ジャンルも住む地域も違う作家たちがそれぞれに織り成すファンタジーな世界観を、 グループ展を開いてたくさんの方々に見ていただきたい! リターンには一点物をたくさんご用意しています。お力添えを頂けると嬉しいです。

プロジェクト本文

▼ご挨拶

初めまして!グループ名じゆうびとの代表Mai.tです。

じゆうびとはTwitterで知り合ったアーティスト仲間です。

メンバーは全員で6名。広島、岡山、大阪、東京と住むところはバラバラ。

そんな私たちはこの度、

東京でたくさんの方々に作品を見ていただきたい!

という強い思いでグループ展開催を決め、

クラウドファンディングに挑戦することになりました。

お力添えをいただけると嬉しいです。

 

<じゆうびと>メンバー紹介

・Mai.t(まいてぃー)

私は場面緘黙症という病気で18歳になるまで人と会話をしたり行動することもできませんでした。そんな私が外の世界と繋がろうと思ったきっかけが絵。絵は言葉がなくても人に想いを伝えることができる。そう思って6年間絵を描き続けてきました。今では常に酔っ払いみたいなテンションで、目の前にいる人全員に話しかけるような人間です。変わりすぎました。(絵ってすごい力!)私の絵のテーマは水や蒸発。切り取られた場面を独自の視点で、様々な色を使い表現しています。最近はペン画も始めました!グループ展が実現したら、私の中の世界をうるさい色使いとペン画で制作、発表したいです!よろしくお願いします!

 


・n.ishii

じゆうびとメンバーの中では最年長(汗)
以前は主にローカルで、TV番組・CM等のイメージカットなどをデザイン〜ディスプレイする仕事をしていました。体調を崩し離職。療養後、幼い頃からなんとなく描いていた絵の制作を人生の中心に。主にペン画、たまにアクリル画を描いています。モチーフは非現実や心象風景が多いです。

グループ展が実現しましたら、ペン画を中心に出品し、大勢の方にホッと一息・楽しんで頂けるような展示が出来れば…と思っています。
よろしくお願いします!

 

・re:シロサイ

中肉中背、人畜無害です。
とくにこれといった取り柄もない、いたって普通の人間です。
粘土で造形しておりますが、当の本人が出来上がりに首をかしげる作品をつくりあげます。

そんなじゆうびとの世界を皆様に観ていただき、楽しんでいただければと思っております。

 

 

・ER(えり)

ワーキングマザーの傍ら2017年7月よりガラスを扱ったアクセサリー制作をしています。
総合造形科の高校を卒業後、漫画家を目指して専門学校へ。
その後ショップ店員として、それまでに学んできた空間デザインやカラーコーディネートを活かし接客やコーディネートのスキルを培ってきました。
結婚後、友人の繋がりでとんぼ玉の制作にとても興味を惹かれすぐに制作を始めました。
主にレース棒を使い、自身がLGBTであることから"LGBTカラー"を取り入れた世界に一つしかない作品を意識して日々制作に励んでいます。

まだまだ未熟ですが、もしグループ展ができるのなら沢山の方に作品を見てもらい、ガラスの美しさや込めた想いが伝わるような展示会に出来ればと思っています。よろしくお願いします!

 

 

・wildkiki 

幼少の頃より宝石好きで、ジュエリーの折込広告を集めたり銅線とビーズを使って指輪を作るなど、少し変わった少年でした。
2001年、初めてシルバークレイという素材を手にし、製作者として本格的にスタート。
天然石の研磨をはじめ、様々な技術を独学で学び続け「大正浪漫・産業革命」などをベースとしたサブカルチャーである「スチームパンク」や、レトロ感のある作品を主な作風にして「蒸気細工職人」と名乗り制作活動をしています。
ジュエリーデザイナーの師匠との出会いもあり、日々新たな表現を学びつつ現在に至ります。
このグループ展が開催出来るのであれば、ジュエリーでの新しい表現や世界観に挑戦したいと思っています。

 

 

・NORI

私がこの作品達を作ろうと思ったきっかけは、私自身スイーツが大好きで、幼いころから細かいこと手芸が好きで、大好きなスイーツが『作りたい!』ふと、身近にあったフェルトでなんとなしに作ってみると、周りの人たちに喜んでもらえてそこから作るのが夢中になりました。身長関係なくテーブルの上でできるので私でも作れるんじゃないか?と。

『わぁ!おいしそう!』『これ本物?』とリアルで心惹かれる可愛いフェルトスイーツを見ていただきたいです♪

▼このプロジェクトで実現したいこと

2018年7月14日(土)〜16日(月・祝)に

原宿にあるデザインフェスタギャラリーにてグループ展を開催し、

多くの方々に私たちの作品を堪能して頂きたいです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

Twitterで交流していくうちに作家の人柄・作品に魅せられ、

実際に会ったメンバー・作品もあり、ますます良さを実感しました。

ジャンルも住む地域も違う作家の作品たちが一堂に集うと、

きっと素敵な空間を生み出すことが出来ると感じました。

 

しかし、いざ開催費を算出すると、出品の3分の2が地方からとなる為、

ギャラリー賃料以外にもかなりの経費がかかってしまいます。

そこで、皆さまのお力をお借りできれば…と思い、

このプロジェクトを立ち上げることを決めました。

 

皆さまのお力をお借りしつつ、普段はなかなか集えない作品たちを東京で展示し、

多くの方々にご紹介したいと思っています。

▼これまでの活動

じゆうびととしては初めての活動です。

個々では、ライブペイント・グループ展・企画展・個展・各種イベントなどで活動しています。

▼資金の使い道

資金の使い道は下記のとおりです。

・作品搬入出運送料(主に地方からの作品往復送料)

・ギャラリー使用料の一部(申込金は支払い済み)

・DM印刷料、及び、配布送料

・備品代(キャプション等)

・CAMPFIRE掲載手数料

 

▼リターンについて

作家それぞれに日々丹精込めて制作しているものをご用意しています。

開催期間中に会場で撮影したオリジナルDVDと作家からのお礼のお手紙を一緒にお送りします。

リターン発送方法は主にレターパックを使用します(追跡番号あり)

大きな作品に関してはクロネコヤマト宅急便を使用する予定です。

▼最後に

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

私たちの作品、展示活動にご興味を持っていただけると嬉しいです。

展示会場は楽しい空間にしたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください