現在販売中の”えんとつ町のプペルBlend"ドリップ珈琲を若手デザイナーと組みフルパッケージ化。 売上の一部を絵本”えんとつ町のプペル”をに変え、児童施設・障害者施設・老人ホームに自分の手で届けたい!

プロジェクト本文

 

▼ご挨拶

東京都八王子市にてコーヒー専門店をしている永塚と申します。

昭和58年創業の、炭火焙煎に特化した珈琲専門店です。

現在は路面店とJR八王子駅ビル内の2店舗をしております。

”冷めても淹れたてと変わらない珈琲”をモットーに味と鮮度を

重視した珈琲をご提供させて頂いております。

 えんとつ町のプペルの絵本を読み感銘を受け、その想いを

多くの子供達に絵本を手にとって読んでもらいたくプロジェクトを立ち上げさせて

頂きました。コーヒー専門店の店主として子供たちに届ける方法を

是非最後までお読み頂きご支援頂ければ幸いです。

 

●クラウドファンディング する商品とは
”看板商品で勝負します”

 

”誰でもどんな時でも簡単に美味しい珈琲が飲める”

 

ドリップ珈琲に長年研究を重ねてきました。

 ”消費者がドリップコーヒーだからある程度の味という妥協をして貰いたくない”

”価格勝負ではなく、質で勝負したい”

”小さなお店が大手メーカーに挑みたい”

 

結果、

”在庫を徹底的に少なくして、手詰めで1袋ずつ作る”

この事により圧倒的な鮮度と在庫の最小化で、

最高の状態の珈琲を築けるようになりました。

 今回ドリップコーヒーでクラウドファンディング に挑ませて頂きたいと思います。

 

【珈琲倶楽部 田が考える徹底したドリップのこだわり】

https://coffee-den.amebaownd.com/posts/3768861

 ▼プロジェクトをやろうと思った理由から目指すべき目標

西野亮廣さんの絵本 ”えんとつ町のプペル”を読み感銘を受け、

昨年12月22日にドリップ珈琲として

”えんとつ町のプペルブレンド”を販売致しました。

 

同時に喫茶店内にてお客様に絵本を自由に読めるようにしました。

お客様の中には小さなお子様もいらっしゃいます。

静かにじっと読んで(見て)いたりお母さんに読んでもらったりもしています。

その姿を見てもっと多くの子供達に広げたい、そう思うようになりました。

 本業の喫茶店以外にも以前はクレイアート(粘土細工)を通して障害者施設

なども訪問教室などもしていました。

絵本の内容、絵の繊細なタッチなど、子供たちに何かを感じて貰いたい。

八王子は人口60万人、その中には3つの児童施設、そして18の障害者施設

がございます。感受性の高い時期に例え本の内容が理解出来なくても

目に触れて貰いたい、自分で絵本を届けたいと思うようになりました。

 

コーヒー専門店として目的を目指す為に、クラウドファンディングを通して

絵本を届ける仕組みを考えました。

 

今回のプロジェクトは既存で販売をしている

”えんとつ町のプペルブレンド”ドリップ珈琲をグレードアップさせます。

 

そして、支援して頂いて作るのはドリップを入れる為の箱になります。

箱の製造単価を分かりやすいように100円と仮定します。

(最終的に少し単価が上がります)

ドリップ珈琲が売れるたびに100円分を貯めていきます。

22個(2200円)で、えんとつ町のプペルの絵本1冊を購入できるようになります。

そのためにはこの商品を多く広めていく必要があります。

●クラウド費用について

23万が箱の製造・木型代・印刷代・デザイン費用などに充当されます。

●既存のえんとつ町のプペルブレンドについて

プペルブレンドのこだわりをお伝えします。

絵本を読んでいない方に興味を抱いて絵本を購入キッカケの一つになって欲しい事

これがプペルブレンドを作った目的です。

その為に絵本を繰り返し読み自分の中のプペルの世界観をイメージしていきました。

珈琲豆の特徴をストーリーと照らし合わせ1種類ずつ混ぜて配合していきます。

 

【プペルブレンドの味わいについて】

https://coffee-den.amebaownd.com/posts/3779393

味以外にも演出効果が必要と思いました。

クラフト紙にすることで鮮明さより、絵本のノスタルジーさを重視しました。

商品同封チラシとして、プペルブレンドへの想いと

レターポット のオススメを封入致しました。(1月改訂版にて)

平成29年12月 22日にリリース

yahoo!地域版に掲載して頂きました。

(現在はYahoo!のリンク切れのため、元記事のサイトに現在も記載)

https://hachioji.keizai.biz/photoflash/2245/

 

●クラウドファンディング のキッカケとなる二人の出会い

 今回のクラウドファンディングをするに至り、最も重要なキーは

”レターポット ”を利用していたからこそ巡り会えたご縁です。

 

1・ご縁 其の1

2018年8月に旗揚げされる”えんとつ町のプペル劇団”の主催者様から

販売依頼を頂いたご縁。この主催者とはレターポット で出会いました。 

 

 2・ご縁 其の2

レターポット がシステムエラーをした時に投稿され、そのイラストで

多くの方が癒され話題となりました。

デザイナーの”飴ほあたさん”  

●クラウドファンディングする商品の概要

絵本を子供達に届けたいという想いをイメージしていた矢先の

劇団の開催会場でのプペルの販売に至り、もう一度商品を見直しました。

ご支援頂いても全く売れなければ絵本に変える事が出来ません。

なので、次の部分を現商品の改良点として挙げました。

1・デザイン性

 若きデザイナー、飴ほあたさんに依頼しました。

ほあたさんが感じる”えんとつ町のプペル”の世界観を箱だけではなく、

中身まで創造して頂きます。

2・サプライズ性

  本とコーヒーは本来相性の良い関係です。

本には休憩の際に使用する”しおり”が書店で購入すると付いてきます。

このしおりを今回パッケージ自体にプペルの世界観で組み込みたいと思います。

珈琲業界として栞は初の試みであり、新たな挑戦です。

3・デザイナーの成長作品を目指す

 飴ほあたさんには今回のプロジェクトにあたり、全面お任せでお願いしています。

彼女の中に描く新しい世界観を表現してもらいたいからです。

私が最初に見たあのインパクトのある癒されたイラストのような気持ちを多くの方に

この商品を通してまた新たに感じて貰い、ほあたさんの代表作の一つになる事を

望んでおります。

4・全国販売へ向けての販路拡大

  店内やネットショップだけではなく多くの方に知って頂きたいので、

JR八王子駅ビルのショッピングセンター内、有隣堂八王子店に交渉し、

オススメ本コーナーにて”えんとつ町のプペル”の横に当店の既存販売中の

プペルブレンドを置かせて頂きました。

クラウドファンディング 後も置かせて頂けるお約束を頂いております。

●デザイナーを応援する理由

 私は20代半ばでプロの音楽家への夢を諦めました。

 音楽には人を元気にさせ、勇気を与えてくれる力があります。

そんな気持ちを感じる機会を作りたくて、友人などのご紹介を頂きながら

当店ではLIVEを月に2回程度開催しています。

 その他に個展なども無料開催しています。

開催費用無料

物販販売もOK (お店の中間マージン無し)

お店は作家さんのファンもいるので集客の可能性も出てきます。

作家さんはギャラリーとは違い、作品に興味を持った方以外にも見て頂く

チャンスがあります。お互いがWIN×WIN関係になっているんです。

音楽は人に勇気や元気を与えてくれ、絵は心を豊かに、癒してくれます。

そんな作品を描かれる方と珈琲の商品を通して共に成長していきたい、

そんな想いで応援しています。

 

▼リターンについて

1・3000円・・・・ただただ支援           

2・3000円・・・新デザイン”プペルブレンド ドリップ珈琲”  を4箱

 ※上記画像は現在の既存販売品です。クラウドファンディング 後とは違います。

3・5000円・・・新デザインのプペルブレンド ドリップ珈琲を4箱

         未販売のプペルブレンドのコーヒー豆200g

         (豆のままでもお挽きもします)

         レターポットでのお礼

 

●1月8日からレターポット をお店で取り組んできた活動報告

お店にとって非常にメリットの高いと思い、

レターポットへの取り組み を1月8日からお店のブログで

ほぼ毎日書いてきました。試行錯誤の繰り返しではございますが、そこから

今回のクラウドファンディングをするに至るまでのご縁なども出来、現在では

店舗イベントなどに繋がる新たなご縁が生まれています。

https://coffee-den.amebaownd.com/posts/3779665

こちらは今後もCAMPFIREの活動報告・当店のブログでも順次更新していきます。

 

●動画でのご説明

 YOUTUBEにて今回のプロジェクトに対する想いを動画に致しました。

その他にも珈琲倶楽部 田のYOUTUBEチャンネルには

毎日クラウドチャレンジ動画を投稿しています。

 

▼最後に

 ●珈琲の技術と鮮度、質、手作業でのドリップ製造にこだわり続けて作った

 プレルブレンドを多くの皆様に飲んで貰いたい。

 ●心から感銘を受けたプペルの絵本をより多くの方に読んで貰うキッカケの一つになりたい

 ●若きデザイナーが本商品を通して更なる活躍の場に行かれる事を応援したい

 ●1カ所でも多くの児童施設・障害者施設に絵本を届けたい

 

多くの皆様に私の想いが伝わって頂ける事を望んでおります。

どうぞ宜しくお願い致します

 

珈琲倶楽部 田

永塚 祐士

 

 

 

  • 2018/05/12 23:26

    皆様のおかげでクラファン 達成!そして現在111%となりました! 残り30分ですが残り最後の最後まで頑張りたいと思います!!  

  • 2018/05/12 13:22

    本日最終日となりまして、残す所あと11時間となりました。 現段階でおかげさまで86%となってきました。 一昨日にはまだ53%だったのでこの2日間でたくさんの皆様にご覧頂き、ご支援頂いております、誠にありがとうございます。   引き続き終了時間23時59分まで頑張りますので、皆様引き続き...

  • 2018/05/12 11:10

    5月1日 5月2日 5月3日 5月4日 5月5日 5月6日 5月7日 5月8日 5月9日 5月10日 5月11日

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください