①自己紹介

主催団体

主催団体の京都若者議会運営委員会です。本会は京都若者議会の開催を目指して集まった30代以下のメンバーで構成しています。(メンバーの過半数は現役大学生です。)

HP:https://kyoto-wakamonogikai.jimdosite.com/

X(旧Twitter):@wakamonogikai

Instagram:@kyoto_wakamonogikai

共催団体

共催団体の若者啓発活動推進機構です。本団体は若者が主体的となって、啓発活動を行うことで、社会の一員としてより良い社会の構築に貢献することを目的に設立された団体です。

▼これまでの主な活動

・選挙の争点を考えるイベントを主催

・児童虐待の防止を目指したオレンジリボン運動(本団体は認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワークの支援団体です。)

HP:https://www.yep-2022.com/

X(旧Twitter):@yep_2022

Instagram:@yep_2022_japan

後援

京都若者議会は京都府後援のもと開催いたします。

②京都若者議会で実現したいこと

全国では愛知県新城市の若者議会や山形県遊佐町の少年議会などその地域の若者の声を集め、カタチとしていく”ユースカウンシル”が構築されています。

→ 京都ならではの若者議会を開催したい!

京都府は総人口に対する大学生の割合(京都府:6.3% 全国平均:2.3%【令和2年度】)や10万人当たりの大学数(京都府:1.31校 全国平均0.63校【令和2年度】)などからも分かるように多くの若者が京都で学んでおり、「学生のまち、京都」と呼ばれています。

日々、多くの学生や学生団体が活動している京都だからこそ、横のつながりをつくり、若者の声をカタチにする京都ならではの若者議会の開催を目指します。

▼開催会場は京都府庁旧本館内にある旧議場

③資金の使い道

資金は京都若者議会の開催費用に使用いたします。

会場賃借代:約3万円

印刷費(イベント当日の資料など):約1万円

広報費(ホームページ代など):約1万円

広告費(SNS広告など):約2万円

事務用品購入費(横断幕作成など):約1万円

手数料(17%+税):約2万円

合計:約10万円

④最後に

京都若者議会運営委員会 委員長 

中田(大学3回生)

京都で初の若者議会開催に向けて、コツコツと前へ進めていきます。

堅苦しいイベントではなく、京都が好きな若者がつながることのできる笑顔のイベントにしていきます!

ご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください