私、宮城県丸森町の「いなか道の駅やしまや」(以下やしまや)の店長、八島哲郎(60)です。

やしまやは、昔ながらの昭和の人情が感じられる、ホッと休める店です。

阿武隈川沿いに店を構え、40年間で床上浸水を10回以上経験しましたが、その都度復活してきました。

令和4年12月で創業130年を迎えます。



「いなか道の駅やしまや」の代表八島哲郎(60)です。

親子3代5人で切り盛りしています。

店名の通り、いなかにあり、一番近い信号まで8km、コンビニまで11km。

上水道もほとんどの世帯では来ていません。


少子高齢化のトップランナーで、いわゆる限界集落です。

干し柿を作り、タケノコを大事に育てています。

商売は万屋から始めて130年になりました。

昔のやしまや

現在のやしまや

度重なる自然災害にも負けず、お客様のご支援でそれを乗り越えてきた当店。

その方々のおかげで、今があります。


特に甚大な被害に見舞われた令和元年の水害時に、多くの方の温かいご支援に助けられました。

「人は皆支え合って生きている。困った時はお互い様」


少し前まで、日本中どこでもそうでした。

絶滅したと思われていましたが、ここにはまだ残っていたのです。


水害後1ヶ月半の間、150人のお客様のご支援による店の復活。


その奇跡の復活劇を一人でも多くの方に伝えたいのです。

本屋の片隅に置かれるより、この文章を読んで興味を持たれた方に読んで欲しいのです。

現代にこのようなお客様と店の関係がまだあったのです。

日本はまだ捨てたもんじゃない!身を持って感じました。


柿の実の異変


小さな店を経営しながら、干し柿作りを生業として40年が経ちます。

今年は柿の実の形に異変が起きています。

ツノのように出っ張ったり、深い割れ目が付いたり、中にはヒトデのようなものもありました。

形がいびつなものは、皮むきに時間がかかりコストアップになり、商品としての価値も下がります。

40年の干し柿作りの中で、これほどの割合で変形したのは初めてで、マスコミにも多く取り上げられました。


平年も変形柿はありましたが、こんなに高い割合で発生したのは初めてです。


度重なる苦難


平成元年、故郷に産廃処分場が建設されるニュースが飛び込んで来ました。

私達住民はすぐさま設置反対の同盟会を立ち上げ、法廷闘争に持ち込みました。


設置工事も終わり、業者側の申請に不備はなく、住民の反対運動にもかかわらず、宮城県は許可を下ろしました。

その後、私達住民の意思が伝わり「操業差し止めの仮処分申請」が認められました。


「人は生きていく上で飲料水が不可欠で、それを確保する権利がある。」


という判例は、その後全国各地に広がった産廃処分状裁判の判例に用いられるほど、画期的なものでした。

工事も終わり、県の許可が下りたにもかかわらず、業者が自ら撤退するという、あっけない幕切れでした。

団結力の強さを見せつけた私達住民の大勝利でした。


平成23年3月東日本大震災、そしてそれに伴う東京電力福島第一原子力発電所からの放射能漏れ事故。

福島県に近い丸森町にも被害が及びました。

平成24年3月、丸森町産のタケノコ3本の内の1本が基準値を超え、出荷停止となりました。


突然の、しかも初めての出荷停止。

今までは1本残らず収穫し、販売してきたタケノコ。

それが今度は1本たりとも持ち出せないのです。

タケノコを掘っては捨ての繰り返しの2年間でした。


初めての経験で、地区も生業もそして人まで全否定され、精神的にも辛い期間でした。


タケノコ掘りを終え山から降りる時「おーい! 置いていくのか? なんでいつものように一緒に連れて行かないんだ?」とタケノコに問われたようで、悔しくて心が潰れそうでした。

販売できない悔しさより、20年以上築き上げて来たブランドを傷つけられた事の怒りを感じました。


各地の空間線量などがマスコミで報道される中、原発事故から日を追って感じた「丸森町を避ける」雰囲気。

お店のお客様も目に見えて減ってきました。

一方、いつ解除になっても大丈夫なように、出荷停止措置が続いても、間伐など竹林の手入れは怠りませんでした。


竹林の手入れのお手伝いを広く募集しました。

タケノコを掘るお手伝いを「かぐや姫探し隊」と銘打ち、掘って山に重ねて捨てて来ました。


竹にする為に残すタケノコを「親竹」と言います。それ以外のタケノコを倒す作業を手伝っていただきました。


タケノコ畑に放置し、腐るのを待つタケノコ達。我が子を放置するようで辛い気持ちでした。


「かぐや姫育て隊」は生えて5年以上の竹を切り倒すボランティアです。

作業のお手伝いの目的以外に、被害者の苦しむ現状を広く知らせたい気持ちがありました。


かぐや姫育て隊。6歳以上の竹を切り倒し、親竹を更新します。11月から2月までの冬季間に作業します。


放射線量を下げるために「カリウム」を撒く実証実験を行うなどの努力の結果、

平成26年4月に晴れて出荷停止が解除されました。


そのニュースが流れた直後、受けた一本の電話を忘れる事はできません。


「八島さん! タケノコ出荷できて、良かったねー! 俺、待ってたんだ、おたくのタケノコとってもおいしいんだよ!!」


2年間も出荷停止が続いた事で、お客様は近隣のタケノコを手に入れ、丸森町のから離れて行ったと思っていました。

待っていてくれたお客様がいた!その事が嬉しくて嬉しくて。

販売できるというより、待っててくれた方がいた!!2年間の努力が報われた瞬間でした。


3年振りに店内に溢れるお客様。タケノコの出荷再開を待っていて下さり、感謝でいっぱいでした。


さらなる・・苦難


3年前の令和元年東日本台風は丸森町に過去最大の被害をもたらしました。

当時の朝のトップニュースに何度も紹介され、記憶に残っている方も多いでしょう。

当店は2メートル嵩上げしたにもかかわらず、店内1.6メートルの浸水被害に遭いました。

店内1階の商品はほぼ流され、店の什器、厨房用品も泥をかぶり、壊滅的な被害でした。

8つある建物、施設のうち7つが浸水被害に遭い、助かったのは自宅のみ。

それもあと30センチで玄関まで届く水位でした。

復帰できるだろうか?と出口の見えない長いトンネルに入ったかのような家族でした。


2階から見守る私の姿。店内160センチを超える浸水でした。60年の人生の中で最悪の被害でした。


被災後の店内。商品は散乱し、泥まみれに。店に「ごめんな。今助けてやるからな」と声をかけました。

自慢の手入れしたタケノコ畑。川の流れに痛めつけられ、斜めに。再起不能で、涙を飲んで切り倒しました。


苦難の中で・・温かさに触れた日

そんな中、思わぬ支援がありました。

友人がバイクで駆けつけてくれたのです。


仙台のリーダー塾で共に学んだ漆山さんが、浸水被害の翌日にバイクで来てくれました。

漆山さんは、私のSNS投稿が台風以来途絶えたことを、遠く仙台から気にかけてくれました。


仙台市から丸森町までは、車で約2時間。

決して近くはありません。通れる道を探し、崩れた土砂を避け、川と化した道を、途中何度も引き返しながら来てくれました。


写真を撮るのを忘れ、走り去る後ろ姿を慌ててスマホで撮った一枚。奇跡の復活劇がここから始まった、忘れえぬ一枚です。


彼の呼びかけから始まった支援の輪で、店の常連さん達ののべ150人が復旧作業を手伝ってくれたのです。


そもそも「やしまや」はお茶を出し、会話のある昭和の店でした。

世間話をしに来るお客様も多く、それが心地良いと思うお客様が多く集まりました。


漆山さんのSNSの投稿とテレビ局などマスコミの取材もあり、やしまやが浸水被害に遭ったことは広まって行きました。

それを見たお客様が自発的に復旧作業を手伝ってくれました。

常日頃からお客様と深い繋がりを持っていた店だからでしょうか。


2018年4月から2年間、仙台のリーダー塾に通いました。

被災後、当時のリーダー塾の講師今野さんが「八島さんボランティア」という名のメッセンジャーグループを作ってくださいました。


冒頭に書いてあったのは、「八島さんが被災しました。皆さん、無理ない範囲の手伝いをお願いします。」


その後、「通れる道はこのルート」と地図の写真。

「今日はこんな作業」と泥出しの動画。20名のメンバーに情報を伝えるにSNSは成果を発揮しました。

電話やFAXではこれは伝えられません。


11月30日の再オープンの日、今野さんからメッセージがありました。

「今日、念願のやしまや再オープンができました。

この日のために作ったメッセンジャーグループがあります。八島さんから再オープンのお知らせをして下さい。」

その時、そのグループの存在を初めて知りました。


「私は明日行きます。」

「明日私はいけないので、待ち合わせて物資を渡します。」

「今日、念願の水道が開通しました。」

そのグループには200以上の細かなやり取りの書き込みがあり、読みながら涙が頬をつたいました。


台風被害や地震被害で何度もどん底に落とされても、悲し涙や悔し涙は一度も流したことはありません。

あるのは感謝の涙だけです。


台風被害は無い方が良かった。

でも、台風被害があったから気づいたことがたくさんありました。

今度出版する本で、これを記録し、皆さんに伝えたいのです。


長男、家業を継ぎに戻って来る。


2年前、長男章太郎が仙台市での勤めを辞め、実家に戻って来ました。

勤めていた通信機器販売の仕事がコロナの影響を受けて実績が低迷した事と

実家が台風被害に遭った事が息子の背中を押したようです。

仕事の上では一人増えて仕事が楽になり、家族が増えたことで賑やかになりました。

40年前、息子が東京から戻って来た時の父の喜び、これほど大きかったのだと、立場が逆になった今感じています。


戻って来てくれた事は素直に嬉しいです。還暦親父の頼もしい相棒です。親子の顔が似ていると、よく間違われます。

親子3代で店を切り盛りできるなんて、こんな幸せはありません。仲よい家族は何よりの宝です。


その矢先の柿の変形 どこまで困難が続くの?


息子が帰って来て、順調と思われた今年の春、異変を感じました。

干し柿用の柿の変形です。

本来丸い形の柿が、一部飛び出したり、深い割れ目が付いたりといびつになっていました。

原因は受粉の時期の気温の乱高下による柿へのストレス、と言われていますが、特定できないのが実情です。


変形柿には悩まされました。ユニーク柿、オンリーワン柿など名前を付けました。


形が悪いとどうして困るのか。

まずは干し柿への加工に手間がかかる。

もう一つは、製品になった場合、売れるのか?が問題でした。

昨年に続き、今年も遅霜の被害で例年の4割の作柄でした。そのうち8割がいびつな形の柿になりました。


またまた困難に見舞われる当店。

しかし、ここにも救世主が現れました。

お客様です。

時間のかかる収穫作業、選別作業、そして柿むきまでお手伝いいただきました。

そして、いびつな柿で作った干し柿も買って下さるとお申し出がありました。

収穫、加工、そして購入までサポートして下さるお客様には、感謝の言葉しかありません。


皆さん一生懸命作業してくださいました。助けていただき、嬉しい限りです。


11月末、仲間とともにイベントを開きました。

出展者として、台風被害から復旧を手伝ってくださった仲間がたくさん集まってくれました。

あれから3年。今もって強いつながりの仲間がいることに感謝しています。

この物語、ぜひ皆さんに伝えていきたいです。


久しぶりのイベント、スタッフもお客様も笑顔満載です。


売る側も楽しんでいます。何といっても笑顔が素敵です。

売上より、ここに来たい。やしまやのお客様に会いたい。嬉しい言葉です。


南三陸町イエス工房のキャラクター、オクトパス君でチュー、のポーズ。気の置けないかけがえのないネオファミリーです。


・本の出版費用 150万円

・発送費用 11万円

・CAMPFIRE 手数料 34万円

・出版記念パーティ人件費など 5万円



【心のこもったお礼メール】 1,000円

八島哲郎より心を込めたメールをお送りいたします。


【サイン付き・書籍1冊】 3,000円

2023年4月に発売予定の著者のサイン付き、限定版の書籍をお送りいたします。 

※直筆サインも入れさせて頂きます。


【サイン付き・書籍2冊】 6,000円

2023年4月に発売予定の著者のサイン付き、限定版の書籍をお送りいたします。 

※直筆サインも入れさせて頂きます。


【サイン付き・書籍3冊】 8,000円

2023年4月に発売予定の著者のサイン付き、限定版の書籍をお送りいたします。 

※直筆サインも入れさせて頂きます。


【サイン付き・書籍5冊】 10,000円

2023年4月に発売予定の著者のサイン付き、限定版の書籍をお送りいたします。 

※直筆サインも入れさせて頂きます。


【サイン付き・書籍10冊】 20,000円

2023年4月に発売予定の著者のサイン付き、限定版の書籍をお送りいたします。 

※直筆サインも入れさせて頂きます。


【八島哲郎のおはようボイス】 5,000円

2023年4月発売予定の書籍と 八島哲郎のボイスをお届けします。

・データーでメール添付でお送りいたします。

※お名前もお呼びします!


【八島哲郎の頑張ろうボイス】 5,000円

2023年4月発売予定の書籍と 八島哲郎のボイスをお届けします。

・データーでメール添付でお送りいたします。

※お名前もお呼びします!


【八島哲郎のおやすみボイス】 5,000円

2023年4月発売予定の書籍と 八島哲郎のボイスをお届けします。

・データーでメール添付でお送りいたします。

※お名前もお呼びします!


【出版記念祝賀イベントにご招待・6月】 7,777円

出版記念祝賀会に参加権 ・八島哲郎および出版社などの関係者との

お話をお楽しみいただける出版祝賀会です。(zoom開催)


【八島哲郎とzoomで20分話せる権利】 15,000円

zoomで20分話せる権利 ・書籍付き

本の感想や、悩み事、故郷への想いなど 20分間色々お話しましょう。


【やしまやオリジナルカレンダーに誕生日を入れられる権利】 30,000円

いなか道の駅 やしまやオリジナルカレンダー(2023年バージョン)にお誕生日を印刷できる権利。

カレンダーは送付いたします!

※2023年4月始まり、2024年4月終わりのカレンダーです。


【書籍の後ろにお名前を入れる権利】 30,000円

書籍の後ろに支援者様のお名前を掲載させていただきます。

※不適切な文言の場合、掲載を見送ることがございます。ご了承ください。


【タケノコ狩り案内 5月】 30,000円

丸森町名産のタケノコ狩りと、やしまや所有のタケノコの里のご案内をいたします。 

限定10名様  ご案内時間:70分

【古民家レストランES(エス)とのコラボ企画】

◆6月3日、4日、6日、7日、8日、9日 10日 

12時から14時 25,000円

やしまやで育てたタケノコと熟成肉のコンビネーション料理を提供します。

クラウドファウンディング限定企画です。〒981-2301  

宮城県伊具郡丸森町大張大蔵下柳沢20

【古民家レストランES(エス)とのコラボ企画】

6月3日 19時から2時間開催 25,000円

◆6月4日、6日、7日、8日、9日 10日 19時から2時間開催(追加しました)

やしまやで育てたタケノコと熟成肉のコンビネーション料理を提供します。
クラウドファウンディング限定企画です。
〒981-2301  

宮城県伊具郡丸森町大張大蔵下柳沢20



【古民家レストランES(エス)とのコラボ企画・ペア】48,000円

6月3日 19時から2時間開催 
やしまやで育てたタケノコと熟成肉のコンビネーション料理を提供します。お二人分の料金です。
クラウドファウンディング限定企画です。
住所 〒981-2301  宮城県伊具郡丸森町大張大蔵下柳沢20

古民家レストランES(エス)について

店主が育てた朝堀りタケノコを8キロ分お送りします! 

八島哲郎の講演 台風被害からの復活を講演いたします。

店主が育てたたけのこ、 4種類を各4キロをお送りいたします。



書籍について(出版社より)

「海辺の出版社」より2023年4月に書籍を出版します。

自費出版ではなく、海辺の出版社と八島哲郎による共同企画出版です。

クラウドファンディングのリターンとして書籍を扱うことも了承しています。

書籍はクラウドファンディングリターン発送後、 

全国の書店およびネット書店での流通を計画していますが、

流通数が限られると予想されるため、クラウドファンディングでの応援購入を出版社としても推奨いたします。


海辺の出版社 代表 石川真紀子 

〒253-0056 

茅ヶ崎市共恵1-1-5-3F コープレイス茅ヶ崎 

050-3488-6362 



1月から クラウドファンディング実施
2月 書籍執筆
3月 書籍執筆・リターン開始
4月 書籍出版



東日本大震災とそれに関連する原発事故、台風19号や幾度も襲って来た過去の水害、そしてコロナと次々に襲いかかる困難。

助けてくださったのが災害ボランティアではなく、お客様でした。

店の復活、竹林の手入れ、そして干し柿作りと、人と人の繋がりが人を救った事実。

現代社会で失われつつあることがそこにあります。

私が体験した事、必ずや読者の心に響くと確信しています。

書籍の発行にお力添えをお願い致します。


<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください