熊野筆をもっと身近に!「S/UI(すい)」はビームス創造研究所の「暮らしにいいモノ」プロジェクトから生まれた化粧筆です。無垢の花をイメージしたデザインは毎日のメイクを楽しく、わくわくした気分にさせるだけでなく、お部屋のインテリアとしても、癒しのアイテムとしてもお使いいただけるマルチな熊野筆です。

プロジェクト本文

はじめにご挨拶

初めまして、晃祐堂の土屋と申します。

晃祐堂はハートやフラワーの形をした化粧筆など、今まで化粧筆を使ったことがない人達も思わず手に取りたくなるような、毎日のお化粧が楽しくなるかわいい筆を製造しています。

今回は、経済産業省中国経済産業局とビームス創造研究所の「暮らしにいいモノ」プロジェクトに参加し、暮らしに癒しを与えるような化粧筆を作ろう!と構想を練り、皆様にお届けしたいと考えています。

 

「S/UI(すい)」とは?

これが化粧筆?と思うほど、愛らしい花のような熊野化粧筆「S/UI」。

大きいブラシはパウダー・チーク用として、小さいブラシはハイライト・アイシャドウ用としてお使いいただけます。

パッケージはまるで花器のようにデザインされているので、お部屋のインテリアとして飾っておくと心が和むこと間違いなし。毛先もとても柔らかいため、ペットをなでるように思わずずっと触り続けてしまう癒しのアイテムとしても活躍してくれるかもしれません。

穂首は天然毛の白にこだわリ、柄は無垢材のぬくもりを生かして、江戸時代から続く熊野筆の伝統を受け継いだ匠が技と心をこめて手作りしています。

「S/UI」は、毎日の暮らしとメイクタイムに遊び心と癒やしをプラスしてくれます。

熊野で作られている化粧筆をもっと多くの皆様に知っていただくために

わたしたちの目指していることは、普段使われている化粧筆を、より一層身近なものにしていくことです。お化粧だけにこだわらず、インテリアや、癒しのアイテムとして。男性の方にも使って頂けるようなアイテムを作りたいという思いから「S/UI」は生まれました。

リアルな枝のフォルムにこだわった持ち手

持ち手の部分は府中家具で有名な「土井木工」さんの力を借りて作り上げることができました。

材料は高級木材であるウォールナットです。

左右対称の形状ではなく、本物の木の枝をデフォルメして作っているため、今までになくリアルな形状で、まるで木の枝に花が咲いているかのような筆が実現できました。

持ち手を木の枝のイメージで作るにあたり、実際に山に入って木の枝を何本も拾ってきて観察したり、本物に近づけつつ、持ちやすい形を探りました。リアルを追求するあまり、最初のサンプルは樹皮の質感が出すぎてしまいました…。

素材を追求した美しい天然毛

花である毛の部分も、木の枝のイメージに合うように天然毛の白にこだわりました。

S/UIは晃祐堂化粧筆工房で職人が1本1本丁寧に手作りで生産しています。

トップの部分は厳選された山羊毛を使用するため、肌当たりは柔らかで、メイクにも使いやすいのが特徴です。

天然毛は毛の中にもともと毛先が無いものや粗いものがあるため、それを目と指先の感覚などで取り除いていきます。1kgの材料に対して300gは使用することができません。

でも、それをすることでチクチクした感じがない、肌当たりの良い化粧筆が生まれるのです。

良い材料を選別した後は、お花や蕾の形に毛先を整えていきます。

この部分は化粧筆作りの肝となる部分です。

 

このように、「S/UI」は全て手作業で作られています。そのため、良い原材料を確保すること、良い形状を作り出すことにはかなり苦労しました。試行錯誤の結果、やっと満足できるフワフワ感が出てきたと思います。

 

普段の暮らしに溶け込むようなロゴとパッケージデザイン

ロゴとパッケージのデザインは広島の老舗印刷会社「中本本店」さんが作成してくださいました。

インテリアにもなる筒型の花瓶のようなパッケージは、筆を引き立たせ、まるで一輪挿しのような繊細さと上品さを演出してくれます。

「S/UI」のネーミングには3つの意味が込められています。

1. SUI=すい→すいすい(気持ちよく筆が運ぶイメージ)

2. SUI=粋(まじりけのない、すぐれている等の意味)

3. UI=初い(初々しい)、愛い

上質な素材で丁寧に作られた筆と、花の愛らしさをイメージして名前をつけました。

こちらのネーミングも晃祐堂と中本本店さんの間でかなりやり取りをして決定しました。ネーミングの「S/UI」のようにスイスイ決まらなかったのですが、その分力強く成長してくれると思います!

熊野筆とは?

「熊野筆」とは、広島県熊野町で作られる筆のことを指します。

書筆から始まった熊野筆は、やがて化粧筆にもその技術が応用されるようになります

肌に密着するようななめらかな肌触りが生まれ、ムラなく均等に自然なツヤを出すことができるのが熊野化粧筆の特徴となりました。

晃祐堂は、その高い完成度を評価いただき、一般の消費者からプロのメイクアップアーティストまで、幅広くご愛用いただいております。

また、どんどん新しいことにチャレンジしていきたい!という思いから、デザイン性のある化粧筆を多数開発。

その中の一つが、ぽってりとかわいいハートの形をしたハートブラシ。これが大ヒットとなって、若い方にも熊野筆のことを知って頂けるようになりました。

最近は、日本だけでなく香港、シンガポール等海外にも進出し、世界に熊野筆の魅力を伝えられるよう、挑戦を続けています。

資金の使い道

 皆様よりいただきました支援金は、「S/UI」を商品化するための型代として使用いたします。

リターンについて

15000円コース

①「S/UI」パウダー用筆

②「S/UI」アイシャドウ用筆

③メッセージカード

「S/UI」にお名前や好きな言葉を8文字まで刻印することができます!

10000円コース

①「S/UI」パウダー用筆

②メッセージカード

「S/UI」にお名前や好きな言葉を8文字まで刻印することができます!

5000円コース

①「S/UI」アイシャドウ用筆

②メッセージカード

「S/UI」にお名前や好きな言葉を8文字まで刻印することができます!

最後に

いつでも新しいことを考えているのは、まだ熊野筆を知らない人たちにそれを知ってほしいからです。私たちの商品、活動を知ってもし興味をお持ちいただいたら、ぜひ広島県熊野町までお越しください!色々な筆屋さんが色々な筆を作っておりますので、その筆の魅力を現地で感じてみてください。

「暮らしにいいモノ」プロジェクトは、中国地域を中心とする西日本地区の伝統工芸や工業製品などの「いいモノ(品質の良い物)」に「かわいい・おしゃれ・クール」などの要素をプラスした商品を開発しています。他のアイテムもこちらのページからご覧ください。

1月31日から始まる日本最大のギフト展示会「東京インターナショナルギフトショーLIFE×DESIGN 展」にも出展いたします。最終日の2月3日は一般の方も入場可能となりますので、ぜひ実物の「SU/I」を見にいらしてください!

日時:平成30年2月3日(土)10:00~17:00
会場:東京ビッグサイト東1~3ホール
ブース場所:東3ホール S22-27

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください