AIR GRILL(エアグリル)はファミリーサイズBBQグリルの悩み「重くてかさばる」を解消! 極限までミニマルな構造にしたことで、広い焼き面積を確保しながらも「軽量さとスリム収納」を実現した次世代のBBQグリルです。


BBQのこんな悩み


キャンプ、海、お花見、音楽フェスなど家族や仲間と集まってするバーベキューはとても楽しいもの! でも準備や後片付けでこんな不便な思いをしたことはないですか? だから・・・

「もっと軽くてコンパクトなBBQグリルが欲しい!」

次世代BBQグリル誕生

広い焼き面積を持ちながらも、軽くて持ち運びに優れたBBQグリル」をコンセプトに開発をスタート。設計→試作→実験→改良を何度も繰り返し、ついに全く新しいデザインのBBQグリル「AIR GRILL」が誕生しました。

無駄を省いたミニマルなデザイン

構造を1から見直したことで、一般的なBBQグリルとは大きく異なる、ミニマルなデザインとなりました。

シンプルな構成パーツ

極限まで無駄を削り、パーツをできる限りシンプルにしました。軽量さや洗いやすさにつながっています。

スリムなのに丈夫な構造

薄いプレートを湾曲させて固定することで、硬性が大幅アップし、折れ曲がることなく火床をキープします。

燃焼効率を高めるロストル


下から空気を入れるロストルが燃焼を促進。ロストルは本体プレートの3倍の厚さのステンレス板を使用し、耐久性を高めています。

簡単な組み立て

画像キャプション

組み立て方法はとても簡単。脚のフレームは一体型となっており、両手で開くだけ。従来のように1本1本パイプをねじ込む手間は不要です。1分もかからず組み立てが完了します。

調理に適した面積と高さ
外見スリムでも変わらない網の面積

従来のグリルと比べてみると、AIR GRILLはシンプルな外観のため小さく見えますが、焼き網の面積は同じ60×30cmサイズです

食材がたくさん載せられるので、ファミリーやグループなど4〜7人利用時もゆとりをもってBBQが楽しめます。

調理しやすい高さ

高さも従来のBBQグリルと同じ70cm。一般的なテーブルと同じ高さです。

立ったまま長時間BBQ調理しても、腰への負担が少ないのが嬉しいポイント。

ファミリーや友達に美味しいBBQ料理を振る舞えます。

驚異のスリム収納

AIR GRILLは極限までミニマルなパーツで構成されており、折り畳み時は平均2.5cmで驚くほど薄くなります。M1 MacBook Airと比べてもこの通り。

車への積み込みが楽々

ラゲッジスペースにゆとりがなくても大丈夫! AIR GRILLなら簡単に積み込むことができます。今まで積載スペースがネックになってアウトドアを敬遠してた方も、BBQがもっと身近になるはず。

軽ワゴンでも気軽にアウトドア

軽ワゴンの狭いラゲッジルームに悩んでいた方はいませんか? AIR GRILLなら余裕を持って積み込みできるので、ぜひアウトドアに出かけてみてください。

自宅の収納も余裕

このようにわずかな隙間があれば収納できちゃいますので、家での収納場所にも困りません。これなら奥様に怒られない・・・はず。

圧倒的な軽さ

ミニマル設計のエアグリルの重量はわずか約2.2kg。同じ焼き面サイズのバーベキューグリルは4〜6kg程度のものが多く、比べると半分程度の軽さです。

丈夫な収納バッグが標準装備

AIR GRILLには標準装備で収納バッグが付いており、軽さと相まって持ち運びのストレスがぐっと軽減します。丈夫なポリエステル生地で耐久性はバッチリ。フラップはマジックテープで簡単に開閉し、間口が広くグリルの出し入れもラクです。多少のゆとりがあるので、火バサミやライターなども一緒に収納可能です。

お子様でも運べちゃう

軽量&薄型なのでお子様でも持ち運びできます。楽しくお手伝いできればお子様もアウトドアをより楽しんでくれるはずです。

これからはスマートな持ち運びを

もう従来のバーベキューグリルのような両手で抱える苦労はありません。片手で楽にスマートに持ち運んでください。

手持ちはもちろん、カートに入れても薄くて軽いので、他のキャンプ道具を運ぶ余裕が生まれます

優れた燃焼性
高い燃焼効率

AIR GRILLの壁面は、緩やかな曲面で出来ているため空気が回り込みやすく、炭の燃焼を促進させます

燃焼効率がよく、炭を最後までしっかり燃やしてくれます。

残った灰を捨てるのも簡単

AIR GRILLは軽いので炭捨て場へ運ぶのも楽チン。サイドパネルを外せば簡単に灰を捨てることが出来ます。

焚き火台としても活躍
火床がワイドで使いやすい

網を外せばBBQグリルから焚き火台に変身。火床が大きいので市販サイズの薪が簡単に載せられます

ハイスタイル焚き火の長所

ハイスタイルの焚き火は、火に近くまで寄りやすい長所があります。また地面から充分な高さがあるので、スパッタシートがなくても地面への熱ダメージの心配がありません

焚き火でチルタイムを

煙が広がる位置が人よりも高いので、あまり煙たくないのもポイントです 。マシュマロやドリンクを片手に、癒しの焚き火タイムをお楽しみください。スタンティングスタイルだと、いつもより会話も弾むかも…?

長く使える高品質ボディ
ステンレス製でサビに強い

本体材質にはステンレスを使用。ステンレスはサビに強く、AIR GRILLを長くお使いいただくことができます

水洗い簡単でいつでも清潔

ステンレス製でパーツがバラバラになるので、水洗いがとても簡単です。いつでも清潔なグリルでBBQを楽しめます

水辺のBBQもへっちゃら

砂や水がついても簡単に洗えるので、海や湖などでも気軽に使えます。
砂浜まで簡単に持ち運んで、バーベキューを楽しむことができます。

市販の網との互換性
独自の網留め方式

AIR GRILLは気軽に市販の網が代用できるよう、ホームセンターなどで広く流通している60×30cmサイズを採用しています。出かけ先で綺麗な網に交換したくなった時にも便利です。

大きいサイズの網も大丈夫

さらに独自の網留め方式を採用しているため、異なるサイズの網でも載せることが出来ます。このように大きな網にすれば、焼き上がったお肉や野菜を火から避けて置くこともできて非常に便利です。

3つの強度試験を実施

スリムでコンパクトな製品のため、強度を心配される声も多かったのも事実です。そのため私たちは3つの耐久実験を行いました。

50時間の耐熱実験

AIR GRILLの上で50時間炭を燃やし続けました。熱による穴あきや破損などはありませんでした。プレートに焼き色と湾曲の癖はつきましたが、使用にも収納にもまったく問題のないことが確認できました

私たちは0.3mmプレートの柔軟性をメリットと捉えており、少し力を加えるだけで簡単に曲がりを直すことができます。

10kgの耐荷重試験

2Lペットボトルを5本、計10kgをグリルに乗せても、変形や歪みはありません。10kgとは、リルに木炭を満載にし、網全面に食材を広げても問題のない耐荷重です。強度の心配なくバーベキューを楽しむことができます。

9m/sの耐風試験

グリルが空の状態で風速9m/sの横風を受けても、流線形のボディが風を受け流し、転倒することはありません。風速9m/sとはテントやタープの設営が困難なほどの風速ですので、通常の使用シーンでは風による転倒の心配は無用です。

心配な場合は簡単にペグ固定

地面が傾斜していたり、子供が走り回るのが心配な時は、ペグを使って簡単にAIR GRILLを固定ができます。一般的なBBQグリルよりも安定性は高まります

品質重視の日本国内製造

AIR GRILLは北海道の老舗ステンレス工場で製造しています。中国など海外製造の方がコストは抑えられるのですが、まったく新しい構造のグリルであったため、精度の高さを優先し国内製造を選択しました。

製品クオリティーを上げるため工場に赴き、製造現場の方と何度も意見を交わすことで、設計段階では思いつかなかったような改良アイディアが生まれるなど、国内製造ならでの多くのメリットがありました。

改良を繰り返し、丁寧に製造されたAIR GRILLは、スリムな構造にしっかり使える丈夫さを兼ね備え、手軽にBBQが楽しめる製品になりました。

AIR GRILL利用シーン
いつでも気軽にBBQを

スペースを取らないAIR GRILLなら車に積みっぱなしでも大丈夫。いままでよりもっと気軽にBBQが楽しめます。

お花見はもっと少ない荷物で

オートキャンプと違い、お花見は車の横付けができません。軽量で片手で持ち運べるAIR GRILLは、お花見に最適なBBQグリルです。AIR GRILLを使用すれば友人や上司からの評価もアップ…?

自由なキャンプ料理を楽しもう

広い焼き面積を使ってハンバーガーなど自由で楽しいキャンプ料理をお楽しみください。

海BBQはこれで決定

砂浜で大きな荷物を持って歩くのは大変ですが、軽いAIR GRILLなら大丈夫! 手軽に海BBQが楽しめます。汚れても水洗いできるので、後片付けも便利。

山や沢でワイルドに

機動力のあるAIR GRILLなら、山や川辺などワイルドな自然の中に持ち込んでBBQを楽しめます。

野外フェスでBBQを

長距離移動が多い野外フェス会場でも軽いAIR GRILLは大活躍。手持ちでもキャリー移動でもストレス無く持ち運びができます。
重たくて大きいコンロを運ぶのが嫌で敬遠していた方も、仲間と一緒に音楽を聴きながらBBQを楽しんでください。

ハイスタイルで焚き火を囲もう

ハイスタイルの焚き火は、仲間が気軽に集まりやすく、自然と会話が弾みます。ガーデンパーティーにもぴったりです。

ファミリーでのピクニックに

シンプルデザインのAIR GRILLは主張し過ぎず、写真を撮っても主役の家族や、自然風景を邪魔しません。

ラクしてキャンプを楽しもう

荷物が軽くなれば、その分だけラクしてキャンプに行けます。

AIR GRILLでもっと気軽にもっと美味しいBBQを楽しんでください。

製品仕様


AIR GRILL製品スペック

CAMPFIRE特別割引

AIR GRILL本体、収納バッグ、焼き網のセットとなります。早割は数量限定で先着順となりますのでお早めにどうぞ。


配送スケジュール


2023年4月に発送予定となっております。

※申し込み状況により個々の発送時期は異なります。

実行者紹介

コンセプトAIR GRILLプロダクトチームは「アウトドアの疲れや負担をもっと軽くしたい!」、「環境に優しい製品にしたい!」という思いからスタートしました。

アウトドア遊びは、楽しい反面、準備や後片付けが大変な面もあります。ファミリーサイズBBQグリルはいまだに大きくて重たいものが多いですし、かさばるBBQグリルが使用後そのまま浜辺に捨てられているという、残念な光景もよく目にします。また家族や友人との楽しい時間のはずが、準備や後片付けで逆に疲れてしまうのは悲しいですよね。

ユーザーに寄り添った、コンパクトで便利なBBQグリルを作ることで、人にも環境にも優しいアウトドア遊びに貢献できればと私たちは考えています。

AIR GRILLプロダクトチーム

代表:赤松

車中泊をしながらサーフィンやスノーボードをするのが趣味「豊富な車中泊経験から軽量性や収納性にこだわりました

企画:松岡

キャンプ場、焚き火カフェを立ち上げた焚き火大好きキャンパー「キャンプ場でBBQグリルのレンタル業務していた経験から、使い勝手とメンテナンス性のよいグリルを目指しました

設計:吉田

建築デザインとアウトドア製品の両方を手がけるマルチデザイナー「機能性と美しさを兼ね備えた無駄のないデザインを目指しました

AIR GRILL完成までの道のり

70cmと背が高く大きな焼き面積のBBQグリルを軽量化するのは、強度や折りたたみ構造の問題で何度も壁にぶつかりました。小さな試作品からスタートし、地元ステンレス工場の方にもアイディアを頂いて、設計→試作→実験→改良と試行錯誤が繰り返し、ようやく満足のいく製品が完成しました。

皆様へのメッセージ国内で本製品を製造することで、海外で大量生産された安価な製品にはない上品さや、洗練されたデザインを持った優秀なBBQグリルが完成しました。ご家族や友人、会社の同僚の方々と楽しいアウトドアライフにお役立ていただければ幸いです。是非とも応援よろしくお願いいたします。

リスク&チャレンジ

【注意事項(購入される前に必ずお読みください】 ・本文画像は制作過程のプロトタイプです。デザイン・仕様が一部変更になる可能性があります。 ・注文状況、製造工程上の都合等により出荷が遅れる場合があります。 ・コロナウイルスにより材料の輸送に問題が生じた場合、出荷が遅れる場合があります。 ・製品トラブル以外での返品・返金対応は行うことができません。ただし リターン配送予定月から2ヵ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。以上4点をご理解の上、購入のほどよろしくお願いいたします。

 ※購入後のキャンセルはできません。ただし、期間中やむを得ず商品のキャンセルがあった場合、表示されている「残り個数」が変動することがございます。予めご了承ください。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください