はじめに

1976年、社団法人(現在、公益社団法人) 日本プロボウリング協会 女子1期生の
須田開代子(ライセンスNo.1)を中心に女性だけのボウリングクラブ
「ジャパンレディースボウリングクラブ(Japan Ladies Bowling Club)」が設立されました。
JLBCは、数あるボウラー団体の中でも、プロボウラーとアマチュアボウラー
混合の会員で構成されている唯一の団体で、
現会長 石井利枝をはじめとする全国の女子プロボウラーが中心となり、
全女性ボウラーが健康で心身共に若々しく、共通の喜びや楽しさを分かち合っていけるクラブ作りを目指しております。
JLBCの会員である10代から90代と幅広い年代層の健康レディースは、いつも4つの言葉に支えられて活動しています。

JLBC4つの言葉

 ◇美しさはいつまでも  ◇若さはあなたの誇り

 ◇友愛を広く社会に   ◇幸せはあなたの心から


初代代表に須田開代子
2代目代表 藤原清子
3代目として中山律子が会長に就任後(現在は名誉会長)
現在は4代目石井利枝が会長を務めています。



このプロジェクトで挑戦したいこと

42回続いたプリンスカップですが、
ここ2年続けてコロナ禍による中止を余儀なくされています。
さらに社会情勢の変化により、ご協力頂いていた皆さまの状況も厳しくなって来ています。
「冬の女の甲子園」と銘打った大会を
女性ボウラーがプロアマ問わず楽しみにして下さっているこの大会を
是非とも復活させたくチャレンジします。


これまでの歩み・軌跡

1979年1月にプリンスカップはスタートしました。
以来、2019年まで42回続きました。

JLBCの
主な年間行事として
◎JLBCクイーズオープン「プリンスカップ」
◎JLBCサーキット「エバラカップ」1~4戦
◎JLBC選手権「軽井沢プリンスCUP」
◎HANDA CUPプラチナレディーストーナメント
◎JLBC九州フェスティバル「宮崎プロアマオープントーナメント」

全国15の地区で地区活動を行っている

資金の使い道

大会運営費(YouTube関連費用
     ・競技お手伝い費用
     ・会場使用料等運営に関する一切の費用)
返礼品制作費(デザイン料も含む)
通信費(主に返礼品送料)
キャンプファイヤー掲載料・決済手数料等

リターンについて
①パンフレットと大会の全成績集・・ 3,000円
②大会記念タオル・シードプロ似顔絵付きトートバック・パンフレット・・7,000円
③入場券+②の品物+名誉会長・会長直筆サイン入りピン型ストラップ・・10,000円
④前夜祭出場権(券)(スポンサーを迎えてのボウリング大会、有名プロ参加)・・10,000円
⑤本大会参加権(券)アマチュアの選抜大会に参加せず、本大会に出場できる・・50,000円
⑥本大会決勝トーナメントに出場できる(選抜・予選免除)・・100,000円

実施スケジュール

『プロジェクト実施スケジュール』

9月14日 クラウドファンディング開始

10月30日 クラウドファンディング終了

~11月20日 メールにて返信・お礼・案内等
        ③のご支援で郵送ご希望の方には郵送致します
       (④⑤⑥のご支援を頂い方にはこの日までにお知らせします)

11月30日~12月3日 大会開催
    11月30日・12月1日・・アマチュア選抜大会
       ⑤の支援でこのアマチュア選抜大会が免除されます
       ③のご支援は会場での受け取りも可能です
 12月2日・・本大会予選
                    ③のご支援は会場受付でのお渡し可能です
       ⑥の支援でアマチュア選抜とこの予選が免除されます
 12月3日・・本大会決勝トーナメント
       ⑥の支援をされた方は、ここからの出場になります
12月3日 イベント終了             

12月5日~ 返礼品発送開始
       (順次発送致します)


最後に

プリンスカップはマッチゲームを採用した緊迫感のある試合を
お届けできます。
わくわくドキドキするような大会をぜひ皆様のお力で
成功させてください。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください