プロジェクト立ち上げの背景

地元の方はもちろん、JR小倉駅近くで観光客の方からも愛されていた「鳥町食道街」「魚町銀天街」周辺は多くの素晴らしい飲食店や活気ある商店街がある場所であり、私たちにとっても大切な場所です。


2024年1月3日午後に発生した鳥町食道街周辺火災。

消防の速報値では35店舗2900平方メートルが焼ける大惨事となりました。

この小倉の街に住む私たちの生活を長い間支えてくれて、そして何よりこの街に一緒に暮らしてきた仲間である商店街やその周辺の方たちに、一刻も早く元通りの生活に戻ってもらいたいと思います。

そしてこのエリアの道を挟んだ隣に本社を構える私たちCROSS FMはこの度「北九州市鳥町食道街周辺火災」復興のためのクラウドファンディングを立ち上げました。

火災が発生した場合、最優先でがれきの撤去が必要となります。やはりその費用も非常に膨大なものとなります。そこで、今回私たちは今回のクラウドファンディングでがれき撤去の費用にあてていただけるようにお送りいたします。


私たちCROSS FM社員は単なるメディアではなく、地域社会と共に歩む一員として、今回のクラウドファンディングはじめ、私たちの放送を通じて、少しでも応援の一助となりたい、そう心より願っております。

全国の皆様も、ぜひこのクラウドファンディングにご参加いただき、そしてこの小倉の地に訪れて頂き、一日でも早い復興にお力添えをいただけますようにお願い申し上げます。


コメント

CROSS FM会長 堀江貴文

「お見舞い申し上げます。

皆様ご無事とのお知らせ、不幸中の幸いと安堵致しました。

お力落としの事でしょうが、一日も早い復興をお祈り申し上げます。」


CROSS FM社長 大出整

「火災の報に接し、心よりお見舞い申し上げます。

私たちにとっても大切な場所でこのようなことが起こってしまったこと心を痛めております。

及ばずながら、弊社でもご協力体制を整えましたので、何なりとお申し付け下さい。

一日も早いご復興を心よりお祈り申し上げます。」



リターンについて

CROSS FM会長 堀江貴文、CROSSFM社長 大出整直から感謝状をお送りさせて頂きます。

その他にもCROSS FM Tシャツやなどもご用意しております。



スケジュール

3月31日(日)のプロジェクト締め切った後、義援金をお渡しさせて頂く予定です。

またあわせて3月31日(日)以降順次、リターンを皆様へお届けさせて頂きます。



資金の使い道

一部諸経費を除き全て寄付致します。


寄付先の自治体名

魚町火災復旧支援の会

https://www.kitakyushucci.or.jp/topics/008354


寄付までのスケジュール

3月31日(日)締め切り後、キャンプファイアからの入金後2週間以内に振込み予定


寄付金控除は受けられません


最後に

私たちはクラウドファンディングを通じて、被災地域の復興に向けた資金を募り、それを被災者の方々への支援に役立ててまいります。これまで培ってきた地域との結びつきを活かし、ラジオを通じて地域の声を広めながら、被災地の方々の支援に全力を尽くします。

この困難な時に、地域の一員として立ち上がり、支え合い、共に歩むことができるよう、CROSS FMは皆様と共にあります。ぜひ皆様と一緒に支援させていただきたく思います。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください