本プロジェクトにご興味をお持ちいただきありがとうございます。
鎌倉発の日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」オーナーの三浦 健と申します。

オフィシャルサイト
Instagram
X(Twitter)

まず今回のプロジェクトの目的をお伝えする前に、2018年の開業からここまでの約6年に渡り、長くご愛用していただいているお客様、事業をご一緒させていただいているお取引先様、前職の仲間、友人知人のみんな、そして家族、CHABAKKA TEA PARKSに関わる全ての皆様に深く感謝申し上げます。

ここまでの6年間、決して順風満帆というわけではありませんでした。

鎌倉での移住生活、異業種からの参入、会社経営、そして未曾有のパンデミック・・全てが初めての経験で、ワクワクする思いと共に日々プレッシャーとの闘いでした。

しかしそんな状況の中でも、見捨てずに関わりを持ってくださった皆様がいたことで、前向きな思いとチャレンジ精神をもって歩み進めることが出来ました。

会社設立7年目を迎える2024年。

株式会社Third Bayと日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」は鎌倉を飛び出して、熱海にて新たな冒険をスタートさせます。

コンセプトである「おしゃれに楽しむ日本茶エンターテインメント」を一人でも多くの皆様に感じていただけるよう、最高の店舗を作っていきます。

前回のプロジェクトでも記載した「核となる変わらない部分」と、「新たな動きや変化した部分」が詰め込まれたボリューム感のある内容となっておりますが、最後までお読みいただけますと嬉しいです。

皆様のお力添え、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

・ご挨拶

・CHABAKKA TEA PARKSのご紹介

・ファッション業界から日本茶業界へ転身したワケ

・CHABAKKA TEA PARKSのこれまでの取り組み

・熱海を選んだワケ

・2度の出店見送り

・熱海店紹介

・三浦 健プロフィール

・応援メッセージ

・最後に

まずは改めて、CHABAKKA TEA PARKSのご紹介をさせていただきます。

CHABAKKA TEA PARKSは、2018年4月26日に神奈川県鎌倉市御成町に誕生した「おしゃれに楽しむ日本茶エンターテインメント」をコンセプトに掲げるTEA STAND&STORE型の日本茶セレクトショップです。

「CHABAKKA TEA PARKS」の名前の由来は
「CHABAKKA (茶バカ・茶ばっかり・茶葉)」「TEA PARKS(誰もが気楽に集い、自由気ままに過ごす公園のような場所)」という意味が込められています。

ロゴマークの由来は
「顧客(CUSTOMER)&生産者(PRODUCER)&日本茶業界(TEA INDUSTRY)」「チャ(CHA)&バッカ(BAKKA)」の2つの意味合いのそれぞれの頭文字を掛け合わせました。

そしてロゴマーク全体を「茶の湯の湯気」で表現し、「今日的でありつつも日本茶のスピリッツを継承する店」という思いを込めたデザインにしました。

CHABAKKA TEA PARKS(以下、CHABAKKA)で取り揃えるお茶はシングルオリジン(単一品種単一農園)と呼ばれる一般にはなかなか出回ることの少ない希少な茶葉を、全国選りすぐりの生産農家から直接セレクトしています。

CHABAKKAではそれらのシングルオリジン茶葉の販売を中心に、カフェメニューとしてドリンクやお茶を使用したスイーツの販売、お茶漬けの素やシロップなどの加工商品、オリジナルデザインの雑貨やアパレル商品の販売を行っております。

たくさんある商品の中でも、オープン当時からいまも変わらずに看板商品である「ドラフトティー」はCHABAKKAを代表する人気コンテンツです。

~ドラフトティーとは~
日本初のビールサーバーから窒素をたっぷりと含ませながら注ぐ、見た目はまるでビールのようなクリーミーな泡の乗った水出し緑茶です。

日本茶は「敷居が高い・既成概念が強い・地味・古臭い」というネガティブなイメージが先行しがちです。
しかし、私たちは常識にとらわれない斬新な切り口とユニークな発想で、20代から30代の若い世代の方々でも楽しんでいただけるようなエンターテインメント性に溢れた商品とサービスを提案しています。

高校卒業後に上京し、約15年近くファッション業界に身を置いておりました。
その中でも最も影響を受けたのが、「日本発ファッションスタイルを世界へ」というコンセプトを掲げる「MADE IN JAPAN」に特化したアパレル企業での経験です。

中学生の頃からファッションに興味を抱き、洋服を通して関わる人を幸せにしたいという思いと、いつか洋服に関わる仕事で起業したいという野望を持ち、20代は一心不乱に仕事に励んでおりました。
ファッションが好きで身を投じたファッション業界でしたが、良質な国産品に触れ、そして全国各地の作り手の方々に会うことで、いつからか「洋服以外の日本の伝統産業でビジネスがしたい」という思いが膨らんできました。

そしてこれまでファッションを通して商品の素晴らしさやお客様へのサービスを提供するうえで最も大切にしてきた、ただ洋服という「モノ」を売るだけではなく「ヒト」を売ることで、普段の買い物や生活では味わうことのできない期待を超える「顧客感動体験」を、ファッション以外の業界でお客様に伝えていきたいと強く思うようになりました。

 とはいっても日本の伝統産業は無数にあります。

 「日本の誇る伝統産業において新たな価値やサービスを創造し、世の中に提供することはできないだろうか」と常に考えながら、アンテナを張り巡らせて日々の仕事や生活を送っていた頃、ふと飲んだ一杯の日本茶。

これまで全く意識することなく飲んでいた日本茶に衝撃を受けた瞬間でした。
その時飲んだ日本茶は一般的なブレンド茶ではなく、単一農園単一品種(シングルオリジン)仕上げの高級品種茶。

まさにこの出会いが、いままで身近過ぎて気付かなかった日本茶の魅力に気付かされた瞬間だったのです。

そこからは今の自分でも驚くようなスピード感で事を進めていきました。

思い立った翌週には京都宇治の茶農家を訪ね、2か月後に10年弱勤めたアパレル会社を退職。
その後全国の農家を巡りながら日本茶の資格を取得し、退社から半年後の2018年4月に神奈川県鎌倉市にお店を開業致しました。

こうして、「日本のモノ作り・職人芸の最高峰である日本茶で、これまでにない全く新しい付加価値を見出した商品とサービスを提供するビジネスを成功させる!」という強い信念と覚悟をもってCHABAKKA TEA PARKSは誕生しました。

鎌倉は四季折々の自然・海・山そして多くの歴史建造物が存在する、まさに日本の文化を体感できる町です。
近年、湘南鎌倉エリアへの観光客は国内外問わず増加傾向にあり、都心や県外から移り住む若者も大変多くなってきています。
そんな多くの特徴や魅力を持ち合わせている鎌倉ですが、実は日本茶の歴史において、「お茶を飲む」という喫茶文化が大成された地でもあるのです。

鎌倉という地に足を付けて、まずはしっかりと地元のお客様に愛されるお店作りを目指し、オープン当初から様々な取り組みを行ってきました。
鎌倉で働く方や地元住民の方をターゲットに、当時カフェでは珍しいサブスク型の「定額飲み放題サービス」の実施や、鎌倉の飲食店やカフェとのコラボ商品の展開、地域通貨の導入などを積極的に実施。

一方で、メインターゲットである「20代から30代の若者」を取り込むために、店舗内外でのイベントや催事を数多く実施、アパレルやクリエイター、酒造メーカーやサウナなどの業界の垣根を超えたコラボレーション企画を多く展開してきました。

事業を通して多くの皆様との出会いや関わりにより、「おしゃれに楽しむ日本茶エンターテインメント」のコンセプトを少しずつではありますが体現する機会を増やすことが出来てきたのではないかと感じています。

しかし私たちは現状に満足していません。

常に自分たちの商品やサービスのレベルを上げていくことを考え、お客様と向き合いながら、試行錯誤を繰り返して「日本茶の新たな価値創造の実現」を目指しながら日々邁進し続けます。

これまでに味わったことのない日本茶の世界を一人でも多くの方に感じてほしい。
「新たな日本茶体験とはなにか?」という問いを徹底的に突き詰めて、日本茶の可能性を広げたい。

その熱き思いをガソリンにして、鎌倉を飛び立ち2024年4月中旬にCHABAKKA TEA PARKS熱海店をOPENさせます。

熱海は温泉や海鮮などの魅力が満載の観光地です。
豊かな自然に恵まれ、歴史や文化を感じられる建造物や名所も多く、都心から1時間ほどで遊びに行ける場所ということもあり、近年若者を中心に大変人気のエリアです。

熱海には仲見世通りや平和通りといった駅前商店街エリアと、海上花火が有名な熱海サンビーチ付近の熱海銀座商店街エリアの2エリアに大きく分かれます。
いまや国内有数の人気スポットである熱海もバブル崩壊後は街が急激に衰退し、ほんの10年ほど前まではシャッター商店街と化していました。
特に2つのエリアのうち、熱海銀座商店街エリアは数年前までは空き店舗が非常に多く、町は寂れた雰囲気で衰退の一途を辿っていました。

熱海が衰退した理由を地元住人に尋ねたところ、
「団体客層が減り、個人や家族客層へ観光客のニーズが変化したこと」
「地元に住む方々が熱海自体にネガティブな印象を抱き、熱海の魅力に気づけていないこと」
この2つが主な原因だとわかりました。

私自身静岡出身ということもあり、鎌倉の次の出店先は絶対に故郷の静岡に出店したいと開業当時から強く思っていました。
そして出店するのであれば、自分たちがそのエリアに加わることで町や地域、人々の活性化に繋げていきたい。

この2つの想いを達成するのであれば、間違いなく熱海で勝負するべきだ。
そんな思いを持ち、実は熱海への出店は約5年前の2019年から構想を練っていました。

初めて熱海出店に向けて動き出したのが2019年12月下旬。

熱海銀座商店街エリアにて空き物件が見つかり、内見を経て出店の準備に取り掛かろうとしていた矢先・・

新型コロナウイルス感染症拡大。

2020年1月に初めて日本でコロナウイルスの感染者が見つかり、そこから瞬く間に感染が広がったことでパンデミックが発生。出店見送りを余儀なくされました。
いまとなっては賢明な判断ではありましたが、結果的に挑戦を妨げられてしまったことは大変悔しく残念な思いでした。

次に動き出したのが2回目の緊急事態宣言が明けた2021年4月上旬。

世の中はWithコロナとして新しい生活様式に移り変わり、少しずつ日常を取り戻しつつありました。
熱海駅前の専門学校併設のテナントビルのリニューアル案件を紹介していただき、出店準備を進めていた矢先・・

熱海市伊豆山土石流災害の発生。

2021年7月、熱海市伊豆山地区で発生した大規模な土砂災害により町が被災。
多くの被害を生み、熱海市は深い悲しみに沈みました。

そして3度目の正直と信じ、動き出したのが2023年5月上旬。

アフターコロナが進み、世の中は日常を取り戻し、多くの人出が回復してきて賑わいを見せ始めていた熱海。
素晴らしいご縁に恵まれ、1度目に出店を検討した熱海銀座商店街エリアの物件の隣の場所をご紹介していただく機会をいただきました。

まさに運命の巡り合わせとはこのこと。
「この運命にかけてみよう」と決心し、二つ返事で出店を決めました。

こうして、遂に待ち望んでいた熱海での挑戦をスタートする機会をいただくことが出来ました。

日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS熱海店」が2024年4月中旬、熱海市銀座町にオープンします。

熱海駅を出たら熱海ビーチラインを目指して、徒歩で15分ほどの場所にある熱海の中心地「熱海銀座商店街」。
昭和レトロな雰囲気で、どこか懐かさを感じるノスタルジックな空間が町いっぱいに広がっています。
そんな商店街の一角にCHABAKKA TEA PARKS熱海店は店舗を構えます。

熱海店の店内は約25坪の広さで鎌倉店のおよそ3倍の面積となります。
入口付近にはデッキスペースを設け、ペット連れやベビーカーをお持ちのお客様でも気軽に利用していただけます。
しかも鎌倉店同様、持ち込み自由です。
そして何と言っても熱海店最大の特徴が、天高4.5mの吹き抜け天井と長さ約10mのロングベンチです。
店内の扉を潜ると圧倒的な解放感を感じていただき、さらに芝生とベンチのコンビネーションがまるで公園にいるかのような心地いい空間を作り上げています。
店内奥には中2階を建設予定で、1階と2階のそれぞれに隠れ家スペースも設置いたします。
内装工事の状況は今後、「活動報告」にて随時お知らせいたしますので、ぜひ皆さま店舗の完成をご一緒に見届けていただける嬉しいです。

CHABAKKA TEA PARKS熱海店では、人気のドラフトティーの提供はもちろん、地産の素材や魚介などを使用した碾茶のお茶漬け、静岡の企業と共同開発したほうじ茶や抹茶のジャム、茶殻と国産ボタニカルで蒸留した緑茶クラフトジンなど限定商品を数多く展開致します。

株式会社Third Bay代表/CHABAKKA TEA PARKSオーナー

2009年、株式会社TOKYO BASE入社。
立ち上げメンバーとして創業年度から携わり、事業部エリアマネージャーとして店舗運営・商品企画・人材育成・新店舗の立ち上げなど幅広い分野で従事。
2017年、約12年に渡り携わってきたファッション業界を卒業。
2018年、自身が代表を務める株式会社Third Bayを設立。同年4月、神奈川県鎌倉市にCHABAKKA TEA PARKSを開業。
日本茶セレクトショップ事業「CHABAKKA TEA PARKS」、日本茶×サウナ事業「SAUNA+TEA」の運営をメインに、食の専門学校「レコールバンタン」講師、行政や大学での講演活動、企業の経営コンサルティングやリブランディングサポートなどを手掛ける。
斜陽産業と化している日本の伝統産業やモノづくりの現場に焦点を置き、斬新な切り口とアイデアで新たな付加価値を見出した商品やサービスを国内外に発信する。

今回のプロジェクトを通して、一人でも多くの方に日本茶の新たな魅力や素晴らしさをお伝えできればと思っています。
長文となりましたが最後までお読みいただきまして誠にありがとうございました。
新たな挑戦が始まる日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」のこれからにどうぞご期待ください!!

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<クラウドファンディング資金の使い道>

皆様からいただいた支援金は、仕入れ資金と商品制作、リターン品費用・郵送費用・手数料に使用し、残った資金を店舗建設費用に充てさせていただきます。

  • 2024/04/09 18:00

    【~鎌倉発~おしゃれに楽しむ日本茶エンターテインメント!熱海で新たな冒険スタート】Instagramオフィシャルサイト2月26日にスタートしたクラウドファンディングも残り約2週間となり、現在約210名の方々にご支援いただいております。多くの皆様のご支援、本当にありがとうございます・・!しかし、...

  • 2024/04/05 18:30

    【~鎌倉発~おしゃれに楽しむ日本茶エンターテインメント!熱海で新たな冒険スタート】Instagramオフィシャルサイト2月26日にスタートしたクラウドファンディングも残り約20日となり、現在200名の方々にご支援いただいております。多くの皆様のご支援、本当にありがとうございます・・!しかし、目...

  • 2024/03/24 18:00

    【~鎌倉発~おしゃれに楽しむ日本茶エンターテインメント!熱海で新たな冒険スタート】Instagramオフィシャルサイト2月26日にスタートしたクラウドファンディングも1か月近くが経過し、現在約165名の方々にご支援いただいております。多くの皆様のご支援、本当にありがとうございます・・!しかし、...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください