実業家 三崎優太様のyoutubeチャンネルにて当院のクラウドファンディングが紹介されました!!


静岡朝日テレビ『とびっきり静岡 土曜版』にて当院のことが紹介されました!


期限 2023年 1月31日 23:59 終了

*ご注意ください*

(ご注意ください)コンビニ払いと銀行振込で支援できる期限について
コンビニで支援できる期限はいつまでですか?
銀行振込(Pay-easy)で支援できる期限はいつまでですか?


はじめに

はじめまして。みなとまちアニマルクリニックの大山達也と申します。

この度は数あるプロジェクトの中から、当院のページをご覧いただきありがとうございます。


私たち、みなとまちアニマルクリニックは2019年3月にここ静岡市清水区に開業いたしました。

『院内死亡率ゼロ』

を目標に

『諦めない動物医療』

をモットーに

循環器・腎泌尿器・麻酔・救急・集中治療など

動物の命に関わる分野に特に力を入れて邁進してまいりました。

2022年で4年目を迎え、非常にありがたいことに

地域の方々から応援のお言葉を頂く機会も日に日に増えてまいりました。


しかし・・・

2022年10月にテナントオーナー様の急逝のため

現在テナントとして使用させていただいている建物の売却が決定しました。

2022年11月現在、半年後の立ち退きを求められており

現施設での動物病院業務を継続できなくなりました。

診療業務を継続するためには、新規診療施設への移転が必要となりました。


高額な移転費用と当院の状況

新規診療施設への移転にかかる経費は少なくとも3500万円。。。

本当ならば銀行などの融資を受けることでこの窮地を乗り越えるべきなのだとは思います。

しかし、当院はまだ4年目の動物病院です。

病院開業時にも内装費などの多額の費用がかかっており

現在もなおその借金の返済中です。

そのため、新たな融資を受け診療業務を継続することが現実的に困難な状況です。

そこで今回のクラウドファンディングでの支援の呼びかけという選択をとりました。


今後の展望

新規診療施設への移転が無事に成功し

新しい病院設備での診療業務が可能となれば

常に動物医療レベルの向上を目指した診察業務を引き続き継続していく予定です。

そして、将来的には

血液透析まで可能となった動物の腎臓病専門の動物腎臓病センターの設立

無麻酔で撮影が可能となるCT設備の導入

高度な麻酔集中治療を行うためのICU専門施設の導入

などを目標とし

一人でも多くのわんちゃんねこちゃんの命を救うことのできる動物病院となり

地域の動物医療の中核を成す高度医療設備の整った動物病院へと発展させる予定です。



院長の略歴

院長 大山達也

経歴

2014年3月 日本大学生物資源科学部 獣医学科 卒業

2014年4月〜2015年3月 神奈川県内の動物病院にて勤務

2015年4月〜2019年12月 奈良県内の動物病院にて獣医循環器認定医の下で勤務

2020年3月〜 みなとまちアニマルクリニックの院長として勤務

所属学会

日本獣医循環器学会 日本獣医腎泌尿器学会 日本獣医救急集中治療学会 日本獣医輸血研究会


このプロジェクトで実現したいこと

『みなとまちアニマルクリニックの存続』のために新規診療施設への移転を考えております。

現在の診療方針である『諦めない動物医療』を主軸とした

一人でも多くの犬さん・猫さんの命に寄り添うことのできる動物病院を続けることによって

将来的な高度な診療設備を導入した大型動物病院への拡大への一歩としたいと思います。

最終的には、地域の動物医療の中核を成せる動物病院を作り上げ

地域の動物の命を守ることのできる動物病院にしていきたいと思います。


プロジェクトをやろうと思った理由

テナントオーナー様の急逝により、現診療施設からの移転を余儀なくされたものの

まだ開業後4年目であるために、追加での融資を受け病院運営を行うことが現実的に困難なため

クラウドファンディングにて皆さまからのご支援を募るという形をとりました。


これまでの活動

2020年より院長に就任し、循環器・腎泌尿器・麻酔などを中心に

多くのわんちゃん・ねこちゃんの診療業務にあたらせていただきました。

静岡市外から当院を求めて診察に来ていただける方々や

病院発展への応援のメッセージを頂く機会もすごく増えてきているように感じます。

実際にGoogleの口コミもすごく増えました。

また、ご家族の皆さまにも動物医療についての情報をきちんと知ってほしいという想いと

動物病院というものを身近に感じてほしいという想いから

ホームーページ内において、毎日ブログを更新しております。(みなとまちアニマルクリニックのブログ


資金の使い道

新規診療施設の内装工事費などの費用 3000万円

病院移転に伴う諸費用 500万円


スケジュールについて

2022年12月初旬 物件契約完了

2023年1月31日 クラウドファンディング終了

2023年3月〜 随時リターンの遂行開始

2023年4月〜5月 新診療施設での診療開始予定


リターンについて

『動物病院を存続させる』というプロジェクトの特性上

お返しできるリターンの内容は、あまり価値のないものとなっております。

申し訳ありません。

<*100万円のリターンについての詳細*>

・履行時期について

 2023年5月頃より随時サービスを開始したいと考えております。

LINEアプリ側の内容変更などにより、突然サービスができなくなる可能性もございますのでご注意ください。

・リターンの内容について

当院のLINE公式アカウントにて、患者様との1対1でのチャット形式でのご対応ができる環境を提供したいと考えております。

具体的には、当院のLINE公式アカウントに登録していただいた後に、個別でメッセージを送っていただき、当院から返信させていただくという流れになります。

診察時間外の時間帯や休診日での対応も受け付けさせていただきます

大山個人とのLINEのやり取りとなるため、即時の返信が難しい場合もございます。その点は予めご了承ください。


*リターンの内容は、法令に基づく医療、診療行為ではございません*


今回のクラウドファンディングの実際のリターンを敢えて言葉で表現するのであれば

『一人でも多くの犬さん・猫さんの命を救うことのできる動物病院を続けること』

と、それに伴って

『将来的に静岡市の動物医療の中核を成すための動物病院へと発展すること』です。

それらが地域の方々にとっての現実的なリターンになると考え

今回のプロジェクトを立ち上げました。よろしくお願いいたします。


最後に

僕は、中学1年の時に家にわんちゃんを迎え入れたことをきっかけに獣医師を目指しました。

そのきっかけとなった子は、3年前に慢性腎臓病のため18歳で亡くなりました。

亡くなる最期の日まで、僕は自分にできる最大限の医療をその子に施したと思っております。


動物に対して医療行為を行うことに関して、賛否両論はもちろんあるとは思います。

僕はただ、自分自身の経験と同じように

『最後の最期まで諦めずに、できる限りことをしてあげたい』と考えている

ご家族の方に最期の瞬間まで寄り添うことのできる獣医師でありたいと思い日々の診察業務にあたっています。

みなとまちアニマルクリニックは、最後の最期まで諦めない動物病院です。

一人でも多くのわんちゃん・ねこちゃんの命に添い遂げることができる動物病院であり続けるため

どうぞご支援のほど、ご協力お願いいたします。


  • 2023/02/02 21:06

    こんばんは。みなとまちアニマルクリニックの大山です。先日、クラウドファンディングが終了いたしました。たくさんのご支援ありがとうございました。当院存続のために多方面で協力いただいた方々にも合わせてお礼を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました!頂いたご支援に対するリターンは随時遂行さ...

  • 2023/01/31 09:21

    おはようございます。当院のインスタグラムでも投稿させていただきましたがこちらでも同内容を投稿させていただきます↓おはようございます。大山です。朝から失礼いたします。長かったクラウドファンディングも本日が最終日となりました。今日の夜23:59までが期限となります。これまで500人以上の方々総額8...

  • 2023/01/26 21:01

    こんばんは。みなとまちアニマルクリニックの大山です。クラウドファンディング終了まで残り5日となりました。期限は1月31日23:59となります。写真は、移転した際の動物病院のイメージ図です。地域の犬さん・猫さんの命にとことん寄り添うことのできるそんな動物病院を目指します。引き続き、ご支援と拡散に...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください