はじめまして
Prince Jun with good mates です
  • 神奈川県 / 
初めてのプロジェクト
【はじめに・発起人ご挨拶】

みなさん、こんにちは!
西湘・二宮町を心から愛し、愛されるスーパーナルシスト、プリンスジュンです。
僕たちが住む二宮町をもっと楽しく!もっと魅力的に!
私の本業は地元二宮で創業30年の不動産会社「太平洋不動産(株)」の店長です。

今から8年前、放置されていた空き家をリノベーションした素敵なパン屋さん「ブーランジェリーヤマシタ」が二宮町にできました。

ブーランジェリーヤマシタは単なるパン屋ではなく、食堂スペースにて作家さんの展示会や音楽家の演奏会なども開催し、 パンが好きな人だけでなく、今まで二宮町では見かける事がなかったアートに関わる人や関心がある人々が訪れる様になっていきました。

1軒のパン屋さんのオープンがきっかけで人の流れが変わり、地域の価値まで変化していきました。 仲介を担当した私にとってその変化は衝撃的で、それと共に「二宮町はまだまだ変われる!もっと楽しい町になる!」と確信しました。これからもこの町に楽しい場所を増やすために、まだ眠る空き家の掘り起こしや利活用を行って行きます。


また、ニックネームとして呼ばれていた「プリンス」を自覚し、プリンスジュンとして二宮町の魅力とポテンシャルを発信し続けています。

近年二宮町に移住してきた人々が口をそろえて言う「二宮町の人は皆優しい。」

 この「多様性を受け入れる風土」というのは、芸術に関わる人やビジネスのプロフェッショナルの誘致に繋がり、 新たな産業を産み、経済的発展に繋がると言われています。

僕たちが住む町の未来にアートが大きく関係しているのです。
この町にもっとアートを!


【このプロジェクトで実現したいこと】

大好きな二宮町をもっと素敵な場所にしたい。
そんな気持ちからこのプロジェクトはスタートしました。


現在、新型コロナウィルスの影響で「テレワーク(在宅勤務)」が急速に広がり、その結果、都心から郊外への移住希望者が急増しています。

生活スタイルの見直しから首都圏近郊の沿岸部の不動産に目を向ける動きが表れ、二宮町もその選択肢のひとつです。

不動産価格の低さだけではなく、海や山が近いのみ魅力です。
実際に感受性の高い人が二宮町に降り立った時、私達には感じる事が出来ない世界が見えるようです。その世界感は、決して失ってはならない二宮町の誇りなのです。


「僕たちの日常をスペシャルに。」

町を活性化するのに鍵となるのがアートやクリエイターです。
ニューヨークのソーホーやブルックリン、ベルリンのミッテのような世界の人気都市エリアの歴史を見ると、人を魅了する素敵な町になるキッカケとしてアートが大きく貢献しております。


アメリカの社会学者リチャード・フロリダの著書「クリエイティブ都市論」では、
少子高齢化や過疎地域の増加など、先進国の社会問題を抱える地域がこの問題を打破する新たな産業を創出するためには、「クリエイティブな人材が住み、 働きたいと思えるような魅力的な都市づくりが必要」と記されています。

加えて「ボヘミアン指数」という言葉あり、この定義は、住んでいる人口に対して、アーティスト・デザイナー・建築家など芸術に関わる人々の割合の指数です。
このボヘミアン指数の高い都市圏は経済の活性度が高いと言われています。


今回のアートプロジェクトを通じて、他の町との差別化を図る二宮町の強みを作っていきたいと思っております。

「次世代の若い子供たちに、二宮町に生まれたことを誇って欲しい。」

「今現在、二宮町に住んでいる方々にもっと自分の地域を愛して欲しい。」

「刺激がなく二宮町を去っていった方々が戻ってきた際に新たな魅力を発見して欲しい。」


【アートプロジェクトの内容】

このクラウドファンディングで集まったお金をもとに、壁画に必要な材料費、またアーティストの方々への作業費に当てたいと思っております。
金額が集まれば集まるほど、描ける壁画も参加アーティストも増やすことが出来ます。

二宮駅周辺に壁画アートを描くことで、地域の皆様・二宮町に訪れた方々・普段から二宮町を通る方々がアートを楽しみながら町を散策出来るようにする。

アートを楽しみながら町を回ることで、今まで足を伸ばさなかったエリアのお店で新たな発見があるかもしれない、逆にお気に入りのお店に向かう途中であなた好みのアートを見つけることができるかもしれません。


【プロジェクトが始まった背景とキッカケ】

過去に行った「空き家と街の編集術」「二宮町移住事業者マッチングセミナー」を通じて、
二宮町に吹き始めた「新しい風」と可能性を感じました。

写真家、webデザイナー、クリエイター、アートに係る人達などに魅力的にうつる二宮町。
さらに二宮町は移住者にとても寛容的でウェルカムな傾向があります。

実際に近年では沢山のアーティスト・クリエイター・カメラマンなど、芸術に関わる人や、新しいことに挑戦するクリエイターの方々が二宮町に引っ越して来ています。

さらに面白い流れとして、AREA 8.5(エリア ハッテンゴ)という新しい地域の考え方も生まれました。

【*浮世絵師の歌川広重の作品「東海道五十三次」で定義される、8番目の宿場である大磯と9番目の小田原の間にある、二宮町を含むこの地域をAREA 8.5と呼び、この地域に住んで人生を楽しむことで、地域を盛り上げ、そんなエリアを誇ろうという動きがここ2年で広まってきました。】


「Area8.5」の着想を得るキッカケとなったアートギャラリー「8.5 House」が出来たのも同じ時期です。
ニューヨークで10年間活動したアーティストの乙部 遊さん(Eastside Transition)が二宮町の山西に建てた「8.5 House」を拠点に、2020年秋からスタートした壁画アートプロジェクトは、2022年6月の時点で二宮町内10箇所完成しております。


お店や会社の外壁だけではなく、個人宅などの外壁へのオーダーも多く、二宮に住む若い人達からもご年配の方々からも「海外みたいでかっこいい」や「町が賑やかになって嬉しい」とポジティブな感想をいただくそうです。

こうして少しづつですが、二宮町にもアートを見る機会やアートを楽しむ文化が出来つつあり、この機会を活かして今回のプロジェクトを思いつきました。


【実行委員会のメンバー紹介とこれまでの活動】

太平洋不動産

地元二宮町で創業30年。二宮町らしい海の見える物件や穏やかな立地の物件など、地域密着型の新鮮で安心な情報をご提供しております。

この地域を紹介することを目的にはじめた写真やお店紹介の発信が、移住を考えていた方の目にとまり住まいの紹介をさせていただいたり、紹介させていただいた物件が素敵な場所になったことで、人が集い、人と人がつながりだし、その周辺でも新たなイベントやプロジェクトがはじまっています。

今回のアートプロジェクトもその一環です。


ここからは実行委員会のメンバー紹介と皆様から今回に賛同したきっかけをお話しいただきます。


フルサワ印刷

1914年(大正3年)に創業した二宮町の老舗。現在は3代目会長を継いで、社長の真下美紀さんが多岐にわたる取引先とプロジェクトを進行中。

先代会長時代から始まった浮世絵プロジェクトも今や会社のイメージとなっております。

そんな素敵な想いを繋ぐべく、2022年の1月に浮世絵をモチーフとした壁画アートをEastside Transitionに依頼して、これもまた二宮町を象徴する大作に。


フルサワ印刷株式会社、代表の真下美紀です。

生まれも育ちも二宮町で、父の後を継ぎ印刷業を中心に、JR東日本の販促グッズ、駅の顔出しパネルやラッピング装飾、周遊列車の関連用品などを手掛けております。

移住して素敵な暮らしをしている人たちから刺激を受け、自然をはじめ、町の空気感や人の温かさに改めて気がつき、自分でも何かできないかと思い、今回のアートプロジェクトに賛同いたしました。

アートを通じて、もっとたくさんの原石を発掘し、未来ある子どもたちのために魅力ある二宮を発信できたら、とても嬉しいです。

今年の1月に描いてもらった壁画にも、二宮を盛り上げたいという思いをデザインに取り入れてもらいました。

自分たちの暮らす二宮町の日常がもっと華やかに、今後新たに訪れる人たちに少しでも二宮町の魅力が伝わるよう、皆様どうぞご協力お願いいたします。


のうてんき

健康に興味のある仲間が集まる「たまり場」。それが「のうてんき」

2021年4月1日にオープンし、コッコパラダイスの卵や有機野菜の野菜を販売しています。店内でランチも食べる事が出来ます。

「のうてんき」の中心人物であり料理を担当している諏訪さん。

都内にて2店舗を構え、メディアに多く取り上げられる程の人気のレストランを経営していた経歴があります。調理師や薬膳食療法専門指導士の資格を持っている食のスペシャリストです。ワインの知識も凄いです。


2022年6月現在、企画、運営している諏訪麻衣子です。

二宮は、海あり山あり、ぽつぽつとこだわりのお店もあり。

そんな小さな可愛らしい町を皆様にのんびり楽しくお散歩してもらいたくて、このアートフェスタに賛同させていただきました。

二宮の所々に点在するアートな壁画や作品を探しながらあのお店へ行ったり、はたまた自然を感じたり。

10年後のこの町が、アート散歩で賑わう事を思い描きながら、太平洋不動産店長事、プリンスのアートな活動を支えていけたら嬉しいです。

二宮町活性化の為の皆様の温かいご支援、どうぞよろしくお願いいたします。


エドヤガレージ / 江戸さん

商店街の店舗跡をガレージハウスにリノベーションして、二宮町をこよなく愛すハイブリッドサラリーマン。

南口を出てすぐにあるガレージはお店ではなく趣味のための素敵な空間。
壁画アートをEastside Transitionにお願いした最初の人物、ここから二宮町に壁画が増えてきました。


賛同したのは僕の息子(10歳)をはじめとするNext Generationsにこの企画を通じ何かを伝え残せそうだと感じたから。

先の見えない、むしろネガな要素の多い未来を背負う次世代の若者に何を伝えられるのか、何を残してあげられるのか、それが60歳を目前にした僕の最も重要な課題(公私ともに)です。

僕にできる事は自ら、今を目いっぱい仲間と共に楽しむこと、そしてタブーを何らかの価値に変換し残すこと。

アートを施すことによって建物のみならず町の価値が変化(上がる)その瞬間を今回の仲間と町のみんなと見たい!!感じたい!!
そんな我々大人の姿を見た若者が少しでも未来に(大人になった自分たちの姿)希望や誇りを持ってもらえるかもって思えたから。

こんな思いの我々に賛同いただき、大小にかかわらず関わって、共に愉しんでいただけたらほんと幸いです。よろしくお願いします。


nebe / ホリコンカン

ホリさんが作るチリコンカン、通称ホリコンカン。 のうてんきを始め、様々な場所で食べれる。ジワジワと人気が出ている無農薬野菜たっぷりの野菜と優しいスパイスでチリコンカンを作る堀さん。

「nebe」という名でアーティスト活動をしており、
その優しさに溢れたアートに癒されている方々は多い。


nebeの主な活動内容は、似顔絵や広告のデザインを描いたりしています。
ホリコンカンとしては、のうてんきを始め二宮、国府津などマルシェを中心に出店しています。

 今回のアートプロジェクトには、のうてんきマルシェ出店の際に描いていたイラストをきっかけに声をかけられ、そして参加にあたりお店とコラボして壁に絵を描かせてもらいました。

 二宮町にたくさんの壁画が増えることによってアートに触れてもらい、そこから新しい発見と可能性が生まれたらいいなと思います。

 どうぞ応援よろしくお願いします。


Eastside Transition / 8.5 house

国道1号線を二宮駅から小田原方面に向かって行くと、梅沢海岸入り口の看板のところに見えてくる三角形のアートギャラリー「8.5 house」

ニューヨークで10年間アーティストとして活動した乙部さんと、高校時代の同級生の野崎さんが2017年にはじめたアートの事業は、二宮町に引っ越してきたタイミングで色々と急加速。

二宮町に点在するの壁画アートもそのひとつです。


Eastside Transition共同代表の野崎とアーティストの乙部です。

藤沢市出身の私たちが二宮町に引っ越して来て数年が経ちますが、今でもこの町の持つ温かさに癒されて暮らしています。

山と海への距離が近く、様々なインスピレーションが湧くこの町は、他から来た私たちからすると、とても魅力的です。

そんな場所でアート活動を行っていく中で、2年前の秋から壁画アートを始めました。

最初は受け入れていただけるか不安でしたが、描いてる最中や、描き終わった後に、沢山の方々にご声援や感謝の言葉をいただいており、これも二宮町の素敵なところの一つだなと実感しました。

このプロジェクトを通じて二宮に新しいカルチャーが芽生えるキッカケになると嬉しいです。
皆様のお力添えいただければ幸いです、よろしくお願いいたします。


【資金の使い道】

壁画アート制作
(*クラウドファンディング手数料+諸経費を引いた、デザイン/制作/材料費として)


【実施する場所】

二宮駅周辺の目立つ場所 (袖ヶ浦海岸からラディアンまでの壁やシャッター)



【実施スケジュール】

7月〜8月    >>> クラウドファンディング開始

8月末           >>> アーティストに依頼・打ち合わせ

9月〜10月末 >>> 壁画アート制作開始

10/29-30     >>> お披露目会 + (仮)二宮町フェスティバルを予定


【リターンのご紹介】
1. プロジェクトをただただ応援
募集金額 1,000円

2. 二宮スカイラインAREA8.5ステッカーを貼ってプロジェクトを応援
募集金額 3,000円

3. プロジェクトオリジナルTシャツを着て、ステッカーを貼って応援
募集金額 10,000円

4. プロジェクトの成功を色々なサポートをして応援
募集金額 100,000円


【プリンスから】

5. 選べる!プリンスとツーショット、サイン会、お姫様抱っこ
募集金額 3,000円


【Eastside Transition / 8.5houseから】

6. 8.5houseのお好きなA3サイズポスター
募集金額 3,000円

7. Area8.5Tシャツ
(サイズ S ~ XL / 両面プリント / ホワイト・ブラック)
募集金額 5,000円

8. 8.5houseの選べるお好きなA4サイズアート
(A4ポスター + 古材フレーム)
募集金額 5,500円

9. 8.5houseのお好きなA2サイズポスター
(アルミフレーム付き)
募集金額 8,000円

10. 8.5houseの選べるお好きなA3サイズアート
(A3ポスター + 古材フレーム)
募集金額 10,000円

11. 一緒に壁画アートを描こう
9月中旬 ~ 10月以降で2回開催
募集金額 10,000円

12. A1サイズポスター+特注ハンドメイド古材フレーム
募集金額 100,000円


(*お受け取りは8.5houseまでお越しください)
神奈川県中郡二宮町山西216−2 / 木〜土 / 13:00〜17:00


【フルサワ印刷株式会社から】

13. 選べるお好きな浮世絵ノート3冊
募集金額 2,000円

14. 選べる浮世絵ポスター + 木製フレーム付
募集金額 10,000円


(*お受け取りはフルサワ印刷までお越しくださいませ)
神奈川県中郡二宮町二宮904−1 / 月〜水 13:00〜17:00


【のうてんきから】

15. プリンスのうてんき1日店長!プリンスがあなたの為に至れり尽くせり
募集金額 3,000円

16. のうてんきでのお食事付き8.5ハウスの乙部さんとめぐる壁画ツアー
募集金額 5,000円

17. のうてんきでのお食事付きプリンスと歩く二宮
募集金額 5,000円

18. のうてんきで1日店長!あなたの得意な事でお店ごっこ
募集金額 10,000円

19. 二宮サロンでシェフ体験
募集金額 15,000円

20. プリンスのピアノ付きディナーショー@二宮サロン貸切 / 5名様まで
募集金額 100,000円


(*リターンは「のうてんき」または「二宮サロンにて」)
のうてんき:神奈川県中郡二宮町山西885−5
二宮サロン:神奈川県中郡二宮町二宮100−8


【nebe / ホリコンカンから】

21. nebeとお絵描き体験 / のうてんきで自由に絵を描いてみよう!
募集金額 6,000円

22. プリンスとツーショット似顔絵
募集金額 10,000円

23. 野菜似顔絵 / あなたの顔を野菜にします
募集金額 10,000円


【エドヤガレージから】

24. エドヤガレージツアー
募集金額 3,000円

25. エドヤガレージでしっぽり飲もう
募集金額 5,000円

26. エドヤ屋上ビアガーデン貸切
募集金額 30,000円


(*リターンは「エドヤガレージ」にて」)
神奈川県中郡二宮町二宮797-1


【最後に】

「楽しそうな町」から「楽しい町」に。

海と山が身近にあり、穏やかな空気が流れる二宮町。
それだけも素敵な町ですが、日常の中にアートが増えればもっと楽しい町になるはずです。

このプロジェクトをきっかけに二宮の町全体がアートを楽しみ、アートの文化をもっと受け入れられる風土になれば、多くアーティストがこの町を訪れ、この町で活動をし、二宮町の活性化に繋がると思っています。

今までアートに興味がなかった人にこそ、こうした取り組みがあることを知ってもらい、一度アートに触れていただけたら嬉しいです。

「アートを気軽に楽しみ、アーティストを応援したくなる町に。」
そして、地域の人々と外からの人々との新たなコミュニティが生まれ交流する町を支援者のみなさんとつくっていきたいと思います。

まずは二宮駅周辺からの着手となりますが今後も引き続き二宮町のアートの要素を増やしていけるよう努力してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。


【リターンについての注意事項】

・全てのコースは税込みの価格です。
・CAMPFIREの仕様上、複数コースのご購入が可能です。
・お申し込み後のコース変更は出来ません。
・様々なご連絡が行きますので、メールのチェックをお願いいたします。
・本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


【お問い合わせ先】

担当:野崎 / 050-5480-1375 / info@eastside-art.com
お問い合わせの際は「クラウドファンディングの件」とお伝えください。

  • 2022/07/21 14:05

    こんにちは。先日発売されました「OZ magazine 8月号」にて、二宮町の素敵なお店が沢山紹介されました。気になる方は雑誌を手に取り、ご覧くださいませ。少しづつですが二宮町の盛り上がりが広がってきた気がします。壁画アートプロジェクトの応援も引き続き、よろしくお願いいたします。

  • 2022/07/07 13:45

    皆様、こんにちは。先日、縁があって今の二宮町をSUUMOジャーナルにて特集していただきました。SUUMOジャーナルは、住まいに関するニュースやコラムを発信するサイトで、リクルートが運営する読み応えのある人気の総合情報サイトです。その記事がとても人気で、他の記事に比べても、沢山の「イイね」をして...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください