はじめまして。LOVINCEの重田果歩と申します。LOVINCEはチャリティー支援を目的としたファッションブランドです。このブランド名は、LOVE「愛」と CONFIDENCE「自信」を掛け合わせたものです。わたしたち、そして、みなさんのそれぞれの愛で人種や国境を超えて一つに繋がっていきたい。病気や障害、貧困や紛争などで苦しんでいる方々に少しでも自信を持って、これからの明るい未来を歩んでいただきたい。そのような思いでこのブランドを立ち上げました。商品で使用する素材は、100%オーガニックやリサイクル素材などを積極的に選び、人にも動物にも環境にも優しいサステイナブルな社会を目指していきたいと考えています。

彼女の笑顔を守りたい。そんな想いからLOVINCEは始まりました。

DANIは29歳という若さで突然の病に襲われました。持ち前の明るさとジョークでいつも周りをぱっと明るくしてきた彼女への突然の乳がんの宣告。あまりにもショッキングな出来事でした。2021年5月28日、オーストラリアのシドニーにて乳房切除術により全乳房を摘出。手術は無事成功しましたが、放射線治療を継続する日々。また、治療により子供を持てなくなる可能性があるため、卵子凍結を行う決断もしました。肉体的にも、精神的にも限界まで追い込まれているばすのDANI。それでも彼女は笑顔を絶やしません。それだけでなく、その天性の明るさと優しさで、周りの人たちにも笑顔を与え続けてくれていました。そんな彼女の周りには自然と多くの人が集まり続け、私も彼女に魅了された一人でした。

彼女との出会いは2019年オーストラリア。私はワーキングホリデーを使って渡豪したものの、当時英語が全く話せず友達を作るのにも苦労していました。さらにはコロナ禍でのロックダウン。どんどん塞ぎ込んでしまう毎日でした。そんな時に優しく手を差し伸べてくれたのがDANIだったのです。最初はちょっと遠慮しがちだった私も、すぐにその天真爛漫さに包み込まれていきました。それからの生活は一気に明るく楽しいものとなり、彼女には感謝してもしきれません。

そんなDANIへの突然の宣告。彼女のために何かできないか。たどり着いた答えがチャリティーパーカーでした。グラフィックデザイナーとして働いてきた私にできることは、大好きなデザインを通しての支援。そう確信しました。すぐに制作に着手し、SNSで協力を呼びかけました。2,3人だけでも協力してくれたらいいな・・・でも、みんなはDANIを知らないし・・・ほんの少しの希望と大きな不安を抱えながらポストしてから2週間。なんと50人以上の方々からのご支援をいただけました。「帽子とパーカー両方買うね!」「彼氏と一緒に着るね!」。決して安い金額ではないのに、素晴らしい友達に恵まれたと改めて実感しました。さらには、私のことも、DANIのことも全く知らない方々にまで多くのご協力をいただけて。驚きとともに感謝の気持ちが溢れ出てきました。改めまして、当時ご協力いただいた全ての皆さま、ほんとうに、ほんとうにありがとうございました。みなさまのご協力、DANIの大切な人たちの支え、そして何よりDANI自身の頑張りで、彼女は無事放射線治療を終えました。もちろん再発の可能性は完全にゼロではないですが、徐々に日常を取り戻していきました。そして2023年1月、闘病中ずっと支えてくれたパートナーとも結婚することができました。ほんとうに良かった。DANIの底抜けに明るい笑顔をまた見ることができて。ただ、ここまでの道のりは本当に苦しかったと思います。がんを宣告された時。手術を行う時。放射線治療を続けている時。私には到底想像しえないほどのものであるはずです。それでも、DANIに引っ張られる形でみんなが前を向き続けたからこそ、いまがあると確信しています。※2022年10月9日 DANIの放射線治療が終わり、体調も少しずつ戻ってきた時の写真。日本では毎年およそ10万人の方が乳がんと診断されています。世界に目を向けるとその数は230万人。毎年およそ70万人の方が乳がんが原因で亡くなっています。今回のDANIの件は、多くの方々の苦しみを知るきっかけとなりました。DANIは本人の頑張り、周りのみんなの協力、そして幸運に恵まれたからこそ、いま日常を取り戻しつつあります。しかし、みんながみんなそうではありません。どんなに頑張っても、どんなに願っても、避けられない現実というものがあります。それは誰のせいでもなくて。どうにもできないもので。

それでも、ほんの少しでも、何か役に立てないか。そう考え、今回は公益財団法人日本対がん協会「ほほえみ基金」への寄付プロジェクトを行います。大金を渡すことはできないだろうし、お金が全てを解決してくれるわけではない。それはわかっています。ただそれでも、0.0000001%くらいでも、苦しんでいる方の助けになれば。そう願ってやみません。もしかしたらこのプロジェクトよりもっと良い支援方法があるかもしれないし、もっと困っている人がいるかもしれない。そうなんだけれども、それでも、いま私にできること。それが、このプロジェクトでした。ですので、誤解を恐れずに言ってしまえば、このプロジェクトをご支援いただかなくても構いません。直接どこかに寄付いただく。周りの困っている方をサポートする。いろんな方法があると思います。今回のこのプロジェクトが少なくとも何かのきっかけになればと願っています。ただ、もし、いま私にできるこの方法に共感いただき、ご協力いただける方がいらっしゃったら本当に嬉しいです。ほんの少しだけでも、乳がんに困っている方に愛みなさんのを感じていただき、自信を持っていただくお手伝いができたらと思っています。

パーカー/キャップ/ステッカーの3種類をご用意させていただきました。この売上の10%を「ほほえみ基金」に責任をもって寄付させていただきます。その際は、改めて活動ご報告という形でお伝えできればと思っています。

パーカー胸元の【UNITED BY LOVE】には、【愛の力で一つに】。という意味が込められております。人種や国境を越えて、皆さんの愛をいただけましたら幸いです。
※カラー: WHITE / GREY / BROWN / BLACK
※サイズ: S / M / L / XL / XXL

前面にはDANIのイニシャルDが刺繍で施され、背面の【SPREAD LOVE&LIGHT】は、愛と希望で満ち溢れた世界に。という意味が込められています。無条件の愛で、少しでも多くの方々を包み込んでいけると嬉しいです。
※カラー、サイズ共に1種類のみブランド名である「LOVINCE」と今回のプロジェクト名である「UNITED BY LOVE」の2種類のステッカーをご用意しました。ぜひ、この輪をみなさまに広げていただけると幸いです。

【スケジュール】
 2024年1月末 クラウドファンディング終了
 2024年2月頭 リターン品制作
 2024年2月末 リターン発送予定

【資金の使い道】※目標金額30万円の場合
・制作費 約18万円
・配送費 約4万円
・ほほえみ基金への寄付 3万円(売上の10%)
・CAMPFIRE手数料 約5万円(売上の17%)

※このプロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。
※このプロジェクトへのご参加によって、寄付金控除を受けられるものではありません。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。このLOVINCEでは、寄付する側もされる側も、みんなが笑顔で幸せになれることを目指しています。せっかく買ったものの、ほとんど着ることがない。チャリティーTシャツなどでよくある光景です。タンスの中にずっと眠っているのではあまりにも悲しすぎます。せっかく購入してくださった方に毎日心地よく身につけていただきたい。そのような想いで、1つ1つ素材やデザインにもすごくこだわって制作をしてきました。また、元々ブランドを立ち上げる理由だったDANIの大好きな「美しい自然」を守るべく、オーガニック素材やリサイクル素材を積極的に採用しています。普通の素材よりはどうしてもコストがかかってきてしまうのですが、人だけでなく動物や自然も喜ぶブランドになれればと思っています。
今回のプロジェクトでお願いしているご協力は決して安い金額のものではありません。多くのご負担をおかけすることになるかと思います。それでもLOVINCEを応援してくださる方々のご期待に少しでも添え得るように、これからも人も動物も自然もみんなが支え合って素敵な世界を築いていく一助を担えれば幸いです。


このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください