ネクストゴールチャレンジ中‼︎

みなさまのおかげで目標金額を達成することが出来ました‼︎

いつもオレンジまるごとプロジェクトを応援して頂きありがとうございます。

この度、皆様にあたたかいご支援を頂いたおかげで、 なんと目標金額の70万円を達成することができました‼︎

数々の応援コメント、そしてご支援を賜りました皆様、本当にありがとうございました。


オレンジまるごとプロジェクトでは、ネクストゴール「150万円」を目標としています。

【ネクストゴール設定の理由】

・八幡浜らしさを追求し、魅力がしっかりと伝えられるようにするべくパッケージも含めよりこだわった商品にしたいと思っており、試行錯誤していく費用捻出のため。

・より多くの方に商品を手に取って頂けるよう販路開拓を行う費用のため。

・地域活性化のため、地域を巻き込んだイベントの開催をしていきたいから。


残りの期間も全力で走り抜けていきますので、もう少しだけ皆様のお力をお借りできると嬉しいです。

引き続き、応援コメント・ご支援のほどよろしくお願い致します。

↓      ここから本文です  ↓




はじめまして。

「オレンジまるごとプロジェクト」代表の鈴屋拓人です。

私はみかんの一大産地である愛媛県八幡浜市で高校時代を過ごしました。

高校生のときみかん収穫のボランティアを体験し、収穫の楽しさ、農家さんとのふれあい、休憩中に食べるみかんのおいしさ、みかん山の景色の美しさに感動!この魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい!

八幡浜の人にもあらためて感じてもらいたい!と思いました。



きっかけは、コロナとともに高校時代を過ごした2020年。

学校行事や部活動などに制限がかかる中、何かに挑戦したいという思いで応募した「第1回八幡浜ソーシャルビジネスチャレンジコンペ」の高校生部門で最優秀賞を受賞したことに始まります。

受賞したのは、「みかん栽培時に捨てられてしまうみかんを活用したハンドクリームを作り、製造過程で障がい者施設に協力いただくことで、障がい者の雇用や就労支援につなげる」というプラン。


その後私はプランを実行すべく、八幡浜市内のコワーキングスペース「コダテル」でメンバーを募り、プロジェクトチームを結成。

※コダテルとは https://codateru.com/

介護福祉士、保育士、ライター、デザイナーなど様々な経験やスキルを持つメンバーがアイディアを持ちより、“挑戦者に寄り添うハンドクリーム”をコンセプトに八幡浜の地産ハンドクリーム開発に奮闘しています。

ロゴは摘果前の緑のみかんを図案化。士気を高め、仲間の証として贈り合うチャレンジコインがモチーフ。挑戦者の仲間の証です。



私の母は視覚障がい者で、幼い頃から母の手を引いて歩いたり、コミュニケーションをとったり、母の手に触れることの多かった私にとって「手」は特別なものでした。

母は、祖父の介護もしながら家事をこなしていました。そのため、手が荒れていると、疲れているのかな?と心配になることも…。

大切な人の「手」を守りたい。そんな想いも込めてハンドクリームを商品化したいと思いました。


私は現在、介護福祉士として働いています。

福祉を学んでいた高校時代、市内の障がい者施設へ実習に行ったとき、障がい者の方が一生懸命、真剣に作業に取り組む姿に感銘を受けました。

幼い頃、母と喧嘩したとき、目が不自由なことを気にして「ごめんね」と言った母の言葉が今でも忘れられません。

障がいの有無に関わらず、様々な垣根を越えて関わりあえる社会が実現するために「自分にできることはないか」「いつか役に立ちたい」と思ったことも、このプロジェクト発案のベースになっています。


【この商品によって解決される課題】

○廃棄されている摘果みかんに価値がつく→農家の新たな収入源の開発

○障がい者の方の仕事の拡大

○八幡浜のみかん・柑橘をよりPRできる

○地域活性化に繋がる



原料には青い摘果みかんを使用します。

みかんは4月下旬~5月中旬に花が咲き、その後青い実が大きくなっていく6月~10月にかけて段階的に摘果が行なわれます。どの時期の実を使うか、品種や収穫場所によっても香りが違うため、試作を重ねます。



【スケジュール】

2022年04月  プロジェクトチーム立ち上げ

2022年12月  商品詳細決定

2023年03月  プロジェクト関連イベント開催

2023年08月  商品生産開始

2023年10月  販売開始


【資金の使い道】

商品開発・製造費 ¥385,000

リターン     ¥200,000

CAMPFIRE手数料 ¥119,000



○鈴屋拓人(代表)

○大石直樹(副代表) 

みんなのモヤモヤや“何となく”を素早く分析して的確にまとめ、表現するデザイン力は秀逸。トラブルや問題にも冷静な判断と笑顔で対応する姿が心強い。

○森田智也(副代表)

面倒な作業や要件にも率先して取り組んでくれる頼れる兄貴的存在。発言は少なめながら彼の「そうっすね」「いいすっね」に難航する案件に光が見えてくることも多し。

○樋口恵利(事務局)

話をじっくり聞き、愚痴や文句もふわりと受け止めてくれる包容力につい甘えたくなる。締めるべきところは締めるしっかり者だが、おちゃめなキャラで場を和ませる。

○矢野光士郎(企画)

何でも手伝います!とメンバーをサポートしてくれる心優しき大学生。祖母さんが高級ブランド・真穴みかんの生産農家。摘果みかんは彼がつないでくれました!

○高岳公美子(営業)

東京でのバリキャリ生活で培われた企画・営業力に加えて地元での幅広い人脈が強みのパワフルウーマン。トレンド嗅覚が鋭く、最新の情報発信力にも長ける。

○堂下まみ子(広報)

県外在住ながらフットワーク軽くどこへでも行き、見聞き・体験したことをしゃべる・書くことで伝える。みかんアルバイターでもあり、みかんや農業関連の知識も豊富。 



このプロジェクトは沢山の方に支えられながら進めてきました。中でも2年間伴走してくださったコダテル代表・濵田規史さんから応援メッセージをいただきました!

このプロジェクトとの出会いは、第1回八幡浜ソーシャルビジネスチャレンジコンペでした。当時高校生だったプロジェクトリーダーの鈴屋さんは、ビジコンの最終プレゼンに挑み、見事「最優秀賞」を受賞。思いのこもった渾身のプレゼンは今でも私の脳裏に焼き付いています。


その後、「ぜひ実現したいので力を貸してください」と、コダテルの門をたたいてくれた彼のプロジェクト支援をスタート。

まずは高校生の鈴屋さんと徹底的に下調べ、ヒアリング、試作などを繰り返しました。

道の駅で観光客にヒアリングをしたり、製造会社等への打診などを一人で行う彼の姿に、「本当にやりたいことなんだな」と、その熱意に胸を打たれました。


次に、製品化に向けて、仲間集めをしようということで、プロジェクトメンバーの募集説明を実施。コダテルの大人の会員がメンバー・サポーターになり、鈴屋さんを囲む心強いチームが出来上がりました。


それ以降の私の役割は、プロジェクトリーダーとして鈴屋さんが立ち振る舞えるよう、”半歩先の提案をしていくこと”に特化。リーダーとしての苦悩に寄り添いながらプロジェクト運営を間接的にサポートしています。


この度、「みかんのハンドクリーム」を商品化するクラウドファンディングを開始。お母さん想いの素敵な鈴屋さんに共感した仲間とともに、その一歩を踏み出します。

このハンドクリームは、みかん農家の課題を解決し、愛媛・八幡浜の未来を切り拓きます。私も一人の応援者として支援しています。みなさまもぜひこのチャレンジを応援してくださいますようお願いします。



長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

丸2年、素人ながらもなんとかここまでやってくることが出来ました。

これまでご協力いただいた皆様、応援してくださった皆様にこの場を借りて心から感謝申し上げます。


プロジェクトはまだスタートラインに立ったばかりですが、オレンジ(みかん・柑橘)を通して年齢・性別・障がいの有無に関わらず、社会をまるごと巻き込み様々な方に関わって頂きながら地域を元気にすべく今後も活動していきたいと思います。

  • 2024/02/14 07:51

    このプロジェクトを始めるきっかけにもなった八幡浜ソーシャルビジネスチャレンジコンペですが、第4回目が開催されました。学生の方がそれぞれが考案したビジネスプランをプレゼンされ、学生ならではの視点で驚かされたり発表している様子に私自身どこか懐かしさを感じたりもしました。今回、第1回最優秀賞受賞プロ...

  • 2023/11/28 09:00

    先日、試作品お試し会を実施しました。実際に使ってみて様々なご感想を頂きました皆さん、ありがとうございました。メンバーでも話し合いをして、前回の試作品を改良したハンドクリームが出来ました!!!そこで、試作品お試し会Part2ということで前回同様皆様にお試し頂き、ご意見ご感想を頂ければ幸いです!是...

  • 2023/11/16 19:43

    先日は、試作品お試し会を延期させて頂くこととなり楽しみにして頂いておられました皆様にご迷惑をお掛け致しましたこと深くお詫び申し上げます。試作品が無事に届きましたので、再度お試し会の日程についてご案内させて頂きます。是非お越しください。《日程》11月19日(日) 13:00~《場所》コダテル〒 ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください