はじめまして
HYM HIDEKI です
  • 滋賀県 / 
初めてのプロジェクト

滋賀県大津市在住。
店舗設計デザイン事務所を過労で体調を崩し退職後、独学で、様々な分野の絵画を学ぶ。水彩・パステル画・油絵・墨絵など1人で何通りもの表現方法を身につける。
1994年より自己表現のアートではなく、観る人が心地よく、こころの奥に届くことを願い、直観でアートを制作するエッセンシャルアーティストとして活動を開始。以降、全国でアート展、セミナーやワークショップ、お絵描き会の開催。イベントや講演会等でのライブペインティングも行う。
エッセンシャルアート研究所 所長
RAINBOW LIGHT 主宰

☆ あまり見たことのない龍神画


はじめまして

エッセンシャルアーティストの

HIDEKIです。

ご覧いただきありがとうございます!


私は琵琶湖のある滋賀県大津市で

暮らしています。

思い返せばいつも水の近くで暮らし

たどり着いたのが

日本一大きな湖のそばでした。

琵琶湖には、龍神が住むという方もいらっしゃいます。



私の描く

エッセンシャルアートって何?

と思われたかと思いますが

本質のアートという意味があり

私の観じているところの本質は

宇宙意識みたいなものと思っています。


描くときには、直観を使います。

直観を使うことで

頭で考えて表現できない

自分の想像を超えた作品になります。



そして、出来上がった作品を観る人にも

特別な何かを感じさせてくれるようです。



30年近く直観で描く

という方法で描いていて

キャンバスの中で

ここにこの色?こんなカタチ?

と感覚で伝わってくるものを

作品にしています。



この方法で描くと

どうしても抽象画になります。

が、ある時、墨絵を描く中で

「?」

龍神のように見える。

というような作品がいくつも出来上がりました。



あれ?どうも龍がカタチになって

出てくることが必要みたい!

と思うようになり

それからは意識して

まったくの直観ベースの抽象画ではなく

龍神を描くぞ!



と思いながら20年くらい

龍神画を描いています。



直観ベースの龍神画なので

よく見るイカツイ顔の

わかりやすい龍神ではなく

龍神のように見える龍神。


わたしには龍神は

大自然の象徴ではないかな…

という気持ちがあります。


滑らかな筆の運びと

鮮やかな色合い

そしてヒカリを感じるような作品が

私の描く龍神画の特徴です。




☆ 個展で大切にしていること


1999年から毎年ずっと個展を開催しています。



全国いろんな場所で

展示をさせてもらいましたが

龍神画をメインで展示するようになり

10数年前から裏テーマのようなものを

持つようになりました。


私の描く龍神は

龍神を丁寧に

詳細に形を表現したものではなく

龍神のエネルギーを

カタチにした作品です。



私が直観で描かせていただいた龍神が

その時に必要なエネルギーを持って

カタチになっているように思えます。


その通りなら

そこに思いを乗せることで

たくさんの存在に

貢献できるのではないか。


そんな風に思ったのです。



この地球にとって日本人は

とても特別で大切な役割をすると

私の中で思っていました。


なので

作品を見てくださった方の中の

「日本人の精神性」が

今よりもさらに心の中心に広がり

地球が豊かな方向に向かうことを願い

龍神画の展示をする。


それがこれまで個展で

私が大切にしていることです。



☆混沌とした今、この時だから


新型コロナウイルスに始まり

目を覆うような出来事

様々な不安、不満が

人々の心の中に渦巻いている。


こんな混沌とした流れが

やってくるとは

誰も思わなかったと思います。


こんな時だからこそ

日本人の精神性が試されている


そんな風にも思います。



どんな時代にあっても

アートは人々の心を支えてきました。


そしてアートには人の心を動かす

エネルギーがあると思うのです。



今この時に私にできること

それは多くの人の心に

ヒカリを届けることです。



人はどんなにどん底と

思える状況下にあったとしても

一筋のヒカリが見えることで

前に進むことができます。


私の描くヒカリの龍神画が

見る人の心の中の

一筋の光となること。



そして1人でも多くの方の

「日本人の精神性」が

大きく開花するきっかけとして

龍神画がお役に立てることを

心から願っているのです。



☆ 最終目的は


私の描くヒカリの龍神画の

生まれでた目的を知っていただき

賛同してくださった方のお手元に

作品をお届けしたい。


それが一番の目的です。


絵画作品を味わうには、原画が一番です。

そのためには

原画を見ていただく機会が必要です。

原画を見ていただくには

個展が一番良い機会になります。


可能な限り

もっとたくさんのところで個展を行い

たくさんの方に鑑賞していただけることを願っております。



☆ リターンの使い道

皆様からいただきましたリターンは

歓びの循環を目的に

令和5年5月に行う

東京での個展の費用に当てさせていただきます。

*ギャラリー会場費 20万円

*交通費・滞在費 15万円

*製作費 15万円

*CAMPFIRE手数料 支援金の17%+税


ご賛同いただきました皆さまと

個展にて笑顔でお会いできることを

心から願っております。


☆ 実施計画

*クラウドファンディング終了、入金後に2023年5月の個展会場選定、予約

*11月末までにリターン・ジクレー、発送

*11月末までにリターン・原画一点もの、発送

*12月末までにリターン・原画オーダー作品を順次制作、発送

*2023年5月の個展に向けての作品制作開始

*2023年4月までに個展案内の制作、個展開催のご案内告知、DM発送

*2023年5月個展開催



感謝

HIDEKI

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください