アートをもっと身近に。夢を応援する『アートかけ紙プロジェクト』。地元の若手クリエイターにギフトラッピングのかけ紙を依頼し、毎月開催するこだわりのマーケット「浜松サザンクロスほしの市」の包装に使用します。好きなことに真剣に取り組むステキな地元クリエイターの存在を広く知ってもらいたくて企画しました。

プロジェクト本文

▼この企画は、「浜松サザンクロスほしの市」から生まれたプロジェクトです。

 

私は静岡県浜松市で活動する『浜松サザンクロスほしの市実行委員会』の島津順子と申します。自分たちが住む町の魅力を発信し、ワクワクして暮らしたいという想いで、この春(2018年4月)から仲間と一緒に「浜松サザンクロスほしの市」というマーケットを毎月開催していこうと今、準備を進めています。イベント会場のあるサザンクロス商店街は浜松駅から歩いてすぐ近くにある浜松唯一のアーケード商店街。今はシャッターが閉まったお店が増えて少し寂しくなっているこの商店街エリアの期待値を上げるため、会社を作り(株式会社浜松家守舎CON)、定期市の開催を企画しました。

 

 ▼アートかけ紙プロジェクトとは?

 

「浜松サザンクロスほしの市」は浜松の魅力が伝わるマーケットを目指し、募集は行わずスカウト型で地元の出店者さんを集めています。そして、もうひとつの特徴が、複数店舗の商品をまとめてギフト包装できる『ギフトコーナー』を設置すること。この包装で使う『アートかけ紙』(のし状の物)を浜松で活躍するクリエイターさんに描いてもらいたいと考えています。

●浜松サザンクロスほしの市 https://hoshinoichi.com/

 

▼なんのために、やるのか?

一番の理由は、「浜松サザンクロスほしの市」のコンセプトでもある『子どもたちに、誇れるまちに』したいからです。浜松の町を自分らしい仕事で生きている魅力的な大人がいっぱいの町にすることで、未来の子どもたちがチャレンジしやすい町、また帰ってきたくなる町になれば・・・そんな想いで定期マーケットも企画しました。

 ▲2017年11月に開催した「浜松サザンクロスほしの市vol.0」の様子。若い女性や小さい子供を持つママなどを中心に好きなことをカタチにしようとチャレンジする出店者たちでにぎわいました。

 

ギフトコーナーの包装も、地元の魅力が伝わるものにしたい…

そう考えていたところ、静岡県浜松市を拠点に活動されている絵描きの2人・熊谷隼人さん、中村菜月さんをご紹介いただきました。若くて私よりも年下のお2人ですが、クリエイターとしての自分の想いを表現する力、絵描きというご自分の仕事に対する誇りが感じられ、こんな素敵な方々がいるのに、地元の人も知らない人が多いことに「もったいない!」と感じました。

『アート』は一部の興味ある人が楽しむものではなく、もっと日常に溶け込む存在であっていいと私は思います。多くの人の目に触れて楽しんでもらってこそ、生み出された作品も喜ぶのではないか…と。そんな想いからお2人に『アートかけ紙プロジェクト』を相談したところ、企画主旨に共感・快諾いただき、オリジナルのギフト用かけ紙を描いてくださることになりました!

 

▼まずは、このお2人に『アートかけ紙』を依頼したい!

 【熊谷 隼人さんからのメッセージ】

「浜松サザンクロスほしの市」の魅力を伝えていくうえで,かけ紙が一つのアイコンのような存在になってくれたら嬉しいです。絵描きとしてこのような形でお手伝いできることを,心より嬉しく思います。

 ●熊谷隼人さん公式サイト http://noteofkuma.com/

 【熊谷 隼人さん作品一例】

 こんなすばらしい作品を描く熊谷さんの「アートかけ紙」を見てみたい!

*******************************************

 【中村菜月さんからのメッセージ】

絵描きという存在は身近なものなんだと思ってもらえたらうれしいです。わたしはみんなの近くにいるつもりです。

そして,この掛け紙を選ぶ時間,掛け紙を使って贈り物をしたい人を思い浮かべる時間,贈り物を受け取った誰かのその時間,その先に続く日常がその人の人生においてよい時間であったらいいなと思います。

 ●中村菜月さんサイト https://pirka.goat.me/

【中村菜月さんの作品一例】

  こんな魅力的な作品を生み出す中村さんの「アートかけ紙」、きっとステキ!

 

▼使い終わった「アートかけ紙」を捨てない使い方も提案! 

『アートかけ紙』は、包装としての役割を終えても使ってもらえるように、文庫本カバーの折り方など、アートかけ紙の意図とともにギフトに同封して二次利用を提案する予定です。

 

 ▼資金の使い道

●クリエイターさん(熊谷さん、中村さん)に2柄ずつアートかけ紙を描いてもらう料金

●印刷費(A4サイズ・カラー・4柄・各1000部予定)

●ギフト包装資材購入費

●リターン品の品代&郵送代

以上の資金に使わせていただきたいと思っています!

 

  ▼そして、ゆくゆくは…

多くのクリエイターさんたちの作品の中から、お客さまが「クリエイター名」「作品名」をあたり前のように口にしながら『アートかけ紙』を選ぶような風景を夢見ています。

浜松のこだわりの食と暮らしが集まったマーケット「浜松サザンクロスほしの市」でギフトを選び、浜松のクリエイターの作品(アートかけ紙)で包んで贈る…

贈った人と受け取った人との間で新たな会話が生まれ、 浜松にはこんな素敵なものを作る大人、作品を生み出すクリエイターがたくさんいること、そしてワクワクすることを挑戦する場があることを広く知ってもらいたいと思っています。 

みなさん、どうぞ応援よろしくお願いします!

そして、みなさんの応援で、クリエイターさんたちのどんな『アートかけ紙』が生まれたか、ぜひ「浜松サザンクロスほしの市」へ見に来てもらえると嬉しいです。

▼リターン品について(補足事項)

『10000円コースB』のリターン品《中村菜月さん作スマホケース》で制作可能な機種は以下の通りになります。画像をご確認のうえ、ご検討ください。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください