株式会社カエルパンダは、ゲーム/アプリを中心とした販売・企画・開発・プロデュース、コンサルティング、映像、UIデザイン、キャラクターデザインなどを行うゲームとデザインの小さなゲーム会社です。
株式会社ジー・モードより、ライセンスを受け、「ゆるゆる劇場」シリーズの旧作のスマホ版移植をし、配信している会社です。同シリーズのプロデューサーである河上京子が代表取締役の法人になります。
「ゆるゆる劇場」シリーズが現状、赤字プロジェクトで、なかなか移植がすすまないので、がキャンプファイヤーで支援いただき、旧作を全て出した後、新作を手がけたいと思っています。

主にスマートフォン向けアプリや、Nintendoプラットフォームのダウンロードアプリを得意とする会社なので、スマホ以外の展開も視野に入れています。
​ユーザーの皆様にも楽しんでもらえるコンテンツを提供しつづけようと頑張っています!

はじめに・ご挨拶

株式会社カエルパンダの代表取締役の河上京子です。
かつて、このシリーズが産声を上げた時から、現最終作のブラックまでとスピンアウト作品全てを通して、プロデューサーとしてやってきました。

劇場シリーズでは、青木俊直氏と幸田御魚氏と酒を飲みながら真剣に馬鹿みたいな内容のシナリオプロットやダジャレや小ネタを出し、
そんな酔っ払いの作ったものを結局シナリオにまとめ上げていた幸田御魚は狂気も混ぜてすごいよ!というのもあり、毎回面白いお話ができていた「ゆるゆる劇場」シリーズ。


全9作をでNintendo Switchで遊べるものにし、スマホ含めた完全新作へ向かえるようになりたいと思っています。

それを見守っていただいている株式会社ジー・モード様にも大変感謝しております。
アルコールの力を借りてできていた作品ですが、どうか引き続き、ご支援よろしくお願いいたします。

今回、達成すると2本分以上のタイトルができちゃいそうなのです。旧作本編としては最後のクラファンにしたく、どうぞよろしくご支援、拡散&応援、よろしくお願いいたします!!!

※スピンアウト作品は、少額のクラウドファンディングやるかもしれません!すみません!


ちなみにこんなキャラクターが出てくるアドベンチャーゲームです。

「ゆるゆる劇場」シリーズとはどんなゲームか
↓↓「もっと知りたいよっ!」って方は、こちら!↓↓


このプロジェクトで実現したいこと

Switchダウンロードソフトで「ゆるゆる劇場-劇場版-3(劇場版3部作の最後のエピソード)」と次に開発する「ゆるゆる劇場-劇場版-4(完結編シリーズの1つ目)」の開発費の支援を募り、
開発して販売したいです。どうか、ご支援よろしくお願いいたします。

プロジェクトをやろうと思った理由

「ゆるゆる劇場クラシック」のNintendo Switch版を開発していく過程で、スマホ版より開発費がかからないことが見えてきました。
今後、スマホ版を一切やらないというつもりではないのですが、開発しやすいプラットフォームを優先したいと考えています。

Unityの開発環境は使用しているので、余裕ができれば、スマホ版もできるでしょう。しかし、まず、Switchでやらせて欲しいです。
移植も結構、コストがかかります。しかし、弊社の体制ですと、スマホ版を作るより、はるかにSwitch版が現実的なのです。

Nintendo Switchとも相性が良いゲームだと思っています!
スマホよりもSwitchの方を勧めていく方が、続編に向かいやすい資金を得られると思っています。それがきっかけです。


前回のクラウドファンディングの反省

リターンを盛り過ぎたせいで、開発費がかなり苦しくなってしまいました。
そういうこともあり、今回リターンのグッズを減らしても満足いただけるように1つ1つのクオリティを上げました。
そして、できるだけ、開発費に回させていただきたいと思います。


はっきり言って、今回のリターンは支援者の方を唸らせる自信ありです。支援すれば良かったと後悔しそうなほどです。
生産数に関して、多めに作らないといけなくて若干の余りを販売させていただくことがありますが、

ご容赦願います、販売分は、少ないため、必ず欲しい場合は支援いただくのをお勧めします。


これまでの活動

かつて、生み出した「ゆるゆる劇場」シリーズは、株式会社ジー・モードと青木俊直氏が権利を所有しており、
河上が旧・Gモード社を退社後は株式会社カエルパンダにライセンスアウトしていただいて過去作の移植からスマートフォン向けの開発販売を行なっております。
なにゆえ、余剰資金がなかなかできず、頓挫してきました。

近年、パートナー関係になったエンジニアさんが天才的な方で、開発効率が上がり、
最終作のBLACKまでの開発の見積もりや目処が見えたところで、

現在すんごい速いペースで開発中です。

公式サイト・ゆるゆる劇場公式不完全サイト
https://www.yuruyuru.tokyo/

スマートフォンアプリ
↓ゆるゆる劇場クラシックはコチラ
http://www.kaerupanda.jp/yuru123.html

↓劇場版1はコチラ
http://www.kaerupanda.jp/yurugeki1.html
※機種判別のリダイレクトURLになります。

↓Switch版「ゆるゆる劇場クラシック」はコチラ
https://store-jp.nintendo.com/list/software/70010000044660.html


資金の使い道

「ゆるゆる劇場-劇場版-3」と「ゆるゆる劇場-劇場版-4」をNintendo Switchダウンロードとして開発し、配信いたします。これらは、全9作中の6番目と7番目の作品です。

250万を目標としていますが、ストレッチゴールに300万を設定し、ストレッチゴール達成で、スマホ版の開発費にさせていただきたいと思います。
資金の使い道は以下です。

・エンジニアの人件費
・グラフィック、サウンドの追加工数分の人件費
・CEROへの審査費用
・ゲーム内に追加で必要なグラフィック作業の人件費
・リターンの費用
・CAMPFIRE手数料


リターンについて

500円
ご支援コース①になります。
・スタッフから、ご支援コース①専用のお礼のメッセージを送らせていただきます。
 (お礼のメッセージは、9月を予定しています。)

1000円
ご支援コース②になります。
・スタッフからご支援コース②専用の最近の個人的な近況っぽい無駄話付きのお礼メッセージを送ります。
(お礼のメッセージは、9月を予定しています。)

2500円
・お礼のメッセージ
・クリスマスポストカード
・トップメニューから遷移可能なコーナー(神の塔)に名前掲載
(ニックネーム可※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。)
・「ゆるゆる劇場-劇場版-3」ゲーム本編のダウンロードコード
※12月の送付で、ダウンロード番号だけ、発売時のお届けになります。
 (お礼のメッセージは、9月を予定しています。)

3500円
・お礼のメッセージ
・クリスマスポストカード
・トップメニューから遷移可能なコーナー(神の塔)に名前掲載
(ニックネーム可※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。10文字以内、文字数制限や、絵文字不可。公序良俗に反するものは修正の問い合わせをさせていただきます。)
・特製マスキングテープ(青木俊直氏・描き下ろしデザイン/2cm幅*10m)
・「ゆるゆる劇場-劇場版-3」ゲーム本編のダウンロードコード
※12月の送付で、ダウンロード番号だけ、発売時のお届けになります。
(お礼のメッセージは、9月を予定しています。)

6000円
・お礼のメッセージ
・クリスマスポストカード
・トップメニューから遷移可能なコーナー(神の塔)に名前掲載
(ニックネーム可※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。10文字以内、文字数制限や、絵文字不可。公序良俗に反するものは修正の問い合わせをさせていただきます。)
・特製マスキングテープ(青木俊直氏・描き下ろしデザイン/2cm幅*10m)
・ゆるグラム2(ゆる・らんろーらん)の全面プリントポーチ(S)/144mm×144mm)
(素材:ポリエステル/中敷:不織布、裏地:ポリタフタ)
・「ゆるゆる劇場-劇場版-3」ゲーム本編のダウンロードコード
※12月の送付で、ダウンロード番号だけ、発売時のお届けになります。
 (お礼のメッセージは、9月を予定しています。)

10000円
・お礼のメッセージ
・クリスマスポストカード
・トップメニューから遷移可能なコーナー(神の塔)に名前掲載
(ニックネーム可※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。10文字以内、文字数制限や、絵文字不可。公序良俗に反するものは修正の問い合わせをさせていただきます。)
・特製マスキングテープ(青木俊直氏・描き下ろしデザイン/2cm幅*10m)
・ゆるグラム2(ゆる・らんろーらん)の全面プリントポーチ(S)/144mm×144mm)
(素材:ポリエステル/中敷:不織布、裏地:ポリタフタ)
・クラッチバッグやバッグインバッグとして使える全面プリントポーチ(325mm×220mm)/トイレデザイン
(素材:ポリエステル/中敷:不織布、裏地:ポリタフタ)
・「ゆるゆる劇場-劇場版-3」ゲーム本編のダウンロードコード
※12月の送付で、ダウンロード番号だけ、発売時のお届けになります。
(お礼のメッセージは、9月を予定しています。)

30000円
・お礼のメッセージ
・クリスマスポストカード
・トップメニューから遷移可能なコーナー(神の塔)に名前掲載
(ニックネーム可※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。10文字以内、文字数制限や、絵文字不可。公序良俗に反するものは修正の問い合わせをさせていただきます。)
・特製マスキングテープ(青木俊直氏・描き下ろしデザイン/2cm幅*10m)
・ゆるグラム2(ゆる・らんろーらん)の全面プリントポーチ(S)/144mm×144mm)
(素材:ポリエステル/中敷:不織布、裏地:ポリタフタ)
・クラッチバッグやバッグインバッグとして使える全面プリントポーチ(325mm×220mm)/トイレデザイン(素材:ポリエステル/中敷:不織布、裏地:ポリタフタ)
・「ゆるゆる劇場-劇場版-3」ゲーム本編のダウンロードコード
・幸田御魚氏直筆の「ゆるゆるポエム」額入り
※12月の送付で、ダウンロード番号だけ、発売時のお届けになります。
 (お礼のメッセージは、9月を予定しています。)


ストレッチゴール

300万で、復刻カレンダー第2弾を2500円以上のコースの方全員にプレゼントします。
ストレッチゴール達成で、スマホ版の劇場版2と3の発売を約束いたします!


実施スケジュール

実施スケジュール
2022年 8月     クラウドファンディング終了。(入金が9月末になります。)
2022年12月     リターンの発送をします。
2022年12月        ゲームを発売します。(予定が早まることがあります。)


最後に

Switchダウンロードソフトとしてゆるクラを販売してみましたが、スマホ版の売上よりも、ぶっちゃけますと何倍もあるので、Switchから全9作やらせてください。
なお、開発環境はUnityですので、マルチプラット対応は可能な環境です。
余裕が出れば、スマホ版も出ます。とにかく、全9作を新規ユーザーも巻き込んで遊んでもらって、「辻褄の合わなくない、無理矢理感のない」完全新作開発まで辿りつきたいです。
ご協力どうぞよろしくお願いいたします!

新作を作るお金が貯まるまでは、
スピンアウト作品も出していきたいと考えています。(河上P)

ゆるゆる劇場 ©G-MODE Corporation/© 青木俊直

  • 2022/08/08 12:17

    目標額まで遠いので、明確に金額によってできることを示したいと思います。100万円でできること・劇場版2&3のリリース150万でできること・完結編のリリース200万でできること・帰ってきたゆるゆる劇場のリリース250万まででできることゆるゆる劇場-劇場版-BLACKのリリース300万でできること...

  • 2022/07/05 18:07

    今回のクラファンの「ゆるゆる劇場-劇場版-3」以降となってますが、今月の7日から、「ゆるゆる劇場-劇場版-1」が前売り開始、配信開始が21日です。今、開発終盤なのは、「ゆるゆる劇場-劇場版-2」(2008)です。ポチンコ、よくできてる。wあかまるの初恋とゴムーンとの出会いを描いた作品です。指五...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください