みなさまの温かいご支援により、プロジェクト開始6日目に
目標金額を達成することができました。
心からお礼を申し上げます。

みなさんの応援やメッセージが温かく
これまで以上に【ままのて】への想いと覚悟が強くなりました。
本当にありがとうございました。

【ままのて】立ち上げには少なくとも350万円が必要です。
そこで
ネクストゴール250万円を設定させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたいします。



☆はじめまして☆

にじいろ助産院、助産師の北田です。4人の子の母です。

私は、子どもたちに「ありがとう」と「だいすき」を伝えたいと思いました。

高校生の時に児童虐待問題に出会い、子どもたちが幸せに育つためのお仕事をしたいと思ってから30年

小児精神の看護から始まり、いろんな科をへて

私は20年前に母になりました。


その時初めて感じた

孤独と焦燥感、どうしようもない疲労感

大切で仕方ないのに
自分が不甲斐なくて、寝顔を見ては涙がでる


ある日、

スーパーで知らないおばあさんが
「よく頑張ってるなあ」って背中をさすってくれました


私はあの手のおかげであの日を生きて
あの手になりたくて


3人目出産後に助産師になり、

11年ぶりの4人目の出産後、

助産院を開業しました

にじいろ助産院ホームページ&Instagram

現在、
お産後にお母さんが元気に子どもたちと暮らせるということを目標に
大阪市淀川区でにじいろ助産院をしています。
妊婦健診、お産、産後ケア、子育てままが集うご飯の会やイベントを行っています

にじいろの「生まれる」動画へ




☆ままのてのはじまり☆

ままのての想い動画へ

地域に出てから5年の間に
日々出会う、今しんどいお母さんたち
でも、ちゃぶ台を囲み
ママどうしでお話して、涙し、爆笑し
元気になっていきはる姿を何度もみました。

そしてそれと同じくらい
そのしんどいを通り抜けて
今のママを支えたい、というママにも会えました

悩んだママが多いということは
ママの背中をさすりたいママも多いということ

あの時私が欲しいと願ったあの手は
きっとたくさんある
その手が集まれば、子育てはもっと楽しい

だから、
ままのてが集まるみんなの居場所を作りたい


ままの手がままの手をあたためる

その手は子どもたちをあたためる

そのぬくもりは、

子どもたちの生きる力になる

明日が楽しみになる

そして
目の前の涙も隠れている涙も

とりこぼさない

困ってる妊婦さんも

不安な子育てママさんも

今日は学校行きたくない子も

いつでも帰れるみんなの居場所

産後を闇にしない‥と、
ひとりで始めた助産院


今は助産師だけではなく
小さなひととママを想う、

たくさんのままのてに支えられています

だから、みんなで。。

ままのては、

産後の闇を光に変える優しい手

今日の困り事を明日のワクワクに変える

ちゃぶ台の家を作ります

その輪が淀川区だけではなく
たくさんの地域に広がっていく活動にしたいと考えています

どうか、みなさんのお力をお貸しください



☆このプロジェクトで実現したいこと☆

にじいろ助産院より徒歩3分ほどのところに、新施設【ままのて】になる一軒家をお借りすることができました。

60年間、地元の時計屋さんとして大切に使われてきた愛の詰まったお家です。

住所は大阪市淀川区十三東3丁目

【ままのて】所在地


【ままのて】では、
にじいろが大切にしている
ちゃぶ台」と「お結び」を鍵として居場所作りをします

そこで活躍するのは、助産師だけではなく、
たくさんの想いと技を持ったママさんたち。


ママのこんなことやりたい!を叶える場所にします
さらに、そのママの想いと時間に対する価値を当たり前にしたいと思います。

大人が生き生きと楽しく過ごしている場所
子どもたちにとって必要な安心できる場所になります

現在壱番隊〜七番隊まであり

それぞれのミッションをかかげています。


☆私が思う子育てのテーマパーク☆

子育て中のママを支える柱はたくさんあった方がいい


いろんな職種の技と想いをもったママたちが活躍してお互いに支え合い、生き生きとしている

それでも、みんな涙の夜を知ってる

そういう場所があれば、
辛いその日の居場所になる
大切にされた経験は、きっといざという時の支えになる

今日の困りごとは

みんなで明日のワクワクに変えられる

そして振り返った時に
ママと子どもたちの過ごした時間が温かい記憶になる

それが子育てのテーマパークです。


☆とりこぼさない☆

楽しい、わくわくだけでなく...
「とりこぼさない」ことも大切にしたいと思います


例えば、テーマパークの中で迷子になっていたり、
テーマパークに出掛けられない人がいたりする

誰ひとりとりこぼしたくない
地域で活動する中で見てきた社会課題があります


その課題にも取り組むために、
現在、壱番隊から七番隊までできました

総長☆にじいろ助産院北田&副総長☆にじいろ助産院川下基子










壱番隊隊長☆にじいろ助産院 北田


にじいろ助産院を開業して間もなく
ある妊婦さんが来られました。
お世話してくれているという方とともに。

「何かあっても自分で責任とるからここでみてほしい」と。

お母さんも赤ちゃんも、危険な状態でした
ご家族もパートナーもおらず
病院でも傷つきました

できるだけ彼女の気持ちに添いながら
状況と病院へ行く必要性をお伝えしました

そして
受け入れ先が決まり救急車で病院へ
その日に無事お産になられました
忘れられない日でした。
✻✻✻✻✻✻
それから1年ほど後のこと
可愛い女の子を抱っこしたお母さんが
会いに来てくれました。

「あの時はありがとうございました」と

そう。あの日のお母さんと赤ちゃん

とても、とてもお元気そうで
とても、とても嬉しかった

そして今幸せそうな彼女は近くにいる

【ままのて】にも出来ることがあれば‥と言ってくれはる

彼女のほとんどを知らないけれど

あの時の彼女は
状況的にはかなり深刻な気がした

けれど、今とても幸せそう

彼女には
彼女を大切にしてくれる人がいました
いざというとき
安全な居場所と
お仕事をできる場所がありました。
楽しそうに生きている人たちがいました

過酷な子ども時代を過ごしてたとして
とても勇気のいることかもしれないけれど
それでも、手を延ばして
大切にしてくれる人の手を握ることができたら

妊娠による困り事も、孤独も、
いのちの危機も
乗り越えることができるかもしれない

お子さんのことを「かわいい」と話す
彼女の笑顔を見るたびに

いざというときの手になりたいと思う

【ままのて】壱番隊

昨年、この街で乳児遺棄による
赤ちゃんの死亡がありました。
私たちに出来ること問い続けています。

妊娠で孤独になる妊婦さんをとりこぼしたくない

ご協力いただける方
ご支援いただける方
ご連絡いただけたら嬉しいです。

弐番隊長☆にじいろ助産院 辻󠄀 佳愛

2番隊、訪問部門の助産師です。高校生、中学生、小学生の3人の子供がいます。
出産は3人ともスルっと産めたんですが、、
その後の子育てに悪戦苦闘し、つまづきまくりました

辛い気持ちを誰にも相談できず、
本当に私はこのまま母親をしていけるのかと、
辛い子育てをしていました。

3人目の出産後、
私と同じよう子育てに孤独を感じている方がたくさんいるのでは、、
私も自分の経験から何かできることがあるのではないかと思い、
30代で助産師になりました。

訪問型の産後ケアを通して、
孤独を感じながら子育てしているお母さんが笑顔で子育てができるよう力になりたいと思っています。

参番隊隊長☆シェフ坂平

にじいろでお料理を作らせてもらっております。
小6小3男子、にじいろで産まれた1才5ヶ月の娘がいます。

長男の病気から、食の大切さに気付き、
5年程前からマクロビ料理を習い始めました。

そこから、自分が一番、食でカラダもココロも変化していく事に気付き、
マクロビを始めてからの3番目の出産が一番楽だった事から、
この食事をみんなに食べてもらいたいという思いで、
にじいろで作らせてもらえる事になりました。

みなさんが元気になれるお手伝いが出来るようがんばりたいです。

Instagram


四番隊隊長☆小山郁美

助産師です。
助産師になる前はイラストを描く仕事などしていました。

人智を超えた不思議なお産の世界に魅了され助産師になりました。
中学3年男子のお母ちゃんでもあります。

今は和歌山県にある産科クリニックで勤務しながら
地域の母子保健にも少しずつ携わらせてもらっています。

にじいろではレアキャラですが、
赤ちゃんのイラストなどを通して
居場所をもらえて幸せなことやなぁと思っています。

お母さんたちはみんな、
めいいっぱいの優しさとあたたかい手に包まれてお産の時を迎えてほしいなぁと願っています。
しんどい時に優しくしてもらった経験はきっと他の誰かにも巡りめぐると信じています。

恥ずかしながらまだ目の前の仕事に精一杯ですが、
にじいろ助産院のやりたいことが実現できるように、
お母さんたちが元気で笑っていられるように、微力ながらお手伝いできたら嬉しいです。

Instagram


伍番隊隊長☆けいこママ 保育士・井本景子

保育士として訪問保育/産前産後サポートをしています。
小3•小1•2歳(にじいろベビー)の3人子どもがいます。

2人目育児がとにかくしんどかったのですが…
しんどいを口にしたり、人を頼る選択肢をもたずに過ごしてきました。

そんな私が、3人目妊娠〜産後に
『人との関わりや人の手があることで、こんなにも心がラクになれるんだ!』と実感。

過去のしんどかった私のように…
今子育てを頑張るママの心がラクになるお手伝いがしたい!

そう思い、保育士を取得し
昨年5月より活動をスタートさせました。

子育てや生き方はみんな違うからこそ、
ママ自身の『こうしたい』って気持ちを大切にしてみたら、ママも家族も笑顔に…

そんなご家族が増えたら、と願っています。


私はそのための手になりたい。

ママの心に寄り添い、一緒に考え、

そしてご家族まるごと大切に関っていきます。

『今』必要な方のお力になれるよう、チームでママと子どもたちが安心できる場所をつくります。

Instagram

六番隊隊長☆奥野 美穂

4歳の娘・7ヶ月の息子(にじいろベビー)がいます。

3年前まで、東洋医学をもとにしたエステの会社に勤めてました。
いちばん始めの妊娠が天使ちゃんで
当時はショックすぎて旦那以外に話せず、
クリニックの先生の優しさに助けられました。

娘の出産で祖母と母も同じ経験をしていたことを知り、
いのちをまもる人を支えたいと願うようになりました。

こころもからだもほぐし癒すことで
ストレスが減り目線が変わり、
自分らしくいきる女性が増えるように。

そんな想いもあり、

にじいろさんでベビーヨガ・星読みイベントさせていただいてます。 

今は自宅サロンもマイペースに
みんなで子育てしていく社会を目指し日々子育てにも奮闘中です。

Instagram


七番隊隊長☆福田 希

先日にじいろさんで、新たな命を迎えることができ、産後ケアでもお世話になっています。
3歳息子と3ヶ月の娘がおります。
信頼できる頼もしいみなさんに見守られながら、
わたしと赤ちゃんとで一緒に乗り越えられたお産という経験は、
その後の私自身の自信や生きる力につながっています。

誰かに信じてもらうこと。
信じて見守ってもらえること。
辛いときには背中をそっとさすってもらえること。
助けてほしい時にはちゃんと声をあげられること。
そしてそれを受け止めてくれる頼れる存在がいること。

それだけで、どんなに泣きたくても、しんどくても、
心折れながらなんとか前を向いて歩いていけるんだなぁと改めて感じました。

生きづらさを抱えている子どもたち(や大人たち)も、
そうでない子も、みんなひっくるめて一緒に泣いたり笑ったり、
ともに歩んでいけたら。。そこに寄り添っていけたら。

そんなことをずっと考えています。

インドの孤児院で生活しながら、あおぞら学校や女性の就労支援施設で働いているとき、ある日訪れたマザーテレサの家で、「日本の子どもたちこそ救いの手が必要」だとシスターに言われ、

帰国後、障がい児のデイケアや小学校の教員をしていました。
出産後は自宅で、英語で託児をしています。

Instagram




☆リターン☆

【ままのて】のみなさんの技と想いをのせたリターンを準備いたしました。リターンのページからお選びください


☆施設の状況·予定☆

2024年

1月    ままのてリフォーム終了

2月〜   施設内準備

3月中旬〜 プレオープン

4月    オープン


☆必要な資金☆

施設内装・設備 約100万円
飲食の許可の取得、設備準備費 約 100万円
訪問看護ステーションの立ち上げ初期費用 100万円
人件費 50万円
立ち上げ費用として合計350万円が必要です。


☆メッセージ☆

生まれる、育つのそばにいさせていただいて
どんな時も
いのちとお母さんに優しいのは
小さなひとたちだと感じます

私たち母こそ
子どもたちに愛され許され
ここにいる

この愛と未来のかたまりのような
小さなひとたちの日々が
健やかであるように切に願います。

だから、お母さん

お母さんに元気でいてほしい

子どもたちが巣立つ日に
お母さんが幸せでありますように

そしてただただシンプルに伝えたい
生まれてきてくれてありがとう


☆最後に☆

たくさんのギフトをくれた小さなひとたち
にじいろファミリー
にじいろスタッフさんと各隊員さんたちとご家族のみなさん
私の家族

そして、あの日私の背中をさすってくれたおばあさん

ありがとうございました。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2024/03/12 10:45

    ままのてプロジェクトオーナーの北田です。クラウドファンディングで、ご支援をいただいたみなさま全員に、お礼のメールをお送りいたしました。お一人ずつ、メッセージを確認しながら、心を込めてお返しいたしました。こんなに沢山の方が応援して下さったんだと、また、この応援の裏に、【ままのて】のために動いてく...

  • 2024/03/02 08:21

    おはようございます。ままのてプロジェクトオーナーの北田です。たくさんのご支援ありがとうございました。おかげさまで、ネクストゴールも達成されました。心から感謝いたします。みな様からいただいたご支援は形としてはお金。それは、大切な想いや時間のつまったものだと思っています。皆さまの大切な想いや、いの...

  • 2024/02/29 08:45

    おはようございます。ままのて、プロジェクトオーナーの北田です。クラウドファンディング、最終日となりました。温かく、心強い応援をたくさんありがとうございました。この1ヶ月。感謝の気持ちでいっぱいでした。何度「ありがとう」って伝えたかな。私は「ありがとう」と口にするたびに心豊かに、そしてワクワクし...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください