Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

モータースポーツを通じて犬猫の殺処分の現状を世の中に広め 殺処分0を目指したい!

5addb356 61f8 4446 b554 7e130aae07a2.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
336,500円
パトロン数
42人
募集終了まで残り
終了

現在112%/ 目標金額300,000円

このプロジェクトは、2018-05-10に募集を開始し、42人の支援により336,500円の資金を集め、2018-06-09に募集を終了しました

日本初!富士スピードウェイで保護犬猫イベントを開催します。「ザ・ワンメイクレース祭り 2018富士」にて行われるVITAレース(競争女子選手権)に「sprRacingProject 殺処分0号」を走らせます。皆さんの支援で次の犬猫の殺処分0活動に繋がります。 わんクリックで一緒に活動しましょう。

みなさん初めまして!

sprRacingProject犬猫の殺処分0zero代表 ススムです。

まずはこのプロジェクトをご覧頂きありがとうございます。「sprRacingProject犬猫の殺処分0」に対する色々な思いを綴っておりますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

私は、12年前に先住犬ケンケンの死をきっかけに動物愛護団体から愛犬マーブルを譲り受けました。

そして愛護団体と関わって行くうちにいろいろなことを知りました。             

 

『愛護立ち上げた代表さんの思い』
『保健所から犬猫を引き出す人』
『犬猫の預かりさん』
『犬猫を運んでくれる人』 
『犬猫の譲渡会の幹事さん』
『譲渡会へ参加する預かりさん』

・・・活動に関わる皆さんが空いた時間をは犬猫のために全て捧げている姿にはもう脱帽するしかありませんでした。      

 

そこで「私にも何か出来ないか?出来ることからはじめよう!」大好きなモータースポーツに参戦しているレースの中で啓蒙活動を始めることにしてきました。すると ドライバーやチーム関係者、観戦に来くるファンの方達からの反響もあり、更にモータースポーツを通じて犬猫の殺処分0zeroの現状を広め殺処分を無くしたいと強く思うようになりいました。

 

そして今年、サーキットで「犬猫の殺処分0zero号」を走らせようと考えレーシングカーVITAを作成し、先ず富士チャンピオンレースと競争女子選手権に参戦することを決定しました。

プロがたくさん参戦するインタープロトレースや競争女子選手権ではさまざまなイベントがを開催されてしています。
そこで私もサーキットで犬猫の保護活動イベントをしたいと提案が出来たらと考えました。

そうしたら、富士スピードウェイにもご理解頂き、イベントの開催することが決定したのです!

日程:2018年6月17日(日)10:00~13:00(予定)
開催場所:富士スピードウェイ
入場料:2000円
※P12駐車場で開催します。
中学生以下、または、小山町/御殿場市/裾野市にお住まいの方、お勤めの方は入場無料になります。
※こちらの入場料は富士スピードウェイに入るための入場料のため、レースをみたり外の体験イベントも味わうことができます。

私がそして今回のプロジェクトを立ち上げるに至ったのは以下のようなことからです。
・犬猫の殺処分の悲しい現状を知って頂きたい
・愛護団体の素晴らしい活動を世の中の1人でも多くの方に知って頂き、さらに興味を持って頂たい!
・犬猫の殺処分の悲しい現状をして頂きたい
・ボランティアで活動する愛護団体への負担を少しでも軽減するため、皆さんのお力をお借りしたい!
・モータースポーツの楽しさや 安全性を身近で感じ、て頂き愛車とのカーライフをenjoyして頂きたい

▼このプロジェクトで実現したいこと

世の中の犬猫の殺処分が無くなり人間と犬猫が共存しあえる社会を作りたい!

同時にモータースポーツの安全性を知って頂き楽しいカーライフを送って頂き、事故のない社会を目指したいです!
実現に向けて協力していただけている方からメッセージも届いています。

2018/05/11 ドライバー眞田拓海

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

2頭目の保護犬ミルキーを保健所から譲り受けた時のことです。引き出した際、別の愛護団体が協力をしてくれました暗い保健所の檻の中でから毛がぼろぼろで痩せ細った体をくねくねさせて『ここから出して~』と言わんばかりにの愛嬌を振りまく姿を見て心が痛み、に!何とかしてあげたいと心底から思いました。

 ところが、ちょうどその直前時、先住犬のマーブルが散歩中に死にかけていた猫のハッピーを見つけて保護することになり、ハッピーと名付けたばかりだったのです。! (ハッピーは、カラスに突かれ衰弱し足も4本折れていたのですが、・・・今ではとっても元気です。)

この時に協力して頂いた愛護団体には、すぐにはミルキーを譲り受けることが出来ない事情をお話したところ、猫のハッピーのことがあり、直ぐには譲渡できず大変ご迷惑をお掛けしたにも関わらず何一つ文句も無く待ってくれました。

こうして、だんだんとレースより今は犬猫の保護活動が優先になっていきました。
「でもモータースポーツも辞められない!それならコラボしてしまえ!」と思うようになったのです。
そうだ!出来ないことを言うより出来ることをやればいい 

『行動力こそが殺処分を無くす!』 

そんな想いから、この活動をはじめることにしました。

▼これまでの活動

スーパー耐久レース

  

 

HKSプレミアムDAY K2Racing

 

 

Attack K2Racing R35GT800

 

 

JOY耐 K2Racing EP82

 

 

TVC東京カート大会

 

▼資金の使い道

・保護犬猫イベント開催資金 
・リターンを含むグッズの制作費用
・クラウドファンディングサイトの手数料

として使わせて頂く予定です。

※また、今回のプロジェクトでご支援いただいた資金は目標金額に満たない場合でも保護猫イベントの開催資金として使用させていただきます。ご了承ください。

▼リターンについて

・愛護団体のグッズ
『ちばわん』や『犬猫みなしご救援隊』のグッズです。
※こちらのグッズの売上は保護活動に使用されます。

ちばわん:http://chibawan.net/
犬猫みなしご救援隊:http://www.minashigo.jp/

・富士スピードウェイの入場券※レースをみることもできますし、駐車場エリアで行われている外の体験イベントへも参加可能です。
・レーシングカーVITAの試乗
・モータースポーツの華 レースクイーンと愛車の撮影会
・協力企業の商品

▼最後に

最後までご覧頂きありがとうございます
このプロジェクトは犬猫の保護活動としては初めての大きな挑戦です 正直、不安ばかりです。
しかし、このプロジェクトを進められたのは多くの皆様にご協力とご指導のおかげと感謝しております
イベントが成功すれば全国のサーキットで犬猫の保護活動が進み地域毎の活動をさらに後押しする事と思います!

どうかこの活動をご理解頂きお力をお貸し下さい