Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

21世紀を生き抜く力を楽しく学ぶ、全く新しい学童保育施設に知育遊具を置きたい!

5b1a67d9 229c 4482 aa8f 5e910ab91ef9.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
230,000円
パトロン数
25人
募集終了まで残り
終了

現在2%/ 目標金額8,600,000円

このプロジェクトは、2018-06-11に募集を開始し、25人の支援により230,000円の資金を集め、2018-07-14に募集を終了しました

「やりたい」「できた」は楽しさから! 価値創造型エデュテインメント施設、ダビンチボックスが浦和に登場!施設内に設置する遊具やデジタル機器の支援を募集。 「21世紀型スキル」の育成を目指し、デジタルを味方にする起業家育成プログラムなど楽しさ満載の「学童保育の遊園地」! 大人向け起業家プログラムも!

▼はじめにご挨拶

はじめまして。株式会社あんふぁにのMacと申します。

あんふぁには、デザインによって新しい価値を産み出す会社です。自社プロダクト・サービス事業では、iOSアプリ2作ともApp Storeトップで特集され、カテゴリー別でそれぞれダウンロード数1位/2位を記録して、国内外のデザイン賞を受賞している経歴があります。読売テレビドラマ『脳がスマホに埋められた!』にも使われました!

SUM! - かわいい数字で算数遊び | 文字がないのに持ち物チェックアプリ!? キッズデザイン賞受賞アプリCHECKIE!

今回は、教育業界に10年の経験を持つ私と、学童保育施設の豊富な経験者2人の起業家と協力してつくる、「学童保育の遊園地」ダビンチボックスの立ち上げに際し、そのプレイルームを充実させる知的室内遊具や備品の支援をお願いしたく、プロジェクトを開始しました。ダビンチボックスは「夢中で『価値』を創れる子どもになるための仕組み」をコンセプトに、2018年さいたま市緑区(最寄り・JR浦和駅)で開講予定のエデュテインメント型学童保育施設です。著書『AI世代のデジタル教育 6歳までにきたえておきたい能力55』の明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の五十嵐悠紀准教授が監修を予定しています。

 

▼ダビンチボックスの場所

パークヒル浦和

〒336-0936 埼玉県さいたま市緑区太田窪1丁目26−13

 

▼ダビンチボックスの教育方針

1『やってみたくてたまらない』 主体的に学ぶ姿勢を身につける

2『どうやったら〜?』『なんで〜?』 問いを見つける力をつける

3『やってみよう』 とにかく試してみる

こうした力の育成の幅を広げる知育遊具やデジタル機器を、プレイルームに設置します。

 

 

▼夢中で『価値』を創れる子どもになるための仕組み

1.『つくりかた』の創造ー課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学びへ
自ら遊びを考え出し、ネットで共有したり、プレイルームで実践
価値を作り出し、実際に人々に提供する「遊び創造プログラム」「起業家育成プログラム」 

2. PDCA(考え、実行し、検証し、行動する)を繰り返し、アイデアを改善して唯一無二の価値を創れる体質をつくる
作って終わりではなく、人がどのように反応するか常に検証
結果を競わせる

3. アイデアを実践する場所を提供
プレイルームですぐにやってみる
作ったプロダクトを販売する
ネットで公開してみる

▼ダビンチボックスの起業家育成プログラム(小学校高学年向け、大人向け)

ワークショップを通して起業の楽しさを学び、実際にアイデアを出して企画をプレゼンし、ネットを通して技術や資金の支援を呼びかけます。集まった支援で一緒に開発を経験し、完成したら公開/販売します。その後もその商品やサービスのユーザーの意見を聞きながら、改善していきます。こうすることで、世の中に「価値」になるものを自らつくりだし、改善を繰り返してより良いものにしていくという経験を得ることができます。

▼リターンについて

ただただ応援
3,000円支援したいただいた方には、ダビンチボックス特設ウェブサイトに支援者としてお名前を掲載させていただきます! 

 

プレイルームで遊ぶ(4時間分)ーお子様と保護者の方

3,000円支援したいただいた方には、ダビンチボックスのプレイルーム(カフェサービス付き)内で、最大4時間まで自由に遊んでいいただけます。通常は保護者様とお子様同伴でのご利用ですが、支援者していただいた大人の方はカフェスぺースのみの利用も可能です。3歳~

※支援いただく合計金額によって、遊具は異なります。

 

小型有料イベント各種回数券1枚
3,000円支援したいただいた方は、ダビンチボックスで行う工作、知育イベントにご参加いただけます。
小学生

 

中・高生向けカフェ付き自習スペース利用権1ヶ月
3,000円支援したいただいた方は、おしゃれな空間でコーヒーやティーをのみながら、自習できるスペースとしてご利用できます。(基本平日)/施設内のレッスンルーム(勉強部屋)にて

 

体験レッスン(英語、プログラミング等)
5,000円支援したいただいた方は、ダビンチボックスのレッスンを1回受講できます。
小学生

 

主婦さん向けイベント開催権(休日のみ半日)
30,000円支援したいただいた方は、ダビンチボックスの施設全体をイベント(物販、ヨガ、ベビマ、体操教室など)として使っていただけます。
各種レッスンの講師の方など

 

1週間メンバー体験

10,000円支援したいただいた方は、ダビンチボックスの学童サービス(小学校の放課後預かり。勉強フォロー等付き)をご利用いただけます。ただし、お迎え対象校(原山小学校・仲本小学校・谷田小学校ほか)または自力で登園可能な近隣の小学生に限ります。

 

有料イベント各種回数券1枚
10,000円支援したいただいた方は、ダビンチボックスで行う動物園、水族館、果物狩りなどのイベントにご参加いただけます。小学生

 

福祉施設限定施設利用権(午前or午後いずれかで4時間程度)
20,000円支援したいただいた方には、児童発達支援センターや放課後等デイサービスなど、お子さま向けの社会福祉施設向けに、通常より安価に施設をイベント用としてお貸しします。
希望施設に向けて

 

お子様向けイベント開催権(休日のみ半日)
30,000円支援したいただいた方には、ダビンチボックスの施設全体をイベントとして使っていただけます。
教育系サービスを実施している企業や個人事業主など

※支援いただく合計金額によって、遊具は異なります。

 

主婦さん向けイベント開催権(休日のみ半日)
30,000円支援したいただいた方には、ダビンチボックスの施設全体をイベント(物販、ヨガ、ベビマ、体操教室など)として使っていただけます。
各種レッスンの講師の方など

 

主婦さん向けイベント開催権(休日のみ1日)
50,000円支援したいただいた方には、ダビンチボックスの施設全体をイベント(物販、ヨガ、ベビマ、体操教室など)として使っていただけます。
各種レッスンの講師の方など

 

起業家育成プログラム1コース(6ヶ月)お子様向け

100,000円支援したいただいた方には、ダビンチボックス内で実施している小学生向け起業家プログラム1クールに外部生として参加いただけます。小学校4~6年

 

大型有料イベント各種回数券1回
35,000円支援したいただいた方は、ダビンチボックスで行うキャンプなどのイベントにご参加いただけます。(お子様限定)小学生

 

起業家育成プログラム1コース(3ヶ月)大人向け

100,000円支援したいただいた方には、ダビンチボックス内で実施している大人向け起業家プログラム1クール参加いただけます。大人の方

 

お子様向けイベント開催権(休日のみ1日)
50,000円支援したいただいた方には、ダビンチボックスの施設全体をイベントとして使っていただけます。
教育系サービスを実施している企業や個人事業主など

※支援いただく合計金額によって、遊具は異なります。

 

出張ダビンチボックス(3時間)
120,000円支援したいただいた方は、ワークショップ、プロジェクションマッピング等、ダビンチボックスのエッセンス満載のイベントを出張で行います。(1都三県限定の場合は交通費ダビンチボックス負担。1都三県以外の場合は交通費・宿泊費が別途パトロン負担)(基本、土日祝)/現地へ出張
リクエスト団体(塾、他民間学童施設、保育園等)

 

▼説明会などの詳細

くわしくはウェブサイトをご覧ください。

https://enfani.com/ja/db/

▼資金の使い道

・ステージ(趣味や興味をもとに児童が自ら発足し、メンバーを集めて行う『くらぶ活動』の定期発表会や、児童が考えた遊びを披露するときに使います)

・プロジェクター(メンバーがワークショップを通して起業を学び、自らのアイデアを実現すべくクラウドファンディングに支援を募るためのプレゼンに使ったり、自分たちで作った絵本の読み聞かせをしたりします)

・本棚(オーダーメイド。子ども達が自ら手を伸ばしたくなる、本を「魅せる」本棚)

・スペースを有効活用する室内ネット遊具 など

・ITデバイス(スマートスピーカー、タブレット、3Dプリンター、電子黒板、ドローンなど)

・高品質の玩具やゲーム、家具で高い知名度を誇るドイツの遊具メーカーHaba社遊具。安全性へのこだわりが高くデザイン性に優れています

・宿題などの学習用、また、起業家育成プログラムやプログラミング教室等に使うテーブル、椅子などの学習用家具

・プロジェクターで遊ぶ知育ソフトウェアの開発

など、子どもたちが楽しく学ぶための環境をつくる準備に当てます。

 

▼ダビンチボックス設立の背景

人工知能、仕事観・稼ぎ方の変化、デジタルネイティブ・・の時代に

5年先どころか、3年先の世界が全く予想できないこの時代。経済学者は、これからの仕事は「現在存在しない職種」が今後50年間で15種類以上も増えるとしています。また、現在米国で需要のある職種のうちトップ10に入っているものはどれも、2004年には存在しなかった仕事でした。このような激動の中で、デジタルネイティブとして育つ子どもに、新たに生まれる未知の職業に就くためにどのような教育を受けさせるべきか、迷われている保護者の方は少なくないと思います。子どもの将来を親の価値観にあてはめて考えるのは、危険です。親自身がこれまでの価値観や視野をバージョンアップさせなくてはなりません。

では、どうしたらいいのでしょう。

ダビンチボックスは、こうした時代に自分らしく生き抜いていけるスキルや体質を身につける仕組みやカリキュラム、楽しく主体的に学べる環境を用意しました。また、核とするコンセプトや教育方針はしっかり持ちながらも、プログラムやカリキュラムは変わりつつある世界の情勢やインフラなどに柔軟に対応できる体制も整えております。

▼夢中で『価値』を創れる子どもになるための仕組み

『つくりかた』の創造ー課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学びへ
・自ら遊びを考え出し、ネットで共有したり、プレイルームで実践
・価値を作り出し、実際に人々に提供する「遊び創造プログラム」「起業家育成プログラム」
・「くらぶ活動」を通じて、人を楽しませる仕掛けを考える

PDCA(考え、実行し、検証し、行動する)を繰り返し、アイデアを改善して唯一無二の価値を創れる体質をつくる
・自分たちでつくり出したモノに、人がどのように反応するか常に検証
・結果を競わせる
・ネットでシェアして人の反応を知る
・結果を記録し、更新していく

アイデアを実践する場所を提供
・プレイルーム(開かれた遊び場)
・ネットでの公開

▼最後に

ダビンチボックスの学童は、「いかにして学ぶか」という一生を通じての学びのスキルの基礎を身につけ、学んだことを「どうやって実行に移すか」ということを経験によって体で覚えるようになります。また、グループでの行動を通して得る、共感・尊敬・感謝を忘れずに他者と共に活動する協働のスキルによって、当たり前に思われがちな日常の不便さや不都合に対し、挑戦的で創造的に自発的に革新的なアイデアを出し、他者と取り組んでいくという人になっていきます。21世紀はまさに、こういう人材が宝になります。

子どもたちが夢中で遊び、学ぶことでこうした人材をどんどんつくり出し、日本を、そして世界をより良くしていくことが、我々の使命です。

ご協力よろしくお願いいたします!

あんふぁにのコンセプト