はじめまして
hop_japan です
  • 福島県 / 
初めてのプロジェクト
はじめに・ご挨拶

はじめまして。

当プロジェクトに興味を持っていただき、ありがとうございます。

ホップジャパンの河本凪紗です。
私は福島県田村市でクラフトビール醸造行う株式会社ホップジャパンで広報をつとめております。

今回は、あぶくまの自然や食、お酒といった魅力をより多くの方に知ってもらうため、地域で初めての試みとなる「あぶくまオクトーバーフェスト」の開催を目指し、イベントの開催資金を募るクラウドファンディングに挑戦しております。


「あぶくまオクトーバーフェスト」で実現したいこと

「あぶくまオクトーバーフェスト」では、地域の酒造メーカー、飲食事業者を中心に計30の企業・団体が福島県田村市に集結し、作り手と飲み手が一緒になって大地の恵みとお酒を楽しむイベントを創り上げることを目指しています。


「あぶくま」とは?

北は宮城県南部から南は茨城県北部にまたがる「阿武隈(あぶくま)高地」は、独自の自然環境を有する広大な高原地帯です。 

この阿武隈高地を中心とした「あぶくま」エリアでは、豊富な水源や豊かな自然により多くの魅力的な食材が生産されているだけでなく、優れた天体観察環境による美しい星空や、独特な地質環境による鍾乳洞の形成など、人々をひきつける大自然の恵みが溢れています。 

近年では、こうした優れた自然環境と酒文化を土台に、ワインやクラフトビール、日本酒、その他の酒類といった多様なクラフト酒造品が楽しめる地域となっており、「あぶくま」という新たな地域ブランドが全国的に認知されつつあります。


プロジェクトを立ち上げた背景

東日本震災後、あぶくまやその周辺自治体では、お酒を基軸に振興を図る取り組みによって復興・新興を果たした酒造メーカーによる新たな酒造品が誕生してきましたが、その一方で、いずれも小規模な酒造メーカーが多く、単独での訴求力に乏しいことが課題になっていました。

また、震災から10余年が経過するも、原発事故による風評被害は依然根深く、販売や地域への誘客において大きな足かせとなっている現状があります。

こうした状況を踏まえ本プロジェクトでは、酒造メーカーが地域における復興への取り組みや、酒造品の魅力を域外へと発信し、認知やファンの獲得、風評被害の払拭を図っていくため、地域や企業の壁を越えて一つのイベントを創り上げることを目指しています。


資金の使い道

皆様からいただいた支援金は、2022年度の「あぶくまオクトーバーフェスト」の運営資金ならびにCAMPFIRE手数料に使用いたします。


あぶくまオクトーバーフェスト開催日程

日時:2022年9月24日(土)、25日(日)11:00~17:00L.O.
場所:グリーンパーク都路(ホップジャパン)https://hopjapan.com/access/
詳細:https://hopjapan.com/abukuma-fest/


リターンのご紹介

当日ご来場いただける方、来場は難しいという方、どちらの方にもお楽しみいただけるよう様々なリターンをご用意しました。


①ビールを買って応援!フレッシュホップビールの詰め合わせセット

②イベントに参加して応援!お得なイベント前売り券セット

③個人・企業様による「協賛」へのリターン


それぞれのリターンは、ご要望に沿うよう内容に応じて複数プランで展開をさせていただいております。
また、複数プランの組み合わせも可能ですので、是非ご検討ください。


主催者メッセージ「乾杯を地球に」(株式会社ホップジャパン・代表取締役 本間誠)

ブルワリーのある都路地区は原発から20km圏内として避難区域に指定され、3年もの間全町民が離れていたために、避難解除されても戻らない人も多く以前の活気は失われてしまいました。そんな中、有休施設だったグリーンパーク都路を再利用してブルワリーが開業し、少しずつ復興のシンボルとなりつつあります。同じように、近隣町村でも日本酒蔵が復活、ワイナリーが開業するなど被災地域がお酒を通して地域を盛り上げようと頑張っています。

また、復興で終わるのではなく阿武隈高地という豊かな自然環境のちょうど中央にあるこの地を中心に、「あぶくま」という名前を使って新しく観光を盛り上げて行こう、会津に並ぶ福島の観光ブランドにして行こうという強い想いの元、「あぶくま」初のオクトーバーフェストを開催するものです。

このような経緯で、オクトーバーフェスと言いつつも日本酒やワインあり、地域の郷土色あふれる様々な料理あり、そして、何とフジロックにも出演した日本のスカバンド(ジャマイカ発祥の音楽)の草分けとして有名な「スカフレイムス」(東京スカパラダイスオーケストラの兄貴的存在)が初日演奏するなど楽しみ満載の企画となっています。

第1回目ということでどれだけ多くの人に来ていただけるか不安もありますが、行動を起こさなければ永遠に始まらないので、あぶくまを、福島を盛り上げて行こうという強い想いに賛同していただける方、これから2回、3回と大きく育てていくためにどうかご支援ご協力をお願いいたします。そして、できれば当日ご一緒に「乾杯」しましょう!!



<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください