Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

コロナ禍だからこそ、中学生を対象にしたデジタルデトックスプロジェクト

キャンプファイヤー ふるさと納税のバッヂ

令和元年5月にWHOにおいて、「ゲーム障害」が新たな依存症として認定されました。ゲームやネットへののめり込みにより、学業成績の低下、不眠・昼夜逆転、運動不足など学校生活・日常生活に影響を及ぼすことに加え、アルコールや薬物、ギャンブル等の従来の依存対象と異なり、法や年齢の規制がないため、若年層からの適切な対策が必要となっています。

現在の支援総額
13,000円
支援者数
2人
募集終了まで残り
91日

現在0%/ 目標金額2,497,000円

0%
このプロジェクトはふるさと納税ポータルサイト「さとふる」に掲載されている、CAMPFIREがサポートしたプロジェクトです

※このプロジェクトの決済は、さとふるへ移動します。

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2022/12/28 23:59:00までに集まった金額がファンディングされます。

プロジェクト本文

実施理由/背景

ネット依存が疑われる中高生は急増しています。

厚生労働省によると、ネット依存が疑われる中高生は、平成24年の52万人から平成29年には93万人へと急増しています。
スポーツ庁の全国体力・運動能力、運動習慣等調査によると、前回調査に比べ、小・中学生の男女とも体力合計点が低下しており、学習以外のスクリーンタイム(テレビ、スマートフォン、ゲーム機等による映像の視聴時間)が長時間になると、体力合計点が低下する傾向が見られました。
本県において、18歳以上を対象に行ったゲーム・ネットに関する調査では、ネット依存の疑われる方の推計は、約3万人と試算され、アルコール健康障害やギャンブル等依存症の推計値を大きく上回る結果となりました。また、産まれたときからデジタル機器が身近な存在である18歳以下を除いた結果であったことを考慮すると、早急な対策が求められています。

プロジェクト内容説明

デジタルデトックスによりゲーム・ネット以外の興味の獲得につなげます。

【プロジェクト1】
日常生活でのゲームやインターネット利用を見直したい中学生を対象に、医療者によるゲーム・ネット依存に関する講義や他の参加者とともに行う火起こしや農作業体験などの自然体験活動等のプログラムを中心としたキャンプ(デジタルデトックスキャンプ)をみのぶ自然の里で開催し、現実世界での仲間の獲得や充実感を体験できるように取り組みます。
【プロジェクト2】
スクリーンタイムが長時間化する傾向にある中高生を対象に、運動を身近に感じてもらい、余暇時間の有効活用や過度なデジタル機器の利用を防ぐため、ロールモデルとなり得るインフルエンサーによる軽運動の紹介や推奨に関する発信を通じて、運動の習慣化を図ります。

目指すところ

ゲーム・ネット以外の興味を獲得し、日常生活の充実感につなげます。

デジタルデトックスキャンプの中で、寝食を共にする共同生活や他者とコミュニケーションを取りながらの共同作業等を通じて、参加者の自己肯定感の向上や仲間の獲得により、ゲームやネットの仮想世界ではなく、現実世界の充実感につなげゲーム・ネット以外の興味の獲得につなげます。
中高生が興味を持てるようなヨガやストレッチなどの軽運動を発信・推奨することにより、運動時間や運動機会の増加につなげ、運動習慣を身につけることで心身の健康増進に寄与します。

寄付の使い道

寄付金は、デジタルデットクスキャンプの運営やインフルエンサーを活用した運動プロジェクトの委託料として活用させていただきます。
具体的内容としては、(1)中学生のキャンプ料(宿泊代及び食事代)、(2)キャンプ講師謝金、(3)キャンプ材料費、(4)キャンプ活動保険料、(5)インフルエンサー謝金、(6)啓発動画作成料などに支出する予定です。

自治体からのメッセージ

御支援いただく皆様へ

この度は、デジタルデトックスによるゲーム・ネット依存対策に興味、関心を持っていただきありがとうございます。
現代は、ほぼ全ての人がインターネットを利用する時代であり、デジタル機器による連絡、ニュースなどの情報の取得、ゲーム利用、動画視聴や買い物など日常の生活必需品となっている中で、のめり込みを防ぐための対策が必要となっています。
デジタル機器に頼らない余暇時間の有効な活用方法や現実世界の充実感の獲得につながる取組に活用させていただきたいと考えております。どうぞ温かい御支援をよろしくお願いします。

事業スケジュール

令和4年7月~:デジタルデットクスキャンプ募集開始(県内各中学校へ教育委員会を通じて周知)
令和4年8月:デジタルデトックスキャンプ(メインキャンプ)の開催
令和4年9月~:インフルエンサーによる軽運動の発信・推奨
令和4年11月:デジタルデットクスキャンプ(フォローアップキャンプ)の開催

デジタルデトックスキャンプについては、生徒の夏期休暇を利用し、8月にメインキャンプを、メインキャンプ以降の生活の振り返りも含めたフォローアップキャンプを11月に開催します。
インフルエンサーによる軽運動の紹介・発信については、8月頃から発信する軽運動の内容について検討し、9月から軽運動の発信・推奨を開始します。

【寄付に関する注意事項】
目標金額に到達しなかった場合の寄付金の返還はございません。
目標金額に到達しなかった場合、お預かりした寄付金は自治体内で使い道を検討し、自治体が取り組む各種の事業に活用させていただきます。
目標金額を超過した寄付金の取扱いについては、各自治体の判断となります。
また、クラウドファンディングの目標金額到達前に、自治体またはさとふるの判断により、寄付の受付を停止する場合があります。あらかじめご了承ください。
お礼品をお受け取りいただける金額以上の寄付であり、且つ、お受け取り辞退のご希望がない場合は、目標金額到達の如何を問わずお礼品をお受け取りいただけます。
サイト上で表示される寄付金額の数値は、入金が確認できた寄付金の合計となりますため、即時反映されるものではないことをご了承ください。
受付終了後に入金が確認できたものについては、受付終了後に数字を更新いたします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください

ふるさと納税を通じて地域に火を灯していきます

CAMPFIREは、「好きな地域を応援する」という
ふるさと納税の本質に立ち返ります。
事業の取組や背景、関わる職員たちの想いを形にし、集まった支援金の使いみち、まちのビジョンやミッションを
明確にして、地域の魅力や地場産業を掘り起こして健全なふるさと納税を再構築していきます。
ふるさとを応援したい、あなたの思いに応えるための
クラウドファンディングプラットフォームがここにあります。