Espronceda Barselonaのレジデンスアーティストに選ばれました。地中海、サグラダファミリア、最高の環境で生まれる作品は世界中から訪れる観光の皆さまにも楽しんでいただけるはずです。滞在から発表まで1ヶ月間の長期戦です。制作·展覧会発表のための支援をお願い致します。

プロジェクト本文

 

ー はじめにご挨拶 ー

 

美術作家の渋田薫です。

音楽や自然音、その土地の空気、文化を読み取って作品を生み出します。

6月のベルリンの個展に続き、第2弾としてバルセロナのEspronceda芸術文化センター(http://www.espronceda.net/the-residency/)へ滞在制作が決まりました。

欧州中心のアーティスト60名の中から選ばれました。

私にとって、地中海沿岸はとても相性の良い地域です。

北海道の港町で生まれ育ったということもありますが、去年の活動では、

カシス、バルセロナのレジデンスでは滞在制作許可を、

アルルのギャラリーでは、禅を表現するインスタレーションの展示許可をいただきました。

Esproncedaでは少しだけ制作予算をいただいての滞在制作です。

 

ー このプロジェクトで実現したいこと ー

 

海外では大作を求められます。思い切りよく自分らしい作品を制作したいです。 

 

テーマ『Fushion of Jazz ,Classic × 地中海』

 

Art と Nature は反対の意味に当たります。人が作った楽器による音楽×地中海の波、光、揺らぎ。

協奏曲のように融合したり、激しくぶつかり合ったり。どちらも作品になるでしょう。

世界中から集まる観光の皆さまにも楽しんでいただける展覧会にしたいです。何も考えないで鑑賞して感じていただけたら嬉しいです。

作品については、Espronceda ディレクターと打ち合わせを重ね更に深く詳細を決めていきます。

 

 企画はスペインで生まれた『アランフェス協奏曲』やフラメンコ、ギター、ジャズなどに、『地中海』『サグラダファミリア』を融合させるなど、スペインに深く関係するテ―マになる可能性もあります。

 

1か月で約500枚ドローイングしながらイメージ作りし、大作を制作、発表します。現地に溶け込み、すごい作品を描きたいです。

 

地域に関わるワークショップ、又はトークイベントでは、美大生を対象に心を整える方法、座禅を紹介する予定です。

 レジデンスは海にも近いです。

自分自身としては夜明けの砂浜やサグラダファミリア、グエル公園で座禅をして心身を整え制作に集中するでしょう。

 


アーティストステイトメント

クラシック音楽は私の聴覚と視覚を繋げて、さらに私の頭の中に豊かな色を塗ります。
私が見る空間の中にさえも、音楽は綺麗な色たちを跳ねさせ、踊らせ、湧きださせ、滲みださせます。

私はいつもその時々の自分の状態に合った曲を選びます。
ほれぼれするように美しい音のイメージは、それらを目に見える形にしたいと私に思わせます。


クラッシック音楽は脳と美容に良い影響を与えます。
私は見る人に音楽を聴いているかのように感じさせたいです。

バッハの曲は音楽の旧約聖書と言われています。旋律や構成の美しさは現在もなお讃えられています。

ベートーベンが哲学を越えるために音楽を作ったのであれば、私は私の絵を形に与えるという役割を担っています。
モーツァルトが地上界とと天上界を繋ぐために音楽を書いたのであれば、私は私の絵でそれらを広めるという役割を担っています。

 

 

ー プロジェクトをやろうと思った理由 ー

 

第1弾ベルリンでは、みなさまより多くのご支援を賜りました。

今回も前回と同様の方法にてご支援を募りたいと思います。

また、企画実施が急遽決定したこともあり、助成金の申請が出来ませんでした。

海外での制作活動のために多くの方々よりご支援をいただければと思っております。

 

去年までは国内を中心に活動をしてきましたが、

作品の世界観としては海外の方が受けるのかもしれません。

 

どうかご支援のほどよろしくお願いします。

 

ー 資金の使い道 ー

 

滞在制作 7/9 ~ 8/15

ギャラリー発表 8/16 ~ 8/30

予算 15万

水彩、版画紙 不足分 5万

通訳 (個展オープニングトーク、取材対応、ワークショップ) 3万

航空券 バルセロナ~日本

7万

Espronceda からの制作補助金 

材料費    +500Euro(画材に使用します) 

DMポスター +150Euro

 その他、自己負担

食費、コンサート費用

ー リターンについて ー
 

過去の出品作品やカフェや自然の中で描いた音のスケッチを用意しております。

ヨ―ロッパでいろいろなものからインスピレーションを受けたスケッチ(抽象画)もリターンとします。

 
ー 最後に ー
 

今回の企画を成功させ、ベルリン、バルセロナを海外での拠点として活動の幅を広げていきたいと思います。

是非、今後の活動に期待してください。

 

ー これまでの活動 ー

 

経歴
Residency
2018/6
Lake  Studios Berlin ,Berlin
Onomichi Art biotop,Hiroshima
Writer in residence/Onomichi,Hiroshima
2017
Onomichi Art biotop,Hiroshima
Nara Art Festival HANARART,Nara city Japan
2016
Kawasaki art session,Kawasaki city
KOSUDO ART PROJECT2016・2017,Niigata city Japan
Kagawa Art Festival,Kagawa Japan

Win a prize
2018
Asia design art exhibition phnompenh ,Cambogia
VISIL FOR THE EARTH Nessoden,Norway
2017
KAMEYAMA TRIENNALE,Kameyama city
Art Move Competition 2017,2007,Osaka city
2018,2016
YAMATO Illustration Design Competition,Yamato city
LOHAS Illustration Contest,Tokyo
OFFICE ART STREET NIIGATA 2016,2015
Kyoto field art project 2015,Municipal Museum,Kyoto city

2014 Dreaming Arts Competition
Royal park hotel Haneda,Tokyo

Solo Exhibitions
2018/6
『SWAN LAKE』 Lake Studios Berlin,Berlin
2017
『Colors』 Gallery Yume-no-kura、Niigata city
『Colors』 Restrant vanam、Nara city
『Jeunnehomme』 Sanjo Entrance gallry,Sanjo city Japan
2013
『Cosmically』 Ort Project、Kyoto city

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

『ベルリン展示作品Swan Lake Drawing より』

  • 活動報告

    Jeunehomme 展示終了いたしました。

    2018/06/25

    La Dolce Berlin Jeunehomme 展示終了いたしました。 寒さとワールドカップの影響で人通りが少なかったです。ドイツ戦は花火と叫びでした。 Lake studio と合…

  • 活動報告

    『Jeunnehomme』pop up mozart 展示案内

    2018/05/30

    個展『Jeunnehomme』 ~pop up mozart~ 22~24 June La Dolce Berlin・pop up art gallery モーツァルトのピアノ協奏曲を表現します。 La dolce berl…

  • 活動報告

    LakeStudiosBerlin 告知されました。

    2018/05/19

    最新作品 http://instagram.com/shibuta_art レイクスタジオベルリン ニュース http://www.lakestudiosberlin.com/

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください