数あるプロジェクトの中からご覧いただきありがとうございます!
Ku-(くぅ)こと西川久美子と申します。

少し自己紹介をさせてください。

私は今までエステの仕事をしてきました。そうエステティシャンです。美という観点からお客様の心と体に寄り添いながら、技術を磨き、心を磨き、お客様の美をとことん磨き上げる。そう、まさに「美の職人」と言った感じです。自分で言うのも恥ずかしいのですがw

そんな美の職人wが、

なぜスイーツ作りなのか?
なぜ今なのか?
なぜ私なのか?
なぜ「美味しさの職人」を目指すのか?

など、最後までお読みいただけたら嬉しいです!



【はじまり】きっかけは和菓子職人の父から、突然のプリン?の贈り物



なぜプリン? 正直、私も当時そう思いましたよw。
Covid-19(コロナ)が猛威を振るう数ヶ月前に茨城の父から突然プリンが送られてきました。
和菓子職人の父がなぜプリン?・・・よく分かりませんw
この文章を読んでいる皆様以上によく分かりませんw

その真意は今でもよく分かりませんが、とにかく食べてみようと口に入れた瞬間、

「美味しい!いやそれ以上になんだか優しい!」

、、、と感じました。
当時は仕事のこと、将来のこと、人間関係のこと。
色々な不安が降りかかる毎日を過ごす中で、
気づかないうちに大きなストレスを抱えてしまっていたのだと思います。

そんなギリギリの状況の中で父から送られてきた「優しさプリン」。
その美味しくて優しい味に一瞬のうちに癒されたのか、
人知れずその場で涙が溢れてしまい夜な夜な泣きながらそのプリンを完食しました。
今思えば相当おかしな絵面ですよねw

もしかしたら自分の苦しい状況を察してプリンを送ってきたのか。
そういえば昔から父はお菓子を作ったらすぐにご近所様に配っていました。
和菓子職人という立場で休みも少ないのに、よくやるなぁと子供ながらに思ったほどです。

それでそのご近所の人たちからは、
「何だかホッとする美味しさ。買ってでもまた食べたい。」
とよく話しかけられたのを思い出しました。

当時のこの「ホッとする」がたぶん「優しさ」なのかと。
この優しさに私は救われたんだ。涙の完全デトックスw
何かを食べて涙が出てきた経験なんてないから本当びっくりしました。


【急変!】そうこう言ってるうちにお父さんが! Covid-19(コロナ)が! 

涙のデトックスプリン(?)を食べてからすぐに、父が「急性骨髄性白血病」という重い病気で倒れ入院。
しかもタイミング悪く、続くようにあのコロナの第一波が押し寄せてきました。

それまで元気な父しか見たことがなかった私にとって、
父の病気は衝撃的で、もしかしたらコロナにかかるよりもショックだったかも知れません。
(※実際、私はコロナにかかっちゃいました。少し後遺症が残りながらも今は元気です)

「お父さん、死んじゃうの?」
「お母さんはどうするの?」

色々な不吉なイメージが頭をよぎりました。だって初めてだから。。。

「私はまだお父さんに何も恩返しできてないよ」
「今まで好きかって生きてきてごめんね」

もうまさにネガティブマインドと言いますか、
社会がコロナで止まっていた以上に私の心が何だか止まってしまいました。
どこにもその悲しみも辛さも悔しさもぶつけられない。
なんとかギリギリでエステのお仕事はできてるけど不安しかない。
せっかく来て頂いているお客様にもその負のマインドが伝わってしまう。
これって職人としては最低最悪。怠慢にもほどがある!


【覚悟の時】美の方程式! 父から教えられた想いを形に。

そんな状況なのに何故かお父さんの作ったプリン(以下「父プリ」)を思い出しました。
そして作ってみようかなって、ほんと突然そう思ってしまったわけで。

何故プリンなのか?
作ったこともないのに何故作ってみようと思ったのか?
この時の心境は自分でもいまだによく分かりません。

強いストレスがスイッチになって、あの涙のプリンの味が思い出されたのかな。
わからないけど、とにかく病床にいる父にレシピを聞いて(ごめんなさい!)作ってみた。



当初、何度も何度も失敗した。だって作ったことなんてないから。
父プリに近づけるため何度も何度も悔し涙を流しました。
なんか泣いてばかりですが本当に悔しくて悔しくて。




そして、まだまだ父プリの味を再現するまでに至ってないけど、
我ながら上手くできた試作品をお客様に試食していただきました。

「何だか優しいね。もちろん美味しいけど、癒されるっていうか。。。なんか幸せ^_^」

号泣ですwww
何だかその一言が全ての不安から解放してくれました。
それこそ父プリを食べた時と同じ感覚。涙が止まりません。

こんな状況なのにお客様は来てくださっている。
お客さんだって不安なんだよね。癒されたいんだよね。
私だけじゃない。みんな不安なんだよね。
そんなお客さんに私の不安を渡しちゃいけない。
幸せな気分になって帰っていただくのが仕事人としての覚悟なんだ。
お父さんもそれを伝えたかったのかな。

エステでも癒しきれない部分は正直たくさんあります。
でもその癒しきれない部分を少しでも減らして幸せな気持ちになって帰っていただく。

「ストレスを癒したい!不安を幸せに変えたい!」
人の幸せの数だけ私も幸せになれる。


「美の職人 x 美味しさの職人 → 美しい x  美味しい = 幸せ」


美の方程式で多くの人を幸せに!

こうして私の幸せのスイーツ作り、強いては幸せスイーツ研究は始まりました。
そして多くのお客様の幸せ作りをしたくこのプロジェクトを立ち上げた次第でございます。


【なぜ米粉スイーツなの?】ノングルテン米粉との出会い!

私は菓子職人の父から幼少の時よりケーキ作りなどを教えてもらってましたが、当時、お菓子作りには当たり前のように「小麦粉」を使っていました。ある時、友達のお家に手作りのお菓子(小麦粉)を持って行ったら、

「子供が小麦アレルギーで食べれないんだよね。いい米粉があるからこれで米粉のお菓子を作ってもらえたら嬉しいなぁ」

と紹介されたのが『やのくに純真米粉』でした。小麦アレルギー対応とか体にいいということでグルテンフリーが注目されているなぁとジワっと感じてはいましたが、だからと言って販売されている米粉のお菓子を食べても、正直どれも美味しいと感じた事がありませんでした。

だったら米粉で美味しいお菓子を私が作ってみようかな。
そしたらアレルギーの子供たちも喜んでもらえるかな。
何かやる気スイッチみたいなものがオンされました。

それじゃぁ父のレシピの中で米粉で作りやすいお菓子って何だろうなと、まず思い浮かんだのが「薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)」でした。

米粉で作れないかな?と父に相談したところ、

『米粉の饅頭は固くなるからやめたほうがいい。薯蕷粉で作りなさい。』

との助言。

いやいや、どうしてもこの米粉で作りたいの!!

初めて作ったお饅頭 形がボコボコ!

何度か失敗しながらも出来上がったお饅頭はまさに純真!という感じ。
真っ白くツヤツヤ、しっとりもっちもちでした。口にした瞬間、

『何これ、うまっ!おいしい!』

思わず声に出していました。父も食べてビックリ。米粉じたいの質が良いからで、どの米粉でもこの仕上がりになるわけではないとのこと。それからこの米粉を使ったお菓子を作っていきたいと強く思うようになりました。

【後日譚】薯蕷粉で作りなさいと言っていた父ですが、あの米粉はどこだ?と言ってくるようになりましたw


それからはひたすら研究の日々。くるみもち、生チョコくるみもち、クランベリークリームチーズもち、どら焼き、、、と米粉で和菓子作りばかりしていました。毎日「おもち」の練りすぎで腱鞘炎!になってしまったことも。。。

でも練りが困難になったおかげ?で練りのない洋菓子作りも自然とチャレンジしていきました。

父が長年勤めていた会社では、和菓子・洋菓子・パンと製作していた為、何を聞いても答えてくれます。私にお菓子屋の経験がなくとも父であり大師匠である人がすぐ近くにいて、幼い頃からプロのお菓子をしょっちゅう食べられたことは、本当にありがたい環境だなと実感しています。

父曰く『食べてくれる人の顔を思い浮かべながら作るんだ。美味しさや感動には気持ちという隠し味が大事になってくるよ。』と。その言葉を胸に美味しいお菓子を作って多くの人に感動をお届けしていきたいと思います。



Ku-のこだわり材料のメインは真っ白で粒子の細かい『純真米粉』です。
※プリンや和菓子などで米粉を使っていない物もありますが小麦粉は使用していません


ノングルテン米粉(やのくに純真米粉)

温暖で日照時間の多い瀬戸内にある、山口県田布施町で収穫したお米を、米粉だけを製造している工場で製粉。しかも、お米の苗から栽培し、製品化まで自社で一貫しておこなっている。世界が注目する日本独自の基準『ノングルテン認証』を取得。グルテン含有量が、いわゆる「グルテンフリー食品」の20分の1というどこまでも純真な米粉です。厳密な管理のもと、コンタミネーション(※余材の混入)を防いでいる工程はJAS規格認証も取得しています。

「小麦アレルギーのかたが安心して食べられること」を追求した純真米粉。だから美味しいノングルテン米粉を実現できるのです。

※参考『やのくに純真米粉』ネットショップ http://www.yanokuni.shop/


●砂糖
基本的には奄美大島諸島産の素炊糖、きび糖、和三宝白下糖蜜などの中からそのスイーツに合うものを厳選しています。
※白さを出す和菓子とお父さんのプリンには上白糖を使用しています。

●アーモンドフラワー
カリフォルニア最大級のアーモンド農園で丹精込めて作りあげたアーモンドを皮がついたまま粉砕しています。グルテンフリーで糖質70%OFF(小麦粉を使用した場合との比較)

●ココナッツオイル
トランス脂肪酸ゼロ・コレステロールゼロ・ラウリン酸が46.5%、天然100%のココナッツオイルです。

豆乳
豆腐もできる大豆固形分10%の無調整豆乳です。イソフラボン、大豆たんぱく等の大豆の成分がしっかり入っています。



♡一番人気豆乳レーズンサンド♡


Ku-の豆乳レーズンサンドは一般的なレーズンサンドとはひと味もふた味も違います!

その秘密は米粉のクッキーと豆乳クリームのバランスです。
豆乳臭さは全く感じない、レーズンの甘さが効いたクリームが甘酸っぱくさっぱりしていて、クッキーの甘じょっぱさが2個、3個と、ついつい後を引く美味しさなんです。

さらに面白い特徴が、解凍時間で食感が変わる⁉︎ところです。
凍ったままの状態ですとアイスケーキのよう、冷蔵庫で30分程の解凍でサクッとした食感、冷蔵庫で1~2日でしっとり食感でお召し上がりいただけます。
お好みの解凍時間を見つけるのも美味しさ探求の楽しみのうちの一つです。


※冷蔵庫に移したら、2日以内にお召し上がりください。


こだわり①

サクッとほろっとしたクッキーは材料にこだわっています。
ノンングルテン米粉、アーモンドフラワー(皮ごと粉砕)、素炊糖、バター、ベーキングパウダー(アルミニウム不使用)、アカシア蜂蜜、ピンク岩塩←ここがポイントです!



こだわり②

えぐみの少ないレーズンは一粒一粒丁寧にほぐし、ラム酒をまとわせます。


こだわり③

豆乳クリームにはココナッツオイルを混ぜ、お砂糖は入れません。ラム酒をまとったレーズンの甘さがクリームに染みでて、ほんのり甘く、さっぱりしたクリームに仕上がります。


// 作業の様子//




食べていただいたお客様にアンケートを書いてもらいました。

嬉しい!!


ここに載せきれないほどのお客様からの嬉しいお声をたくさんいただき、逆に私が元気づけられています!

たくさん、たくさん、勇気と元気をありがとうございます!!!!  



プリン以外の商品は全てノングルテン米粉を使用しています。
焼き菓子は膨らみ具合によってサイズが前後する可能性があります。

※6畳程度の小さな工房で1人で全てをおこなう為、リターン商品の製造にも時間がかかります。
発送予定日はあくまで目安となりますのでご了承いただきますようお願い申し上げます。


豆乳レーズンサンド 

当店一番人気のレーズンサンド!岩塩が少し効いたサクほろクッキー&甘酸っぱい豆乳クリームです。今までのレーズンサンドとは違う、さっぱりとした味わいをお楽しみください。

※本製品に含まれるアレルギー物質:乳、大豆

※少量ですが、ラム酒、蜂蜜入りの為、1歳未満のお子様には与えないでください。



米粉のおまんじゅう(こしあん・桜あん・栗渋皮煮)

生地には大和芋を使用した薯蕷饅頭。もっちりと優しい味わいです。

こしあん


春限定 桜


秋冬限定 茨城産の栗渋皮煮



くるみもち(つぶあん)

米粉をお餅にするのが難しく、試行錯誤を重ね、完成までに3ヶ月かかった商品です。米粉ときび糖で練った柔らか餅にカリッと香ばしく焼いたくるみがアクセントになっています。つぶあんもきび糖で炊き上げています。

※本製品に含まれるアレルギー物質:くるみ



冬季限定 生チョコくるみもち

くるみもちを試食した友人から、『これにカカオ入れて欲しいなぁ。。。』とのひと言で商品化!
父の生チョコを入れたらどうかな?とひらめき、『それならあんこでチョコをくるまないと溶けちゃうぞ!』とのアドバイスから和洋コラボスイーツが誕生しました。

※本製品に含まれるアレルギー物質:乳、くるみ



ババどら

粒あん入りの抹茶ババロアを抹茶入りのどら焼きの皮で挟んだ和洋コラボスイーツ。

※本製品に含まれるアレルギー物質:卵、乳、大豆、ゼラチン



チーズケーキ 1ホール直径11.5㎝

材料はクリームチーズ、生クリーム、きび糖、レモン、オレンジ、とシンプル。土台はバターは使わず、ココナッツオイル、ザクザク食感を出す為にココナッツファインを入れました。柔らかいチーズ生地にココナッツファインの食感が面白いです。

※本製品に含まれるアレルギー物質:乳、卵、オレンジ

※土台には少量の蜂蜜入りの為、1歳未満のお子様には与えないでください。



甘酒チーズ&抹茶パウンドケーキ 6.5cm×16cm

生クリームを使わないチーズケーキを作りたいなぁ、、と思った時にたまたま買っていた甘酒が目に止まったので入れちゃいました!優しい甘さでスフレのようなフワッとした食感。土台はパウンドケーキと決めたのですが、なかなか上手くいかず、スイーツ好きなお客様から食感が欲しいとのアドバイスでくるみを入れたら最高の仕上がりになりました!!

※本製品に含まれるアレルギー物質:乳、卵、くるみ、オレンジ



レアチーズサンド

米粉の土台は割れやすいぁ、カットしなくていいチーズケーキにしたいなぁ、サンドしちゃえばいいんだ!と考えた商品です。

レーズンサンドと同じクッキーに挟んだのですがなじまず、またまたお客様が「西川さんのレモンカード美味しいから塗ったらどうですか?」とアドバイス下さり出来上がりました。さっぱりしたレアチーズにレモンの甘酸っぱさが良く合います。

※本製品に含まれるアレルギー物質:卵、乳、オレンジ、ゼラチン

※クッキーには少量の蜂蜜入りの為、1歳未満のお子様には与えないでください。



ガトーショコラ 6.5cm×16cm

ビターとミルク2種類のチョコをブレンドし、濃いけど重くないあっさりした生地なのでチョコ感が欲しくて、表面に食感のあるチャンクチョコを散りばめました。いくらでも食べれちゃう軽めのガトーショコラです。

※本製品に含まれるアレルギー物質:乳、卵



台湾カステラ 14cm×14cm

「米粉の台湾カステラを食べてみたい」とお客様のリクエストで作ってみました。色々な配合で試した結果、蜂蜜を入れるとカステラとシフォンケーキの中間といった味わいになりました。しっとりしていてきめ細やか、ホッと癒される食感と甘さをお楽しみください。お好みでホイップクリームやフルーツ、ジャムなどを乗せても美味しいですよ。

※蜂蜜入りの為、1歳未満のお子様には与えないで下さい。

※本製品に含まれるアレルギー物質:卵、乳



お父さんのプリン(父プリ)

スイーツ作りのきっかけとなった感涙プリンです。本当にシンプルですが、どこか懐かしく優しい。食したお客様からは飲めるプリンと名付けて頂いたほど、口に入れると溶けるプリンです。今では柔らかいプリンなんて沢山販売されていますが、昭和の時代にこの配合を考えていたなんて驚きです。

※本製品に含まれるアレルギー物質:卵、乳


1月限定 花びらもち

平安時代宮中で元旦から3日間、長寿と延命を願って固いお餅を食べる「歯固めの儀式」に用いられていた「菱葩餅(ひしはな
びらもち)」に由来しています。Ku-では米粉の求肥を重ねて、押し鮎に見立てたごぼうを通して味噌餡を包んでいます。



小麦粉のお菓子が食べれない方々にも米粉でも美味しいんだと周知していただきたいです。

そして父が作り上げてきたレシピ参考をにした、ノングルテン米粉と和の美味しいスイーツを製造、販売するための工房を茨城県常陸大宮市の実家に作り、全国へお届けしたいです!


皆さまからいただいた資金は

1.工房の建築費用

2.返礼品の材料費、発送費用

3.CAMPFIREさん手数料

にあてさせていただきます。


子供の頃から冷凍庫には父のお菓子があり、作って~とお願いすれば作ってくれるのが当たり前でした。

父が急性骨髄性白血病という年齢的に完治できない病にかかったことで
「永遠ってないんだな。父がいなくなったらこの当たり前の味も無くなってしまうんだな」
と何だか悲しくなりました。


今回このプロジェクトを決意するまでは、いつかできたらなぁとか、お金がないからできないとか、どこか他人事に考えている自分がいました。そんな時に今回のプロジェクトに協力してくれている友人から、
『いつかなんて言ってるうちは本気じゃない!お金がないは理由にならないよ。今はクラウドファンディングとかあるんだから!』
と強く背中を押してもらい、父が元気でいる今やるしかない!と心が決まり動き出すことができました。

父と一緒に練習を続けていくうちに、二人の共通点を発見しました。父が作った物がイマイチな仕上がりだった時、「疲れたー!」と言いつつも「よし!やり直すか!」とすぐに作業を始めたんです。母はお父さんっていつもこうだよ。納得するまでやり直すんだから、、」と優しく微笑んでいました。

美味しいものを作るためには時間や手間を惜しまず納得できるまで研究する!
私も同じ。親子揃って職人気質だなぁと実感した瞬間でした。

工房ができた後もこんな日々があともう少し続くといいいなぁ。

東京から茨城に移住して近くに行くから、お父さん!抗がん剤治療がんばってー!!


コロナ禍の2年間、毎月新作スイーツを作り、試食して下さったお客様の美味し~い♡とにこやかな笑顔を見るたびに、私も幸せで美味しいスイーツは皆を幸せにできると実感しました。

❝父と私の優しいスイーツ❞でもっともっと多くの笑顔の輪が広がりますように。

たくさんの優しさが詰まった幸せ米粉スイーツを生み出す工房作りの為、皆さまのご支援をどうぞよろしくお願いいたします!!


【 米粉スイーツ Ku- 】

〒319-3114 茨城県常陸大宮市野上1607-323

★Creema★

http://www.creema.jp/c/ku-komeko_sweets

★Instagram★



<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2022/09/25 00:30

    私の36日間のチャレンジがスタートしました。この日を迎えるまで不安で不安で、、、お客様や友人からの応援をいただき、すでに胸が熱くなっております。そしてお父さんが可愛い♡と密かに稔の人気が高まっております!私も負けずに頑張ります!

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください