<感謝のご報告>2022.12.19

多くの皆さまの応援のおかげで、目標金額の200万円を達成することができました。
本当にありがとうございます。
このプロジェクトのもう1つの目的に、より多くの人に「こんなミュージカルがあることを知ってほしい!観てほしい!!」という強い想いがあります。

クリエイティブスタッフと俳優の力が結集して生まれた今回の作品はもちろんですが、
障害のあるエンターテイナーがいること、知的障害のある俳優たちが、魂を揺さぶる演技ができることを知っていただき、なんで世に出ていないのだろう?なんで知られていないのだろう?ということも知ってほしい。そんな思いもあります。

このような理由から、Next Goalは「支援者を150人集める」ことにさせていただきました。

皆さまのお力をいただき、このプロジェクトを盛り上げることで、1人でも多くの人の心に、ミュージカル「塔の外のランウェイダンス」が届くように、一緒に作り上げていければ嬉しいです。
最後まで駆け抜けますので、引き続きよろしくお願いいたします!

--- 以下、開始時の本文です ---

「塔の外のランウェイダンス」は、知的に障害のあるタレントを育成・マネージメントをしているアヴニールが世に投げかける作品です。各方面で活躍しているクリエイティブスタッフ、俳優が結集し、知的に障害のある主人公たちの苦悩の物語を、実際に障害のある俳優たちと作り上げた渾身のミュージカル作品です。

知的障害者キャスト25名

身体障害者キャスト6名

全員がプロのエンターテイナーです!!

主人公をはじめ、障害のあるプロの俳優が、多数出演するミュージカル!!

主人公の祖父役として西岡德馬さんが出演

主人公の従姉妹役として、元AKB48・後藤萌咲さんが出演

他、多数の俳優が出演

ミュージカル「塔の外のランウェイダンス」ホームページ



■あらすじ

障害のある人たちが務める被服作業所で働く22歳の未来は、祖父であり作業所の所長でもある俊太郎(西岡德馬)と二人暮らしをしている。ある日、未来の従姉妹である明日香(後藤萌咲)がやってきて、しばらく一緒に暮らすことになる。知的障害と向き合いながら生きる未来(実際に知的に障害のある女優、松下奈津希)と、人生の壁にぶつかって葛藤する明日香。二人の交流物語を通して、現実と理想の狭間で揺れ動きつつ、それでももがき抗うことの美しさを丁寧に描いたミュージカル作品です。

試着室ダンス 〜ミュージカル「塔の外のランウェイダンス」MV〜

囚われの姫たち 〜ミュージカル「塔の外のランウェイダンス」MV〜


■当事者にしかできない表現の可能性を切り拓く

1996年カンヌ国際映画祭で、ダウン症の俳優パスカル・デュケンヌさんが主演男優賞を受賞しました。

そこから15年以上経って、日本ではようやく障害のあるエンターテイナーが注目され始めました。

「障害のある役を、障害者が演じるリアリティ。」

「塔の外のランウェイダンス」では、障害のある役を、実際に障害のあるプロのエンターテイナーが演じます。

日本のエンタメ業界に革新を起こす作品になるに違いありません。


■一流の俳優と知的・身体に障害のある俳優が一つの舞台に立つ初の試み

「塔の外のランウェイダンス」には、多くの作品に出演し俳優として活躍する⻄岡德馬さん・後藤萌咲さんが出演します。アヴニールプロダクションに所属する知的障害キャストのほか、一般オーディションによって選出された車いす俳優(新人)、聴覚障害のダンサー俳優、車いすモデルたちとともに、一つの作品を作り上げることは、これまでのエンタメ業界では成し得なかったまさに初めての試みです。

アヴニールプロダクションホームページ


■「心をわしづかみにされたエンタメ」  プロデューサー 田中康路(たなか・やすゆき)

2008年、当時携わった舞台に知的障害者が立っていました。その表現力に衝撃を受け、そのときに感じた可能性が、全てのきっかけです。障害のあるキャストが演じる姿に、大きな衝撃を受けたと同時に、表現者としては、まだまだ原石の状態だと感じました。やがて、それを磨いていき、プロのエンターテイナーとして育て上げたらどうなるだろうか…そんな未来図をひとり思い描き、実現に向け活動を始めました。しかし、その思いを実現していく途中で、私は大きな壁にぶち当たりました。

実際の日本のエンターテインメント業界は、お世辞にも、障害のあるエンターテイナーを受け入れる状態ではなかったのです。

それならば、自ら発信しよう。

そんな思いから、各方面で活躍中のクリエティブスタッフ、俳優の皆さまの力が結集し、他に類のないミュージカル作品が生まれ、2022年、本公演にたどり着きました。

が、しかし!

魂を賭けて作ってきた公演がコロナの影響で延期になってしまいました。

主要な出演者をはじめとする出演者、スタッフに感染が拡大し、8月7日公演本番の一週間前に、やむなく延期を決定いたしました。

この公演を、何とか実現させて、彼ら・彼女らが生み出すものを見ていただき、感じていただきたいのです。

アヴニールの軌跡Vol.2 〜ダウン症のイケメン、あべけん太誕生〜田中代表インタビュー

アヴニールの軌跡Vol 3 〜ドラマ撮影とオーディション秘話〜田中代表インタビュー

アヴニールの軌跡Vol 4 〜アヴニールプロダクション設立〜田中代表インタビュー


コロナの影響で延期になった公演の開催を実現する!!

このミュージカルに、作業所に務める知的障害者の役として出演するのは、全員、実際に障害がありながらプロのエンターテイナーとして活躍する俳優やタレントたちです。

映画、ドラマ、テレビ番組、舞台、ショーなどで、障害者役として出演し、毎週芸能レッスンを受けながら、今回のミュージカルに臨んできました。

また、事故で車椅子生活となった青年役として、ストーリーと同じく、事故で車椅子生活を送るYouTuberが、今回、ミュージカルに初挑戦します。

また、作業所の職員として働く2人の女性は、それぞれ四肢障害、聴覚障害がありながら、プロのタレントとして活動しています。

物語の終盤に、障害者モデルを起用したファッションショー(ランウェイダンス)が行われますが、そこに出演する障害のあるモデルは、全員、プロのモデル、エンターテイナーです。

このように、実際の設定の中に31名もの、プロの障害者が出演するミュージカルは、今までどこにもありません!

この革命的な作品を実現させるために、ぜひ皆様のお力をお貸しいただきたいです!!



【角川裕明 Kakukawa Hiroaki】

皆様こんにちは。本作品のクリエイティブプロデューサー、及び演出をさせていただく角川裕明と申します。
この作品の中に「諦めることを受け入れるしかできないなんて、やっぱ嫌だよ。」という台詞があります。まさにこの作品が皆様に伝えたいメッセージの一つです。
生きていく上で、我々の前には常に何かしらの障害が立ちはだかります。それは、人間関係上のもの、環境がもたらすもの、そして、自身の身体に関係するものもあるでしょう。それらの障害をどう受け止め、どう乗り越えていくのか、あるいはどう共存していくのか。その選択こそが己の人生を豊かにできるかどうかを決めていくのではないかと思っています。そしてそれは新型コロナウィルスという脅威に対しても同じことが言えるのではないでしょうか。
奇しくも「諦めることを受け入れるしかできないなんて、やっぱ嫌だよ。」というメッセージを持った本作品が、新型コロナウィルスの影響で「諦めることを受け入れるしかできない」状況に陥りそうになりました。
予定通りに公演をすることができない。。でも、そこでただ諦めてしまったら、この作品に込められたメッセージ自体が嘘になってしまう。
そこで我々は、急遽、公演のできなくなった劇場で、ミュージックビデオを3本撮影することに決めました。そして、劇場から、インスタグラムやYouTubeで、作品に関しての配信をすることも決め、通常では考えられない準備期間ではありましたがなんとか実行することができました。そして世の中に『塔の外のランウェイダンス』という作品の足跡を残すことができました。
しかし、本当の意味で「諦めることを受け入れるしかできないなんて、やっぱ嫌だよ。」のメッセージを実行するには、やはりあらためて本公演を行うべきではないか。。。だから。私たちは本作品の延期公演の実現に向けて進んでいくことを決めました。本作品に込められたメッセージを嘘偽りなく伝えるためにも。本作品のメッセージに励まされながら。本作品のメッセージを皆様の心に直接届けるために。目の前の障害をなんとか乗り越えて、さらに成長したキャストたちのランウェイダンスをお届けしたいと思います。どうか応援のほど、よろしくお願いいたします。

クリエイティブプロデューサー/演出
角川裕明



資金の使い道

会場費 50万円

セット保管 50万円

追加稽古費用(会場・ギャランティ)50万円

スタッフギャラ 50万円


●リターンのお届け

2023年2月末より


●公演開催

2023年10月〜11月のうちの土日祝日のいずれかの日に、全2回公演


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


後藤萌咲デザインの「塔ラン」Tシャツ(後藤萌咲サイン入り)

「塔ラン」3曲収録のCD(作品内全16曲中)

「塔ラン」3曲収録のミュージックビデオ DVDorBD(作品内全16曲中・後藤萌咲さん動画メッセージ入り)

「塔ラン」本番を収めた DVDorBD

「塔ラン」延期公演チケット

HPロゴ掲載


私の活動に、障害のある方たちを支援しようとか、社会に貢献しようとか、そういう意味合いはありません。

単純に私はエンターテインメントが大好きで、知的に障害のある人たちが生み出すエンタメに心を揺さぶられて、その激しい衝動からアヴニールが誕生し、今日まで来ました。

そして、知的に障害のあるキャストたちと同じ方向を向いて、世界の皆さまに喜ばれるエンタメや、エンターテイナーを作ることを目標としてきました。

私は、知的に障害のある彼ら彼女らと向き合うというよりも、同じ方向を向いているという感覚が強いです。

また、障害のある彼ら彼女らのために活動しているのではなくて、エンターテインメントを求める世の中のために、彼ら彼女らと一緒に歩んでいます。

でも、どうしても、私たちが運営しているプロダクションの特性上、知的障害や、それに伴う社会問題に取り組んでいると思われがちです。

そうではないのです!

日韓関係を良くする目的で韓流ブームが起きたわけではないですよね?

衝動が起こり、エンタメを楽しんだだけのはずです。

つまり、そういうことです。

だから私は、

彼ら、彼女らが生み出すものを見ていただき感じて欲しいのです。

最高のエンタメを届けていきます!


エグゼクティブプロデューサー 田中康路



チーム/団体/自己紹介・活動実績など

2017年5月10日「株式会社AVENIR」設立

代表者は田中康路(たなかやすゆき)

各種メディアにおける企画製作

タレントやヘアメイクアーティストなどのマネージメント

芸能事務所経営

芸能スクール業 他を運営する。


日本で唯一の知的障害者専門の芸能プロダクション「アヴニールプロダクション」を運営。

約30名の知的に障害のあるエンターテイナーが所属。

アヴニールスクールでは、様々な障害を抱えながらプロのエンターテイナーを目指す若者の育成を行う芸能コース、障害がありながら、エンターテインメントを楽しむ生徒のためのカルチャーコースなどがあり、50名程の生徒が在籍している。


2023年ミュージカル「塔の外のランウェイダンス」延期公演に向けて始動。

  • 2022/12/29 11:00

    11/25からスタートしたクラウドファンディングは昨日12/28に終了となりました!結果報告をさせていただきます。目標金額 200万円支援総額2,578,000ネクストゴール支援者数150人支援者数156人多くの皆さまのご支援と拡散のご協力のおかげで目標金額・ネクストゴールの支援者数150人両...

  • 2022/12/19 16:27

    皆さまのあたたかいご支援と拡散のご協力により、無事に目標金額を達成することができました!!!!!心より感謝申し上げます。本当にありがとうございます。2023年10月29日(日)の延期公演開催に向けキャスト・スタッフ一同、皆さまのご支援に精一杯お応えできるよう尽力して参ります。日本でのパラリンピ...

  • 2022/12/17 19:11

    目標金額達成!!!ミュージカル「塔の外のランウェイダンス」の延期公演実現のために挑戦中のクラウドファンディング。本日目標金額を達成いたしました!本当に本当にありがとうございます!これも全て、ご支援くださった皆さま拡散のご協力をしてくださった皆さまのおかげです。皆さまのお気持ちに応えられるよう作...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください