はじめに・ご挨拶


▶プロジェクトリーダーのりーたんです。


私は香川県高松市在中、男の子2人の子育て中ママです。子育て中でも好きなことを仕事にしたいという思いでハンドメイド布小物を作りから始まり、現在では多世代交流ができる地域密着型のイベント運営、オリジナルアイデアを開発したり、きかざりMADE協会を設立し手作りの楽しさを伝える教室を県内に9カ所オープンしています。


▶プロジェクトサブリーダーのKoです。


私は高松市に住む高校2年生です。てんかん発作・自閉症スペクトラムがありヘルプマーク(※こちらは第5624913号東京都の商標登録です。以下略)を使用しています。ヘルプマークを付ける事で様々な葛藤を抱えていました。出来ることは自分でしたい!自分で出来ることを増やしたいと思っています。


▶プロジェクトをやろうと思った理由

Koちゃんのお母さんとお話している中で、「Koちゃん、ヘルプマークつけるの嫌がってるんよね。かわいそう、弱いって思われるのが嫌みたいで・・」と聞きました。
高校生という多感な時期、自分の事を自ら伝えること抵抗があったり、知られたくないパーソナルな部分もあることも理解できました。
しかしお母さんの「何かあった時に心配。助けてもらえないと命取りになることもある。」という親心もあることも理解できます。

(※こちらの写真は市役所で配布され、Koちゃんが実際に鞄に付けて使っているヘルプマークです。)

そこで、ふと思いついたのが「逆からのアプローチもあっていいんじゃない?」「助けてください!」じゃなくて「困った事あったら、手伝おうか?」みたいな。


「困ったときはお互い様だよ」と思えるものつくりませんか?


そう話したことがきっかけで、私はKoちゃんに会いに行く段取りをし、Koちゃんが学校の時はKoちゃんのお母さんと沢山の話を聞き、対話しました。

私も友人に相談しながら、想いを伝え意見を頂き
「a handマーク」が生れました。


メールや電話、対談などをなんども重ねてKoちゃんの想いを沢山聞きました。
出てきたアイデアを全部入れたい♡そんな欲張りな私たちです。



▶このプロジェクトで実現したいこと

ハイタッチをするようなイメージで、お互いの価値観を認め合い、差別や偏見を減らしたいと思っています。
傷害の有無に関わらず、困った時はお互い様だと思い、すぐに声がかけあえる関係の人たちが増えたらいいなと思います。



また、今回生まれた「a handマーク」がSDGsの取り組みとしても繋がれるようにと思っています。
全ての人が平等に社会に入れるよう、「a handマーク」の制作過程でも沢山の方の手によって作られています。
制作は子育てしながら外に働きに出れない方や、いろんな働き方を知りたい中高生の方、定年を迎え今後の楽しみを見つけたい方、などにご協力頂き、
自宅でも出来る簡単な作業、みんなで集まってコミュニケーションをとりながら制作予定です。

私たちの目指すSDGs
3.すべての人に健康と福祉を
8.働きがいも経済成長も
10.人や国の平等をなくそう
12.つくる責任 つかう責任
16. 平和と公正をすべての人に


▶これまでの活動や経験

プロジェクトリーダーのりーたんは、普段は子育て中のお母さんやモノづくりが好きな子供たちにクラフト教室を開いています。
子育て中のお母さんの悩みを聞くことも多く、その中で感じるのは近所の人など「人とのコミュニケーション」で悩んでいる方が多くいます。
また香川県では転勤族の核家族も多く、頼れる人がいない。私もその一人でした。
そんな時に「母親でもない、妻でもない、1人の人」として楽しめる場所が作りたいと思ったのがきっかけで、「mama★PLAZA」という居場所を作りました。手作り講座はもちろん、生活に役立つ講演会や、ネイルやマッサージなどの癒し体験を出来る場を作り、講師とママ達。参加されたママ同士。などを繋ぎ「一人じゃないよ」ということを感じれる活動をしてきました。


サブリーダーのKoちゃんは学校帰りにてんかん発作を起こし、大通りで意識を失い倒れてしまいました。
その時通りかかった学生が「ヘルプマーク」をつけていることを理解していて、裏側に記載されている通りの対応をしてくださいました。
その時に感じた「マークを理解していてもしていなくても自然と動ける」ということがどんなに有難く嬉しいことなのか知りました。
助け合うと聞くと弱者に向いてるイメージも、お互いが足りないところを「補う」関係や価値観を知ることで差別や偏見が少なくなるのではないか?と思い沢山の大人に話し、伝える機会を作ってもらっています。

そして私たちはKoちゃんのおかあさんを通じて知り合うことができて、これまでも2人のアイデアを出して作った作品もあります。
Koちゃんのてんかん発作で、急に倒れてしまうこと。その際に頭を打つこともあることから、専用の帽子を着用しています。
そちらも一般に販売されているものは、シンプルすぎてワクワクしないな~との話から帽子の上につけるカバーを作りました。ティーンエイジャーだもん!楽しみたいし、オシャレしたいじゃん!というKoちゃんの思いに共感し生まれたカバーでした。




▶資金の使い道

私たちはこのプロジェクトを通して皆様から応援して頂いた資金はチャームの材料費等が主で、今後香川県から全国へ発信していけるように、ホームページの作成料や、交通費にさせて頂きたいと考えています。
また支援金からクラウドファンディングの手数料にも使用させていただきます。


▶リターンについて

①1,000円 とにかく応援!!
お礼に心からのありがとうのメールを送らせていただきます。

②2,000円 とにかく応援!スペシャル
a handマークのチャームとお礼のメールを送らせていただきます。

③2,500円 お店、企業様向け
リターンのお品をラッピングの際にチラシ同封し、御社のロゴを掲載させていただきます。

④3,500円 りーたんselectグッズ
りーたんが普段お仕事として制作しているデニムバッグ(トートバックorショルダーバック)にa handマークのチャームセットで送らせていただきます。

③3,500円 Koちゃんの妹、飾り師Kiのグッズ
飾り師Kiのオリジナル曼荼羅~瞬花~アクセサリー(イヤリング、マスクチャーム、ストラップ)とa handマークのチャームセットで送らせていただきます。

④5,000円 Koちゃんの妹、飾り師Kiのグッズ
飾り師Kiのオリジナル曼荼羅~瞬花~原画(ポストカードサイズ)とa handマークのチャームセットで送らせて頂きます。

⑤10,000 Koちゃんの妹、飾り師Kiのグッズ
飾り師Kiのオリジナル曼荼羅~瞬花~原画(色紙サイズ)とa handマークのチャームセットで送らせて頂きます。

⑥15,000円 販売権利応援!
a handマークのチャームを自店舗でa handマークの販売していただけます。

⑦100,000円 ワークショップ座談会
私たちが企業や団体を応援し、企画イベントや講演会などを行います。


実施スケジュール

2022年11月 クラウドファンディング開始
2022年12月20日 クラウドファンディング終了
2022年1月中旬 リターン発送開始
2023年2月中旬 リターン配送完了予定
2023年2月下旬 ホームページ等立ち上げ全国へPR活動



▶たくさんの方々の応援で「a handマーク」が形となりました。

デザインロゴ協力 「ベリーペイントazalea様より」

ベリーペイントazalea 公式Instagram

初めてこの話を聞いて「デザインを描いてほしい!」と言われた時に、「楽しそう!ぜひ協力したい!」と思いすぐに思いついたのがこのデザインでした!
多様な生き方を尊重する時代の中で、性別、国籍、年齢など関係なく、1人として楽しく生きていきたい!そんな思いでデザインしました。この「a handマーク」が日本中で見かけることに期待しています☆


ネーム協力「Mrs.no☆name様より」

お話を頂いたときに「自分の経験が役立つなら」と思い協力させて頂きました。日本特有の義理人情に厚いところと、海外ならではのフランクな感じが混ざり「a hand」というワードを伝えました。
相手の立場や関係性など気にせず困ったときはお互い様と思える社会になればいいなと思っています。


撮影協力「cafe KitaraWA様より」

 cafe kitara.WA 公式Instagram

手助けや配慮が必要な人であれば誰でも使えるヘルプマーク。その存在すら知らなかった私。
助けてほしい人も助けてあげたい人も、
お互いに声を掛けやすくなるための取り組みに賛同し対談撮影場所を提供させていただきました。
いつの日か[ヘルプマーク]も、この[a handマーク]がなくても誰もが住みやすい平和で安全な世界になることを心から願っています。
kitara.WA  MAIKO



▶最後に

私たちはまだ経験も実績も浅いですが、私たちがこれまでに体験した事、感じた事、などの想いはとても大きくこれからの社会に、みんなが楽しく自分らしく暮らせるように役立つことだと思っています。
コロナ禍になり、さらに人との距離が出来てしまうと感じた事、相手の顔や表情がわからずコミュニケーションも遠慮がちになってしまう事。
その中で気づいた「おせっかいぐらいが丁度いい」事。
難しいことは何一つないと思っています。
相手がいて自分がいて。互いに尊重しあい、認め合い、補い合い。
そんな関係性の第一歩をぜひ皆様の応援で叶えたいと思っています。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2023/01/25 14:58

    こんにちは!プロジェクトリーダーのりーたんです★先日、リターン返礼品の第一弾を発送させていただきました(^^♪全国的に寒波がきて、配達が遅延するかもしれませんがご了承くださいそして現在1人の子育て中ママがこの「ahandマーク」の制作のお手伝いをしてくださっています!!「ahandマーク」が広...

  • 2023/01/12 17:41

    「ahandマーク」のチラシができました(^^♪gg今回のクラウドファンディングで学んだことの1つ。文字でどう伝えるか・・思いを伝えるのは難しいです。言葉だけでもなかなか難しい。そう思い宣伝用のチラシを作製しました★★こちらのチラシにはリターンで協力していただいた企業様のお知らせも入っておりま...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください