女性ふたりからなるアートユニットMERRYが、新たな領域にチャレンジするMERRYのタイツプロジェクトです。
私たちを少しだけ強気にする、思い切ったカラーリングとデザイン。

このタイツを履いた日は、ナチュラルハイでいられるような、チャームポイントになるアイテムとしてデザインしました。

今回は、みなさまからのご支援で、この取り組みを、実現させたいと思います。


■シュールだけどリアルな世の中で、ほろ酔い気分でいられるタイツをつくる

1 2

タイツだったら、私たちのクリエイティブの力が、もっと誰かの役に立つんじゃないか。そう思ったのが、今回のプロジェクトスタートのきっかけです。
このタイツを履いたら、いつも陽気な気分でいられる、そう感じてもらえるようなデザインをタイツに施しました。


3 4

これまで、絵を中心としたクリエイティブワーク・・・キャンバスに描いたり、額装した「絵」として家に置くものなど、衣食住の「住」に寄った形での表現に多く取り組んできました。今回、衣食住の「衣」に切り込んでいこうと、私たちの彩りと独特なモチーフを今度は身に纏ってもらえる形に昇華させることを考えました。それは、「衣」の方が、誰かの目に写り込んで、その人自身の表現にそのまま影響するからです。初めてのファッションプロダクト制作になりますので、クラウドファンディングでみなさまにご協力いただいて、できるだけたくさんの色・柄を制作したいと思っています。身につける人の心が、小さく密かに踊りますように。


■身につける人の足をきれいにみせるMERRYのタイツ

現在、制作を進めているのは全4柄。どれも、身につける人の足をきれいに魅せるような視覚効果を含んだデザインになっています。

5 6

▲“BEAUTIFUL ORDER” Tights Pink (moose)
膝を中心に、アシンメトリーに斜めにラインの入った、“BEAUTIFUL ORDER” 。太ももに、ヘラジカがいったりきたりしています。裏側はサイドから切り返しでブラック1色にブロッキングされていて、正面から見たときにシャドー効果で足を細く見せるようデザインされています。

7 8

▲“LOOKING FOR” Tights Blue (dog)
腿の内側に向けて斜めのラインが入った、“LOOKING FOR” 。おちついた色味にランダムな幅の斜めボーダーで、もも、ひざ、足首がそれぞれ細く見えるデザインです。縞の中で、犬が大切なものを探しています。サイドから切り返しで裏側はネイビー1色になっています。

9 10

▲“AURORA CAT” Stocking Brown (cat)
太ももに、ピンクとキャメルの色の輪がついた、“AURORA CAT” 。右足首に、猫がたたずんでいます。ピンクの輪をひざ上の高い位置に配置することで、足を長く見せる視覚効果があります。短めのボトムスとあわせると、キャメルの輪が見えてまたちがった表情に。

11 12

▲“PARTIAL BIRD” Stocking Black (bird)
シンプルな黒のタイツに、線で描かれた模様が浮かび上がる“PARTIAL BIRD” 。濃いカラーリングに、アシンメトリーに不完全な幾何学模様が描かれています。ひざ下が長く見えるよう目線をコントロールするよう絵柄の配置がされていて、足をきれいに見せます。

足首や、太ももに登場するモチーフや大胆なカラーリングは、あえてよく見て!といえるデザイン。男子も、堂々と凝視してもらっていいタイツです!!

MERRYのタイツプロジェクトでタイツが商品化した際は、売り上げの一部をWWFジャパンに寄付させていただきます。私たちは、これまでの活動で多くの動物の絵を描いてきました。タイツプロジェクトにご支援いただく方も、絶滅動物保護の活動をされるWWFジャパンの活動に、賛同していただける方が多くいらっしゃると思いますので、ささやかながら支援の寄付をさせていただく予定です。


■支援してくださる方へのリターン

支援してくださった方へ、下記を組み合わせたリターンを用意させていただきました。
タイツとセットになっているリターンに関しては、9月末、少しだけ足元が涼しくなった頃にお届けします。

13 14

▲CAMPFIRE限定 スマホケース
今回発表した4種のタイツと同じモチーフのスマホ(iPhone 4S / iPhone 5 / Android)ケースをCAMPFIRE限定の展開でデザインしました。限定数の展開になりますので、こちらもお見逃しなく!左から、“BEAUTIFUL ORDER” Case Pink (moose)、“LOOKING FOR” Case Blue (dog)、“AURORA CAT” Case Brown (cat)、“PARTIAL BIRD” Case Black (bird)。

15

▲ポストカードブックレット
2012年に開催した個展“I wonder why so fuzzy.”で発表した作品の中から、16作品をポストカードにし、ブックレットに閉じ込めました。MERRYの小さな作品集としてもご覧いただけます。

16

▲ポストカード5枚セット(絵柄アソート)
2012年に開催した個展“I wonder why so fuzzy.”で発表したシリーズを、ポストカードにしました。16種類の絵柄から、5種をアソートでお届けします。

17 18

▲オリジナルロゼット
2008年に開催した個展 “tento展-Show your peace-”で制作したテントのためにプリントした生地を使って作った、オリジナルロゼットです。リボンは、アンティーク風の柔らかなモアレリボンをセレクトして制作しました。

▲ハンドタオル
大好きな人たちに向けて、“MERRYの粗品”をテーマに作った、ハンドタオルです。タイツにも登場している猫とマイケル(!)がプリントされています。34×38cm。

▲原画
タイツのデザインは、まず原画を描くところからスタートしています。その、世界に一点しかない原画作品をお届けします。“BEAUTIFUL ORDER”、“LOOKING FOR”は、F4サイズ(242×333mm)のキャンバスにアクリル絵の具を使って描かれ、“AURORA CAT”、“PARTIAL BIRD”はドローイングを原画としています。 どちらも一点ものです。“BEAUTIFUL ORDER”、“LOOKING FOR”は、そのままフックで吊ったり、壁に立て掛けて飾っていただけるキャンバスの仕様で、“AURORA CAT”、“PARTIAL BIRD”は、ドローイング作品は額装してのご用意です。

▼MERRY TIGHTS PROJECT 展示会について
MERRY のタイツプロジェクトの発表展示会を、今年の8月末までに都内にて予定しております。
場所や会期については、現時点では未定ですが、いくつかの場所と話し合いを進めています。
開催1ヶ月前(7月末頃)にご招待状を郵便にてお送りさせていただきますので、楽しみにお待ちください。
進展がありましたら、こちらでもお知らせ致します。


■MERRYのこと

世の中は、シュールなくせにリアルでときどき痛い。だからそんな私たちにはMERRYが必要。MERRYが来たら、いつでもドアを開けられるように。
MERRYをはじめたときから変わらないコンセプトです。毎日過ごす時間の中で、いろいろなことが起こります。そんな日々の中に、でも大丈夫!と思ってもらえる要素を差し込むこと、それを使命に活動してきました。

19 20

例えば、2012年に代官山Gallery Speak For で開催した個展 “I wonder why so fuzzy.”では、改めて作品制作と向き合い、新作を多数発表。

21

2008年に 六本木ヒルズumu で開催した個展 “tento展-Show your peace-”では、それまでに制作した絵を元にオリジナルのテントを制作、発表しました。

22 24

23 25

その他、オフィスの内装としての絵の制作、百貨店の催事内装のアートディレクション、店舗内装の壁画制作や、イベントでのライブペイントなどのクライアントワークを多く手がけてきました。 アートを切り口にした取り組みをしてきましたが、はじめて身に纏うアイテムに挑戦します。自分のホームにお守りのように気に入ったアートがある、という生活もとてもゆたかなものですが、身に纏うアイテムになることでぐっとMERRYはみなさまに近づけるのではないかと思っています。MERRYのタイツを履くとき、陽気でほろ酔い加減なインコMERRYを肩に乗せて、きれいな色彩を纏って、少しだけ背筋をのばして世の中に飛び出していっていただけたらと思います。そういう感覚をひとりでも多くの方に広めたいと思っています。どうぞ、チームMERRYにご支援をお願いします。


26

MERRY
art unit
momoko kawakami artist/painter
hiromi midorikawa manager/writer

MERRYというのは、私たちの象徴である、インコの名前。いつもほろ酔い加減で、陽気な彼が、アイコンとしてよく登場します。

http://merrybirds.com/
https://www.facebook.com/merrytm
https://twitter.com/MERRYTM


■最後に、MERRYからみなさまへ

これまで、個展で作品を発表したり、プロダクトを制作したりしてきたという経験はありますが、それは、身近な人、身近な人とつながっている少しだけ離れた人に向けて発信し、場を共有できた方だけが少しだけしあわせになってほしいというような願いを叶える方法しか私たちは持っていませんでした。
今回、クラウドファンディングという形で掲載させていただくことで、不特定多数の方に向けて、MERRYのコンセプトを発信し、取り組みとして伝えるという機会をいただきとてもありがたく思っています。Webでのクラウドファンディングによって、これまで結成してからも変わらず強く持ち続けている、私たちにできることで、誰かの日常にちょっとした彩りを差し込みたいという強い思いを実現するべく、見ていただいた方、支援いただいた方を巻き込んで、渦のように上昇していけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

Photo Credit:
岸本咲子(fashion photo /MERRY TIGHTS PROJECT)
山田泰一(exhibition “I wonder why so fuzzy.” photo)
半沢健(exhibition "tento展" photo)

  • <iframe width="560" height="315" src="//www.youtube.com/embed/BGPmZ1PhE_s?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
    2013/08/06 21:27

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2013/06/19 17:46

    こんにちは。MERRYです。 プロジェクトも残り16日となりました!ご支援いただいているみなさま、本当にありがとうございます。 応援していただいている方から何回かご質問いただいていた、「iPhone ケースとタイツのセットはないの?」というお声にお応えして、「CAMPFIRE 限定スマ...

  • 2013/06/18 16:03

    先週末、6/15(土)六本木ヒルズumuにて開催されたイベントで、たくさんの方に、タイツの実物を手に取ってご覧いただけました。「Peace in Touch #2」に足をお運びいただいた皆様、ありがとうございました。 当日、momokoが実際に着用していたのですが、みなさまの反応としては...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください