2012年から始まった一部の大人たちのプロジェクトでしたが、このクラウドファンディングでもっとわるタンプロジェクトの活動を知ってもらい、応援してもらえるように着ぐるみを増やして一層の行動範囲を広げたいと思っています。

プロジェクト本文

JUNBOwです。

まず、感謝の言葉を述べさせてください!「本当にありがとうございます!!!!」
報告が遅くなりましたが、開始から、何と1日かからないと言う驚異的なスピードで、第一目標額の30万円に到達しました。
本当に皆様の気持ち、ご支援をリアルに感じ取られ今まで活動してきた事への期待の大きさに心震えました。

その期待にもお応えすべく「わるタンプロジェクトメンバー」とも話し合って「活動範囲拡大していこう!」「さらなるクオリティーアップを目指そう!」と決意を新たに固めました。

さて、この本文の後半に書いていたとおり、わるタン増殖+活動費用はイロイロ含めると100万円を超える金額が必要となります。
そこで、新たなゴールとして「150万円」を設定してなんとか達成して行きたいと思っております。
今回、目標金額達成を受けて、改めてココに「ストレッチゴール150万円」を目指すことを宣言いたします。

そして、新たなリターンの追加を行います。

◆わるタンがあなたの催し(誕生会や各イベントに)乱入する権利】
※+作者 JUNBOwもついてきます!
・限定3個追加

◆【わるタンブレスレットセット】
・わるタンブレスレット+わるタンステッカー10枚+わるタンからの手紙
 S(14cm) M(15cm) L(17.5cm) からお選びください。
・限定10個追加

◆あなたのキャラクターを考えます!権利
※限定2点追加

また今後も新たなリターンを追加していきますのでご注目下さい!
ぜひ、引き続きのサポートをなにとぞ宜しくお願い致します!
2018/03/16

JUNBOw

「わるタン」の活躍によって子供たちに笑顔を届けよう!を目的とした民間のプロジェクトです!

災害の多い日本で私たちは今までにも幾多の災害を乗り越えてきましたが、その度に多くの子供達の笑顔を奪うような光景も目の当たりにしてきました。

そんな経験をした子ども達に少しでも「笑顔を届けたい」…

その想いから阪神淡路大震災を経験した私たちが兵庫(神戸)だから出来る支援の形として1日でも長く活動できればと思いこのプロジェクトを発足させました。

私たちが経験した震災の苦しみの中からやはり人を救うのは「笑顔」ではないかと思っています。

正直、私たちも震災後スグに笑う事は出来ませんでした…

最初は子供達の小さな「クスッ!」その小さな「クスッ!」を見て大人達が「ニコッ!」その「ニコッ!」をみて子供達が「ハハッ!」…

このように笑いの連鎖が起こる事を願っていますしそうなっていかなければならないと思っています。

と言う想いからはじめの「クスッ!」が生まれるように「わるタンプロジェクト」では災害で心に傷を負った多くの子供たちを始め多くの子供達に「より笑顔を届けよう」を目的として活動していきます。

 

 

▼このプロジェクトで実現したいこと


▲イベント写真▲

キャラクターの可能性としてリアルな子供たちが笑顔になれる活動、子供たちが笑顔になればその周りの大人たちも笑顔になれるという

笑顔の連鎖を起こすべく活動を続けていけたらと考えています。

 

▲イベント風景▲

わるタンプロジェクトとして6年、2011年3月11日の東日本大震災から8年目をむかえようとしています。

まだまだ東北での心のケアの活動は必要されており、大きな被害のあった震災や事故を忘れないためにもわるタンの活動を続けたいとプロジェクトとして動いています。

わるタンの行動範囲が広がる中、1代目、2代目の老朽化が見て取れるようになってきたため、大人の事情で3代目のわるタンを製作資金をクラウドファンディングを通して広く集めたいと考えています。

▼これまでの活動

▲東北仮設住宅へ▲


2012年2月2日に発足して以来、街頭ゲリラ活動、イベント出演で知名度を上げています。

東日本大震災で被害にあった地域には2013年から実際に現地にわるタンを派遣して子供達の笑顔のための活動を行っています。

現在では11日の月命日にラブフォーニッポンの活動に協力しながら福島県各地の小学校や仮設避難所を回っています。


 



◆わるタン公式HP
http://warutan.net/

◆わるタンFacebookページ
https://www.facebook.com/warutan

▼資金の使い道


◆3代目わるタン着ぐるみ制作費用に活用します!!

◆リターンについて◆

はばタン、わるタンの作者であるJUNBOw氏によるイラストを通じた社会活動の報告会、トークライブ。
わるタングッズ、ぬいぐるみやカバン、ペンケース、わるタンプロジェクトTシャツ、キーホルダーなど提供しております!

<中には下記のような、レアな今回限定品がございます!>
◆ JUNBOw氏による名刺デザイン!
◆わるタン書きおこし原画1点もの+あなたのお名前を入れた色紙
◆わるタンがあなたの催し(誕生会や各イベントに)乱入する権利
◆ハバタン作者とイラストワークショップ開催権

◆ご支援の際に、お読みください◆

・全てのコースは税込み、送料込みの価格です。
・CAMPFIREの仕様上、複数コースのご購入が可能です。
 ただし同時決済はできませんので、個別のコースを都度お申し込み下さい。
・お申し込み後のコース変更は出来ません。
・プロジェクトへご支援後、事情によりイベントに参加できないなどの場合も
 返品は受け付けられません。
・様々なご連絡が行きますのでメールのチェックをお願いいたします。
・facebookをご利用の方は
【わるタン公式Facebookページ!https://www.facebook.com/warutan/
 の登録をおすすめいたします。最新情報などをお知らせいたします。

▼作者、JUNBOw氏より



リアルに存在するキャラクターの持つ力。

この数年で、僕たちは本当に多くのこども達の笑顔と触れ合ってきました。

「わるタン」に抱きつく子、しばらく泣き叫んで近寄れなかった子、一生懸命話しかけてくれて決して親にも話せない秘密まで話してくれる子、様々だけどみんなキラキラした目で僕たちはもちろん周りの大人をも笑顔にしてくれました。

本当に子供ってすごいです、属世界にまみれたおっさん達はそのキラキラ光線で焼き尽くされまくりなんですから。(笑)

そうして育ってきた「わるタン」には僕たちだけでは抱えきれない多くの想いがつまっています。

1号(母細胞体)もたくさんの想いをつないでくれ分裂した2号(娘細胞体)は東北の子供たちの笑顔づくりの為イタズラにいそしんでいます。

3号(娘細胞体)はより多くのこども達に笑顔を届けられる仕組みを企画しています。

皆さんこのイタズラの共犯者になってくれませんか?そこには多くの笑顔が待ってるはずです。

ようこそ!よろしくお願いします。


 
JUNBOw:じゅんぼう

■制作内容
・キャラクターデザイン ・イラスト製作 ・ロゴ制作
・3DCG制作 ・フィギュア製作…その他。

制作物の一部をギャラリにて公開中

■活動内容
イラストレーター,デザイナー
兵庫県マスコット「はばタン」の作者としても知られている。
近年ではグリコキッチンキャラクター制作、2011年から始まった「神戸マラソン」のキャラクターおよびロゴデザインなども制作。
デジタル、アナログを問わずさまざまな作品を制作しコラボ作品制作、グループ展などにも積極的に参加。

 http://junbow.net/

<主な作品>

 

◆わるタンプロジェクトメンバー一同◆

 

 

 

 

  • 5ac73a8e 1014 4651 b193 72210aae07a2
    活動報告

    4/12開催「ヤツガクル」情報が神戸経済新聞に掲載され大好評!!!

    2018/04/06 18:10

    JUNBOwです!昨日、神戸経済新聞さんに「YATSU GA KURU(ヤツガクル)」の情報が掲載されました。ビックリしたことに記事への反応も異常なくらいよいとの事で嬉しい限りです。神戸経済新聞:https://kobe.keizai.biz/headline/2845/当日は東北から今野さん...

  • 5abdaa7e 0ff4 4b68 b3d9 6bde0aae07a2
    活動報告

    4/12ダンボルギーニの作者今野さんとのトークショー【YATSU GA KURU】開催決定。

    2018/03/30 12:05

    JUNBOwです。 わるタンプロジェクトで今まで出会ったイタズラっ子を紹介していくイベントを行って行く事ににしました。 今回はダンボルギーニで一躍時の人となった今野英樹さん(以下:今野さん)を招いてダンボルギーニがいかにして震災復興の象徴となったのか、またそこまでの道のりなどもお聞きしてい...

  • Default image l
    活動報告

    活動が本日(2018/3/24)発売の読売新聞に掲載されました。

    2018/03/24 16:03

    JUNBOwです。本日発売の読売新聞朝刊(神戸明石の地域面)にわるタンプロジェクトの活動が掲載されました。こうやって扱っていただけるとまた頑張っていこうって気持ちも高まります。また、近々お知らせできることもあると思うのでお楽しみに JUNBOw(2018/3/24)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください