ロクディムの『即興芝居×即興コメディ』の面白さや魅力を一人でも多くの人に知ってほしいという想いから、東京のみで行ってきた『単独ライブ』を全国の劇場・ホールへ届けるロクディム全国縦断ツアー「RAINBOW TOUR2018」を開催します。

プロジェクト本文

▼自己紹介

はじめまして。即興芝居×即興コメディ集団「ロクディム」のカタヨセヒロシです(写真右から2番目)。 僕たちは「即興」で「芝居・コメディ」を行う「即興パフォーマンス」を日本各地で展開している男6人グループです。

2008年に結成、これまで26都府県で活動を行なっており、今年がちょうど結成10週年を迎えます。

 今回のプロジェクトで実現したいことや、これまでの活動内容を文章にしました。
少し長くなってしまいますが、しばしお付き合いください。

~~~目次~~~

1. ご挨拶「ロクディムの活動内容と特徴」

2. プロジェクトの目的 「東京単独ライブを日本各地で実施したい」

3. プロジェクトをやろうと思った理由「即興芝居の可能性」

4. 資金の使い道・使用用途

5. ロクディムの公演の感想


6. テレビやメディア出演

7. 出会いと繋がり、そして、これからの未来

8.そのためにプロジェクトを成功させたい

9.リターンの紹介

10.注意事項

~~~~~~~

▼活動内容

「即興芝居×即興コメディ」という言葉通り、通常のお芝居や演劇にあるような「台本」や「あらすじ」はありません(用意しません)。「即興」で「その場」で演じながら「芝居・物語」を紡いでいく公演・ライブ活動を行っています。

僕たち出演者も、観客の皆さんも、「先がどうなるか分からない」という同じスタートラインに立って、この先どうなるんだろう?をリアルタイムで想像&創造しながら体験・目撃・楽しんでいきます。

想定外のことが起こり(ハプニングし)、会場が大爆笑に包まれることもあれば、誰も望まない方向へ展開してしまい客席から「えぇ〜!」という声があがったりすることもあります。

未来に何が起こるか分からないからこそ、自分たちが望む未来を前向きにクリエイトしていこう、そんな想いをこめて「この瞬間を一緒に笑おう」を合言葉に活動をしています。

 

▼公演特徴

観客参加型の公演体験「この瞬間を一緒に笑おう」

ロクディムの公演の特徴のひとつは「観客参加型」ということです。
公演が始まる前にロクディムのメンバーが客席を周りながら「大切な人へ伝えたいひと言」「今だから言える両親への言葉」などのお題が書かれた紙を配り、会場の皆さんに「ひと言」を書いてもらいます。その言葉が本番中の「タイトルや台詞」になり、即興芝居の「大切な要素」になっていきます。

即興で演じ、紡がれる物語に、会場の皆さんの言葉=想い・思いが加わり、舞台と観客が「見る、見られる」というふうに「分断」されるのではなく、正に今起こったことを一緒に目撃し・楽しんでいきます。舞台と観客が一緒になって未知なる未来を楽しむ。それはその場・その会場にいる人としかつくり得ない特別な瞬間が詰まった公演体験です。

 

▼東京のみで行っていた「東京単独ライブ」を日本各地で実施したい

これまでロクディムは、主に2種類の公演を行ってきました。

 

 

[1]ロクディム東京単独ライブとは?

「ロクディム東京単独ライブ」は東京のみで行ってきた単独ライブです。劇場空間・設備だからこそできる即興表現を追求・チャレンジするロクディムを120%楽しんでいただける公演です。

ロクディム6人全員集合した中で生み出される「想定外の物語」、そこに即興音楽のBGM(劇伴)が入って感情がぐっと動いたり、即興照明が入って空間をドラマチックに演出したり、舞台装置を使って想像力で遊んだり…。

かけがえのない「この瞬間」を、ロクディムや音楽家や照明家の真剣勝負の遊び合いを一緒になって目撃し、楽しむ!
それが「東京単独ライブ」です。

 

[2]ロクディム・ジャパンツアー・プロジェクトとは?

一方、出演者の声や表情が届いて、観客の皆さんが集まれるスペースがあれば、機材や設備が整っていなくてもその場所や空間に応じた公演ができるのが即興パフォーマンスの特徴のひとつです。

このフットワーク軽く公演ができる特徴を活かし「日本全国へ即興芝居×即興コメディを届けよう!」と企画したのが「ロクディム・ジャパンツアー・プロジェクト」です。

2010年末、共同主宰である渡猛(わたりたけし)と共に企画し、2011年4月に東日本大震災をきかっけに僕カタヨセヒロシの地元でもある福島からスタート、これまでに26都府県で実施しています(目指せ47都道府県)。

ライブハウスやカフェ&バーや居酒屋などの飲食店、神社やお寺や参道、地区の集会所や建物跡地、日本各地の芸術祭や演劇祭、各種学校や児童館、とある重要建造物や商店街やビルの屋上、駅の待合室や普通のお宅のリビングまで、様々な場所でライブを行っています。

 

▼ロクディム×音楽×照明の「即興120%」の体験を届けたい

ジャパンツアー・プロジェクトでロクディムを見てくださった日本各地の皆さんから、よく言われるのが、

「ロクディム6人揃ったのが見たい」

という言葉です。
6人揃って日本各地へ行こうとすると、移動交通費だけでなく宿泊なども必要になってきますし、音楽家や照明家と一緒に公演をしようとすると更に…ということで、資金の問題で開催が難しかった面もありましたが、ロクディム結成10周年となる今年、ロクディム6人が全員集合して、即興音楽と即興照明が融合するシアター空間だからこそできる「即興パフォーマンス」を日本各地で楽しんでいただきたい!そう考えて、決めました。

 

 

▼ロクディム全国縦断ツアー『RAINBOW TOUR 2018』を行ないます!

東京・大阪・仙台・大分の4都市5会場で「ロクディム全国縦断ツアー『RAINBOW TOUR2018』」を開催いたします!

・劇場空間だからできる公演体験を届けたい
・即興に触れてもらうことで「生きることの喜びや嬉しさ」を体感してもらいたい
・そのために、全国縦断ツアーを開催しよう!

このツアーをきっかけに、日本各地でロクディムの即興に触れてもらう機会をつくり、観て楽しんだり、体験して気づいたりする環境を多くの人へ届けたいと考えています。

 

 

▼即興芝居の可能性

これまで正解とされていたものがどんどん変化し、これから来るであろう未知なる未来に対して、僕たちはどんな生き方を選ぶのでしょう。

失敗を恐れずに自分で行動し自分の望む未来を作ろうと行動していくことの重要性、自分と他者の違いを当たり前に受け止め、受け入れることのできる柔軟性や多様性。
即興芝居において大切なことがたくさんあります。

ロクディムの即興は、いい物語をつくることよりも、いいやり取り・関わりをすることを大切にしています。自分を表現すること、それが相手に伝わること。相手が表現をすること、それを自分が受け取ること。誰かと一緒に何かをやること、それがまた別な人へ伝わること。

正解を求めて失敗を避けるのではなく「自分は今の相手とどう関わるか?関わりたいか?」を大切にすることで、お笑いやコントとは違ったやりとり、関わり方がうまれ、ちょっと違った面白さ、楽しさ、嬉しさを感じてもらっているようです。

これまでの活動の中で、日本各地の色々な方と出会い、お話をさせていただきました。

 

 

そういう言葉の数々が、僕たちの活動のひとつの自信になり今回のプロジェクトのきっかけになりました(出会ってくれた皆さんのおかげです)。この小さな自信を大きな勇気に変えて、即興の楽しさや嬉しさ、喜びや奥深さを知ってもらったり体験してもらう機会を、日本各地へ虹をかけるように届けたいのです。

ロクディムの「即興芝居」を通じて、「生きることの喜びや嬉しさ」を体感してもらえたら嬉しいです。 ジャパンツアー・プロジェクトとは違う、劇場・ホールをめぐる全国縦断ツアーを成立させるため、皆さんのお力をロクディムに貸してください。

 

 

これまで東京で行なってきた単独ライブの形式を各会場(東京・大阪・仙台・大分)で実現させるため、

・即興のシーンに応じて音楽を奏でてくれる即興音楽家、シーンの雰囲気や世界観を照らす即興照明、舞台撮影のカメラマン等の出演料・スタッフ料(¥560,000)

・即興の舞台の可能性を広げるための舞台装置制作費(¥300,000)

・公演にかかわるメンバーの交通費や宿泊費などの諸経費(¥250,000)

・今ツアーに関連した企画として各地での事前ワークショップを実施したり、今後の活動のための広報資料作成などの費用(¥100,000)

に充てさせていただきます。

 

 

▼ロクディムの公演の感想

─公演アンケート・感想の声より─(2017年11月に実施した東海ツアーより) 

 

 

▼ロクディムの活動を広く知ってもらったNHKスマイルキャラバン

2014年NHKスマイルキャラバンに参加・出演し、宮城県・気仙沼条南分館での公演、岩手県・陸前高田市立気仙中学校での公演とワークショップを実施しました。 その模様がNHK総合で放送され、多くの人にロクディムの活動を知ってもらうきっかけとなりました。

 

▼色々なメディアを通して即興芝居を知ってもらいたい

また、テレビ東京で放送された「タカトシの涙が止まらナイト」「泣ける即興芝居」として出演。トシさんから「即興芝居はすごかったですね」とコメントをいただきました(DVDに収録されています)。

2016年には東海テレビ「みんなのニュースOne」で公演の様子を紹介していただきました。また、テレビ神奈川「年末特番『おまえテレビでてるってよ!!』」ではロクディムの活動に密着、福島県・いわき市での公演の模様が放送されました。

2017年はNHK名古屋の昼の生放送番組「さらさらサラダ」に出演し、即興芝居をテーマにフリートーク&即興芝居の実演も。より多くの人へ即興芝居を知ってもらいたいと各種メディア媒体へ出演しています。

→【主なメディア出演】NHK(2014,2017)、テレビ東京(2013)、テレビ神奈川(2016)、東海テレビ(2016)その他、ラジオや新聞や雑誌、フリーペーパー等

 

▼少しずつ、でも、着実に広がってきた活動と出会い

そうした活動を全国各地で行う中で、たくさんの方との出会いがありました。
「ロクディムを紹介したい」「友達や子どもに見せたい」と言ってくださる方の想いが形となって、日本各地での公演へと繋がり、そこから学校でのワークショップ・学校公演へと繋がったりしています。
これまで26都府県で公演&ワークショップを開催することができました。公演としては203回、ワークショップとしては学校・企業・一般向け合わせて100回実施しています。

 

▼即興芝居を知ってもらうために

その他、教育機関・企業を対象とした研修・ワークショップ講師や講演活動を行っています。また、ロクディムのWebサイトでは、様々な業界の方と即興をテーマに対談し発信するコンテンツを連載する等、即興表現の幅広い実践と普及に務めています。
ロクディムWebサイトはこちらから

 

▼この瞬間を一緒に笑おう。

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます!(長かったと思います)
ロクディムの即興芝居×即興コメディの公演&ワークショップをより多くの人に知ってほしい!届けたい!そのために、ロクディム全国縦断ツアー「RAINBOW TOUR 2018」を実施します。

 

 

 

これまでジャパンツアー・プロジェクトで訪れたり、ワークショップ等で出会った皆さん、人づてで知ってくださったり「ロクディムのYouTubeで見たことあるよ〜!」という方、これまで全く知らなかったけど、今回のプロジェクトで知ってくださった方、本当にありがとうございます!

そして、もっともっと多くの方へ、ロクディムや即興芝居というものに触れてもらいたいと思っています。

そのために「RAINBOW TOUR 2018」を実施します。その資金を集めたいと考えています。
(実施は決まっているので目標金額に届いても届かなくても実施します)
今回は「オールイン方式」となっており期限までに集まった金額がファンディングされる形となります。

また、このプロジェクトがひとつのきっかけとなって、ロクディムやその活動を多くの人に知ってもらえたら本当に嬉しく思います。

皆さんの想いと一緒に、全国縦断ツアーへ臨んで参りますので
よろしければ、ご支援・ご協力、よろしくお願いいたします!
以下にご支援いただいた方への「リターン」をまとめましたのでぜひご覧ください!

 

ロクディム共同主宰 カタヨセヒロシ 拝

 

 ご支援いただいた方へ以下のリターンを用意しました。

▼ ¥3,000リターン①「シンプルに応援!」

・メンバーからのお礼の手紙
・「ロクディム道中記」にお名前をクレジット

▼ ¥3,500リターン②「オリジナルステッカー」×50組

・メンバーからのお礼の手紙
・「ロクディム道中記」にお名前をクレジット
・RAINBOW TOUR 2018 オリジナルステッカー(A6サイズ)
※このオリジナルステッカーは「RAINBOW TOUR 2018」各会場でも販売いたします(500円)

 

▼ ¥3,500リターン③「オリジナルクリアファイル」×50組

・メンバーからのお礼の手紙
・「ロクディム道中記」にお名前をクレジット
・RAINBOW TOUR 2018オリジナルクリアファイル(使いやすいA4サイズ)
※このオリジナルクリアファイルは「RAINBOW TOUR 2018」各会場でも販売いたします(500円)

▼ ¥5,000リターン「オリジナルステッカー&オリジナルクリアファイル」×50組

・メンバーからのお礼の手紙
・「ロクディム道中記」にお名前をクレジット
・RAINBOW TOUR 2018 オリジナルステッカー(A6サイズ)
・RAINBOW TOUR 2018 オリジナルクリアファイル(使いやすいA4サイズ)
※上記「オリジナルステッカー」と「オリジナルクリアファイル」がセットになったものです

 

▼ ¥5,000リターン「ロクディムTシャツ」×10組

・メンバーからのお礼の手紙
・「ロクディム道中記」にお名前をクレジット
・ロクディムTシャツ(以下13種類から1つをお選びいただけます)

※サイズはXS(レディースM)、SMLXLからお選びください。
※ご支援時に、Tシャツの希望タイプ、サイズを備考欄にご記載ください。
※先着順でお選びいただきます。在庫状況によって選べるTシャツの種類・サイズが限られる場合があります。予めご了承ください。

 

 

▼ ¥5,000リターン「選べるロクディム・ライブDVD」×10組

・メンバーからのお礼の手紙
・「ロクディム道中記」にお名前をクレジット
・選べるロクディム・ライブDVD(2種類から1枚)

 

▼ ¥10,000リターン「RAINBOW TOUR 2018『ロクディム道中記』」×100組
【★クラウドファンディング限定品★】

・レインボーツアーを通して、ロクディムが見た風景や感じたことなどを写真&文章でまとめたファンブック。
・それぞれのツアーの模様やオフショット、活動報告などここでしか見れないロクディムをぎゅっと詰め込んだ1冊。さらにロクディム全員のサインが付きます。
・メンバー直筆のサイン付き「RAINBOW TOUR 2018 ロクディム道中記」(A5サイズ40頁予定)
・メンバーからのお礼の手紙
・「ロクディム道中記」にお名前をクレジット

 

▼ ¥30,000リターン「RAINBOW TOUR 2018 各会場のフリーパスチケット」×5組
【★クラウドファンディング限定品★】


1名様分のお席を全会場、全公演でご利用いただけます。
ご購入された方が楽しむだけでなく、遠くに住むお友達にロクディムライブをプレゼントしたい場合は、フリーパスの権利をお友達にシェアすることも可能です。
※席数の都合上、事前にチケットご利用の連絡は必要です。(CAMPFIREの規約上、クラウドファンディング募集期間中となる浅草九劇での公演は対象外となります。ご了承ください。)
※会場までの交通費は別途必要になります。
メンバーから心を込めてお礼の手紙をお届けします。
「ロクディム道中記」にもお名前をクレジットいたします。

 

▼ ¥300,000リターン「ロクディムのワークショップor公演開催」×1組


・ロクディムのワークショップorライブ開催できる権利です。
メンバーから心を込めてお礼の手紙をお届けします。
「ロクディム道中記」にもお名前をクレジットいたします。
(国内ならどこでもロクディムのワークショップ、またはライブが開催できる権利です。場所・地域によって人数に変動があります)
※交通費、講師料・出演料が含まれた金額です。会場費が別途必要になります。

 

 

▼お届け時期

◇「ロクディム道中記」に関しましては、ツアー終了後2019年1月〜2月を予定しております。
◇ワークショップ・ライブのリターンは、開催時期、開催場所、参加人数など打ち合わせ後の開催になります。
◇それ以外のリターンに関しましては入金後、2週間程でお届けできる予定です。 

▼注意事項

◇全てのリターンは税込み、送料込みの価格です。
◇複数のご支援も可能です。
◇キャンプファイヤーの仕様上同時決済はできませんので、個別のリターンを都度お申し込み下さい。
◇お申し込み後のリターン変更は出来ません。

  • Mainvisual 001.gif?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    いよいよ今週末、大阪・梅田@HEP HALLです!!!

    2018/10/10 21:47

    ロクディム全国縦断ツアー「RAINBOW TOUR2018@HEP HALL」、 10月13日(土)、14日(日)に本番を迎えます。 ここから東京、仙台、大分と続くツアー。 大阪公演前日にはロクディムメンバーとのワークショップも予定しております。 観て楽しむと共に、体験して「即興芝居×...

  • Des メインビジュアル 0508 005
    活動報告

    各公演ごとの特設サイトができました!

    2018/09/27 16:43

    ロクディムの小田篤史です! 気がつけば季節が変わり、服装も半袖からあっという間にジャケットを羽織る季節に。 そして、いよいよレインボーツアー2018の本番も近づいてきました。 各会場それぞれ違った環境、ゲストとのやりとりがあり、照明の演出も変わっていきます。 そして、公演ごとの特設サイ...

  • 0815jpeg.jpg?ixlib=rails 2.1
    活動報告

    チケット発売中です!!

    2018/09/04 14:11

    【ロクディム全国縦断ツアー「RAINBOW TOUR 2018」チケット販売中です!】 6月にツアー第1弾浅草九劇での公演を大盛況で終えて、ツアー再スタート。10月に大阪・HEP HALL、東京調布・せんがわ劇場、11月に宮城仙台・せんだい演劇工房 10-BOX、大分・J:COM ホルトホー...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください