、家族を抱え厳しい生活を送っていました。

30代からの渓流魚作品のヒットと、ライフワークで始めたルート66の旅や、ネイティブアメリカンとの交流を、新聞や雑誌で連載、さらに本として出版されたことで自身の認知度があがり、やっと食えるようになりました。

あまり売れなかった山の絵は、封印することにしましたが、白馬の自然の中で遊び、作品作りや執筆を続けてきた僕にとって、雄大な白馬の山々は常に心の支えです。

2019年、つまり還暦の前年から、30年間近く封印してきた山々の絵に再度挑戦することにしました。

モノクロームの鉛筆画のため、絵の取材はすべて厳冬期。テレマークスキー、BCクロカン、スノーシューを履いて、野山に、ゲレンデに出かけて取材しています。

心がけたのは、生活と共にある山の風景。天候には左右されますが、安曇野から白馬にさえ来ていただければ、誰でも行くことができる地点から見える山の絵を描くことに徹しました。

自身、作家としての原点である漫画の、原稿描きに使用していたケント紙と、ごく普通のHBの鉛筆一本だけで、もう一度山の絵に取り組もうと。しっかりとした絵が描けるうちに、自分が滅した後も、白馬の財産になるような絵を残したいと。愚直に、精細に白馬周辺の山々を描くことに没頭しました。

絵の取材場所も明記し、信州、安曇野から白馬をご旅行される方が、写真撮影、スケッチされる際のガイドブックとしてもご利用いただけると思います。


資金の使い道

1 完成した作品集を、お申込みいただいた冊数分、出版社様から仕入れさせていただきます。

2 白馬で大人気の白馬三山カッティングステッカー(デザインは大塚本人です)を必要分ご用意します。

3 作品集に収められたマウンテンアートの、オリジナルプリント製作費。

4 発送料。

5 キャンプファイヤーへの手数料。


リターンについて

作品集が無事に出版されたのち、ご支援いただいたプランに応じ、ステッカー、プリント作品、額装原画とともに、発送させていただきます。
今回の作品集は、昨今の出版業界諸事情により、初版制作冊数が、非常に低く設定されております。
確実に初版本を手にしていただくためにも、この機会をぜひご利用いただければと思います。


実施スケジュール

すでに出版社とも何度も打ち合わせを行い、斬新な作品集にするべく、編集作業を進行していただいております。

8月、9月、10月に大町市、松本市、安曇野穂高にて、白馬マウンテンアート新作原画作品展の開催が決まっており、その作品展に間に合うよう、出版することを目指して、出版社さんと頑張って作業を進めています。

ですので、All-in方式 としてご支援いただいた皆様へのリターンも8月後半までには発送を予定しております。

最後に

還暦を過ぎてからの夢を追って、クラウドファンディング二回目の挑戦です。
僕自身、慣れないネットでのやりとりですので、不手際、失礼な点もあるかと思いますが、白馬にある実店舗、今年創業31周年のクラフトショップ「森の生活」に来ていただくお客様と同様に、できる限り誠意をもって対応させていただくつもりです。

著書としては27冊目となる本ですが、昨今の出版社業界の諸事情を反映してか、初版数がとても少ないアートブックとなります。初版本を確実に手にしていただくためにも、お申し込みをいただければ、嬉しく思います。

※ 掲載している作品及び画像はすべて大塚本人、並びに撮影者(家族)の許可を得て掲載しております。

※ リターンに設定しているアートブックは、出版社の企画出版本として出版されます。著者である大塚本人、並びに経営するクラフトショップ「森の生活」は、その本の販売許可を、出版社から正式に得ております。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/08/06 15:46

    皆様へ白馬マウンテンアートブック2の出版に向けてのクラウドファンディングでは、たいへんお世話になりました。お陰様で、8月頭に、無事に出版され、長野県内を中心に、書店さんでの販売が開始されました。楽天ブックスさん、amazonさんでも順次発売となっております。画集を観た方が、いつの日にか白馬に来...

  • 2022/07/19 08:38

    7月17日の信濃毎日新聞。1面のこの欄に載ると、そろそろ書店販売開始となります。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください