Twitterでフォロワー1万名突破と大人気だが運営資金が全然足りない!超アイドル伝説大森杏子(おおもりあんこ)で、1番要望の多い公式LINEスタンプにあんこ語録を取り入れた面白いスタンプを2周年の記念にどうしても作りたい!!今回初めてクラウドファンディングを利用し、実現に必要な資金を集めています。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして!純情17歳、宮城に舞い降りた天使こと大森杏子(おおもりあんこ)と申します♡腹黒とかアラサーとか、わけわかめ!宮城県の小さな事務所から全国誰もが知る伝説のアイドルを目指しお仕事コラボで奮闘中!!主に法人企業とコラボを行いメディア露出と二次創作で有名になる戦法「あんこ世界征服計画」を実行中!!今回始めてのクラウドファンディングに挑戦致します。

超アイドル伝説 大森杏子・公式ホームページ
http://omorianko.com

▼このプロジェクトで実現したいこと

一番要望の多い大森杏子の公式LINEスタンプをどうしても作りたい!大森ファン&80年代好きに喜んでもらいたい!!スタンプでは、Twitterでも使っている懐かしのフレーズや、あんこ語録そして仙台の方言を使い皆様が楽しく笑えるスタンプを作りたいと思っております!大森杏子を使い良き時代の名言やフレーズをスタンプを通して多くの方に知って貰いたいです。

<第1関門:35万円突破で!>
公式スタンプ画像(40種)製作決定!

<第2関門:55万円突破で!>
全員のお礼メールをオリジナルポストカード(非売品)に変更!

<第3関門:75万円突破で!>
全員に大森杏子の新作プリントクッキーを追加プレゼント!

▼プロジェクトをやろうと思った理由

とにかく貧乏なうちの事務所!知名度はあるのに活動資金がほとんどありません。今回製作資金を確保するためにプロジェクトを立ち上げました!大森杏子は、法人企業・団体が版権フリーから使えるキャラクターで、特に関東圏を中心に活動しております。もっと地元の企業に知ってもらいたい!大森杏子は、話題性を武器に関東圏の大手企業と多くのコラボを行ってきました。宮城県から全国へ企業の橋渡しが出来ればと思っております。特に地元の宮城県そして東北地方は、東日本大震災でも甚大な被害を受け、まだまだ復興途中です。地元企業の活性化に一役買いたい!復興の思いも強くキャラクターを多くの方に知ってもらう事で、キャラクターの認知度が上がりそれがコラボした時の宣伝力に繋がると思っております。

▼これまでの活動

法人・団体限定で、30社以上とコラボ&イベント実績あり!
朝日新聞社、NEXCO東日本、タカラトミーなど大手企業ともコラボ経験あり!
Twitterのフォロワーも1万名を突破!!

キャラクターボイスは、アニメでも活躍する人気声優が担当!
大森杏子:加隈亜衣さん
星奈なな:竹達彩奈さん
百式百合:三上枝織さん

▼資金の使い道

大森杏子の公式LINEスタンプの画像製作費として使わせて頂きます。
幾つかゴールを設け突破するごとにリターン商品の中にお礼のプレゼントを追加します。
残りは、第2期・第3期の運営費として大切に使わせて頂きます。

▼リターンについて

今回スタンプの製作は、イラストレーター茶餅先生のオール新作・書き下ろしです。
新作絵柄を使い、今までにない色々なグッズをリターン商品として準備しております。

特に3万円コースの茶餅先生の大森杏子イラスト入りサイン色紙はオススメの商品です。
15万円コースでは、茶餅先生のイラストで、あなただけの大森杏子が作れちゃいます。髪型から衣装まで自由自在!サイトやTwitterにて名前入りで公開する事も可能です。
30万円コースは、限定1名。今回製作する公式スタンプの中に1つあなたのオリジナルキャラを作り入れちゃいます!勿論オリジナルキャラクターのデータ(PSD)もお渡しします。その他、大森杏子の第3期プロジェクトのアドバイザーとして就任して頂きます。誰よりも早く最新の大森杏子情報を入手!的確なアドバイスを下さい!!

▼最後に

最後まで長い文章を読んで頂きありがとうございます。サイトデビューから2年低予算で何とかココまでやってこられました。Twitterで大人気といえコンテンツの運営は厳しく予算の関係でイベントやコラボが実現出来なかったことも多々有り歯がゆい思いをしてきました。3年目は第1弾に「公式LINEスタンプ製作」、6月中旬に第2弾「大森杏子・第3期プロジェクト」を実行し安定したコンテンツ運営を目指します!始めてのクラウドファンディングで不安はありますが、実現出来たら楽しいスタンプ画像を作り皆様を笑顔にさせる事を約束致します!大森杏子をもっと多くの方に知ってもらいたい!そして将来アニメ化を目指し頑張って行きたいと思います。応援&支援を何卒お願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください