▼ご挨拶

Nu-folkバンド ALIAKEと申します。尺八 / ヴァイオリン / ギター / 太鼓・鳴り物 を擁する和洋折衷の音楽で2015年より活動させていただいております。

▼このプロジェクトで実現したいこと

1stアルバムは東京 青山の観世能楽堂 能舞台にて録音させていただきました。和洋折衷の楽器たちが能舞台という空間で融合し、我々の無意識下にある"和"にシンクロするようなサウンドが生まれるのではないか。そのような思いから発案されたプロジェクトでした。

その後音楽性を模索し、メンバーである尺八 小湊昭尚、太鼓・鳴り物 美鵬直三朗 両氏の民謡家として養われた音色と、作曲家でもあるヴァイオリン土屋雄作、ギタリスト齋藤純一が触れてきたワールドミュージック(世界の民族音楽)との交わりにより

これからの日本に伝わってゆく新たなフォーク(民謡)を "Nu-folk" として表現してゆくという方向性が築かれました。

今回初となるスタジオ制作のアルバムでは、欧米のトラッドフォーク〜の流れにみられる温かく手ざわり感のあるサウンドを念頭に置き、スタジオ選びからエンジニアの選択までセルフプロデュースにて妥協なく実現し、これまでとは視点の違ったワールドミュージックとしての日本のフォーク(民謡)を生み出したいと考えております。

▼なぜクラウドファウンディングを実施するか

ALIAKEは結成から全て4人のメンバーの意志で活動させていただいております。何にも囚われることなく、同時に互いを受け入れる環境にあることが、音楽制作にも直接関わってくると確信しております。組織に属しておりませんので、資金調達は毎回メンバーが自ら行っております。もちろん日頃の活動の中で頂戴した代金からも資金を蓄えておりますが、より理想的なスタジオ&スタッフで録音をし、上質なサウンドをお届けしたいと願い、プロジェクトを立ち上げさせていただきました。目標への大きな一歩にご支援いただけましたら幸いです。

▼これまでの活動

2014年9月、東宝主催の新感覚・音楽朗読劇サウンドシアター”eclipse(エクリプス)”に音楽監督である土屋の呼びかけにより小湊、齋藤、美鵬が参加。バンド結成のきっかけとなる。同年11月、初ライブ開催し、バンド名を公表。

2015年 観世能楽堂にてレコーディングを敢行した1st アルバム”Rapid Promotion” を発表。同年、beatmania IIDX Copula の楽曲”Aublia” に参加。

2017年12月 初の海外公演を中国・上海にて行い好評を博す。

出演歴 :

楽天ジャパンオープン2017 国歌演奏 / すみだストリートジャズフェスティバル / 定禅寺ストリートジャズフェスティバル / 備中邦楽の里フェスタ / 新感覚音楽朗読劇SOUND THEATRE"eclipse"

▼資金の使い道

レコーディングスタジオレンタル費

REC&MIX エンジニア費

CDジャケット制作費

CDプレス費

MV撮影費

▼リターンについて

■CDクレジットSpecial Thanksにお名前を記載(ニックネーム可) ■制作過程の動画限定配信 ■完成したCDをサイン付きでいち早くお届け ■CD未収録曲を1曲プレゼント ■お披露目会にてメンバーと乾杯(5/6予定)

▼最後に

特別なモノではなく、自分自身や身の回りの人と共有したい、そんな一人一人の中にある”和”に共鳴するようなアルバムに仕上げたいと考えております。ご参加いただき、制作過程から完成まで一緒に楽しんでいただけましたら幸いです。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください