「やりたいことがわからない。」そんなあなたへ。情熱を燃やすためのオンラインサロン。あなたが人生をかけてやりたい情熱を見つけ、走り続けられるよう徹底的にサポートしていくコミュニティです。さあ、情熱を。

プロジェクト本文

情熱。


それは、これからの時代もっとも価値をもちます。


理由は3つ。

・ファンをつくるから。

・お金を集めるから。

・コンピュータに代替されないから。

 


ファンをつくるから。

情熱を燃やして行動し続ける過程は、ひとを魅了したくさんのファンをつくります。


ぼくはTwitterで以下のような行動をし続け、フォロワー3500人を達成しました。

 

情熱は最大のコンテンツなのです。

 


お金を集めるから

クラウドファンディング、そしてこれからやってくるトークンエコノミー。そこで最も重要なものは情熱です。

現代は実用的なものはすでに溢れかえっています。それよりも感情的価値、「これをやりたいんだ!」という溢れる情熱に、ひとはお金を出すのです。


ぼくはクラウドファンディングで300万円を集めました↓


ここには作りたいWebサービスの説明はひとつもなく、情熱しか語っていません笑。ただただぼくの思いに共感してもらい支援をいただきました。


情熱はお金を集める最大の要素だと思っています。

 


コンピュータに代替されないから。

これから人工知能が発達します。それでなくても、ITは日々じぶんたちを便利にするサービスを生み出し続けています。

そんな時代において作業てきな仕事は代替されるだけです。

しかし、「これをやるんだ!」という情熱だけは人間にしか生み出せません。情熱こそが人間の最大の価値です。

 

 


だからこそ、いま「情熱」を燃やすためのオンラインサロンが必要だと思っています。情熱を燃やせ!

 


オンラインサロン響で行われていること

 

1. じぶんの情熱を見つける!「情熱塾」

情熱塾とは、じぶんの情熱を見つけるためのワークショップです。

これからは情熱を燃やすことが大切ですが、そのためには情熱を注げることを見つけることが必要です。 しかし多くの人が「情熱を注げること」を見つけることに苦戦しています。

 

情熱を注げることを見つけるためには2つのことが必要です。

・じぶんはどうありたいか?一文で定義する。

・その一文に合った行動を具体的に精彩にありありと思い描いて、行動する。

例えば、前田裕二さんなら

・努力が正当に報われる世の中を作りたい

・努力するほど評価される生配信アプリSHOWROOM運営

と、この2つが明確です。

ぼくも

・感情を揺さぶりたい

・Twitter発信、オンラインサロン運営、組織をつくるWebサービス開発中

と、明確にしています。

この2つを明確にするため徹底的に自己内省をするワークショップです。

 

※zoom(ビデオ会議アプリ)で開催してるので、地方の方でも参加できます。頻繁に開催しているので、お忙しい方でも!

 


2.情熱を応援し合う!「オンライン飲み会」

サロンメンバーで集まってときどきオンライン飲み会をやっています。

情熱は失われやすいものです。他人から「そんなことできない」「お前には無理だ」そう言われるだけで簡単に失くしてしまいます。

だから、情熱に向かって走ってる人たちと応援しあう。そうやってみんなで支え合うためのオンライン飲み会です。

 

※これもzoom(ビデオ会議アプリ)で開催してます。地方でもお忙しい方でも!

 

3.情熱を感じろ!刺激をもらえ!「定例会」

情熱に向かって走り続けている大物ゲストを呼び、刺激を受けて「じぶんもがんばろう!」と思える場です。

過去には、以下のゲストを呼んでいます。豪華すぎて我ながらなんてお得なサロンなんだと驚きます!笑

このゲスト呼ぶのほんと大変なんだから!みんな入って!!笑

 

<今までのゲストに来ていただいた方々>

SHOWROOM創業者・前田裕二さん

天才編集者・箕輪厚介さん

認定NPO法人代表・今井紀明さん

ZOZOコミュニケーションデザイン室室長・田端信太郎さん

 

 

※定例会はリアルでの開催です。が、ライブ配信で全て残っております。さらに、地方や時間が合わない方に向けて、今後はzoom参加も可能にします。(ゲストに直接質問できます!)

 

 

ほかにもライターになりたい方にオススメの、note「マガジン響」を運営していくチームなどがあります。

チームや部活を立ち上げたり、イベントを主催するのも自由です。

 

さあ、オンラインサロン響で「情熱」を。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください