5月10日(木)に近畿大学のアカデミックシアターで「NEKO THE MOVIE」の上映会を主要なコンテンツとしたイベントを開催します。クラウドファンディングを活用して夢を実現できるという実感を参加者のみなさまに抱いていただくことを目的としたプロジェクトです。応援をよろしくお願いいたします!!

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

皆様はじめまして。一般社団法人近畿イノベーション研究会の運営チームです。

私たちはCAMPFIRE社×LOCALの公式パートナーとしてクラウドファンディングの普及のお手伝いとプロジェクトを実施するためのサポートをしています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

猫ひろし氏がリオデジャネイロで開催される世界最大のスポーツの祭典に出場するまでの5年間、夢に向かって走りきる様子を描いたドキュメンタリー映画「NEKO THE MOVIE」の上映を主要なコンテンツとして、CAMPFIRE社からもご講演いただき、初めての方でもクラウドファンディングについて理解が深められるイベントを開催することです。

▼NEKO THE MOVIEとは

主演:猫ひろし/監督:鈴木雅彦/プロデューサー:堀江貴文・大和田廣樹

制作:NEKO THE MOVIE制作委員会

芸人最速ランナー「猫ひろし」のリオデジャネイロで開催される世界最大のスポーツの祭典への挑戦を映画化。2011年からの五年間の密着から描き出されるドキュメンタリー。立ちはだかるのはタイムの壁だけではなかった。一度は無くなってしまったロンドンからの再挑戦。猫ひろしは果たしてリオに行くことはできるのか??

公式サイト

http://www.neko-movie.com

予告篇・2017ver プロデューサー・堀江貴文氏のコメントありの3分間バージョン

▼プロジェクトをやろうと思った理由

クラウドファンディングを活用して夢を実現できるという実感を参加者の皆様に抱いていただきたいからです。「NEKO THE MOVIE」は見る人に国を越えた感動や勇気を与えることができる映画です。制作費のうち400万円以上がCAMPFIREのクラウドファンディングを利用して集められました。猫ひろし氏の夢への向き合い方とCAMPFIREの活用事例を通じて参加者の皆様にクラウドファンディングの可能性を実感していただきたく思います。

▼イベントの日程・タイムスケジュール

日程:5月10日(木)

場所:近畿大学 東大阪キャンパス アカデミックシアター

住所:大阪府東大阪市小若江3-4-1

タイムスケジュール

16:45〜17:00 開場

17:00〜17:05 ACT(アクト)プロジェクトKINDAIインキュベーションファクトリーの紹介

17:05〜17:45 CAMPFIRE社よりクラウドファンディングについての講演

17:45〜17:55 休憩

17:55〜19:30 「NEKO THE MOVIE」本編上映

19:30〜20:00 猫ひろし氏より講演、質疑応答

20:00 イベント終了

※イベント終了後、猫ひろし氏の著書の販売会を30分程度やります。

 

▼資金の使い道

上映会の費用とゲストとしてお招きする猫ひろし氏のギャランティーや関係者の交通費などに全額使います。

▼リターンについて

 3,000円のリターン

・イベント参加権

コンテンツ

1.CAMPFIRE社からのクラウドファンディングについての講演会。

2.「NEKO THE MOVIE」の本編上映。

3.猫ひろし氏の舞台挨拶・講演。

 

5,000円のリターン

・VIP席

最前列で全てのコンテンツを観ることが出来ます。

 

30,000円のリターン

・企業協賛枠

1.当日配布するA4のパンフレットに御社のロゴを入れさせていただきます。

2.3名様までイベントにご参加いただけます。お客様や社員様をご招待ください。

当日、予定が入っていてご参加できないという方たちから、参加できなくとも支援ができるリターンを追加してほしいというリクエストを頂戴しました。運営としては本当に嬉しい限りでございます。早速リターンを追加いたしました!

3,000円の追加したリターン

 応援をお願いします!(当日に参加できない皆様へ)

・運営からお礼のお手紙を送ります。 

 

5,000円の追加したリターン

応援をお願いします!2(当日に参加できない皆様へ)

・運営からお礼のお手紙を送ります。

・当日の様子を撮影した写真(画像データ)をメールで送ります。(5枚から10枚程度)。

・猫ひろし氏の著書「僕がカンボジア人になった理由」のご本人のサイン入り本をお送りします。

▼最後に

近畿イノベーション研究会としてクラウドファンディングの可能性をより多くの人へ発信していくために今回のイベントを企画しました。このイベントを通してクラウドファンディングのプロジェクトが増加し、これまでアイディアや情熱があっても最初の一歩を踏み出すことができなかった人たちの背中を押すことができればと思っています。どうか、私たちを応援していただけますようお願いします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください