Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

2016年熊本地震シングルマザー就労支援 プロジェクト

57309dbf 80b4 4433 ad7b 38b00ab90042.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
328,500円
パトロン数
69人
募集終了まで残り
終了

現在16%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2016-05-10に募集を開始し、69人の支援により328,500円の資金を集め、2016-05-30に募集を終了しました

<働く場所を失ったシングルマザーが大勢います> 大きな傷跡を残した熊本地震。 目に見える建物や路面などの被害のほかにも沢山の課題が山積みです。 いつまでも止まらない余震の不安、そして働けなかった間の生活費、これから先の生活に不安を感じ眠れない日々を過ごしているのが私達の現状です。

2016年熊本地震は熊本を中心に広い地域に大きな被害をもたらしました。死者67名、行方不明1名、重軽症者1,578人、住宅全壊・半壊・1部破損62,275棟(5月6日発表)。4月16日深夜の本震直後は避難者が18万人、避難場所は855箇所を数え3週間経過した今でも多くの方が避難所暮らしをしています。

ライフラインが整った後に残る課題
大切な家族や友人を失った人。住む家を失った人。仕事を失った人。熊本地震は大きな傷跡を残していきました。

今なお、頻繁に発生する余震。いつおさまるのか、もしかしたら、もっと大きな地震がくるのか…と、毎日、毎晩恐怖を感じる日々が続いています。 

そして無事に朝を迎えても次に襲ってくる将来への悲観。。。

余震は自然のものだから仕方ない。でも、将来への不安はどうにかすれば解決できるはず!!そんな仲間たちで集まり動き出したプロジェクト。

それが「熊本シングルマザー就労支援プロジェクト」です。

 
熊本市内でも被害のひどかった東区の健軍商店街周辺

▼仕事がないのであれば自分たちで作ればいい!!

今回の震災で熊本県内のあらゆる場所に大きな傷跡が残りました。

私達の大好きな街、熊本が大変なことになってしまっている。 

働く多くのシングルマザー達は震災以降の収入はゼロになっています。辞めて失業保険をもらうべきなのか?他に仕事を探せばいいのか?自宅待機のまま待てば職場に戻れるのか?そのような状況になっています。


▼天然素材の脱臭剤の企画、開発


自分たちの収入にもなり、熊本の復興支援にもなれる方法を一生懸命探しました。
そしてヒントを得たのが避難所生活を強いられている友人の話でした。


簡易トイレや狭い場所で暮らすことによる他人の体臭などの多くの生活臭。トイレにはスプレータイプの消臭剤などがありましたが、化学薬品が苦手な人は、薬品の臭いだけで体調を崩す方が数多くいました。臭いの面からでも避難所を快適な環境にするための脱臭剤を探すことになりました。

 

竹炭などいろんな天然素材の脱臭剤を試していく中で、阿蘇山で採掘されるリモナイトという鉱物に高い脱臭効果があるということがわかりました。早速、採掘を行っている日本リモナイトという会社の協力もあり「リモカーボナイト」という脱臭効果の高い新しい複合素材を提供してもらえることになりました。


その素材を使い、自分たちで商品名やパッケージを考え本格的に商品化を目指すことなりました。ロゴデザインや規格、商品撮影などを全てを自分たちで行い、実際の商品の製造なども私たちシングルマザー達で行っていく計画です。

自分たちと同じように震災で仕事を失ったシングルマザー支援のために企画・開発した商品ochre natrure(ホワイト&ワインレッド)

天然素材のみを原料に使いましたので小さなお子様のいる家庭やペットを飼っている家庭でも安心して使用出来ます。

▼このプロジェクトで実現したいこと

多くのシングルマザーの職場が事業再開の目処がたたない状況で今後の生活費をどう工面していけば良いのか不安な最中にいます。

自宅待機のまま、子供の面倒をみながら家の中で出来る仕事をプロジェクトのメンバーと模索し、まず第1弾として自分が欲しいと思えるような商品を企画。

製造コストの元手をクラウドファンディングを活用して自分達の事業として確立出来ることを目指しました。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

現実はこのような状況ですが、泣き言ばかりは言ってられません。

仕事が減ったり、収入を失ったりと目の前は厳しい現実ですが、母親としては、2度も大きな揺れで怖い思いをした子供に、今後は苦しい生活をさせたくありません。


甚大な被害を受けた上益城郡益城町


阿蘇方面で被害の大きかった南阿蘇村

  

▼資金の使いみち
今回クラウドファイティングで集めた資金は原材料や包材などの調達、商品を製造するための作業場の確保などに使わせていただきます。

また、今回のプロジェクトとして重要な部分なのですが経費として生産、梱包、発送作業をシングルマザーのプロジェクトメンバーで行います。売上から出た利益はシングルマザー達の収入源となります。

 

▼商品について

<商品名について>
商品名は素材のリモナイト=黄土を意味するフランス語の「ocre(オークル)」としました。
<天然素材のリモナイト>
「ocre」の名前のとおり国内では熊本県の阿蘇でしか採れない「黄土・リモナイト」を主原料としています。「リモナイト」は鉄分を多く含んだ文字通り黄色い土ですが、家庭で発生するさまざまな臭い成分を強力に吸着する力をもっています。
<天然素材の活用による高い安全性>
これまで一般的だった芳香剤や消臭剤、消臭スプレーの大半は化学薬品です。合わない人にとってはアトピーや花粉症の原因にもなるとも言われています。「ocre」の原材料リモナイトは鉄分補給のサプリメントにも使用され、食用としても使われているので安心です。
<長寿命でリーズナブル>
1個の「ocre」で10畳ほどの部屋の臭い消しには4ヶ月効果が継続します。冷蔵庫などの狭い空間では半年以上。効果寿命が長いので、取替の手間がかかりませんし、1個あたり1000円÷4ヶ月で1ヶ月のコストは250円程です。
<かわいくオシャレなデザイン>
「ocre」を入れるパッケージにもこだわり天然素材の「麻袋」を利用し5つのカラーバリエーションを用意しました。(ナチュラル、ホワイト、ワインレッド、ブルー、グレイ)


強力な脱臭剤「リモカーボナイト」天然の麻袋にパッケージしました。

阿蘇のリモナイト採掘地

リモナイトとは「褐鉄鉱」「沼鉄鉱」と呼ばれ、沼地や浅い海などの鉄分を多く含む水が空気に触れ、沈殿作用がおき、その沈殿した黄土を「リモナイト」と呼びます。どうして阿蘇の山の中でそのような産物が生まれたのでしょうか?
阿蘇は、30万年前、15万年、前9万年前と大噴火を経験し、これらの噴火により阿蘇山と外輪山との間に大きな火口湖ができたといわれている。火口湖にはマグマや植物といった様々な有機物が蓄積され水中で分離分解されました。やがて、湖は干上がり、火口湖は大きなカルデラとなって今の姿となり、蓄積された成分は地下に浸透し、層となって眠りました。

<リモナイトの成分>
掘れたばかりの酸化第一鉄を、3年間熟成することによってできる水酸化第二鉄は、様々なガスや有害物質との結合が高く、その吸着力をあらゆる分野で発揮しています。
<リモナイトの吸着力>
「リモナイト」は鉄分のほか、カルシウムやマグネシウムといったマルチミネラルがバランスよく含まれているため、健康食品、飼料用添加剤、ペット用健康補助食品、土壌改良用活性土、また水質浄化用などに使われています。

 

<商品規格>
■商品名:ochre natrure(オークル・ナチュレ)
※ochreとはフランス語で「黄土」のことです。
■製品の特徴:(リモナイト+活性炭)をパルプ素材に混ぜ込み複合化。さらに細分化することで臭いの吸着力を高めました。
■用途:冷蔵庫、トイレ、クローゼット、シューズボックス、ペットのいる部屋、車内など様々場所でご利用いただけます。
■成分:リモナイト、活性炭、パルプ
■内容量:リモカーボナイト(4大臭素除去剤)80ml充填
■ご利用いただける期間:約8畳の空間で4ヶ月~6ヶ月効果が継続します。

4大臭素について
■アンモニア(体臭など)
■トリメチルアミン(魚の生臭さ)
■メチルメルカプタン(漬物や玉ねぎの腐敗臭、動物の糞臭など
■硫化水素(卵の腐ったような臭い)

▼リターンについて

今回、第1弾の商品として私たちが欲しかった商品を自分たちの手で作りました。きっと多くの方々に喜んでもらえる商品になっていますので、是非、購入して試してもらいたいのです。

大量なテレビCMなどで宣伝されている消臭剤の多くは化学薬品で出来ており、中にはわずかですが危険な物質が含まれているモノも数多くあると聞いています。

今回開発した商品は天然由来の原料を使っていますので小さなお子様がいるご家庭やペットを飼っているご家庭などにピッタリの製品にしました。

是非、私たちシングルマザーの支援と一緒に企画した商品を使っていただければうれしいです。

 

▼ご挨拶


【プロジェクトチーム】 宮田幸子
私は大学生、高校生の子供がいるシングルマザーです。
熊本地震では2度の大きな揺れに死ぬ程の恐怖を感じ震えていました。

いつまでたってもおさまらない余震への不安とこれから先どうなるんだろう?と急激に襲ってくる仕事への不安。仕事が出来ないまま時間だけが経過し今後の不安で眠れない日々が続きました。

「このままでは食べていけなくなる!」こんな想いをしているシングルマザーの友人がたくさんいます。仕事を作らなければ!自分のため、家族のため、周りの同じ思いをしている友達のため、手を取り合って生き抜く方法を一生懸命考えました。 私と同じようにひとりで子どもを守りぬくママ達のため、少しでも役立つ事ができればと願いこのプロジェクトを立ち上げました。

 

【プロジェクトチーム】 田上 寛美
私は中学生の娘を持つシングルマザーです。
フリーのキャリアコンサルタントとして、主に女性や若者の就労支援をしています。その中での今回の地震。非常に恐ろしい思いをしました。最初の2~3日間は生きるための水や食料の確保に精一杯でしたが、次第に次の不安が押し寄せてきました。

主な仕事先であった、学校関係は全て休校(3週間以上)、また予定していたセミナーや研修も全てキャンセルせざるを得ず、収入の目途が立たなくなりました。 アルバイトをしようかと本気で考え求人誌を購入したりもしましたが、余震も続く、不安定な状況の中、娘と離れて仕事に行くにも不安がつきまとい踏み出せませんでした。 シングルマザーは自分で選んだ道とはいえ、1馬力で生活するには限界を感じ、シングルマザーの弱さを痛感した瞬間でした。


しかし、悲観してばかりもいられないのです!私も含め、少しでも困っている人のためになることはないかと、色々と考えました。そして、私はキャリアコンサルタント、仕事を中心とした人の人生に寄り添う専門家。仕事がないなら作ればいい!との考えの下、このプロジェクトを決めました。
このプロジェクトを成功させることで、同じ様に不安を抱える女性たちの雇用を生み出し、子ども達の将来にも夢を与え、生きる希望となれば幸いです。

 
▼最後に

資金が集まりましたらシングルマザー達に呼びかけ商品を生産していきます。
売上から出た利益はシングルマザー達の収入源となります。

長期化が余儀なくされている今回の熊本地震ですがいつでも職場復帰できるよう、また必要な時に必要なだけ自宅でも作業可能な就労支援を続けていきたいと思います。

今回のプロジェクトに多くの皆様のご支援をいただければうれしいです。