はじめまして。

『俺ふぇすmeets唄まき』実行委員会です。

わたしたちのプロジェクトに興味を持って下さり、ありがとうございます!

 

この度わたしたちは、来たる6月9・10日の二日間、大阪府高槻市にて、『俺ふぇす』と『唄まき』というそれぞれ独立した音楽イベントをコラボさせた『TAKATSUKI CARNIVAL!俺ふぇすmeets唄まき♪』を開催することに致しました。

 まずはじめに、『俺ふぇす』と『唄まき』についてご説明させて頂きたいと思います。

 

日本各地でライブを展開しているツアーミュージシャンたちが2016年に発案した『みんなが主催者、みんなが主役』をモットーにしたライブイベントで、これまで静岡県・石川県・千葉県・宮城県石巻市(4月開催予定)など、各地で開催されています。

 開催地の地元ミュージシャンが主体となり、全国各地のミュージシャンを呼び集め、毎回二日間で

のべ20~30組が出演しています。

ジャンルは様々で、年齢も10代~60代と幅広く、初対面でも自然にセッションしたり、年齢も性別も生まれや育ちも超え、音楽を通じて親交を深め、互いに刺激し合い成長し合える絶好の場となっています。

またお客さんにとっても、一度に各地のミュージシャンのライブが堪能できるお得なイベントとして、毎回大好評です。

 さらに、会場となるライブハウスや飲食店が出演者や観客に宿泊場を提供してくれたり、俺ふぇすならではのメニューを用意してくれたり、皆一丸となって盛り上がりを見せています。

*参考動画URL

https://www.youtube.com/watch?v=DyHSVWC88Ts 


わたしたち実行委員会メンバーも皆『俺ふぇす』に何度も参加しており、このすばらしいイベントを我が街高槻でも開催したいとこの会を立ち上げました。

 

 

 

2010年『音楽で高槻を盛り上げるのだ!』を合言葉に、大阪府高槻市在住のミュージシャンはじめ、音響会社社長、サポートスタッフなど有志が集まり、プロジェクトチーム『TAKATSUKI唄まきstatioN』を結成しました。

 『発信して、出会って、繋がって、そして広がってゆく』をコンセプトに、音楽を通じてステキな輪を広げたいと、ほぼ毎月一回のペースで阪急高槻市駅高架下広場(野外)で、無料のライブイベント『音のわLIVE』を開催し続け、今年で8周年を迎えます。

 会場の清掃や舞台設営、近隣店舗や商店街などへのあいさつまわりも出演者自らが行う手作りのイベントで、老若男女、障害のあるなしに関わらず様々な方に応援して頂き、今では『唄まき』の愛称で親しまれています。

 手作りとは言え、音響はプロが担当しているので本格的な音でライブを楽しんで頂け、またメンバーにデザイナーがおり、ロゴやポスター・グッズも本格的で、単なるストリートライブとは一線を画しています。

 当初6人だったメンバーも20人を超え、中には全盲や脳性麻痺、難病を抱えながら活動しているメンバーもいます。

出演者も高槻在住者に限らず、遠方からのツアーミュージシャンも多数出演して頂き、全国的に輪が広がってきています。

さらに、高槻市からも『中心市街地活性化』に貢献していると評価され後援名義を頂き、高槻市主催のイベントにも『唄まきファミリー』として出演し、音楽で街を盛り上げる活動に励んでいます。

 

*唄まき参考動画URL

https://www.youtube.com/watch?v=OAz3Ye32vDk 


わたしたち実行員会は、唄まきメンバーで構成されています。

 

 

 

前置きが長くなり申し訳ありません。

本題に入りたいと思います。

 

この度、前述の通り、唄まきメンバーの一部が主体となり、高槻で『俺ふぇす』を開催することになったのですが、

せっかくなので『唄まき』と合体させたイベントにしようと考えました。

繋がりや人の輪を広げようというコンセプトが共通していることや、各地のミュージシャンを地元のお客様に見て頂けること、各地の人たちに『音楽の街 高槻』を知って頂けることなど、合体させることで相乗効果が上がると考えたのです。

 タイトルは『TAKATSUKI CARNIVAL!俺ふぇすmeets唄まき♪』

参加して楽しむお祭りを意味する『カーニバル』と、出会う・集まる・交わるを意味する『meets』を用い、たくさんの人が参加して、楽しんで、交流して、音楽をきっかけに人も街も元気になってほしいという願いを込めて名付けました。

イベント概要は、地元組・遠方組合わせてのべ20~30組のミュージシャンが、唄まき会場の阪急高槻市駅高架下広場と、JR高槻駅前のライブバー『T-true』でライブを繰り広げるというものです。

『T-true』は唄まきメンバーたちがホームグラウンドにしている、音響も料理も充実したアットホームなライブバーで、今回のプロジェクトにも非常に協力的です。

これを機に、『T-true』が各地のミュージシャンたちの関西ツアーの拠点になればという狙いもあり、会場に選びました。

『T-true』ホームページ↓

http://t-true.bona.jp

また、まだ交渉中ですが、高槻商工会議所が認定した『たかつき土産』の販売や、唄まきメンバーおすすめの店舗マップを作って、街の活性化も図りたいと考えています。

 

 

[イベント概要]

<TAKATSUKI CARNIVAL! 俺ふぇすmeets唄まき♪>

♪日にち:2018年6月9日(土)・10日(日)

♪時間:12時半~21時半(高架下広場は17時まで)*予定

♪会場:

①『阪急高槻市駅高架下広場』

 大阪府高槻市城北町1-18

②『T-true』

大阪府高槻市高槻町4-3 サタリービルB1-B(エレベーター有り)

 

 

演者もお店も、たくさんの人に足を運んでもらいたいもの。

そこで思い付いたのは、入場無料にすることでした。

無料ならお客様もうれしいはず。

 ただ、無料にするデメリットもあります。

 

元々『唄まき』は無料ライブですが、会場費が必要なく、みんな無償で取り組んでいるため、経費は必要最低限に抑えられていて、それもお客様から頂いたカンパ金で何とかまかなえています。

一方『俺ふぇす』はライブハウスなどでの開催がほとんどで、会場費がかかる上予算もないため、入場料を経費に充てています。

 入場料を無料にした場合、経費をどうやって捻出すれば良いのでしょう?

 

そこで思い付いたのが『クラウドファンディング』でした。

 

 

 

音楽で誰かの空腹を満たせるわけでも、壊れたものを直せるわけでも、災害を防げるわけでもないけれど、音楽だからこそできること、誰かのため社会のためになれることがあるはず、とりわけ『生』の音楽には底知れないパワーがあると信じて活動を続けているミュージシャンは、わたしたち実行委員会メンバー含め、きっとたくさんいると思います。

ミュージシャンだけでなく、音楽を愛する人のほとんどがそうではないでしょうか?

 

今回の『俺ふぇすmeets唄まき』の出演者は基本ノーギャラですが、趣旨に賛同してくれた仲間たちが遠方からも約10組、気持ちひとつで駆け付けてくれる予定です。

そんなステキな仲間たちをより多くの人に知って頂くためにも、ぜひ入場無料を実現させたいのです。

 

 

支援して頂いた資金は、

・会場費(控え室含む)

・音響機材費

・フライヤー、ポスター、パンフレットなどの作成費

・グッズ作成費

・リターン作成費、郵送費

・クラウドファンディング手数料

などに使わせて頂く予定です。

 

リターンは、

・当日の模様を盛り込んだDVD(後日お渡し)

・DVD、パンフレットへのお名前掲載

・オリジナルグッズ(バッヂ・ステッカー・リストバンド)

・ポスター

・お名前入りオリジナルフラッグ

・お礼のお手紙

などをご用意しています。

 

*この支援はAll-in方式をとっているため、目標金額に達しなかった場合でもイベントは開催致します。

 

 

 

最後まで読んで下さって、本当にありがとうございます!

クラウドファンディングは初めての試みで不安もありましたが、やはり入場無料にこだわりたく、思い切ってチャレンジすることにしました。

資金を集めることはもちろん重要ですが、この機会を通じて共感して下さるみなさまと出会えることもまた、貴重なものだと思っています。

 

たくさんの方の心に響きますように!

どうぞよろしくお願いします☆ミ

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください