プロジェクト本文

▼はじめに

2016年夏に北海道広尾郡大樹町にて、高度100kmを超える宇宙観測ロケットを打ち上げます!
そのために、10kNエンジンの長秒時燃焼試験、LEAP実験機による姿勢制御技術取得、アビオニクス通信技術の開発などを行い、支援設備として射点付近に実験場建屋を建設しました。
また、東京大学との共同研究、JAXAとの委託開発、ASI総研との共同開発も行っています。

 

 
▼インターステラテクノロジズについて

インターステラテクノロジズ株式会社は、2006年からロケット開発事業を行っています。
現在、大樹町と東京に事業所を持ち、宇宙観測ロケット「モモ」に続けて地球周回軌道に小型衛星を打ち上げるロケットの開発を行っています。


【会社概要】
社名:インターステラテクノロジズ株式会社
本社:〒089-2113 北海道広尾郡大樹町字芽武690番地4
東京事務所:〒112-0005 東京都文京区水道2丁目6−3文京MMビル B102号室
設立:2003年5月
資本金:9,000万円
役員:代表取締役 稲川貴大
事業内容:ロケット開発

▼このプロジェクトで実現したいこと

宇宙観測ロケット「モモ」を高度100km以上の宇宙空間まで打ち上げることが目標です。

 

インターステラテクノロジズ株式会社の宇宙観測ロケット「モモ」は、20kgのペイロードを高度100kmまで低コストで打ち上げることができるロケットです。
約4分間の微小重力環境が得られ、ペイロードを洋上で回収することも可能です。 微小重力実験や高層大気の観測、赤外線・X線などによる宇宙観測、技術試験、エンターテインメントなど、幅広く使用可能です。

機体の製造、ペイロード整備から、打ち上げ、回収に至るオペレーションは北海道大樹町の弊社施設で一貫して行います。なお、初回から数回の打ち上げは、弾道飛行技術確立のための技術実証試験として行われます。

機体およびペイロードの飛行は以下の3つの段階に分かれます。

打ち上げ後 0秒〜100秒 加速飛行
打ち上げ後 100秒〜340秒 慣性飛行
打ち上げ後 340秒〜700秒 減速飛行 パラシュート展開 着水

観測ロケットを2016年から打ち上げ、2019年の人工衛星打ち上げを開発目標に据えています。

 
▼これまでの活動

・2005年
宇宙機エンジニア、科学ジャーナリスト、作家らが集まり、日本国内における民間宇宙開発を目指す組織「なつのロケット団」を結成、活動を開始する。

・2006年
SNS株式会社が加わり、同社の一事業としてロケットエンジンの開発に着手

・2007年
千葉県への開発拠点を構え燃焼試験設備の整備に着手

・2008年
最初のロケットエンジン(30kgf級)の燃焼試験に成功

・2009年
北海道赤平市に開発拠点を写し、90kgf級エンジンの開発に着手

・2010年
500kgf級エンジンの開発に着手し、100kgf級エンジンの開発に成功


4号機「いちご」


6号機「すずかぜ」

・2011年
3月 北海道大樹町にて最初のデモンストレーション打上げ機「はるいちばん」の打上試験に成功
7月 大樹町にて2号機「なつまつり」の打上試験に成功
12月 大樹町にて3号機「ゆきあかり」の打上試験に成功

・2012年
7月 大樹町にて4号機「いちご」の打上試験に成功

・2013年
1月 SNS株式会社のロケット開発事業を継承し、宇宙開発を専業とするインターステラテクノロジズ株式会社を北海道大樹町に設立
3月 大樹町にて5号機「ひなまつり」の打上試験を行うが失敗
8月 大樹町にて6号機「すずかぜ」の打上試験に成功
11月 大樹町にて我が国初の純民間商業ロケット「ポッキー」の打ち上げに成功

・2014年 高度100kmを目指した観測ロケットの開発を開始
8月 大樹町でのエンジン燃焼施設を設備
姿勢制御試験機テストヘッド「BLOCK1」燃焼試験に成功
12月 姿勢制御高速実験飛行機「HOP」飛行実験に成功

・2015
6月 経済産業省 研究開発事業を受託
7月 姿勢制御実験機「LEAP」の飛行実験に成功
9月 姿勢制御実験機「LEAP2」の飛行実験に成功
12月 実験場に建屋を建設

・2016年
1月 100km 打ち上げ機用 10kN(1tonf 級) エンジンの開発開始
  東京大学との共同研究として、1200N エンジンの開発開始
3月 10kN(1tonf級)エンジンの長時間燃焼に成功し開発完了
5月 姿勢制御実験期「LEAP3」の飛行実験に成功


燃焼実験(2016年)

▼資金の使い道

・高度100kmに到達する宇宙観測ロケットの打ち上げ実験費用

▼想定されるリスクについて

目標金額を達成した場合でも実験当日の天候状況などにより実験を延期せざる得ないと判断する場合がございます。

また、打ち上げ実験を実施したとしてもあらゆる条件からミッションを完遂できない場合もございます。

万が一実験を延期またはミッション未遂の場合であっても実験自体は実行し、活動報告での報告、リターンの履行は必ず致します。

▼リターンについて

・報告書(PDF)
今回のロケット打ち上げの報告書をPDFにて送付します。

・ステッカー
インターステラテクノロジズ オリジナルステッカーを送付します。

・限定公開URL
ロケット打ち上げの指令所内のリアルタイム動画をパトロン限定のURLにて配信します。

・Tシャツ
今回のプロジェクト限定のインターステラテクノロジズ Tシャツを送付します。

・「モモ」オリジナルペーパークラフト
打ち上げる「モモ」初号機と同じモデルの1/30モデルペーパークラフトを送付します。

・ミッションマーク入りマグカップ

モモも含む、なつのロケット団のミッションマーク(あさりよしとおデザイン)全部載せのマグカップを送付します。

※IST社が現在イベント等で販売しているものとはデザインが異なります。

※パトロンの皆さんへ送付完了後、一般販売することがあります。

・報告会

東京都内・帯広と本社所在地の大樹町にて開催される打ち上げ報告会にご招待します。
いずれかの会場のお好きな方にご参加いただけます。
※交通費は自己負担となります。場所・日時が決まり次第ご連絡します。
※当日 参加できない方は動画を限定URL+期間限定で公開

・なつのロケット団ロゴ入り 未実装電子回路基板
今までの開発に使われてきた、なつのロケット団のロゴ入り電子回路基板(部品は未実装)を送付します。

設計ノウハウの詰まった非売品です。いつ、何に使った基板かの説明文付き!

・「進め!なつのロケット団」サイン本

なつのロケット団設立当初からの奮闘を描いた、あさりよしとお著「進め!なつのロケット団」のサイン本を送付します。

・HPにSpecial Thanks Credit 掲載
パトロンのお名前をスペシャルサンクスクレジットとしてIST公式ホームページ・公式Facebookで掲載します。

・打ち上げ地上支援スタッフ参加権
打ち上げ当日に、なつのロケット団スタッフとして一般見学者の誘導などを一緒に行って頂きます。
打ち上げ後の懇親会(通称: 打ち上げの打ち上げ)にもご参加頂けます。
※現地までの交通費や現地での移動手段は自己負担となります。

・スポンサー企業とISTの特大写真パネルプレゼント
記者会見で使用予定の写真パネルを送付します。

・クラウドファンディング限定モデル 3Dレーザクリスタル
打ち上げる機体の内部構造を完全再現した、3Dレーザクリスタルを送付します。
(一般販売モデルでは内部構造は再現されない予定です)

・見学ツアー
大樹町のロケット実験場の見学ツアーにご招待します。
打ち上げ場と本社工場をIST社員がご案内します。
※現地までの交通費や現地での移動手段は自己負担となります。
※中学生以上の同伴者1名と小学生以下のお子様の参加が可能です。

・講演会開催権
インターステラテクノロジズ代表 稲川 がロケット打ち上げについて語る、講演会を開催できる権利です。
※場所・日程は応相談、別途交通費・宿泊費はご負担ください。

・あさりよしとお作・「モモ」ミッションキャラクター複製原画
「モモ」専用に描かれるミッションキャラクターのあさりよしとお作 複製原画を送付します。

・あさりよしとお作・「モモ」ミッションキャラクター原画
「モモ」専用に描かれるミッションキャラクターのあさりよしとお作 原画を送付します。

・宇宙に行った部品プレゼント
実際に打ち上げて回収されたペイロードの一部を送付します。
※今回のミッションで回収ができなかった場合は、2回目以降の実験で回収ミッションを達成次第送付します。

・ロケットとツーショット撮影権
打ち上げ前のロケット実機とツーショットを撮影して頂くことができます。
※一般立ち入り制限区域に入って頂くため、現地で同意書等の記入をお願い致します。
※現地までの交通費や現地での移動手段は自己負担となります。

・指令所スタッフ参加権
打ち上げ前の簡単な作業(研修等は特にありません)に参加して頂いた上で、
打ち上げ時に指令所内でスタッフとして打ち上げを見守って頂きます。
※一般立ち入り制限区域に入って頂くため、現地で同意書等の記入をお願い致します。
※現地までの交通費や現地での移動手段は自己負担となります。

・打ち上げ参加権
ロケットの打ち上げ実験をスタッフとして間近で観測して頂けます。
※一般立ち入り制限区域に入って頂くため、現地で同意書等の記入をお願い致します。
※現地までの交通費や現地での移動手段は自己負担となります。

・打ち上げボタンを押す権利
実際に打ち上げられるロケットの打ち上げボタンを押すことができる権利です。
※現地までの交通費や現地での移動手段は自己負担となります。

・フライト用エンジンノズル "ばくはつのかけら"
7月22日の実験で破損した、フライト用エンジンノズルの欠片です。爆発の身代わりとなってくれるお守りに、ちょっとしたインテリアに、是非ご活用下さい。

※高解像度写真入りの実験レポートと、実験で用いられた部品であるというIST発行の証明書を添付いたします。

▼最後に

インターステラズテクノロジズでは2005年の「なつのロケット団」結成時から、100kmに到達するロケットの実用化に向けて活動をして参りました。

2016年夏、みなさまの力でその夢がいよいよ実現しようとしています。

みなさまのご支援・応援を心よりお待ちしております。

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください